Punch↑【BLCD】

Punch↑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×27
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

270

レビュー数
16
得点
194
評価数
45
平均
4.3 / 5
神率
57.8%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
小川信寛
音楽
ミリオンバンブー
脚本
外原祥子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
シリーズ
Punch↑
収録時間
63 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(ブックレットに描き下ろし4コマ漫画有り)
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4996779015047

表題作 Punch↑

牧志青 → 子安武人

大木浩太 → 中村悠一

その他キャラ
菱谷忍[遊佐浩二]/ 安芸純佑[森川智之]/ 御園生涼司[笹沼尭羅(旧 笹沼晃)]/ 和久井久嗣[高橋広樹]

評価・レビューする

レビュー投稿数16

神作品です!

これは神作品です!というか、鹿乃しうこ先生こそが神!と崇めたい程です!
ハラハラドキドキキュンキュンが止まらない、切なく甘く激しく優しいストーリーです!

このコメントは、Punch↑CDを全部聴いた感想になります。
声優様が凄くキャラクターと合っていて、この声優様達以外ありえない!って思ってますw
声優様達がこの人達で本当に良かった(´;Д;`)と自信を持って言えます!

俺はこの作品を何度もなんども一から聴き直しました!何回聞いても飽きません!
いつもは、感動して泣きそうになるくらいだったんですけど、昨日は遂に泣いてしまいましたw本当に心から感動して、みんなお幸せに〜(´;Д;`)ってなってましたw

TwitterでPunch↑好きさんと昨日出会ったんですけど、Punch↑の話ですごく盛り上がったはいいのですが、文字数の関係で、このPunch↑への熱き想いを短縮して伝えなければならないことがツラかったですw_(:3」z)_
それくらい素晴らしい作品です!

1

可愛いなーと、思ってね

迷いなく「神」評価…いや、気持ち的には★10あげたい!と思う名作シリーズです。ほぼ原作コミック1巻=CD1作という分かりやすい構成になっているところも好きで、シリーズを通して原作4巻までのエピソードがきっちり音声化されていて嬉しい限りです。

皆さん書かれていますが、まず牧役の子安さんがハマりすぎて怖いほどです。もう牧さんは子安さんの声以外ありえないというか子安さんが牧さんです(混乱)。浩太を演じた中村さんも素晴らしく、もう中村さんがこーたんです(大混乱)。原作の持つドラマとギャグテイストとエロスの絶妙なバランスをお二人が見事に再現してくれていますよ。

また、兄弟シリーズの「P.B.B.」から、ブリッジ役である遊佐さんに加えて森川さんと野島さんが参加されています。いやはや…たった数回の出番なのに森川さんの存在感がすごい。さすが帝王。

久しぶりに原作を読みながらCDを聴いてみると細かいところで原作と違いがありますねぇ。そのおかげで分かりづらい箇所がなく、CD単体としても完成度が高い作品だと思います。

「Punch↑」は如何にもBLな過度にロマンティックなセリフや言い回しが滅多にないので、あまりこう…赤面///…みたいな気分にならず聴くことができるのもポイント高いです。

3

メリハリ抜群!

 まず、子安さんがハマリ役でした。コミカルでいて、大人の色気があり、でもどこか残念で変態。そんな牧の役にこれ以上のキャスティングはないと思います。牧そのままって感じですね。
 そして中村さん。背伸びをしちゃうお年頃だけどしっかりしているところもある。そんな浩太に中村さんの声がぴったりでした。

 それと、個人的にBLCDではBGMが重要だと思っているのですが、このCDはそれも良かった。キャストの声を邪魔せず、雰囲気を盛り上げていました。シナリオも、メリハリが効いていて、ギャグのシーンは思いっきりはじけて、シリアスなシーンはシリアスに、でも重すぎず。理想的なBLで、安心して?(笑)、最後まで聞くことができました!

0

違和感全くなし!

原作が大好きなので購入しました。
BGMがよかった。ジャマせずに、このお話に合っていました。

牧さん役の子安武人さん、牧さんにぴったり。
変態な時、真剣な時、エッチシーンすべてにおいて素晴らしい。
声の雰囲気がよく合っていたし、牧さんの声は子安さん以外考えられないです。

浩太役の中村悠一さん。
19歳の浩太を見事に演じていて、こちらもハマり役。
浩太が牧さんに出会って幸せになっていくうちに浩太の表情も段々明るくなっていくんですけど、それを声で見事に再現していて。喘ぎ声は色気がありました。

他の声優さんも役に合っていて聴きやすかったです(^-^)

原作に足されてる部分もあり、減らされてる部分もありました。
なんで減らすんだろ。話をテンポよく持って行くには仕方ないか。
言い方変えたりとかはいいけど、省略はなるべくしないでほしいなぁ。


2

たまりません!!

もう何回聞いたかわかりません(笑)

そしてこれからも聞きます(^o^)
なので書いちゃいました。

おいしく頂きました♪

1

カミソリ負けに萌え,too!!

最近、子安っさんの聴いてないなぁ~と再聴ですv

有名設計士×型枠大工のともにゲイの話。
型枠なのに現場監督ならまだしも設計士と会う事なんかまずないっしょー!?
現場に迷い猫が来ることはあっても、猫を連れてくることは絶対無理っしょー!
と突っ込みつつ、「疲れマラ」や「ゲイの移り気」のリアリティーにどうでもよくなりますー(#^.^#)

子供の様な攻めの子安さんの受けへのデレがハンパ無くてですねー、ギャグな作りなのにそこに受け思いの真剣さが語られて、ホント良いバランスだなーと。
そして、受けが筋金入りのボディでケンカも強いのに、ベビー柔肌にパイパン!
心も同じで生真面目で優し過ぎるヤツなのー!(*^ε^*)スキスキ

この2人、好きになればなるほど相手のちょっとした言動にビンビン過敏になって、いつまで経っても恋・しあっているのだよー。
ご馳走さまの後でも「ベツ腹でーす♪」とばかりにクチュクチュで幸せH過多気味なんですが、ま、そこを味わって^^
面白くて気楽に聴けるのをお探しの方、お薦めしますーv

1

あの音が早くて気になり過ぎるw

原作既読です。
既読って言うか、寧ろ大好きです。
元々このドラマCDを聴きたいが為に、原作を購入・拝読した私。
異常な位の期待を背負い、満を持しての登場。

……こ、や、す、さ…ん…orz
やっばいです、この子安さん!わーわーわー!!
何なの…あの変態っぷりをここまで忠実に表現できる人って、子安さん以外に考えられない…!
そのぐらい、相当嵌っております。
「俺が穴を開けてやる」とか全然説得力ないー、開けたがりじゃないですかー(笑)
私の知ってるドラマCDの子安さんと言えば、渋く男前声のみなので、このぶっ飛び具合にモーレツに興奮しました。
何度リピして聴いていたか…
それ以来、原作を読むともれなく子安さんが脳内でセリフを言ってくれますw

中村悠一さんも19歳の役という事で、どうなんだろうと正直心配だったんですが、これも無理なくまさしくソコに浩太がいるではありませんか。
可愛いのに格好いい、幼いのに大人びている浩太が十二分に表現されています。

そして何せ私の気になる所。
二人が致すシーン。
子安さん演じる牧のチュッチュ音、えらい早くないですか?(笑)
何か分からないけど、あのシーンになると笑ってしまう自分が居ます。
唇にキス、体にキス…とおりていくんだと思いますが、雰囲気皆無と言うか、
「ちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅ」
みたいな感じで、正直爆笑してしまうww
いや、あのチュッチュ音で変態さを表現していると言うなら子安さんに3,000点(笑)

コメディ色が強いからそう感じるのか、割とBGM?SE?も安っぽい感じのが多い気がします。
それが又合うんですよねぇ、まだ1巻ではそれほど色艶あるシーンって少ないし、それこそ1枚目からそういう音楽は必要ないかもしれないなと。

脇役の森川さんも男らしくて素敵!私の好きなトーンで悶えました(ハアハア)

これは早く2枚目に行きたいですね、続きが気になります♪
一気に子安さんファンになりました。

2

ギャグテイストBL

こういう子安さんが聴きたかった!!!

このPuch↑って作品は、前作のP.B.B.のスピンオフなんで、ゆっちーやもりもりも出てきます。
でも!!あたしゃこのコヤピの役のハマりように脱帽したシュールな変態っぷりがたまらんwww
建築家をいいことに工事現場で

『建設現場、それはガテンな男たちが集う楽園、躍動する健全な肉体にエロスが香る・・・』
「どこの子にしよ~~かな~~」
てwww物色してるし!!

今まで聴いたことない子安さんの演技はサイコーだ!

中村さんの可愛い喘ぎもアンアンじゃなくって自然体で違和感なし!

笑いあり涙ありのBLだと思います。

2

えっ?えっ?攻め同士対決で萌えちゃった…。

えー、P.B.B.シリーズがあんまり好きじゃなかったワタクシが通りますよっと。。。
期待していなかったせいもあるが、コッチはちょっとヤラれました。

序盤は「ふーん」展開なんです。
建築家とガテンが猫を接点にお泊りして…はいはいそうですか、それでもう先見えたよウンウン、どうでもいいけど、ロシアン・ブルーってあんまり鳴かないことになってるよねー?とツッコミを入れていたワタクシ、雑食変態?の牧(←子安さん)と、ガテンな肉体のくせに妙にカワイくて
ほぼパイパンという、変態なら即座に食いつきそうな浩太(中村悠一さんです)のカップリングですが…牧の変態ベクトルが超ストライクでしたw
もう、節操なさすぎるナチュラルな変態さんです。こういうの子安さんうまいよねー。

で、なぜかサブキャラP.B.Bのお二人、忍と純佑が出てくる!
ほえー。
そう来るか、そう来るのか!!!!

正直、P.B.Bシリーズのお二人は遊佐さん森川さんなのに、なんか萌えが炸裂しなかったんですよ。ですが、こちらではサブキャラでありながら、結構なキーパーソンになってるんですよね。

メインキャラを軸に、サブキャラ同士の関係がすっごく気になるドラマ。
牧の元・ノンケ彼氏の御園生(笹沼尭羅さんですね)も気になるし。

自分的に「おぉ~~!」と萌えてしまったのが、
牧と安芸が鉢合わせするくだりです!攻め同士、キメるところはキメます!的な空気が充満しております。P.B.Bでは歳に似合わずクールすぎる安芸がイマイチ好きになれなかったんですが、クールな変態とクールなホストの対決、なかなかカッコイイ!!!!!うわぁ~ん!クール変態な子安さんvsツンケンな森川さんにシビれるぞーーーーー!
一方でお軽い忍とやけに可愛い浩太、受け同士のイチャコラもほのぼの萌えしますな。。。

そうか、P.B.B.シリーズはこれとセットで聴くものだったんだ…!
開眼しました。

2

牧さんが~!

「Punch↑」を最初に聞いた時のショックは今でも忘れられません。
キャスティングは全員ハマってるんですが、自分にとって頭ぶん殴られた気がしたのは何といっても子安さん演じる牧さん!!
もうそこに牧さんが居た!!そのまんま牧さん!!そうだよ牧さんってこの声だよ、もうこれ意外考えられないよ!!!!!と鳥肌立って歓喜しちゃいました。

あ、そうそう自分は無茶苦茶このメインカップルが好きなのですが、特に牧さんの好きっぷりは自分でもどうしたものかと思ってしまう程にこのヘタレ男が好きで好きでどうしようもないのですよ。
そのドラマCD化ですからまさに正座する気分で聞いたのですが、子安さんの牧さんはもう神!!神過ぎる!!
もう牧さん聞いただけで満足ですよ、ぷしゅーーー。

熱く子安さん牧さんを語ってますが、ストーリーも実に小気味良くテンポよくコミカルを主体に原作を上手くまとめてます。
中村さんの浩太も、脇の遊佐さんも良くてもう凄く楽しい一枚に仕上がってますねー。

とりあえず牧さんに子安さんをキャスティングしてくれた方ありがとうと言いたいですよー!
原作好きの方は先ずこの一作目を聞いてみてその後の購入判断にしても良いと思います。この一作だけでも十分楽しめますから!
(勿論続けて聞くともっと素晴らしいけどけど!)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ