P.B.B.(2)

P.B.B.(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
59
評価数
15
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ビブロス
レーベル
ビーボーイコミックス
シリーズ
Punch↑
発売日
ISBN
9784835217451

あらすじ

元No.1の忍が「club DANDY」に帰り咲いた(バイトで)! 現役No.1の純佑は、ガテンとホストの両立を目指す忍の体が心配でたまらない。でも夜のは我慢できず…。そして店では純佑の客が忍へ嫌がらせを!? 二人よ、どこまでも昇って行け! 番外2本★
出版社より

表題作P.B.B.(2)

現No.1ホスト 安芸純佑
元No.1ホスト・現ガテン系 菱谷忍

レビュー投稿数2

またもや

松本組の慰安旅行。
くっついていく純祐についわくわく。
忍が過去ちょっぴりときめいた男「泰造」とようやくのご対面です。
お互いに嫉妬の炎に振り回され、すぐ逃げ腰になる忍が今度は大木にまで手を出そうとする。
甘え上手で誘い上手な忍に誰も抗えません。

そんな短編の後は忍が無防備に懐く男拓ちゃんの登場です。
清々しい程クズな男ですが、それなりにこれ以上はダメな境界線があるようで、通帳だけは返ってきたのでなんだか嫌いになれません。

忍がNO.1になれたテクニックの一つ「濡れねぢゅみ」にちょっと引きつつ、あざとい位に思い切った方がトップへ上り詰めるのかな。
そんなギラギラ感を存分に味わえました。

0

本当は自分に不安を感じているのでは

 純佑の言動には安定感がありますね。忍への気持ちが一切ブレない。忍が勝手に不安の種を見つけ出すことはあるけれど、彼も心から純佑を疑っているわけではなく、むしろ自分に真っ直ぐぶつけられる気持ちにプレッシャーを感じてしまい、それが気付かない内に純佑に対する不安に変わっているのではないかという気がしました。自分も常に同じくらいの熱量を返したいけど、今までの生き方、考え方をそう簡単には変えられないから、どうしてもふらふらしてしまう、忍の姿は私の目にはそんな風に映ります。ただ、波乱が起きても2人の気持ちは分かりきっているので読者としては不安もまったく感じず、ストーリーも濡れ場もそれなりに楽しめました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う