12年越しに動き出す、大人のこじらせ片想い。

報われない恋の占い方

mukuwarenai koi no uranaikata

報われない恋の占い方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×229
  • 萌17
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
254
評価数
69
平均
3.8 / 5
神率
23.2%
著者
小木カンヌ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
comic marginal &h
発売日
電子発売日
ISBN
9784575380712

あらすじ

幼馴染の北原に、高校生の頃から片想いをしている、ゲイの占い師・美波。
バツ3になった北原から、しばらく居候させてほしいと頼まれ、同居生活を送ることに。
北原が自分を好きになることなどないと決め付けていた美波だが、彼が見つけた新しい「好きな相手」はなんと男。
想いが募った美波は、北原にキスをしてしまい―――?

友情と恋愛のはざまで揺れ動く、不器用でいとおしい片想い。
後日談の描き下ろし9pも収録。

表題作報われない恋の占い方

北原昴輝,29歳,バツ3の結婚アドバイザー
美波奏太,29歳,占い師

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数17

報われてよかった

YouTubeでたまたまこの作品の音声付き漫画というのを見て、途中までだったから気になってコミックスをポチりました。
ゲイの占い師というなかなか斬新な設定と、12年間ずっと片思いという切なさ全開のストーリーに興味をそそられて。しかも相手はバツ3で主人公の一途な恋心には微塵も気づかないうえに何度となく「お前のそういうとこすげえ好き」などとしれっとほざく天然人でなし男!こういうシチュ、Mならドツボですわ。
当て馬(この子がまたかわいいので、ぜひスピンオフで見てみたい)の登場とかで紆余曲折ありつつも結ばれるふたりですが、そんな局面も攻めが赤面するような質問や絡みでグイグイ迫ったり、12年越しの恋が実った感慨深さから受けがホロッと涙したり(なぜかこのシーンで脳内に『はじめてのチュウ』がエンドレス再生)と、長く切ない片思いの日々をぶっ飛ばさんばかりのあまあまイチャコラシーン満載の仕上がりとなっております。

今回初めて音声付き漫画見ましたが、声優さんもイメージどおりでなかなかよかったですよ!
ご興味のあるかたはせひ併せてご覧くださいませ

6

購入に悩む方が手に取りますように

読後しみじみ涙が出ました。
「どうして今まで購入しなかったんだ…!」+「うまくレビュー書けないもどかしさ」を感じる作品でした。
片思いを拗らせたことがある人には特に刺さります。

「触れたとこからキモチいい」では、ふっくらした質感を表現する小木さんの線にうっとりしましたが、綺麗に描きすぎる潔癖さも少し感じていました。
今作は線画までをアナログに切替えたそうで、潔癖さの薄れた雰囲気が前作との舞台の違い(前作は会社のデスク、今作は日本家屋)にも合っています。そして相変わらず、見ているこちらがむず痒い程、描かれる表情が上手い。照れ顔が可愛い。

モデルがいそうな実写寄りで、吊り目で地味な美波は、漫画的な可愛さや上手くいきそうなフラグが全く無い。物静かで諦めを抱きつつ、北原への未練を断ち切れない美波は、期待しては落ち込んでを心の中で繰り返す。
彼の職業 占いが、お話や会話にうまく絡んでくるところも良かったです。
同僚の「告ってから振れ」「それもう友達ではない」は頷かざるを得ない正論。

中盤から三角関係になるのですが、3人の造形のバランスが素晴らしいです。
美波はこの3人の中で一番映えないように作られていると思います。彼自身応援したくなるような頑張りはしないし、他の人に取られたら…という嫉妬もせず、可愛げは余りない。
様子を伺って、北原の出した選択に自分の傲慢さを知って傷ついたりする。
そういったところが丁寧に描かれていて現実味があり、共感して切なくなりました…

リアルに描かれる分、美波から告白された北原の戸惑いと葛藤にはこちらまで悩みました(笑)
好きだけど友達のままでいいと言われた。でもそれで良いのか?と思う。じゃあ恋人になれるのか?とも思う。

北原の心境の落とし所は、“自分のものだと思っていたのに他人のものだった。嫌だ”というジャイアンな気がします。
これは美波がどれだけ北原が好きか具体的に伝えないし、詳細に描かれていないのも要因だと思う。光属性で裏表ない北原に惹かれるのは十分に分かりますが。
それでも元奥さんの不倫で何も感じなかった北原が心を大きく動かせたのだから、きっと彼にとって美波は特別でしょう(そう思いたい)。

そして表紙のバス停…!室内描写が多かった分瑞々しさも相まって、ブワッと鳥肌が立ちました(未読の方には申し訳ありません)。
何はともあれ長年の恋が実ったのはジーンときます。可愛げを表に出さない美波だからこそ余計に。
あと、縁側は最高です!!

第5話の、抱き合うと決めた彼らの今までと全く違う表情が最〜高〜〜でした。
意識し過ぎてガタガタな北原も、甘くて肩とか可愛い美波も。特徴の違う二人の身体の重なりが感動的ですらありました。
相手の下の名前を呼ぶの、ベタ過ぎて基本心を動かされないのですが、この作品はすっごく良かった…でもなぜ「かなた」でなく「かな」
ノンケが言うとちょっと心配…

5

運命の相手の解釈が最高でした。

美波先生の心情描写や北原さんの言葉などが丁寧に描かれていて、とても綺麗なお話だと思いました。

お互いが相手に対して思っている事など、美波先生と北原さんの関係性もとても良かったですが、日比くんと美波先生の関係が予想外で驚きました。それを踏まえて1話から見直すと、日比くんの気安い感じが与える印象や美波先生の心情描写の深みが増した気がします。


また、本筋からは外れてしまうかもしれませんが、作中(美波先生や片桐さん)のアドバイスが勉強になると思う点がありました。全体的に含蓄のある作品だと思います。

2

せつない片想いの行方は

片想いの切なさが詰まった一冊で、胸がギューっとしました。
12年もずっと好きで、だけど相手はノンケの既婚者で、自分は親友で……って、もう辛過ぎる。


ノンケの親友・北原に12年も片想いしているゲイの美波。
北原がバツ3になったのを機に男をすすめてみるも、北原が選んだのは美波ではなくて……と、いうお話。

期待しては裏切られ、それでも〝友情〟という細い糸に縋りつく。自分の番は一生回ってこないと思いつつも、北原の離婚に内心喜び、どこかで期待している美波。
自分は「男」だから選ばれないと思っていたのに、北原の〝運命の男〟は別の誰かだったなんて、もう胸が苦しいよ。

どうして自分じゃないの?と、思わず北原にキスしてしまった美波の気持ちが痛い。男なら自分が選ばれると思っていた傲慢さに涙する美波が切な過ぎます。
美波は、全然傲慢なんかじゃないよ!

それに比べて北原の思慮のなさ。
無自覚に期待させ、相手の気持ちに気付きもしない。
バツ3…一目惚れに拘るから失敗するんだよ!と言ってやりたい。

北原が見初めた男は美波の仕事相手・日比でした。
その仲を取り持つように頼むって、どんだけ美波を傷つけるのさ(怒)
そして、北原の自分勝手な言動に怒った美波は、ついに勢いで北原に告白してしまい……と、続きます。

この告白で北原は美波を意識していくのですが、色んな女と付き合っては別れてきた北原が、ここでやっと美波の所にまでやってきたのです。

占い師の美波が作中で自分を占う事はありませんでした。
美波は、占いは人生を豊かにするための判断材料の一つだと考えています。このことからも、美波が地に足つけて生きてきた事が分かるし、誰よりも「運命」を信じていなかったのかもしれないと思いました。

北原の「運命の相手」の解釈は、都合良すぎるなと思わなくもない。それでも、ハッピーエンドで良かったと思えるのは、美波の健気さ故でしょうね。
北原にとっても初めての替えのきかない相手なのですから、今度は絶対に大切にしてほしいです!
やっとここまできたか──というHは、やっぱり美波が健気でグッときました。身体の肉感も良き♡

美波の内に秘めた想いやもどかしさがリアルで、そこに心揺さぶられました。
当て馬役になってしまった日比も魅力的だったので、彼のお話もいつか読んでみたいです。

5

大好物な設定なんですが

あらすじが物凄く好みの内容だったので、楽しみにしていました。

確かに美波のいじらしさとか切なさとかは良かったんですけど…美波の一言から北原が好きになった男(ひと)が何というか…

あれが全く美波が関係しないで、全く美波の知らない人物だったなら凄く切なくて萌え滾ったかもと思ってしまいました。

あそこで美波の知り合いで関係のあった人物が出て来ると、先行きが見えていて切なさ半減でした。


北原が美波に元彼がいた事を知った時も、俺は全部話してたのに美波に聞いて無いって所に引っかかってたのも何か違うというか…。

どうせなら美波が誰かと付き合いだして、北原が慌てて奪い返す所が読みたかったです。
長く待たせたんだからそれくらい必死になる姿が見たかったかもと思ってしまいました。
ドロドロで苦しい、痛い所からのガッチリ両思いが好みなんです。まぁ私の勝手な思いなんですけど…


それでも両思いになってからの再同居に、ガチガチに緊張する2人が初々しかったのが可愛かったので萌2にしました。2人の初めてのセックスに興奮しまくる北原も、感じまくる美波の表情も色っぽくて最高でした。

3

攻めの惚れっぽさが気になる…

うーん。ストーリーには満点をつけたいのですが、ちょっと惜しい。

というのも、攻めの北原の惚れっぽい所が目に余ってしまいまして。
それでやっと受けの美波を好きだと気づくのも、遅いよ!って思っちゃうし、まぁその遅いのは物語的においしいから良いにしても、それまでの目移りしてきたのを考えると、本当に美波をを好きなのかな?と、少し信じがたいものがありました。
切り替えが早いといえばいい面なのですが。
攻めにはあまり共感出来なかったかな。

でもまあその分、いやそれ以上に美波が実に用心深い子だったので、感情移入がしやすくよかったと思います。長年北原を想っている一途さも好感度高くていい受けでした。
そう思ったら、二人的にはバランスのとれたいいキャラクター達だったかも。

付き合うまでは、思い込みとすれ違いばかりが続きますが、それが徐々に紐解かれて解消された時、報われた美波の気持ちを思うと胸がギューっと締め付けられること間違いなしだと思います。
ストーリー的には楽しめたので、満足です。

1

攻めに問題アリとは思うけれど…幸せになれ!

バツ2まではいいとして、バツ3以上は本人に問題があるんだろうなぁと思ってます。偏見ですが。
しかも29歳でバツ3は余程考えなしか、惚れっぽいか異常性癖としか思えないんだが。

だからそんな攻めにずーっと恋している美波は心配だし、かなり同情してしまいました。
美波がゲイだと分かっていて、簡単に好きだよって言ったり泊まりに行ったりと、考え無しな性分なのでしょう。
美波に男の方がうまくいくかもと提案された時に、もしかしてくらいは思わないかな〜。

男でも大丈夫なのに、それが自分じゃないなんて悲し過ぎる。
男の中からなら自分を選ぶだろうという、期待も相まって余計に惨めになる気持ちにかなり共感できました。
日比との間を取り持ってと言われた美波の気持ちを考えるとかなり切なかった…泣

日比と付き合ってた事を黙ってたことに、勝手に腹を立てて出て行くなんて本当に身勝手だなぁと思うのだけど、そんな北原でも友達でいいからそばに居たいって美波が言うなら仕方ないじゃない?(腕組みしながら)と勝手にゲイバーのママ風にため息をついちゃいました。

次にあったらする!って決めて、ギクシャクしちゃうのが可愛かったです。
長年友人で、片方は完全にノンケだったのにそんな関係になるってどんな感じなんだろう…。

描き下ろしはなんだかんだでとても幸せそうで、ホッとしました。
長年の片思いを成就させて、お互いに運命の相手を見つけられた2人を応援したいなって思いました。

1

キュッとなる片思い

10年越しの片思い!!

せめて友人として一番でいたいって気持ちを押し込めて横にいる方法を守るお話って胸が締め付けられる~好きになる人は出会った瞬間に分かると言われてしまっているから、もう自分は対象外すぎる…って諦めているのがなんとも切ない。

愛の伝道師と(勝手に)言われるほどの人気占い師で、占うけど背中を押すようなアドバイスをしてるところも興味深くて面白みがありました。男にしたら?と占ったら、運命の男性に出会った!と北原が言うもんだから、何それ!!?美波の男だからダメなんじゃなくて自分がダメなんだ…って心情が痛くて切なくて苦しすぎる。北原~なんてやつだ!!ってとこからの、告白シーンは嬉しいはずなのに信じきれない美波は切なすぎて…片思いの切なさいっぱいだけど思い悩む姿にコミカルさもあり、2人のやり取りは微笑ましく楽しい面もたくさん!初えっちのがっちがちの緊張っぷりは可愛い~しかありません!!
北原のどこが良いのかな?とも思わないでもないけど、報われて良かった良かったね!!となりました。

0

ずっと好きで

29歳の若さにして、バツが1、2、3…と、3度の結婚と離婚を経験している攻め・北原。
一目惚れと直感を信じては、付き合って別れるを繰り返していた高校生時代と何も変わっていないどころか結婚までいっているあたり、パワーアップしている気がしないでもない。
なんだかもう序盤から何かがだめそうな雰囲気がプンプンと漂っている…これは本人に問題ありのパターンだと思う。

そして、そんな北原にずっと健気に片想いをしている受け・美波がすごくいじらしくて切ないんです。
どうしようもない気持ちをぐるぐると持て余したり、悩んだり、期待をしたり。
何度も女性と付き合っては別れて、結婚と離婚を3度も繰り返す好きな相手を、付かず離れずの友人の距離感でひたすら傍観し続けるだなんてあまりにもしんどい。
その一途さと、なかなか報われない美波の様子に、読みながら「北原、早く気付いて!」なんて思ってしまうわけなのですが…

ですが、ですよ。
なぜ美波がそこまで北原のことが好きなのかが、読めば読むほど分からないんですよね。
片想いの切なさで胸がいっぱいになるにつれ「北原のどこが良いの?」でいっぱいになっていく。
ううん…"惚れっぽい人"な印象しかない。
健気な報われない恋が報われた時、いつもなら、めでてえ〜!早く赤飯炊かなきゃ!となるのですけれど、北原とでは幸せなその後が想像しにくかった。
美波が非常に良いキャラクターだった分、なおさら北原のふわふわ感が気になってしまいました。

でも、美波は北原が好きなんだよね。
じゃあもう北原に目一杯幸せにしてもらうしかないよね。
なにしろ、12年も好きで好きで仕方がなかった相手なのだから。

3

パートナーに疑問を持つ人へ

 萌2に近い萌評価です。バツ3の結婚相談所アドバイザーと、彼に長年片想いしている占い師という、なかなか新鮮味のある組み合わせでした。私自身占いは信用しないタイプなんですが、美波のように落ち着いた雰囲気の人になら占ってもらってもいいな、なんて思いました。

 北原は一目惚れした女性と結婚しても振られることが続いており、そこで落ち込むでもなく、彼女達と別れることに何の寂しさ、憤りも感じない自分に悩んでいる。こういう人、案外多いんじゃないでしょうか。恋愛や家庭を持つことに本当に向いてない、ということもあるかもしれないけれど、北原の場合は伴侶との出会い方を間違えていたんですね。一目惚れで上手くいく人もいるでしょう、でも、北原にはじっくり親交を深めた人が合っていた。2人の関係が親友から徐々に恋人らしい雰囲気にシフトしていく流れが自然で、爽やかな読後感を得られる物語でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う