Punch↑(2)

punch

Punch↑(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神70
  • 萌×220
  • 萌19
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
29
得点
488
評価数
113
平均
4.4 / 5
神率
61.9%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
Punch↑
発売日
電子発売日
ISBN
9784862635389

あらすじ

建築家の牧は、型枠工の浩太との同棲を満喫★している。面倒見のいい浩太は家事が得意だし、ナイトライフvでは新たな発見の連続(鼻息)。子猫も増えてまさにスイートホーム! そんな幸福の中、生まれて初めて覚えた嫉妬が、エリートで大人なはずの牧を揺るがして…! 描き下ろし4コママンガをゴッソリ&番外長編「蜜月」を収録!

表題作Punch↑(2)

牧志青,31歳,建築家
大木浩太,19歳,型枠工

同時収録作品蜜月

深津裕也,洋食屋シェフ,浩太兄の彼氏(25歳)
大木浩太,中学3年(15歳)

その他の収録作品

  • お仕事画報
  • キャラ・プロフ(描き下ろし)
  • トキメキ・4コマ(描き下ろし)

レビュー投稿数29

お願いだから、一度読んで戴きたい。

本当に本当に、沢山の方に読んで戴きたい2巻。
1巻のコミカルなギャグテイストから、2巻はシリアスな展開へ。
笑える要素や、相変わらず凄い(素晴らしい?)アングルの絡み描写もありつつ、ワクワクスパイラル(綿棒プレイ/笑)も盛り沢山、牧と浩太の内面にぐっと一歩踏み込んだストーリー展開になっています。
ひとことで云うならば、「牧、試練の巻」。
牧さんの試練はわたしの試練、受けて立とうじゃないの…!!(フンガ/鼻息)

浩太は相変わらず漢そのもので乙女度は低いのに、牧が自分の気持ちを言葉で伝えてくれないことに焦れ、その気持ちが天然淫乱の如く表情に滲み出て、すっかり誘い受けの貫禄。(貫禄?)
1巻では見れなかったような色気のある表情を見せる浩太に、牧と同じスピードで転がり落ちました(*´Д`*)すき…

牧は牧で、ただのスマートな恋愛を好む変態かと思いきや、浩太に対しては初恋のように自分の抱く気持ちに戸惑ったり、拗ねたり嫉妬したり…、兎角へたれていて。
何故でしょう、これが悶絶可愛く視えてしまい…わたしはこの巻で牧への愛が爆発しました。
格好良いことを云ってみた後で盛大に赤面する牧が好き。
誘う時はガツガツ行くのに、誘われると照れて一歩退いちゃう牧が大好き。
いつも清潔そうなハンカチを持っている大人な牧が大好き過ぎて困る…!
ハ、ハンカチ王子…!(今云われても)

浩太は牧を“ちゃんと”愛しているのに、初恋のひとのことも忘れられない。
牧は牧で、そう云う浩太の気持ちは解っていて理解も見せるのだけれども、正直な気持ちとしては、矢張り過去に嫉妬。
2人共がそんな気持ちを抱いてしまう自分への自己嫌悪に堕ち、そしてそれを本能的に相手にバレないように振る舞おうとするのが切ないです。
けれど読後感はとてもあたたかく、1巻と同じく不器用で優しいラブストーリー。
牧の真摯な愛の言葉、浩太を飛び越えてわたしの心に激しく刺さりました。
思わず読んでいた手が止まるほど、瞳を奪われたコマがあります。

4コマでも引っ張りだこな綿棒ネタも大好きですが、牧の名(迷?)言集も、新たな頁を開きました。

「…浩太がエロくてヤバイ。俺の天使が淫魔に……(ハァァ…)」←悩ましげ(笑)
「綿棒が好きなんじゃない。綿棒を刺したお前が好きなんだ」

この鹿乃先生のセンスを激しくリスペクト…!(笑)
4コマを読むたびにこのひとのセンスは極上だなあと思わされます。
まったり→もっこり→しっぽり→ねっとりの言葉遊びな牧の寸劇に爆笑したのはわたしだけじゃないはず(笑)。
頁配置も凄く考え抜かれている感じがして、浩太の初恋篇は読むまでは(牧に気持ちが入り過ぎているせいで)ドキドキしましたが、この番外編の次の頁の4コマの牧のお陰もあり、大好きになりましたv

7

ひろ

>ミドリさん
わ~っ、ミドリさんこんにちはー!(´∀`*)
コメント有り難う御座いますv

Punch↑、読んで下さいましたか…!!(ぎゅううっ/離れてください)
良かったです、すんなりいけてほんとに良かったです~っvv
Punch↑はたぶん、受けちゃんがあっさり顔なので万人受けしやすい感じなのかなあと思います。
濃ゆくないですよね? 寧ろ可愛いですよねっっvv(ガシ)
わたしはこれで鹿乃さんの絡みのクオリティの高さに堕ちて(笑)今は作家買いしています(´∀`*)

是非是非他の作品もトライしてみてください!
鹿乃さん作品は結構あちこちで登場人物が繋がっているのでそれもまた愉しいですv

ミドリ

ひろさん、こんばんわ。
姐さんの「女王様受」のところで鹿乃さんの第一歩として教えていただいたPunch↑、読みましたよー!
全っ然イケました~すんなりと!
何の抵抗感もなかったですvv
もっと濃ゆいのかなーって思ってたんですけど。
普通に可愛いじゃないですか!!!たしかにP.B.Bのお二人は濃ゆき感じましたが…(笑)
これを機に鹿乃作品、読みすすめていってみます。
ありがとうございました~

ひろ

>乱菊さん
ぶふぉっ、見付かってる(笑)。
牧さんとこーたんが絡むとうっかり沸騰してしまいがちです…><//
うちのブログを読んで下さっている方にも発見されたらしく、ひろさん熱いよ! って同じこと云われちゃいました(笑)。

でもらーんぎーくさーん。
1200字じゃあちっとも足りない! この熱い思いどうすれば…!!(フガフガ)
まあ、このサイトでのレビュは読み物的な感じよりも、さくっと読める方が良さそうだし長過ぎますね、これ(笑)。

ワクワクスパイラル、よもやこんなにがっつりネタとして描きはると思っていなかったので、読みたいです! と熱烈に鹿乃先生にラブコールしていた自分が恥ずかしい…。
そうそう、牧さんのあの照れ隠しっぷりが可愛くって仕方ないのです…。
ああっ……(´Д`*)

家族のことを話すシーンはひろもめっちゃお気に入りで、いや、けれど寧ろ「お前に出逢うためじゃない?」って真顔で云った後に真っ赤になる牧さんに萌え…v(ぇ)
牧さんは表面的には社交的で取っ付き易く、おちゃらけているように感じますが、矢張り真面目なひとですよね。
30代になって逆に、10代のこーたんに云えない素直な気持ちがあるんですよね…!

ひ、ひろももう一回読んで来よう。(ぇ)
今月末のGOLDの『Punch↑』の続きが待ちきれません!(フガフガ)

……萌えのあまりコメントすら長くなってしまいました(…)。
すみません(笑)。

乱菊

熱いっ、ひろさん熱いよっっ(笑)
しかし私もワクワクスパイラルはお気に入りです。
牧さんこういうところバカなんだけど、実は照れ隠しだからねー。うんうん。
こーたんに自分の生い立ちとか家族のこととか、淡々と話すシーン。
なんかあれすごく印象的だったりします。
あ、この人やっぱり真面目なんだな・・・って。
も一回読み直したくなってきた!

そんな過去もありーの

待ってました! Punch↑2巻! この二人の組み合わせがツボなんですよ!
最初、牧さんって正直苦手なタイプだったんですけど、こっちの連載が始まってから、この変態具合も実にいいな!と思うほどにハマってます。
浩太が何といってもかわいい! 色々なことがあったからこそのあの性格なんだと今回よくわかりましたけど、牧がうっかり変態プレイに走ってしまう気持ちがわからなくもない感じです。

今回は浩太の過去編も入ってきて、浩太の慣れた感じや行為への抵抗のなさの謎?が少しだけ明らかになります。
浩太の兄はニューハーフで、その彼氏だった男が初恋の相手&初めての相手で、その人と再会するのです。
今回は再開するところと過去話で終わったんですけど、この調子だと3巻ではかなり絡んできそうですね。
どうなるのか楽しみです。

そして、BLとかではもしかしたらあまり歓迎されないかもしれない浩太のガッツリ過去話をやったのも凄いなと思いました。
私はこういう、いろいろあったけど、今はあなたが好きだという方が好きなんですが、お互いその辺は複雑なんでしょうか?
牧さんは意外と嫉妬深いので過去にもいろいろ嫉妬しそうですね。
今回も片鱗がありましたし。浩太の方は吹っ切れてるように感じましたけど、やはり初めての相手というのは違うのかもしれないですね。しかもそんなに悪い思い出ではない場合。

毎回思うんですが、本編以外の4コマ漫画が面白すぎます!
オマケ扱いじゃなく、結構本編にも絡んでるから、余計に面白いですね。
いろんな意味でいろいろ楽しめる、お得な一冊と言えると思います。

4

ラブラブなのに目が離せない

横やりが入りながらも2人の本気を見せつけ、ますます絆は深くなり…かと思いきや、なんとなくシリアスな雰囲気が入ってきました。
だんだん牧が切なくなってきた。頑張れ~(>_<)

なんだかんだでキャッキャしてるんだけど、
きちんとした言葉で確証がほしい浩太と、初めてなくらいに恋に本気になってしまった牧。
揺れながらもお互いの気持ちをきちんと確かめあっていく2人です。

浩太は読み進むほどに魅力が増している気がするんですよね。
ただのケンカっ早いガキンチョじゃなかった…
色気と無邪気さが共存していて、魔性なのに可愛いという恐ろしい子です。
しかも無自覚っぽい。
そりゃ牧も困っちゃうよね…

そんな時に爆弾が投下されてしまいました。
浩太の初めての男であり恋を教えてくれた男、深津です。
電車で偶然再会し、思わず次の日もこっそり電車に乗ってしまう浩太ですが、浩太にとってまだ未消化な過去だからこその行動なんですよね。
深津に思いは残しているけど、未練とも違う。
浩太の過去の男に動揺しまくりの牧にとってはそんな所まで分かるわけないですが。
いちお解決した体ではあるけど、なんともいえない不穏さが残る2巻でした。

浩太の過去偏「蜜月」もとても切なくて感動しました。
フレンチトーストは泣けた。
この作品の重要なキーアイテムだと思います。

とても切ない終わり方でしたが、最後は4コマの笑いで締められてますw
どんな作品でも4コマがちょこっとあるだけで凄く嬉しいけど、鹿乃作品は沢山あるのでホントに嬉しいし楽しいです。

全然関係ないですが、深津はシェフなのにあまり清潔感がないですよね…
こういう人もありなのかな?でもこの人のレストランには行きたくないと思ってしまいましたw

4

メガネがズレてくのーっv

まず表紙!!!絆創膏を、じーっくり見ると
ほんのりピンクがのぞいてるんですよwww
ピンクっつーことで、もぉ、さっき付けたんだな?
朝方までヤってたな?www
大興奮ヾ(*´∀`*)ノ

あと浩太のパイパンマンwww
とりあえず、やなせ翁には見せられない
アンパン○ンが描いてあったw

私、基本的にノーマルな人間なんで
正直そんなにアブノーマルプレイには萌えないんです。
綿棒とか、牧の変態プレイがクローズアップされますが
この変態プレイをなぜしたいのか?
その理由がわかると、かなり萌えましたねぇ。
でも、まあ2巻もいろいろエロエロですが
牧のフェ○は本当に最高でした。
メガネにだらだら汁が落ちて、メガネがズレて!
ちょおおおおお、この萌えをどーしてくれようかwww

そして『蜜月』は、浩太の初恋のお話が入ってます。
浩太のはじめての相手がでてくる。
これがまた本当に“悪い男”
不幸体質、ダメな男に対してのガードの弱さはここで刷り込まれたのか・・・。
傍からみたら酷い初恋なのに、浩太にとっては
フレンチトーストのように甘い甘い『蜜月』だったのですよT_T
誰が悪かったのか・・・とてもせつないお話でした。
『蜜月』は、あくまで『蜜月』として語られるだけで
そこに牧はでてこないんですよね。
ただ4コマ漫画で牧が『蜜月』を読んでいるというネタがあって
救われました。3巻の発売も決定しているようで・・・早く読みたいっ><

3

ちょっと気になる展開へ

2巻では浩太のすごく心配症な友達が出てきたり、初恋の人が出てきたりで、牧さんは心穏やかではなかったはず。

浩太の友達西賀は彼女いるけど浩太のことすごく心配してて、実は浩太のこと好きなんじゃないかな?って思いました。まあ、それはそれで面白いんだけど、結局はただ心配なだけだったみたいです。

それよりもはつ恋の人、裕也の存在はやばいですね。
偶然電車の中で再開したけど、次の日も浩太が自分から同じ時間の電車に乗って裕也に会いにいってて。それが牧さんにバレて。
浩太は、さよならをちゃんと言いたくて会いに行ったと言ってその場は牧さんは納得したけど、次の巻では裕也がきっかけでひと波乱あるし。
浩太、フラフラするな!って思っちゃいました。

蜜月という、浩太と裕也の昔のお話も載っていました。
本編の楽しい感じとは違って重かった。
浩太が裕也に対して好きになっていく過程がとても丁寧に描かれていました。
裕也に「兄ちゃんとHしないで」って泣きながら言った時、めちゃくちゃせつなくなりました。
兄の恋人だけど止められない想いが伝わってきて、泣きそうになりました。
初めて人を好きになる感情を教えてもらい、嫌いで別れたわけではない。
何年たっても浩太の中では裕也は特別な存在なんだなぁってこの蜜月を見てわかりました。かなりせつないですけどね。

この蜜月のお話の後にクスっと笑える4コマがあって助かりました。蜜月で終わっていたら、かなり重い気持ちのままだったけど、この4コマで気持ちが楽になりました!さすが、どエロい牧さんです!

3

パワーアップ!!!

前作が面白かったので、ダッシュで買いに走りました(笑)

牧さんは変態度がパワーアップしていて楽しかったです☆
浩太の可愛さは相変わらず神がかっています・・・牧さんがメロメロになるのも当然ですね。

個人的には、あんなにチャラかった牧さんが浩太相手だと甘い言葉がなかなか言えなかったり、言った後に照れたりする様子に萌えました!

この巻では、浩太が初体験の相手の深津さんと偶然再会します。
ナンパで男性経験豊富な牧さんが、嫉妬で動揺する様子が切なかったです。
今まで付き合ってきた人も大事にはしていたと思いますが、過去にまで嫉妬したのは浩太が初めてなのではないかなと思います。
「浩太の過去も全部自分のものにしたい」と思うくらい大事におもっているんだな・・・と思うと切ないです。

牧さん一筋の浩太ですが、深津さんに会って動揺してしまったり、「さよなら」を言いに会いに行ったことを牧さんに隠そうとしたり・・・(*_*;
嫌いになって別れたわけではないし、いまだに浩太に影響を与えている人なので、会えば動揺するのも分からなくもないですし
牧さんに隠したのも、やましいことがあったからではなく、余計な心配をさせたくなかったからだろうとは思うのですが・・・
ただでさえ嫉妬で弱っている牧さんは疑心暗鬼になってしますよね(ToT)/~~
牧さんが初めて浩太に「愛してる」って言ったときには泣きそうになってしまいました。

次巻も楽しみです。

3

ラブアイテム♥︎綿棒

若き建築家、牧志青とパイパン☆型枠大工さん浩太の物語、第二巻です。
今回はボクシング友達と、浩太のお兄さんだけどお姉さんの元カレで浩太の初エッチのお相手、深津裕也が出てきてストーリーを盛り上げます。
浩太は表情によって儚げだったりするのが魅力的ですが、意外に強くてカッコいいですね。
大工仲間と喧嘩になり、「パイパンで悪いか!」デジャヴ、ひでぶ、で牧が伸びてしまうとこは私の一番のお気に入りの場面です。
牧は本当にデキる大人の男なのに、変態チックなとこが何とも言えません。
そう、この2巻でついに、あの噂の綿棒がエチ道具として登場です!それもスパイラル綿棒、それをあんなところに挿してしまうのです!
綿棒は耳掃除だけでなく、メイクなど多様に使える優れものですがまさか、エッチにも使えるとは…未熟者の私はマジで鼻血が出そうになりました。
あ、巻末の「蜜月」は例の深津と浩太のお話でこれは切ない感じです。
一冊の中でコミカルな笑いとシリアスな心の機微が描かれ、次巻への期待は否応なく高まります。ニャン太親子もいい味出してるので、猫好きさんにもお勧めです。

3

(T_T)


牧さんの変態度もUP↑してたし (綿棒プレイもっと堪能したかったかも(笑))
何と言っても
浩太のカワイさにもう脱帽です・・・。
(ガテンであのカワイさに牧さんじゃなくてもメロメロになっちゃうよ~)


でもでも・・
そんな
ラヴラヴな 牧×浩太♪に試練の予感(-_-;)

浩太の昔の男が出てきて
頭では理解してるのに
気持ちがうまくコントロールできない
牧さん の嫉妬&不安さに感情移入しちゃって
もう胸キュン×2 切なさギューでした(T_T)

続きが気になって
雑誌に手を出してしまったら・・・そちらも さらなる放置プレイ・・・・・(ToT)
あ~~~~~続きが気になる~~~。

1

綿棒が気になって・・・・

綿棒・メトロノーム やられた!!! まったく、牧の変態さには脱帽ですが・・vv

 結局、受け入れてる浩太!!どこまで、オバカなのか、やっぱり愛vvvってヤツですね~!!

それに当てれられてか 綿棒を目にする度 リビングのピアノの上にあるメトロノームを

目にする度に この作品のあのシーンを思い出して こっちまで変態ですvvv

1

たまりません!

牧さんいわく天使なのに淫魔な浩太の可愛さにきゅんきゅんします!
変態かつヘタレな牧さんもかなりツボです。

2巻では浩太の過去の相手が登場し若干不穏な感じもありつつ、絆を深めていく二人の様子が描かれます。
お互いを大切に思っているからこその気持ちのぶつかり合いが切ないですが、ラブラブなシーンでは思わず顔がにやけます。

それにしても牧さんは綿棒にどんだけ執着しているのか(笑)
もう綿棒が卑猥な道具にしか見えません!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う