迷う男

mayou otoko

迷う男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×223
  • 萌24
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
29
得点
287
評価数
76
平均
3.8 / 5
神率
31.6%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
シリーズ
Punch↑
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812468760

あらすじ

憧れの建築家・御園生涼司と仕事することになった駆け出しのインテリアコーディネーター・滝川樹。だが実物の御園生は不遜で方向音痴、とてもじゃないが尊敬できる人格の持ち主ではなかった。しかしクリスマス・イブ当日、なぜか御園生の部屋に招待され、うっかりカラダの関係を持ってしまった滝川だったが、その裏には想像を絶する「オチ」が待ち受けていた!?麗人本誌で話題の滝川・御園生カップルが遂にコミックスで登場!!シリーズ3作と描き下ろし番外編のほか、赤裸々エッセイコミックと読み切り1編を収録した待望のコミックス。
出版社より

表題作迷う男

駆け出しのインテリアコーディネーター・滝川樹
方向音痴で優柔不断な建築家・御園生涼司

同時収録作品Heaven

羽生 幹央(享年25歳・幽霊)
雨宮 翔(享年17歳・幽霊)

その他の収録作品

  • 明日のBL

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数29

エロの神髄は、サオではなく袋にアリ!

エロの神髄は、サオではなく袋にアリ!
・・・そう私は思うのです。

とりわけ鹿乃しうこさんという作家さんは
サオはもちろんのこと袋の描写が卓越しているのです。

『迷う男』は、『Punch↑』ともリンクしており
描きおろしに牧や浩太もでてきてスワッピングならぬw
受×受デートが収録されているのも素晴らしいかったです。
こんな風にキャラたちがのびのび出版社の枠を越え出会えるのは
いいことだなぁと思います。もぅ、ここだけでも神!

本編の『迷う男』ですが、実はCDのほうを先に聴いていたので
原作はそれをおさらいするように読んだのですが
これね!絵じゃないと見えない萌えがあるもんですね!!!
袋の描写がパネェ!
『迷う男』といえば縛りどころか
失禁シーンやドロレスwまで描かれていて
しかもそれ全部受けのリクエストだから最高です☆

方向音痴の受け御園生に悩まされる男・滝川こそが
御園生という迷宮に迷い込んだ『迷う男』なのです!
私も鹿乃しうこワールドにハマって出口をみつけられない迷う女ですw

ほか短編で『Heaven』という幽霊同士の恋愛が入ってます。
これも、おもしろかった!
般若心経をポエムにして盛る幽霊同士w
逝ってる人間が、達くってすげぇよな!

5

修行中

はんなり…!
何故か焼きナス(皮をむくタイプの)を想像してしまいました。美味しそう←ダブルの意味で

>サオ
私も濃い目のトーン貼ってあるの見ると「おっ!」と思います。生々しさ欲しいですv

ではではお目汚し失礼しました。

修行中

かにゃこさん、はじめまして。

>とりわけ鹿乃しうこさんという作家さんは
>サオはもちろんのこと袋の描写が卓越しているのです。
私も読んでいて「何だかやたら目に付く袋だなー」と思っていたので思わずコメントしてしまいました。凝ってますよね袋!!そういう作家さんてなかなか居ないような気が。

>絵じゃないと見えない萌えがあるもんですね!!!
…ということはCDじゃないと感じられない萌えもあるのですよね…。奥深し、BL。

ではでは、失礼しました♪

何度も読むと味が出てきます

最初は特に印象に残らないというか御園生さんのキャラがいまいちつかめなかったのですが、久しぶりに読み返したらすごく面白かったです。

御園生さんは基本自分がお姫様扱いされるのを当然のように思っていて、そこにど天然ぶりが加わり攻めの滝川君を振り回しまくるのですが、自分の気持ちすら把握できず頓珍漢な発言を繰りかえす御園生さんの素っ頓狂さに萌えました。
滝川君は普段は振り回されっぱなしですが、エッチのときはかなり攻撃的なので…まぁお互い様ということで。

とても可愛いカップルなので続きが読みたいですね。
御園生さんがもう少し滝川君にメロメロになるとこをが見たいです。

4

失禁シーンは「神」だと思います~。

失禁プレイ(?)って最高だよね!という作品だった気がする…いや、私的に。そこが最高潮。

っていうか主人公の御園生、「あの」牧の元カレだったのか!いろんな作品とリンクしてるからそっちも買っちゃいました。まんまと思惑に乗せられました、ええ。でも御園生も幸せになってほしかったからよかったよかった。

御園生のお相手の滝川くんは、ヘタレと思いきや意外と肉食系。御園生に対してガツガツいってると思います。じゃないと御園生には伝わらないからな…。仕事でもなかなか優秀な人物みたいですよ彼は。

Hシーンは鹿乃先生に関しては何の文句もありません。大満足。最高。御園生の大開脚で丸見えのアングルも、失禁シーンも最高です。特に滝川くんが御園生のお尻っていうか太股を思いっきり叩くシーンはゾクゾクしました。それに感じてヒクヒクしてる御園生がいやらしくて最高でした…(´Д`)

最後の話は青姦?工事現場の穴に落ちて泥まみれでセックスというのもなかなかいいですね。雨に打たれて寒いからひっついてる二人がラブラブっぽくよかった。しかし…御園生…う、浮気?なんで女性と寝るんですか!滝川くんが気の毒すぎる…(´Д`)

とにかくもうこの作品に関しては滝川くん頑張れとしか言いようがありません。たしかこの作品、まだ続編があったはずだけどな。ラブホテル編が。回る丸いベッド&天井が鏡張りの部屋でHしてた二人を雑誌で読んだ気がする…。

続刊が出たらいいな!

3

何度読み返しても面白い

ズレまくった男、御園生。自分にこんな萌え属性があるとは思わず、新たな発見でしたw 滝川くんもよかったけど、やっぱり牧×御園生は絶対に見たいです…! こんなズレた男に、あのヤバい男が…想像だけでも萌えます。笑(私は牧大好きなので)もちろん、滝川くんも天然御園生に振り回されながら青姦までしちゃう可愛さはたまりません!

3

御園生さんが大好きです(笑)

御園生さんの天才建築家なのに、天然だったりネジがとんでる具合、超マイペース、意味不明な理屈、発想、天真爛漫と言いましょうか…、性への飽くなき探究心、良い意味で読めないキャラ、感情移入できないキャラでした。読んでいて、相手役の滝川と一緒に『!!!?』となったり…振り回されたりできて充実できます。ノーパンの件もですが行動が突拍子もなく常軌を逸していて笑えます。
振り回される滝川も憐れで、可愛くて、萌ます。(笑)

短編も入っていましたが、そちらもコントのようなコメディー(笑)
『般若心経がポエムに聴こえるぜ』…名言ですね。笑えます。
完全にギャグでしたが、良かったです。

3

さすが御園生くん!! サイコーですvvv

言わずと知れたPunch↑のスピンオフものですが、さすが御園生くん 元彼(Punch↑ 牧さん)が超変態だけにすでに本人も変態になってます。 元彼のせいで宗旨がえまでして 自分の性癖が普通と思ってる御園生にはちょっと同情さえしてしまいそうvvvv 元彼があの男なだけに・・・ 滝川くんもそうとう度量の広い男だな~と感心しました。どんだけ御園生に惚れてんだ!! それも、鹿乃先生 失禁プレイなんてPunch↑で出てくるなら、あるんじゃないvvあの牧なら! 浩太に切望するだろうvvシーンを をこの作品で持ってくるとは どこまで変態度を広げる気なんでしょうか!! いやいや もうここまでくればドンドン極めて頂けたらと思います! 楽しい作品でした!

2

Mな受けに萌~

初めて買った鹿乃しうこ先生のコミック。
鹿乃しうこ先生のコミックは初めて読んだということで描写のリアルさに衝撃を受けた記憶があります。でも、内容はちゃんと出来ていてお薦めの作品。攻めも受けもバッチリイケメンなので安心して読めました。

内容はノンケの攻めがMっ気のある受けの天然な性格と方向音痴に振り回されるストーリー。萌えるシーンが満載で何回も読み返してしまう一冊。一番好きなシーンは攻めが受けに嫉妬してほっぺを平手打ちするところ。

1

ベランダwww

元々、ドラマCDから聞いてそれから原作を買いました。
御園生のM思考?がとても面白かったです。
特に最後の「ベランダ?」がww

1

方向音痴な受けに攻めも読者も振り回される!

年下×年上の魅力が詰まってます!仕事はデキるけど天然な不思議系受けの御園生と、それに振り回されまくるワンコ攻め樹のお話。
恋愛にも道にも性癖にも迷いまくってるふたり。

どちらも憎めないキャラで、話もいちいち可愛くて面白い。
攻めが苦労人で、本当にバタバタ振り回されるけど、それでも御園生さんのことを好きっていうところがきゅんときます。 
この作者の前作?Punch↑も好きで、その作品の攻めである牧さんと昔身体の関係にあったという設定も美味しい。
天然だけどいろいろと葛藤を抱えている御園生さんが本当に良いキャラしています。Mに目覚めたり、アオカンに目覚めたり…これからもノーマル常識人な攻めをどんどん振り回して行ってほしいです。
重度の方向音痴なところも笑ってしまいます。
鹿乃しうこ先生はギャグセンスが高いので大好き。

「Heaven」も幽霊モノもギャグでしたが、ちゃんと萌えどころがあって素晴らしかったです。黒髪短髪眼鏡キャラ大好き!

1

迷走ぶりに爆笑!

予想外に♡を掴まれてしまった「Punch↑」のスピンオフ。
昔牧の事務所にいて、そして関係のあった建築士・御園生の話です。

これ、コメディなんだよね?
もう終始お腹を抱えて笑いっぱなしでした。

御園生くん、可笑し過ぎる!!
道に迷い、恋愛に迷い、人生に迷い、自分が何に悩んでいるのかにも迷い(笑)
迷いに迷った挙げ句、とんでもない方向に行っちゃってる!

それに付き合うというか、振り回されるというか
一緒に迷いながら暴走するのは、年下の普通の人滝川くん。
そして行きついた果ては、工事現場の深い穴の中、
そこで致すは、あー、まぁそういうことww
あのー、お二人さん。真夏には見えなかったんですけれど、お風邪など大丈夫でしたか?

ずれた二人の迷走ぶりが、エロくて楽しいお話です。

もう一編の「Heaven」も、エロくてちょっぴり切なくて悪くないし、
巻末の「明日のBL」というエッセイも、書き下ろしの「Punch↑」コラボも◎でした。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ