スクリーン

screen

スクリーン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神69
  • 萌×236
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
20
得点
531
評価数
128
平均
4.2 / 5
神率
53.9%
著者
村上キャンプ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801955240

あらすじ

「駆け落ち同然で故郷を飛び出し、一緒に暮らし始めて6年。
恋人同士の野々宮 和央とイケメン俳優の夏目 基。
何年たっても変わらず一途な愛を捧げ基を溺愛する和央に反し、すっかり淡白な態度の基。

ある日、基から憧れの映画監督の最終選考に残ったと知らされ喜ぶ和央だったが、それ以来なんだか基の様子がいつもと少し違い、ふたりの間には溝が深まる一方に。
これって倦怠期?それともまったく別の試練?
基のライバル俳優・歩も加わって、事態は思わぬ展開に――…! ! ?

ストーリーテラー、村上キャンプが織り成す渾身の初Qpacollection!!

表題作スクリーン

野々宮和央,リーマン,幼馴染で同棲中の恋人,24歳
夏目基,駆け出しのイケメン俳優,24歳

同時収録作品弊社所属の及川歩について

鴨志田,受のマネージャー
及川歩,若手人気No.1俳優,24歳

その他の収録作品

  • too green
  • ドラマにはでてこない(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき・イラスト

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

キュンキュンしすぎて胃が痛い

久しぶりにレビュー書きます。

なんかもう書かずにはいられませんでした。

ここ最近で一番キュンキュンしました。

ちなみにちょっとネタバレあるんで、OKな方だけお読みください。




元々幼馴染の熟年カップルで、片や平凡なサラリーマン。片や今を駆け抜ける俳優。普通に一緒に同棲してる所から始まるんですけど、最初はサラリーマンのカズがストーカーばりに俳優モトキを溺愛してて、モトキはちょっと熟年カップルにありがちな冷め方してるんじゃないかなーと思わせつつ、二人の相思相愛っぷりがヤバい。モトキのツンデレっぷりパナい。途中さかのぼって子供時代から彼らがお互いをいつ意識しだしたのか、カップルになるまでどんないきさつがあったのかが丁寧に描かれていて、胃が痛い位キュンキュンしました。お互いがどれだけ気持ちが強いのかがすごく良くわかるストーリーで、実話?って位話の流れが自然でした。途中モトキの俳優仲間の歩っていう当て馬(?)が出てくるけど、中々癖のあるキャラで面白かったですね。寝取られ(?)してもモトキが歩に対して怒りをぶつけるとかがなかったのがちょっと残念だったけど、結果歩に助けてもらう事になるからいいの・・・かな?

番外編も盛りだくさんでしたねー。当て馬歩君のスピンオフも曲者感が出てて良かったなぁ。やっぱりなんといってもそのあとのカズとモトキの初めての時の話も最高だった!!初めてのキスのシーンも、モトキが可愛すぎて死んだ。初エッチの時もモトキの緊張具合がもう、もう!!もうむしろキュンキュンしすぎて胃が痛くて気持ち悪くなった位良かった!!(酒飲んでたせいかも)

もうストーリーが本当にモリモリ盛りだくさんだし、エロもかなり多かったのにそのエロシーンもなんか、ただエロというのではなく、その場その場の感情が伝わって良かったです。(でもエロい!)

正直ファーストコミックのバンババーガーよりももっともっと好きです。(10段階評価でバンババーガーが8だとするとスクリーンは20位。)
むしろ最近見た中で今のとこトップ。
あくまで私個人の意見ですが、超良かったです。

7

私の今年上半期1位です!

デビュー作が大好きだったので、新作を待ち望んでいました。
ひゃーもう、ひゃああーもう!期待以上に面白かった!

表紙のこのお得感。でもここだけ読んだら若手人気俳優を好きすぎるファンがしつこく付き纏ってなんとか受け入れてもらった話だなうんって、全然違っててびっくりでした。
まさか基のほうが先に好きになってたとは!
幼馴染みから恋愛に発展パターンでこんなにうまい流れのお話は初めて読んだかも。
成長していくカズの手や背中に、基と一緒にドキドキさせられる不思議。カズのくせに。
役者の仕事やライバル歩君の絡ませ方など、お話に深みが出てよかったな~。

カバー下でも笑わせてもらいました。歩君のことどんだげ好きなんだ作者様(笑)
私も3人と同じ顔して見てしもたわ。
そんな歩君と敏腕マネージャーの先行きが気になってるので、ぜひスピンオフをお願いしたいです

6

なんか、すごく良い。

村上さんの新刊。前作の『BANBA BURGER』が非常に面白かったのでこちらも楽しみに待っていました。



同棲している恋人の基にべたぼれのリーマン・和央。
6歳の時からの幼馴染で、中学生の時にめでたく恋人になり、そして今も重いほどの愛情を基に捧げる和央の視点でストーリーは始まります。

基が出ているドラマはもれなく録画し、そして彼の誕生日には自分の写真の入った35000円(税抜き)もするロケットペンダントを贈ってしまう(そして自分は基の写真入りのロケットを用意する)素晴らしいセンスの持ち主。
わんこ攻めの鑑といえる和央と、そんな彼の愛情を「重い」とつれなくかわす基の、ちょっぴりギャグ要素の入ったコミカルなお話。

なのです。が。
爆笑しつつ読み進んでいきましたが、途中から二人の、相手を想う気持ちゆえに少しずつすれ違っていくシリアスな展開へと移行していく過程が素晴らしかった。

途中、二人の過去の話や基の俳優仲間の歩の話が入って、それがまたうまく話に絡みストーリーに厚さを持たせていました。

歩も初めは当て馬か?と思ったりしたのですが、人気絶頂の俳優でありながら彼の持つ孤独とか優しさとか、そういうものが透けて見えて、なのに小悪魔的な魅力を持つ何ともナイスなキャラでした。
彼と、彼のマネージャーの鴨志田さんのCP、スピンオフで出してほしいなあと思いました。

表紙から、ストーカーまがいの愛情を受けに与える、チョイキモな(いや、失礼!)攻めのお話かと思っていましたが、いい意味で裏切られました。

あと、村上作品といったらカバー下を楽しみにしていたのですが、今回も面白かった!
そっか、和央の顔って10秒で描けちゃうのね、と爆笑し、歩のサービスショットに翻弄され…(爆)。

笑いあり、切なさあり。とても面白かった。
文句なく、神評価です。

5

繰り返し何度でも読みたくなる

読むたびにじわ〜〜〜っと目頭が熱くなってしまう神作品。
なかなかレビュー出来なかったんですが、読み返しは買ってから何度したことか。

「BL読んで癒される」っていうのがこの作品で分かった気がします。
キャラが可愛くて癒されるとか、モフモフに癒されるとか、先達の皆様方が言う「癒される」ってそういうことなのかなってずっと思っていたのですよ。
そうじゃなかった!こういうことかぁぁぁ!と、なんかね、ようやく仲間入りできた気がしました。

同棲6年目のカップルっていう熟年感が良いです。
これまでにも色々なことがあってこれからもきっと色々あるんだろうなっていう単なる経過点にいる2人を切り取った本作は、くっつくまでのアレコレを読むのが好き!という読者にはあまり面白いものではないと思うんだけど、相思相愛のカップルにだって当然日々色々とささいな問題は生まれ出てくる訳で、それが時には大きく膨れ上がったり弾けてしまいそうになったりもするけれど、でもそこにはちゃんと揺るぎない愛情の通ったお互いの存在があるから大丈夫なんだっていう安心感があって、じゃあその安心感って何が作り上げたの?年月?…かと言うとそうじゃないよねっていう。
そこをすごく丁寧に描いている作品。
想い合ってる2人の会話の一つ一つがジワっと沁みます。
エッチシーンがね、またいいのですよ。
これも含めてすごく癒されます。

電子限定の4p描き下ろし漫画は、モトキのエプロン姿と裸エプロン姿をカズが思う存分カメラにおさめまくり、最後はカッコよくオムライスを作っちゃうお話でした。
もちろんなだれ込みエッチはお約束♡

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙×

5

飄々とした魅力

最初に読んだときも良かったですが割とサラリとしていて、時間が経つごとにジワジワときめいた作品です。
攻めの野々宮と受けの基は初めから既に出来上がっているカップル、基は芽が出始めたこれからの俳優。この二人のキャラがすごく良かった!
リーマン野々宮はパッと見が男らしいけど、実はけっこう乙女で天然、とにかく基ラブ❤︎ですね。愛する基の誕生日にロケット(写真を入れるネックレス、実際に着けてる人は見たことないやつ)を贈る場面はナイスでした。
受けの基は逆に最初はなよっとした感じなのが、芯が強く、役者としての才能もあってどんどん魅力が増していきます。
ストーリーは刺激には欠けるものの同棲生活が安定しているところに、有名監督の映画に起用されるかもしれないチャンスが基にやって来て、二人の関係にもさざ波が立つ、そんな流れでしょうか。私の駄文では全然ですが、キラッとしたときめきのある素敵なお話なんです。
いざエッチとなるとこれまたエロな雰囲気が出てますしね!
基のライバルになる、大手事務所所属の及川くんも良かった。番外編は及川くんとマネージャーの鴨志田さんの話で、萌えました。基も及川くんもシュッとした美形なとこがいいなー。
飄々として、爽やかな読後感が癖になりそう。村上キャンプ先生(このペンネームも好き)はこれからもっと読んでみたいです。

5

超良かったです…。

暫定2016年上半期の個人的No,1。
きゅんきゅん&萌えすぎて辛かったです…。

村上先生のいつものお話の面白さもさることながら、キャラクターがとにかくかわいい!イケメン俳優の受けもそれを溺愛するストーカーちっくな攻めも、幼馴染という関係から始めたからこその愛情に包まれていて幸せでした。
お互いを好きすぎて読んでいるこっちが恥ずかしいほどにやにやしました。

エロも多いし、お話・かわいさ・きゅんきゅん・萌え・エロ全てが詰まっている超良作だと思います。
収録されているもう一つのお話もタイプの違うイケメン俳優が受けで楽しかった。
前作のバンババーガーがちょっと地味だなと思っていたのを上書きしてくれる、とても好きな本になりました。




4

新しい形の幼なじみラブ

みんな大好きキャンプ先生の2冊目単行本。

幼なじみものであり、芸能界ものであり、他色々な要素がぎゅっと詰まった読み応えのある作品でした。
幼なじみものとしてはなかなか新鮮だったと思います。どうしても幼なじみものは学生ネタが多いからかもしれませんが…

イケメン俳優である基(受け)や歩を引き立てる、3枚目の和央(攻め)のぱっとしないけどどこか愛着のわくキャラクターが大好きです。
和央の愛は重くて方向がちょっとおかしいけれど、何より基の幸せを願っていて、決して我を通さないところも好印象で、キャラそれぞれに素直な愛着を持てる作品だと思います。

お話は至って真面目で、二人のこれからをめぐって様々な選択を強いられる展開に吸い込まれます。
ポエム風味のモノローグが得意な作者さんですが、今回もキレキレでした。

サブキャラで終わらない、歩さんと鴨志田マネージャーの魅力にも注目です。
自由奔放かつ賢い変人キャラと、それに振り回される真面目なキャラ(歳上)って、黄金コンビだと思います。
二人のエピソードももっと見たくなりました。

こちらで「イイ!」と思った方にはぜひ、同作者さんの「BANBA BURGER」も推しておきます。

4

癒される両思い

あーー、癒されるうっ
この終始ラブラブ両思い!
攻→→→→→←受かと思いきや、攻→→→←←←受だったっっっ!
作者さんならではの、現在・過去・今後の展開にドキドキ萌え萌えムラムラしました。
はー。なんで今まで読んでなかったのか………

3

胸いっぱいに(/ _ ; )x5回!

今迄村上キャンプ先生の作品には3つ""神"'"をつけさせてもらってましたが、本作も"'"神"'"とさせて頂きたい\(^o^)/

もうね、1話の途中から泣きっぱなしでした。

泣いてない所は、50枚、ペンダント、半券、ウ◯ー、モトキナイトだけかな。

あら、こうみると多いけど、あの半目のカズの飾らないモノローグに泣けて泣けて。
「基、君はこんなに心からカズに大事にしてもらってるんだね、気付いてないかな?気づいてるよね?」
と胸いっぱいに(/ _ ; )。

そして、3話目では基のモノローグが始まるんです。
それを読んでも胸いっぱいに(/ _ ; )。

そして、そしてあとは2人の大事に大事にしてきたモノをどうするか?
という所で胸いっぱいに(/ _ ; )。

最後に大事にしたものを助けも得ながら守りきった所で胸いっぱいに(/ _ ; )。

最近流行ってるカタルシスって言葉を使いたかったんでここに書きますが、本作は本当にカタルシスをガッツリ得ちゃったわー。

***** そして大切なエロ情報 *****

ナニとお袋さんは、形は残り細線グシャグシャですので、私的には
「あら、奥さん!よく見えるわ!」という感じです。
そして、大開脚で*が書かれ、IN時はナニは上記通りで*に入っていくので、○から◎のようになり、この村上キャンプ先生の絵柄からは想像できないほど、存在感ありまくりで.す。
流行の最先端?の直腸断面図、尿道攻めな、肝心な部分を吹き出しやシルで消すはありません。

何かで見たのですが、有害図書に引っかかるのは表紙が青少年が手にとりそうな、ポップでカワイイ表紙の中身に直接表現があると引っかかりやすいと書いてありしたが、本作もカワイイ表紙だけど中身を見れば結構ガバチョなんだけどなー。
ずっとガバチョじゃなければいいとか、ガバチョの累計ページ数によるのかしら?
ナゾだわ。

しかし、私は村上キャンプ先生のエロはどの作品でも大好きなんです。

どの作品のアホの子は言うまでもないけど、キリッとしたお顔のイケメンでもやや丸みのある裸。
なんか実在しそうなボディなのでドキドキしちゃう。
そして本作は特に本当に本当に相手の事を喜ばせようとしてる所があるのもドキドキ。
なのでまたまた、こちらも胸いっぱいに(/ _ ; )。


最後のアニーのつぶやきに大爆笑ψ(`∇´)ψ
読後感最高のお得でいいお買い物が出来ました。
村上キャンプ先生!
本作も楽しませていただきました!
ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

1

読んで損なし!むしろ読むべし!

読み返すたびに、何度も何度も胸が熱くなる作品。
表紙はコミカルな感じだし、正直絵柄は萌えや色気に溢れてるとは言えない…
でもそれで回れ右してしまうのは、本っっ当〜!にもったいないと思います。
読後に改めて見たとき、この表紙がいかに愛に溢れたものなのかを知ることになるでしょう。

攻めで会社員のカズと、受けでイケメン俳優のモトキは幼馴染で恋人同士。
1話目では、変わらずモトキにラブラブなカズと、なんとなく冷めたようなモトキの様子が描かれています。
二人の温度差を感じ切なくなったり葛藤したりするカズの姿に、一緒に胸が苦しくなる…
ところが2話目で予想以上に強い2人の絆を感じ、3話目からの幼少時の回想では、モトキの長く深いカズへの想いを知ることになるのです。

幼馴染への長い片思い。
どうしても立ちはだかるのが、相手に初めての彼女が出来る瞬間が訪れて、それを目の当たりにしてしまうこと。
ずっと一緒に過ごしてきてわかり合えている自分ではなく、ぽっと出の中身もあまり知らない子が恋人になる。
"女の子" というだけで。

大好きな人への失恋を親友として笑顔で祝福し、影で1人泣く姿は、幼馴染もので一番辛いシーンだなぁ。
だからこそ、それが後に成就すると本当に幸せにな気持ちになる。

本当に深い絆で結ばれた2人です。
倦怠期とか、マンネリとか、そんなありきたりな次元で2人の関係は語れない。

自分のことは二の次に、本当に相手の成功や幸せを願って生きることって難しい。
それが出来てしまう2人の愛の深さに、泣かされました。
何度も何度もお互いに恋をする。そんな感動に出会えたことに感謝。

1話目の切ないオ◯ニーシーンが、後日幸せ♡に回収出来たのは本当に良かった!ありがとうございます!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ