傲慢な誓約

gouman na seiyaku

傲慢な誓約
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
9
平均
3.2 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫L
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344835771

あらすじ

財閥系企業に勤める冬貴の周りで不穏な事態が相次ぐ。ボディガードとして現れた久隆にはペースを乱されるのに、抗えず惹かれて…?

表題作傲慢な誓約

久隆義嗣,ボディガード
篠塚冬貴,財閥系企業の御曹司,28歳

その他の収録作品

  • 誓約の証
  • 束縛のくちづけ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

篤紀兄さんの設定が惜しすぎる

ボディガード×何者かに狙われている中堅社員。
空き巣被害に遭った冬貴(受け)の身を心配して、父親が用心の為にボディガード(攻め・久隆)を雇った事から話が進行していく。

冬貴自身の波乱を含んだ身の上や、トラウマが絡んでくるって匂わせからしてサスペンス調の波のある展開かと思っていたが、案外とあっさりしていた気がする。
個人的には、もう少し久隆のアクが強かった方が好みだったかも知れないなぁ。

冒頭からして、財閥系企業会長の子息であっても親の権威を笠に着ない冬貴の謙虚さや、後妻とはいえ本家に遠慮しすぎて身を引いている彼の母親の背景がすぐに気になった。
冬貴の母親と、何らかのトラブルに巻き込まれた義兄が何の為に亡くなったのか、彼らが遺していったものは何なのか?って事がこの話の主題なのだろうが、その軌跡をはっきり感じるのは難しかったかな。

ルチル文庫の特徴で本編7~8割、後日エピソード2~3割に繋げるって構成の関係か、くっつく前提の攻め受けの両想い後の甘々具合のほうが目立った。
どうも他にもカップルが誕生しそうな気配がするのだが…

そうなると、他の登場人物も地位や権力を持っていてもひけらかさない慎ましい人達揃いなだけに、つくづく義兄・篤紀兄さんの鬼籍設定が惜しいと感じるばかりだ。この人がもし健在ならば会社の後継者問題や和久井氏の不憫さも救済できて、尚且つ冬貴を巡っての新たなブラコン対決も楽しめただろうに、勿体ないなぁ…

0

読み応えはあるけど萌えは少なめ

財閥系企業の社長の息子である受けの家に空き巣が入り、ボディガードがつけられることになった。そのボディガード(攻め)は客を客とも思わぬような不遜な態度で、もともとボディガードなんて必要ないと思っていた受けは余計に反発する。しかし実際に受けの身に危険が及ぶ事件が起こり…。


幼い頃に誘拐され、被害に遭ったことのある受けで、いろいろトラウマがある描写が続きます。トラウマはいいし、むしろBL的には萌え要素なのですが、ちょっとあざとくてあまり萌えられなかったのが残念。
あと攻めが突然「もし自分が生きているだけで誰かを不幸にしていたらどうする?」って受けに聞くんですが、なぜそういう質問をしたのか意図がわからなかった。伏線で、あとあとわかるんだろうなと思いつつ読んでいたのですが、受けが誘拐された時に殺された兄のことがトラウマになっている、と知っていた攻めがそれを聞くのは余計におかしいとしか思えなかった。

それを含め、ちょいちょい理屈に合わない描写があったり、サクッとバラしてもいいような程度の謎を思わせぶりに隠され続けてイライラするところはありましたが、総じて割と本格的なサスペンスで、事件もののBLが好きな方には楽しめる作品ではないかと思います。途中からは受けの亡くなった母親の出自が関係し、中華サスペンスになります。

エロはくっついてから。本編では少なかったですが、短編番外編が2本収録されていて、そっちはむしろヤッてるだけというか、糖度高かったです。
受け攻めのキャラは、まあいいんですが、どちらかというと脇キャラのほうが個性的でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ