フェイク♂

fake

フェイク♂
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×223
  • 萌22
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
17
得点
274
評価数
71
平均
3.9 / 5
神率
32.4%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784801953253

あらすじ

「ホトケ顔」のせいでエロとは無縁のいい人キャラに祭り上げられた 本性・ドスケベな男子高校生・仏田(ふつた)。 外見と中身のギャップに悩む彼は、常にアヘ顔で男女100人斬りと噂される エロ教師・五十川(いかがわ)に救いを求め、悩みを告白するがーー!? ギャップ男子達の悩める性春ストーリー▼ 「迷う男」「ササクレ・メモリアル」の最新作も同時収録!!

表題作フェイク♂

仏田(高校生・ホトケ顔)
五十川(古文の教師・トロ顔)

同時収録作品ササクレ・メモリアル Returns

三田悠介(電車の車掌)
矢嶋滋(サラリーマン・三田の5歳年上)

同時収録作品迷う男 〜 FINAL QUEST?

滝川樹(28歳・インテリアコーディネーター)
御園生涼司(31歳・建築家・出逢って三年のカップル)

その他の収録作品

  • 仏田☆ finally…!? (描き下ろし)
  • フリートーク&あとがき (描き下ろし)

レビュー投稿数17

『迷う男』ファンのための1冊

『迷う男』はまだ読んでいません。
だけどこの1冊を読み終わった感想は、「これは『迷う男』完結編だ」というものでした。
表題作を飛び越えて、三田×矢嶋のササクレCPも吹っ飛ばして、滝川×御園生。
この2人のための1冊ではないかと。

【フェイク♂】萌
突き抜けてました。
仏顔のむっつりスケベDK・仏田と、常にとろ顔の古文教師・五十川。
お礼を「お供え」と言われちゃうDKもすごいけど、何をしても、何もしなくても全てがえろく見える教師も相当です。
しかもこれでピュアな脳筋なんて、よく今までご無事で!
主に五十川にモヤモヤするものの、仏田にもモヤッとする場面もありつつ、どうなるのかなあ、という感じで本編は終わります。
仏田の五十川愛がもっと激しく現れていたら、満足度が高かったかもしれません。五十川じゃないとだめな理由が、今のところ「エロい」しかないのが何とも…。
ただお祭りのシーンは、きっと笑えます。
描き下ろしは卒業式の日。五十川、何やってんだ!?というエピソードに驚きました。

【ササクレ・メモリアル Returns】 萌
ああー、またこのCPに出会ってしまうのか…。
捕まえたと思ってもゆるいし、こっちだけを見てくれるわけではない矢嶋に、相変わらず振り回されてました、三田。
「変わってないか確かめるために」矢嶋がした行為って、禁煙してみて、もう煙草を受け付けなくてなっているか確認するために1本吸ってみるみたいなものだよなあ。
でもそんな矢嶋が好きなんだから仕方ない。
ただやっと矢嶋を焦らせることができて良かったね、という展開でした。

【迷う男】 萌2
何度も言いますが、『迷う男』、未読です。
でも同時収録で見かけていたので、すでに2人のあれやこれやを全部知っているような気持ちで読めました。
今回が「はじめまして」の方は、ちょっと戸惑うかもしれません。
滝川と御園生が同棲!?さらに御園生の母乱入!?と盛りだくさんでした。
気持ち良ければいいという印象だった御園生から、素晴らしい言葉が聞けて、本編未読なのに感動しました。

ササクレCPも良かったけれど、何と言っても『迷う男』。
これに尽きる1冊でした。
表題作のモヤッと感を吹き飛ばして余りある読み応えと感動がありました。

1

史上初☆仏顔の攻め(笑)

『フェイク♂』
仏田(ふつた)は仏っぽい名前と面構えのせいで
周囲から奉られ、一目置かれ無害そうに見えるけれど、
実はただの性欲の強いムッツリスケベです。

仏田とは対照的に教師の五十川(いかがわ)は
通常時からトロ顔で名前も容姿もやたら色っぽく、
周囲からはエロ教師認定されています。

けれど、その中身は意外にもピュアで
生徒と青春を謳歌することを夢見る熱血教師。

方向性は違えど、共に内と外のギャップに思い悩む二人でした。
変わった苗字だなあと思っていたら本当に実在するんですね。
名前も容姿も性格も各々設定が凝っていて面白いです♬

五十川から「悩みがあったら何でも相談しろ」
と言われたのをいいことに、
見かけによらず性欲の強いことに悩んでいると相談し、
五十川に対して罠を張る仏田が意外に策士でした(笑)

そして、開眼したときの仏田の予想外のイケメンっぷりにびっくり!
その顔で生活していたら普通に女子にモテそうなのに!笑

仏田の企みと性欲の暴走を受け止めながらも
ちゃんとダメだよと叱ってあげられる五十川は
いい教師なんだなあ…と思っていたら
仏田からの告白にはすんなりとOKしちゃうし、
その理由も仏田に対してなんかひどかった( ;∀;)
さすが、天然さんです(笑)

まだまだ恋人というには前途多難そうな
二人のその後が気になってしまいました。
続きとかあるのかしら…?


同時収録の『ササクレ・メモリアル Returns』と
『迷う男 〜 FINAL QUEST?』は続編とのことで
順番は入れ替わっちゃうけどそれぞれ前作を
読んでみようと思いました。

今回初対面でしたが『迷う男』の御園生の変人キャラがツボでした。
二人が付き合うまでの過程が気になる!

0

仏もビッチもただのレッテル

◆フェイク♂(表題作)
 これは惜しいと思った作品です。何が惜しいって、ページ数が少ないこと!(笑) この作品がもっと長編だったら萌2評価にしていたと思います。まずキャラ設定と組み合わせが面白い上に、淡々と散りばめられているギャグが笑いのツボをめちゃくちゃ突いてくるんです。うるさくないのに思わず噴き出してしまうようなボケとツッコミ、大好きです。頭の中が暴走気味の仏田に、毎回意図せずブレーキをかけてしまう五十川に笑わせてもらいました。ストーリーは勢いで進むところもありますが、ギャグ作品なのでそこまで気にならず。五十川のデフォルトのとろ顔を、仏田と一緒にもっといろんな角度から楽しみたかったですね。

◆迷う男 〜 FINAL QUEST?
 本編では方向音痴なだけでなく、あらゆる方向に相当にとんちんかんなところを見せてくれた御園生でしたが、こちらではそんな彼の滝川への熱い想いを聞けたので良かったです。この母にしてこの子ありか、と御園生の性格に少し納得もしたり。ちょっと抜けていて隙があるところも、滝川にとってはエロ可愛い美点ですよね。

0

エッチなトロ顔がデフォルトの真面目な先生と性春したい糸目高校生!

以前読んだ時は、あんまり…だったんですけど。久々に読むと、結構面白く読めました。
何しろ、ここ数年でトレンド(⁈)に乗った感のある糸目顔の高校生、本編では「仏顔」と崇め奉られている生徒、その名も仏田。そして、いかがわしいにも程がある、口元常に半開き、最中喘いでるかの様な表情がデフォルトの五十川先生。先生を啼かせたい、との一念で押しまくる‼︎ 超絶アホアホ・ラブコメディ。
そこは勿論 しうこ先生なので、エッチはトロトロなんだけど。意外にも先生が純で鈍過ぎるので、なかなか至らずという、ジレジレモッダモダ。
仏顔の糸目が、先生のエロさに刮目してカッと目を見開いちゃうのがチートです。あはは。

それより、何より。当時は同時収録の「ササクレ・メモリアル」の後日談、「ササクレ・メモリアル Returns」目当てで買いました。
矢嶋さんは、モッサリした男がタイプなので、イケメンの三田にはどうにも刺さってないみたい…な事を三田は気にしている。矢嶋さんにずっと憧れていて、想いが叶ったのに。どんどん欲が出てきていて。独占したいし、愛されたい。
そんな三田の想いとは裏腹に、愛された事が無いと言い切る寂しい矢嶋さんは、ビッチな自分では三田に相応しく無いと、思い悩んでいるのだ。この意外な健気さが可愛いくて、三田はやっぱりたまらなくなります。読み手側としては、三田のヘンタイに付き合ってられるんだから、そんな事気にする必要無いのに〜。って感じですが。
三田の恋人が女の子だと信じて疑わない同僚との掛け合いも楽しいです。女が言われて喜ぶ事を言ってあげなくちゃ、という同僚に「…とにかくエロいです。」と答える三田。「うん、言わなくて正解だったカモ。」
若かりし頃のどエロい矢嶋さんと、それをただただ見つめている三田もいい。可愛いです。

思わぬ拾い物は、滝川くんと御園生さんのその後、「迷う男」〜FINAL QUEST?」
御園生さんのご両親登場です。あの母にして、この子有り。キョーレツな御園生・母に無理矢理見合いを勧められる御園生さん。嫉妬のあまり、その様子を見守ってしまう滝川くん。
勿論、見合いは破談となりますが。御園生さんに滝川くんの胸の内まで届いたかどうかは、分からないんだけど、御園生さんには滝川くんしかいないって事だけは確かで絶対。
ところで、御園生さんは、「お義母さん」って呼んでるんですよね。あんなにソックリなのに。
どういう事なんだろう??
あと、感度が上がったからフツーのセックスでも良くなったという御園生さん。滝川くんのヘンタイスキルは上がっているので、ちと心配ではあります。しうこ先生が御園生さんをいたくお気に入りなので、もしかしたらFINALじゃ無いかも〜ですって。

0

3つのお話

フェイク♂

仏顔の仏田とアへ顔がデフォルトの五十川先生のお話です。

エロ大魔人の仏田が悩みを五十川に打ち明け、五十川は先生になってやりたかった青春を味わい、仏田は先生にエロい妄想をふつふつと。

お付き合いすることになったのに、先生は生徒の一人としか見てくれてないの?なところで河原や卒業式の日に仏田の部屋で…。でも仏田が4/1生まれなのでもう少しお預け!
先生が結局どう思ってるの?と疑問が残ります。ちゃんと好きなのかな?

ササクレ・メモリアルReturns

矢嶋も三田に本気になってくると何でそこまで自分をって不安になるのでしょうか。
だからってチャラいふつメンの元セフレと浮気?

三田の転勤話にあっさり別れるって。すごく動揺してましたが。
好かれることがなかった悲しい過去のせいでどうしていいかわからなかったんですね。
ドラマCDにもこのエピソードが入ってましたね。

迷う男~FINAL QUEST?

いいお話でしたが元の迷う男を読んだのがかなり前で内容をよく覚えてないのです、ううっ。しかも手放してしまって。なんやかんや攻めの一人相撲かと思いきやちゃんと両思いですね。受けの父とも繋がってめでたしめでたし。

0

ユニークな3作品

久々の鹿乃しうこ先生は、短編オムニバスでした。
表題作のホトケ顔生徒xエロとろ顔のちょっとずれた熱血教師は、楽しいお話。
中身や思考とはだいぶ違う表情描写が、ホント、エロくて斬新でした。
表紙でまさかの線目な攻・仏田も、ちゃんと瞳ありまして、見開くと眼力がすごいし(笑)
鈍いほど真っ当な感性でイケててさわやかな柴田先生が素敵だった♪

ササクレはまだ二人とも遠慮と思い違いがあって、青春というか恋だな~♪と、遠い記憶の切なさを(爆)楽しみました。

迷う男・御園生は相変わらずどこか変ですが、以前よりカップルらしくなった感じ。
 ぽつぽつ描かれる続編ショートは、コミック収録がバラけてしまって時々探し物になるのがちょっと困りますね。(^_^;ヾ

1

スケベ男子とエロトロ顔

私事ですが、ほぼ二ヶ月bl断ちの日々でした。ちるちるは時々そーっとお邪魔して、bl沼に浸りたい欲求に駆られていたものです。予定より少し早く激ハードを脱しまして、また読めるようになったのですが、第一発目に選びましたのが鹿乃しうこ先生の「フェイク」です。
疲れが癒やされました、しうこ作品は元気が出ますね♩

表題作、フェイク。仏顔のスケベ男子仏田と、無意識にエロい雰囲気を振りまいてしまっている古典教師、五十川(いかがわ)の物語。
キャラの魅力に惹きこまれました。攻めは仏田です、挿入にはまだ至っておりませんが、さすがしうこ先生、エロいです。
「ササクレメモリアル returns」
感動しましたが、先のレビュアー様のご親切なアドバイスのとおりにしなかった私は、正にラストから入ってしまいました。読まなければ!
「迷う男」
これも、ササクレ同様、ここで完結する感じです。
ラストに「仏田☆finally」
卒業式に風邪で出れなかった仏田、お見舞いに来てくれた五十川とついに、脱童貞なるか?です。
答えは、まだオアズケです。18歳未満だからだそうです。

アホさとエロさ炸裂でいて、感動する。フェイク買ってよかったです。しうこ先生のワンちゃんのお話もキュートでした。
しうこ作品、早くコンプしたいです。

4

霧笛丸

詩雪さま
お久しぶりです♩
そう、先のレビュアー様というのは詩雪さまなんですよー。
ササクレメモリアル、是非ポチりますわ!
しうこ先生、ヤバイですよね。絵が上手いからマジでエロいです。
これから暫くはbl沼にどっぷりできるかと思うともう、うう…泣きそうでありマス。長かったなあー。
コミックは詩雪さまを大いに参考にさせていただきますね(*^^*)

久しぶりに読んだ

鹿乃しうこ先生は、BLを読み初めの10代の時に繰り返し読みました。(現在アラフォーです)

久々に読みたくなって、読んでみたらやっぱりエロかった!!!! エロい作家さんがいっぱい出てきてエロに慣れきったはずなのに、エロかった。

ただ、残念だったのが表題作以外はスピンオフだったこと。「迷う男」は昔に読んだ気がするけど覚えてないし「ササクレ・メモリアル」は読んだ記憶がない。買いに行かねばなりませんな。

1

斬新設定

鹿乃先生の新刊待ってました!!
迷うことなき作家買いです。

今回の作品もドツボでした///
仏顔の攻×トロ顔の受。斬新です。
攻めが予想以上の仏顔だったのですが、考えていることは煩悩に塗れまくりでとっても面白かったです。
読みながら心の中で思わず「それはない」と突っ込みたくなってしまいましたw
書下ろし含め本番はなかったのですが、トロ顔受け様の表情のおかげで、十分すぎるくらいエロも堪能できました。

表題作以外の2作は別作品「ササクレメモリアル」「迷う男」より。
個人的に「迷う男」が大好きなので、久しぶりに御園生さん(受)のとんでもっぷりがみられて嬉しかったです。
この2作品をご存知の方はより今作品楽しめるかと思います!

是非、表題作の二人のその後がどこかで描かれますように!期待をプラスしてこの評価です。

4

流石だよ~エロ可笑しい!!

( ― ― )
糸目↑でホトケ顔なのに、エロいことで頭いっぱいの高校生(攻め)、
いいですね~~
細い目で「これは…」って、エロ妄想してるのとか、
先生が湯のみでお茶を飲んでるだけなのに、
その湯のみにモザイクをかけるくらいエロく見えてるとか、もう!!w

そして、そのお相手の先生が、
トロ顔(普通にしてるのに、なぜかアヘ顔)なのがまた…w
単なる、ぽやぁ~としてるだけじゃなくて、
ちゃんといかがわしく、エロ頭の高校生を興奮させるのも分かるよーー
と思わせる表情のオンパレードなのがすごい☆
先生なのに、
先生としての志は高いのに、
ヤル気もあるのに、その思考がなんとも浅いのも…可笑しすぎる!
付き合うのをOKした理由には、笑ったよーー

いやぁ~エロさと可笑しさの組み合わせ方が、
鹿乃さんはホントに上手いな~~

【ササクレ・メモリアル】は、
相変わらず攻めが一途な執着ぶりを見せるのに対し、
モッサリ好きの受けの覚悟が決まらなくて、
浮気までしくさって、オイ!!って感じでしたが、
それがなんだかリアルで、遠距離恋愛になったら…のとことか、
すごく切なくてグッときてしまいましたーー
受けは、もっと恥ずかしい思いをすればいいのに!って思っちゃった☆

で、【迷う男】で、キュン♡
これまで、エッチがどんどんエスカレートしてて、
受けの御園生さんがもっともっと!ってなってて、
攻めの滝川がちょっと可哀想だな~って思ってたんですが、
計画的に開発して、普通Hで満足できるようにしていたとは☆
やっぱり、御園生さんのお相手は滝川にしか務まらないよ~
それが今回、お話の中でもハッキリして満足~~♪
連れ去られる時の御園生さんの顔、すっごい可愛かったな~

で、最後、
表題作の描き下ろしが、エロエロ展開なのに、
挿入はナシで終わるのもすごく可笑しい~~
一番ラストのカットが、野菜を挿れてる先生の姿を想像しながら、
1人エッチとか、もう、最高すぎです☆☆☆

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う