8年目のキス

8nenme no kiss

8年目のキス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
32
評価数
9
平均
3.7 / 5
神率
11.1%
著者
樋口美沙緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ケビン小峰 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

サラリーマンのなつきは、高校時代、片想いをしていた憧れの先輩・藤川に酔った勢いで女の子の代わりに抱かれて以来、ずっと恋が出来ずにいた。せめて仕事だけでも頑張って、自分の居場所をつくりたいと思っていた矢先、その藤川と七年ぶりに再会してしまう。藤川は自分を抱いたことを忘れたかのように、親しげに話かけてくるが、なつきは素直に接することができなくて――。全2巻。

表題作8年目のキス

藤川浩介・高校時代の先輩・親会社から出向してきた
佐倉なつき 高校時代の後輩・入社2年目の営業

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

切ない展開です

高校時代の先輩×後輩の再会もので、前編・後編という構成です。

卒業祝いの酒に酔った先輩・藤川に抱かれたなつき。
「…美由紀」と寝ぼけて彼女の名前を呼ぶ藤川の姿に心が冷えたけれど、ずっと好きだったからそれでもいいと抱かれた。
だけど、翌朝、誤ちに気づいて青ざめる藤川は追い討ちをかけるように「お前、美由紀に似てるだろ…」と弁明。

そんな二人が社会人となり、7年ぶりに職場で再会するんです。

以前のことが忘れらないなつきは、冷ややかな態度を取ってしまうのだけど、藤川は
「冷たいなぁ。一度とはいえ肌を重ねたりもした……」
なんてあの夜の誤ちを匂わすような冗談かましてきたり、
「おまえは相変わらず可愛いなぁ。高校生の頃も可愛かったけど。」
なんて言うもんだから、その都度心が揺れ動いてしまう。

自分ばかりが翻弄されてイライラさせられているなつきは、藤川にちょっとした復讐をしてやろうと徹夜明けの仮眠室で死んだように眠る藤川にキスをしたところ、寝ぼけた藤川にまたもや抱かれてしまいます。
おまけにまたもや「……美由紀?」と。

その後も追い討ちをかけるかのように「お前って高校の時も酔っ払った俺に簡単にやらせた」「俺のあとにも何人か男としたことがあるんだろ?」などと言われて藤川を避けるようになるのだけど、ある日、藤川が結婚するという噂を耳に挟んでしまい……

とここまでが前半です。


はっきり言って藤川、デリカシーのかけらもない。
そんな男をどうしても嫌いになれないなつき視点でお話は進むので、なつきに同情しまくりです。
やがて「可愛い後輩」というポジでいられるだけいいか……と自らを納得させようとする健気な子。

後半は、なつきが大ピンチに陥るのだけど、そのときの藤川の叱咤激励や手の差し伸べ方が格好良くて見直すことができる。
だけど明かされる「美由紀」の謎には拍子抜けというか、ただただ勿体ないとしか……。

前編後編というボリュームですが、片思いの切なさがきっちり詰まっていたし、二人で仕事する様子も入っていてなかなか楽しめました。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ