通い夫は8歳年下!!

兄さん女房

anisan nyobo

兄さん女房
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
69
評価数
16
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896442649

あらすじ

高月晶哉が上京先のマンションで出会った8歳年下の天羽英二。弟のような存在だった英二が惚れ惚れするような男に成長し、恋人関係になった今では、なぜか置いてけぼり感が否めす悩む晶哉はーーー。
個性豊かな面々が集まった「女房シリーズ」が、描き下ろしを加えて1冊に♥

表題作兄さん女房

天羽英二、高校3年生
高月晶哉、サラリーマン

同時収録作品ぞっこん!オネエさん女房

今藤洋輔、サラリーマン
叶野柚希、オネェ系男子

同時収録作品愛羅武勇!ヤンキー女房

真道直之、元教え子
親里飛鳥、元教師

同時収録作品ゆきずり!?押しかけ女房

瀬尾敦斗、サラリーマン
三神真夜

その他の収録作品

  • はりきる!兄さん女房
  • ゴールイン♥兄さん女房
  • 番外編だよ♥ウエディング女房
修正依頼一時停止中

評価・レビューする

レビュー投稿数4

同性婚カップルだらけのマンション

「プロジェクトのビジョンが中々ビジュアライズできなくて困ったけど、最終的にはチームにコミットメントできたよ!」

何これ、面白い。

4組のご夫婦(?)の話が収録されています。
知り合って10年の年の差10才婚約中の大学生×在宅ワーカー。
結婚して7年のリーマン×綺麗なオネエ。
新婚の元ヤン旦那×天使すぎる元高校教師。
酔った勢いでヤッてしまって記憶のないリーマン×思い出すまで居座るという謎の美少年。

過激なえろすは苦手なので最初は「ウワー」と思いながら読んでいましたが、2組目からストーリーに引き込まれていました。
結婚7年。一緒の暮らしにも慣れた頃に突如起こった危機。お互いに想い合っているのに、慣れのせいで言葉が少なくなってきたからこそ起こる誤解。
理想化しすぎていた相手の素の姿に、引くどころかより愛が深まるとか。
共同生活をするうちに芽生える感情とか。
他のカップルを見て、羨ましい、もっと一緒にいたいという気持ち。
えろすなシーンは過激だけど、みんな可愛い恋するカップルでした。
奥さまランチも楽しそう。

一番ハマったのは最初のCPの受けの妄想シーンでした。
冒頭のセリフも妄想内の攻めのセリフです。
このセリフに笑いの食指が動いた方にはぜひ読んでいただきたい。
えろす苦手なので評価は低めですが、えろすに抵抗のない方ならもっと楽しめると思います!

0

明るい濃厚エロ

年上受けが何より好きなので、タイトルからどんな話だろうと思って読みましたが、タイトル通り普通に結婚してました。
葛藤など何もなく、男同志だから結婚できないという事もなく(まあ、本当に結婚したという意味ではないのでしょうが)夫婦になってる人たちの連作です。
それがいいのか悪いのかはよくわからないですが、悩まず(作中でキャラは悩んでますが、大体はたいした事ないというか何というか)暗い展開は一切なく、当て馬もいなく、お互い大好き!という明るい濃厚エロという言葉にぴったりのお話でありました。
そういう話がお好きな方には、オススメです。
あと、仕事などで疲れている方。
仕事で色々あって凹んで帰宅したのですが、読んだら少し気が楽になりました。
あ、有難う!

あと読み切り連作で同じマンションで起きている話という形式は大好きなので、そこが一番好みでした。

0

GOODです!

ネタバレ薄 (殆どなし)

面白かったです。
エロも面白いし、設定が好きです!
4組のカップルの話ですが、わりと一話完結で気持ち良く読めましたし、
シリアス成分はあまりないですが、スピード感と面白さ、明るさがあって良い作品だと思います。ギャグ台詞いいです!


私が特にいいな〜と思ったのは「愛羅武勇!ヤンキー女房」です。
可愛い勘違いがイイです。
好きな場面は、攻めが家に帰ってきて戸を開けるとベッドの上で妻が〜のところです。みんなカワイイんですが、特に印象に残りました。
受けのキャラクターが好みだった…面白くて。

余談ですが、カバー裏を脳内妄想して楽しんでいます。
攻め同士、受け同士で話す、みたいなシチュエーションが大好きです。
こういうのってないんでしょうか…

2

2015年のBL「人気筋」をすべて逆張りする!

と言っても過言ではない、パワフル過ぎるBLです。
BLの醍醐味と語る人が多い、男同士の背徳感なんぞそこには微塵もなく、
その辺は正々堂々好きな上で、その上のバカバカしいかもしんない障害に作画崩壊レベルに赤面し、鼻水垂れるほど号泣し、顔面がえぐれるような拳を放つような本です。

だからと言ってストーリー崩壊したメチャクチャ漫画ではなく、言い分に超展開はないのです。表現がいちいち激しいだけで。
ピアスはエロが命だと思いますが、エッチもパワーを感じます。しっぽりさもさわやかさもないですし、妖艶とも遠いですが、野性を感じます。

悪く言えば情緒もへったくれもないジェットコースターみたいな本なんですが、それゆえに読後に爽快感があります。
いつきさんの本はいつもそうですが、1ページの濃度がこゆいので、目を滑らしてしまうようなことはないと思います。

今年のちるちるのランキング上位、ことごとくあわないわ〜(溜息)って方にあえてお勧めします。
劇薬ですが、凡百では絶対ありません。突っ込みながら読みましょう。

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ