性格が真反対な双子の兄弟が恋に落ちて――

Wミッション!

w mission

Wミッション!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×232
  • 萌13
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
13
得点
296
評価数
78
平均
3.9 / 5
神率
32.1%
著者
未散ソノオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
ISBN
9784199606687

あらすじ

市会議員の父の秘書・玄一郎は、超真面目な常識人。
自己中で奔放な両親、犬しか愛さないニートな双子の兄・理一郎に囲まれ、
幼い頃から疲労困憊の日々だ。
唯一の癒しの場所は、海沿いにあるドッグカフェ。
そこのハンサムな店員・寿の心地よいオーラを浴びているうちに惹かれるが、
理一郎から彼に告白されたと聞かされて!?
同じ顔×2の2カップルの恋のから騒ぎ!!

表題作Wミッション!

加賀寿,ドッグカフェの共同オーナー,29歳
塩崎玄一郎,市会議員の父の秘書,36歳

同時収録作品Wミッション!

塩崎理一郎,犬しか愛さないニート→取締役,36歳
加賀司,ドッグカフェオーナー,29歳,寿の双子の弟

その他の収録作品

  • ふたご×2のひみつ(描き下ろし)
  • カバー下:Special Essay

レビュー投稿数13

癒しの兄、自由気儘な兄

 双子同士でそれぞれ兄×弟のカップルになるのが本当に可愛くて夢があって素敵でした。どちらかというと寿と玄一郎がお気に入り。父や兄の自由奔放な振る舞いに文句も言わず、今まで頼まれたらすべてやってきた貧乏くじ引きの玄一郎が、年下の寿の包容力、落ち着いていて何事にも穏やかに向き合う性格に甘えられるようになるのが嬉しくて。初めて自分の意思を尊重して、好きな人を優先できる日々を送るようになった玄一郎。そんな彼を見守る寿の眼差しも嬉しそうで優しくて、読んでいてとても癒されました。

 一方、玄一郎の兄・理一郎と寿の弟・司の方はなかなか波乱に富んでいます。司は玄一郎と同じく常識人。対する理一郎は玄一郎とは正反対の傍若無人ぶり。ペットの世話は妥協しないけれど、果たして司のことはペットよりも下としか考えていないのか…。きっと理一郎の中では弟の玄一郎も好意を向けてくれる司も大事な位置を占めているんです。でも、態度が態度だから本人達にはあまり伝わらないんでしょうね。持って生まれた性格は仕方ないし、それに惚れた司の好みも仕方ない。傍から見れば一方通行のようで、本人達は意外と相性が良かったり。理一郎も一度懐に入れた人間はちゃんと大切にしてくれる人だと思います。

0

隙のあるひと、ないひと

モテるひとは男女問わず「隙がある」と言いますね。
この「隙」というのは何ぞや、と考えてみると、脳内に「だらしなさ」というキーワードが浮上してきます。
だらしなさと言ってもゴミ屋敷に住んでいるとか、お風呂に1週間入ってません!とか、誘われたら誰でもOK!みたいな極端なものではなくて、適度なだらしなさ。
リーマンが第一ボタンを開けてネクタイを緩めてる感じとか、就業中はひっつめスタイルのOLさんがバレッタを取った瞬間とか。
何かに一生懸命なひとの「緩む瞬間」こそが「隙」なのではないかと。
「ほうっておけない」とか「支えてあげたい」という気持ちは、何事も完璧にこなすひとに対しては生まれにくく、「弱い部分」「抜けた部分」にこそ生まれるもので、恋愛感情の根底に「その人にとって自分が必要かどうか」という気持ちがあるからこそ、「隙」のあるひとはモテるのかと。

前置きが長くなりましたが、この作品。
同じ顔、同じ体格、という双子。
塩屋家の方は、玄一郎は苦労人タイプ。発想力と行動力で突っ走る両親やだめな兄の尻拭いやしわ寄せを、否応なしに一手に引き受けてます。緩まないし、緩めない。ぴっちりかっちり隙がない。
一方で理一郎は両親に似たタイプ。行動力はいざ知らず、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきりしていて、いい加減なのにモテる。
同じ顔なのになぜ。がんばってるのは玄一郎なのになぜ。
そう感じるひとが多いと思います。わたしもです。むしろ理一郎くたばれくらいに思ってしまいました。
理一郎って好きなこと(犬)には一生懸命、だけど他のことはどうでもいいという人間で、常時「一生懸命」と「隙」が混在しているんですよね。そりゃモテるだろうと。
真面目に生きてる玄一郎の肩を持ちたくなるけど、ひとが誰かを好きになるときにだめな部分、「おれ/わたしがいなきゃ」と思わせる部分に惹かれるのなら仕方ない。


これは加賀兄弟にも言えることで、寿はマイペースでのんびり、司は四角四面のかっちり。モテるのは寿の方なんだろうなと。

本作では割れ鍋に綴じ蓋というか、「緩めることができない方」と「緩みまくってる方」がCPになります。
世の中うまくできてるなあと思いつつ、果たして自分はどっちだろうと考えたりしてしまう、何やら深い作品でした。
作中に関係を図式化したり、人柄を大縄跳びに例えたりするところが出てきます。
特に大縄跳びのところはすごく興味深い表現なので、必読です。

理一郎×司パートはもはや「隙」云々ではなくて、司が単純にダメンズ好きになってしまっていて、理一郎のダメンズっぷりが際立てば際立つほどに切なさが増す仕様になってます。
後半では父との対決を機に、「俺のハワイ」こと寿の存在のおかげで玄一郎も隙を見せられるようになって、しあわせな気分で読み終えることができます。
おすすめです。

0

軽くさりげなく刺さる

最初軽いタッチのラブコメか、展開早っ!?と思ったけど…惹かれ合う過程に自然に入り込めた。
説明を極力排した描写でも、各人物の中身や背景が掴めておもしろい。
各キャラの心情がわかるので関係性も違和感なく、等×玄一郎のいちゃいちゃ、理一郎×司のぎくしゃくも、ふむふむと違和感なく楽しめる。
理一郎がなぜ犬変人なのかも徐々にわかってくるのが、おお!と思ったし 玄一郎が他者主体で生きてきて疲れきっていた所、等と出会い支えられ自分主体の生き方へ変化する様も自然に描かれていて心地よい感動。
エロも軽め短めだけど、ちゃんとエロい。

0

Wでハッピーなお話

あらすじを読んだ時はちょっと難しそうで面倒くさいなと思ってしまいました。

でも読んでみたらとっても面白かったです。

双子同士のカップルのお話です。
いっぱいいい要素が詰まってて何から書けばいいのか。恋愛要素も良かったし、犬のニコールも凄く可愛かった。司と理一郎二人のエッチが始まりそうな時のニコールの様子とか!
玄一郎に兄離れをさせる寿もすごい。七歳下なのに視界が大きいというか。

玄一郎が寿や兄カップルのお陰で父にちゃんと反対できたこと、やっと言い返せたこと。大きいですね。寿も玄一郎の父に怯まずいい勝負して何者?奥が深い人物ですね。

司も理一郎に泣かされて来ましたがなんやかんやで必要とされてて好かれていたんですね。
でもまだ司<ニコールな気もしますが。

双子同士のカップルがお互いにいい化学反応を起こして変わっていく。お父さんに負けないぞ!

0

双子×双子

空気感がとても好きです。
双子同士で2CPですから、4人の成人男性がメインになります。この4人、似てるけど違うって部分が絶妙できちんと4つの性格に描き分けられているのが素晴らしい。

導入の王道的双子取り違え、その後の寿(ドッグカフェ店員)×玄一郎(市議会議員秘書)はすんなり甘々で優しいハワイの空気を醸し出します。後々玄一郎の父のせいで一波乱ありますが、寿がスパダリ感を発揮し甘く解決してくれる。

一方の理一郎(玄一郎の双子の兄 犬の世話以外生活力無し)×司(ドッグカフェ店員 眼鏡)は理一郎の性格がぶっ飛んでいるせいで中々甘くはならないのですが、自分勝手な攻めBLがお好きだったらある意味王道ストーリーで落ち着くところに落ち着きます。

癖があるようで平たく見れば王道ですが、キャラクターと展開の個性で非常に独特な面白い作品でした。

0

顔は似てるけど性格が全然違うW双子のお話

双子同士のカプのお話です。

犬しか愛さない自由きままなニートの兄・理一郎と、市議会議員の秘書をやってる超常識人な弟の玄一郎,
ドッグカフェの共同オーナーでどこか超然とした自由な雰囲気をまとう兄・寿と、同じく共同オーナーで経理担当のしっかりものだけど変わった人を好きになりやすい弟・司という加賀兄弟。

似ているのは顔だけで性格は全然異なる兄弟たち。
同じ顔が二つずつですが洋服や着こなし、そして行動が何より違うのでどっちがどっち?と混乱することはありません。

カフェオーナー加賀兄ののんびりした雰囲気に癒されてつきあい出した塩崎弟との組み合わせは、早々に付き合い出して仲良しイチャイチャカプ。
犬しか愛さない変人気質(しかしもてる)塩崎兄に振り回されるというか、ペットシッター扱いされている加賀弟との組み合わせは前途多難カプ。

どっちもマイペースな兄としっかりものの弟というふた組ですが四人ともそれぞれ個性がしっかりあるので当然、恋愛模様も全く異なっていて、似ているのは顔だけという双子同士の面白さが楽しめます。

我が道を行く変人家族達に好き放題に振り回されて、幼い頃から自分がしっかりしなければと面倒ごとを引き受けてきた玄一郎。
男と付き合っていることが市議会議員をやってる父にばれてしまい別れろと言われるのだけど、俺は別れない、と生まれて初めて自分が思っていることを父にちゃんと言えた玄一郎が寿の手を取って「君がはじめての俺が選んだ自由」というところと、
夜になって寿に「甘えていい?足腰立たなくさせてほしい。明日のこと忘れるからタガはずしてみたい」と言ったところが、激ツボ!

2

双子!W!CP!

あー双子…ありがてぇありがてぇ。しかもW双子。
顔はそっくりでも性格の全くの違う4人の双子CP二組!
加賀(兄、癒し)×塩崎(弟、働き者)と
塩崎(兄、眼鏡、俺様)×加賀(弟、眼鏡、尽くし)。
素晴らしさしかないです。
毎度のことながら未散さんの描くハイスペック男子は格別です。
今回は議員秘書、名ばかりの役員ニート、ドッグカフェ経営、運営。
展開としては塩崎兄CPの方が胸キュン度高いですが、塩崎弟CPのストレートな甘々ぶりが好きでした。
要所で出てくる汚れなきひとみのニコールの可愛らしさも見どころでした。イチャイチャを「ケンカ?」って心配するのがラブいです♡

3

ダブル双子BL!2カプの対比が面白くって◎

好きです、未散ソノオさん。
「上質な男とH」のレビューにも書きましたが、2016年に出会った作家様の中で最もヒットした方!
買った作品達を何度も読み返して、未散作品の何が好きなんだろうなぁって考えて、あぁこの方の描かれるお話はどれも相互依存愛(共依存愛じゃないよ)だから好きなんだわって気付きました。
こういう関係をパートナーと築けたら幸せだよねぇって思ってる理想のカップル像なのですよ。
羨ましいなぁって思って読んでるんですねきっと。
癒されます。

タイプは違えど兄はどちらも自由奔放で、弟はそんな兄に振り回される常識人、という塩崎兄弟と加賀兄弟のダブル双子BLです。
カップリングは、塩崎兄×加賀弟(年上攻め)、加賀兄×塩崎弟(年下攻め)。
(表紙左上から加賀兄、塩崎弟、下が加賀弟、塩崎兄です)
受けはどちらも健気タイプなんですが、攻めが俺様タイプな塩崎兄、スパダリタイプな加賀兄という対照的な2人なので、出来上がるカップルも当然対照的で。
その対比が面白い!
途中までは、すんなり幸せになってる兄カプを傍目に、兄以上の変人に惚れたばっかりにさらに苦悩が増えてる加賀弟が不憫で可哀想になってくるんですが、最終的には兄カプに引けをとらないくらい良いカップルになってくれたのでホッとしました。
最後の関門(=塩崎父)に対する向き合い方までホント対照的で笑っちゃいました。

ダブル双子ってことで同じ顔が二つずつ出てくるんですけど、不思議なことに読んでてごっちゃにはならないんですよね。
髪型とメガネの違いだけじゃなくて、4人をしっかり描き分けてらっしゃる。
そこが地味に未散さんすごいと思う。

【電子】ebj版:修正○、カバー下○、裏表紙×

4

双子同士カップル!

父の議員秘書を真面目に務める玄一郎は双子の弟。
兄の理一郎も自由奔放で、玄一郎はフォローにお疲れ気味…。
そんな時に見つけた癒しオーラの男性!
また違う日にその人から声をかけられ…
でもちょっと雰囲気が違う?
なんと、その人たちも双子だった!

頑張り屋の玄一郎×癒しオーラの寿
自由奔放な理一郎×振り回され気味の司

双子同士の2カップルの話です。
それぞれの個性が絡み合って、
どちらのカップルも楽しめました♪
頑張ってる弟たちを応援したくなります。

でもやっぱり、玄一郎さんと寿くんが良いですね。今まで自分で頑張ってきた玄一郎さんが癒されたり、甘えたり、寄りかかれる寿くんを見つけられて良かった!寿くんの包み込んでくれる優しさオーラも良い感じ。

そして作者さんの書く大人男子の雰囲気が好きです。ナチュラルな感じで癒されます。

個人的には前作の「デンタル」より、こっちのが好みです。

電子書籍で読みましたが、修正も気になりませんでした。元からそんなはっきりは書かれてないと思うので。

また次回作が楽しみな作者さんです♪

1

双子同士のカップリング

気になった人からアピールされた!でもそれは同じ顔の…。なお話です。表紙上のカップリングの方が好きかな。頑張りすぎてる玄一郎の癒しとなるハワイオーラを発する寿。普段おっとりマイペースそうでも言うところではきちんと言う!玄一郎父との対立はかっこよかったよ。 表紙下のカップリングはねじれ気味? 玄一郎兄に振り回されて司は泣いてばかり…。最初でてきた時とはかなり印象も違うし、私にとってはこっち受け?! でも抱かれた後から可愛くなったよな。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う