迷う男【BLCD】

mayou otoko

迷う男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×210
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
112
評価数
28
平均
4 / 5
神率
32.1%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
小川信寛
音楽
ミリオンバンブー
脚本
椎名理生
原画・イラスト
鹿乃しうこ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
シリーズ
Punch↑
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4996779015849

あらすじ

駆け出しインテリアコーディネーター×新進気鋭の建築家の迷子ラブ?

◆仕事ができて美形。
なのに方向音痴で超絶天然な御園生。
そしてそんな御園生に振り回されながらどこまでもハマっていく滝川。
2人の関係はセフレなのか恋人なのか?
道でも恋でも迷子の迷走ラブ!
ジャケットイラストは鹿乃しうこ先生描き下ろし!!

表題作 迷う男

滝川樹 → 羽多野渉

御園生涼司 → 笹沼尭羅(旧 笹沼晃)

その他キャラ
頼子[亀井芳子]/ アレキサンダー[中根久美子]/ 社長[松岡大介]/ 担当者[中田隼人]/ 店員[岡部涼香]/ 女性コーディネーター[藤葉愛香]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

凄いプレイの連続なのにテンポがよくて聴きやすい

原作未読。
安定のワンコ攻・滝川を羽多野さん、天然淫乱受・御園生を笹沼さん。
あり得ないような展開に、ツッコミどころも満載なのですが、何だかもの凄い吸引力があり、気がつけば聴き終わっていた、という感じです。

羽多野さんのワンコ攻は、正直食傷気味なところもあったんですが、これはいつものワンコとはひと味違いました。
散々振りまわされて、おかしな受の暴走に流されたりストップかけたりツッコミ入れたりと、色々と忙しい役になってました。ツッコミの呼吸やタイミングが絶妙で、何カ所か吹き出しました。
受の笹沼さんも、あまりお聞きする名前ではないのですが、清潔感のあるお声とは裏腹な淫乱っぷりが魔性の受らしくて良かったです。

濡れ場はそうとう激しいプレイをしてるんですが、エロく感じないのがこれまた不思議。
スパンキングに緊縛、失禁、青○ンと、やりたい放題の内容にも関わらず色気がないです。
SM来た! と鼻息荒くなったもんですが、その辺りが少し残念でした。
笑っちゃう場面が多かったんですが、これはコメディなんでしょうか……終盤、工事現場の穴に落ちた所では、何で穴!? 落ちるか普通!? と、爆笑。
割と真面目なシーンのはずなんですが、私は笑いのツボに入ってしまってこれはまずかった。

ホント、色々とあり得ないことが多かったんですが、そのお陰で非常に楽しく聴くことが出来ました。エロが濃厚ではなくて疲れないので、気に入って結構リピしてます。
原作の絵がちょっと苦手なのですが、これは読んでみようかな、という気になりました。は~楽しかった~。

2

これは迷うわ…



最初に『迷う男?なにに迷ってるの?』って疑問に思いました。…本当に迷ってた(笑)

『PUNCH↑』でチョロッと出てきた若手建築士・御園生が主役の今作品。
可愛い!可愛いよ~!キャラクターもですが、お話が本当に可愛い…
方向音痴で道に迷い、倫理観無しで恋に迷い、傍から見ると感覚がズレているから人生に迷い、『おいおい、ちょっと待ってくれよ』と滝川じゃなくても庇護欲が掻き立てられます。
これがまた笹沼さんの声が良い!
原作の御園生+αで守ってあげたい気持ちを感じさせます。
あわあわしながらも、規格外の御園生に恋し、振り回される滝川に羽多野さん。
本当に振り回されています。

良い作品でした。
是非、聴いてみてください。

2

予想していたよりライト!

いえ、実はですね、原作を読んで
「…これは結構SM色強めなのか…!?」と思ったのですが
羽多野さんの安定しすぎる年下攻め具合と
コミカルさでとんとんとーんと聴けてしまいましたw
プレイが云々じゃないような気がしました。自分の中で。

笹沼さん初聴きでしたが、
第一声で「…ゆ、遊佐さん系!!??」とテンション上がりましたよ!!
ズレまくりの御園生さんにぴったりで驚きました!
ちょっと硬めな感じを受けましたが、それがまた合っているような。

一度聴いた後より二度目の方がしっくり来たのですが、
なんで萌評価なのか…自分のテンションを顧みたら
たぶん失禁&スパンキングに「きゃあ♪」にならなかったからかと…。
(原作でもやっぱりならなかった)
変態だと思っていたわりに普通なんじゃん、自分。的な。
そうだ、そんな自分にがっかりなんだ!今気が付いた!!(なんだそれ)
ですので作品自体が楽しめたら
CDでもかなりグッとくるんだと思います。

Track1の二回目H、原作より若干長くて得した気持ちでしたが
もう少し濡れた音を出してくれたらより嬉しかったです。
「マゾなのかな俺」「へ?」カン!っていう音が凄く面白い!
Track2の「失禁するってどんな感じなのかな…」「はい?」のテンポも、
「ス…カトロでも何でもこの際やってやろうじゃないですか…っ」
「…そこまではちょっとな…」と御園生さんが引くシーンもとても楽しい♪
羽多野さんの演技で更に輝くようでした!
とにかく羽多野さんっていうだけで、
普段はヘタレで御園生さん相手には頑張っちゃう滝沢が
より愛おしいな…。

たぶんこのキャストなのでさっくり聴けたと思います。
もっとじっとりねっとりしてたら…どうだったろうw

『Punch↑』未読・未聴なので、
そちらを攻略したら萌×2になる気がしています。
(なんだかすみません)

3

迷う男に惑わされ

原作既読です。

『Punch↑』にも登場していた、牧のモトカレ・御園生さん。
そちらでは少し嫌ーな男でしたが気になる存在だったのには間違いはなく。
まさか…まさか牧とデッドヒートのトップ争いかと思えるくらいの変態だったとは…!な作品(笑)

色んな意味でズレている新進気鋭の建築士・御園生さん役を笹沼尭羅さん、そんな御園生さんにまんまと惚れてしまうインテリアコーディネーターの滝川役を羽多野渉さんが演じています。

こちらは羽多野さん演じる滝川目線で進むことが殆どなのですが、この滝川、振り回されまくっている感じがよく出ていてとっても楽しい!
滝川は至って普通の男。…だった筈なのですが、御園生さんと過ごす事で、どんどん御園生色に染まるわけです。
その変わるサマが面白い。
というより、元々「流されやすい男」だったという事でしょうか。

そして笹沼さん演じる御園生さん。
…いやぁ、もう笹沼さん、ピッタリです!
時折とてつもない演技くささ(わざとらしさ)を感じる事もあったのですが、聴いている内にそんな事どうでもよくなるような嵌りよう。
最初は滝川を振り回してばかりだったのが、徐々に徐々に、自ら滝川に振り回されていく感じが良かった♪


私は笹沼さんが主要キャストというドラマCDは多分初めて聴いたと思うのですが、すごーく色っぽい感じがありますよね。
妖艶、とまではいきませんが(役柄的に)、少し変わった、でも色気のある雰囲気はダダ漏れていました。
笹沼さんが出演されているほかの作品も気になるくらい。

こちらの原作、色々なプレイが行われていますが、それを見事に表現されているなぁ、と思います。
失禁もそうですが、特にパチパチ叩くシーン。
滝川が複雑な気持ちでいつつ、御園生さんはひどく喜んでいるご様子のあのシーン(笑)は、聴いていると原作の漫画映像がしっかり浮かんできました。


少し変わったプレイもありますが、全体的にとっても楽しく聴く事が出来ます♪
紆余曲折して迷いつつもお互いにたどり着いた感じがしっかり表現されていて、キュンでした!

2

人生 迷ってます!

変態っていいですね!
ここまでおっぴろげてくれて うれしいです。
CDが楽しいです。
面白いのに出会うとテンション上がるわあ。
笑いっぱなしで 涙を流していました。
『迷う男』まさしく迷いっぱなしだよ!!
唐突に SEXを誘う男。(笹沼さん)受けだよ!
それも自分がゲイかどうか確かめる為・・・・。
人生 迷ってます。
受ける事ってそんなに簡単なものなのか??
攻め(羽多野さん)だって困るよ・・・。
でも 恋って不思議。
好きになっちゃうんだよなあ。迷う男に。
変態を堪能したい方に お勧めです!

0

シリーズの中では一番意外性が高いキャラかも。

最初に聞いたのがP.B.B.で、正直、P.B.B.はなぜだかすごく不発だった。
森川帝王×遊佐さんなのに萌えねー!
で、そのスピンオフがPUNCH↑ですね。これでハマり「迷う男」へと…。

PUNCH↑で子安武人さん演じる牧の元恋人・御園生の話。
PUNCH↑では、クールビューティーそのものの御園生さん、ずっと気になってました。
冷淡なのに、別れた男にうっすら引きずられている、あぁきっとツンデレなんだろうと思っていたら

意外なキャラです。
建築士のくせに、とんでもない方向音痴で、部屋きったなくて、どっか抜けてるどころか、抜け抜け!ある種の天然。
不器用にもほどがある!

ま、迷う男~Punch↑~P.B.B.とどれも優秀なのにウルトラ不器用というギャップの激しいキャラが出てきますが、そこがかわゆさでもありますw

一方で、なぜ牧と別れたのかもわかるキャラ。
二人で同棲なんかおっぱじめた日にゃー、家の中がとんでもないことになるでありましょう。
そして、年下の妙に世話焼きな攻め君とのやりとりがラブラブモード。
そら、SMちっくな部分はあるにせよ、なんだかウブくさい。

さて、もう一つのビックリが他のレビュアー様がたがお書きになっているように笹沼尭羅さんが
とんでもなく美声の件。
調べてみたら「ファインダーの標的」でも受け役をしていらっしゃる。
なるほど!

ワタクシ、攻め役で好きな声優さんってのは低音祭りでだいたい固まってますけど、
受けについてはそれほどコダワリはなく…ですが!笹沼さんは自分的には大ヒットです。

2

笹沼さんス・テ・キ(笑)

なかなか楽しい作品でした。
でも、ちょっと聞く人を選ぶのかも。
プレイとか普通じゃないし(スパンキングとか縛りとか失禁とか)
基本的にはシリアスとコミカルの混在する楽しい作品だとは思うのですが。
というのも多分、全ては御園生のせいなんですけども。
この人、極度の方向音痴なんですが、恋に対してもかなり迷子な感じで。
自分のセクシャリティとかも迷子ぎみ。
それ故に滝川と寝てしまうに至るのですが。
にしても、なんであんなプレイばっか…。
なんだか滝川が不憫になってしまいます(笑)
滝川は御園生に振り回されつつもちゃんと恋してるんですが、何せ相手がアレですから…。
自覚するのが遅いのは仕方ないことなんでしょうか。
笹沼さんの御園生はちょっとツンとした感じの美人系なイメージ。
基本的にはクールというか落ち着いたトーンなんですが、時々コミカルパートというか何かが振り切れてるモードとでもいいましょうか、弾けてるようなシーンとかあって、笹沼さんのそういう声聞いたことなかったのでなんか新鮮でした。
対する羽多野くんの滝川はノンケなのに御園生と寝て御園生が好きなって。
それでどんどん振り回されることになるんですが、ヘタレワンコ的な部分もありつつ、時に強気でSっ気のあるところもあって。
ただのワンコじゃないのがステキでした。
原作も読んでますが、お2人ともピッタリの配役だと思いました。

2

笹沼萌え

この御園生って響きが好きだ!!これも今原作読みたいって思ってポチってるところですジャケットからでもイメージが伝わってきます、キャストがバッチシはまってる!!

ひたすら笹沼さんの美人声と羽多野さんの男っぽい色声が聴けますwww

濡れ場も結構さくっとしてるわりにはやってる事はハードでしたね
スパン○ングや、拘束プレイ、失○などなどwwどんだけSMな世界なんだと思いきやなぜか清々しい
しかし失○シーンの「あぁ!もう出ちゃ・・・」の台詞に萌えた私はどんだけ変態なんだと思い知らされました。


この「迷う男」というのはもちろん御園生さんの事で、方向音痴というのは置いといて、気持ち的に自分がどういう人間でどうしたいのか、滝川の事を好きになるまで迷って迷って迷いまくってるストーリーがなるほど~だからこんなタイトルなんだな、と納得させられます。

そして・・・このCDを聴き終わっての感想。


笹沼氏はじゃんじゃんBL世界に進出すべきだ!!

2

笹沼さん、好きだわ

このCD、キャスティングの大勝利でした。

一見、上品で女王様然としているのに、行動も心も、方向音痴で迷走しまくる御園生。
ツンデレなのに襲い受け。おまけに変態。
そんな御園生を、ツンキャラからエロカワモードまで演じきる笹沼さん。

好きになった弱みで、うっかり流されてしまう滝川。
ヘタレワンコ過ぎて、命じられるままに御園生の大迷走な要求にも、愛情深く答えちゃう。
ワンコな攻めといったら、羽多野さん。

とにかく、笹沼さんがほんとに良い仕事している。
いろいろ変態なプレイはやっているみたいだけど、音だけなら何をやっていても、ドン引きせずに、終始楽しく聞けました。

これは、当たりでした。

2

どちらが「迷う男」なのか、どちらもそうなのか

原作未読。ストーリーもキャラクターもどこかおかしいんだけど、コミカルタッチに描かれていて違和感がない。
縛りプレイや放尿プレイなど、文字にすればかなりハードな内容満載なはずなのに、どこかソフトな印象を受ける。癖がなくて聞きやすいのはいいんだけど、そこまで色々詰め込むんであれば、変にソフトにしないで楽しみたかった。
そういうのが苦手な人は、逆に大丈夫な仕上がり。
御園生さんは大人しそうに見えて実はドSの女王様気質。笹沼さんの声は本当に、品があって美しいですね。
Punchを先に聞いていたので、ここで方向音痴の描写があって、あっちの方で迷っていた理由がよく分かった。
滝川くんは前半は御園生さんの強引攻めにたじたじだったけど、後半は押しに押しまくる。こういう犬キャラはやっぱり羽多野さんが一番似合う。
滝川くんが御園生さんに惚れる流れは少し強引かもなあと感じた。
後半にかけてコミカル色が強くなるので、工事現場の遭難シーンはあまり緊迫感が感じられなかった。むしろあまり情景が浮かんでこなくて、更にそこで濡れ場シーンが入ってよく分からなくなった。

凄くキャラが立っていて、面白いなーと思わせる作りになっている。
作品のノリがPunchと全く同じで、名前が出るくらいで深い繋がりは見えてこないけど、どことなく仄めかす感じが、Punchも好きな自分としては嬉しかった。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ