スクリーン

screen

スクリーン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神88
  • 萌×247
  • 萌19
  • 中立4
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
24
得点
689
評価数
165
平均
4.2 / 5
神率
53.3%
著者
村上キャンプ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801955240

あらすじ

「駆け落ち同然で故郷を飛び出し、一緒に暮らし始めて6年。
恋人同士の野々宮 和央とイケメン俳優の夏目 基。
何年たっても変わらず一途な愛を捧げ基を溺愛する和央に反し、すっかり淡白な態度の基。

ある日、基から憧れの映画監督の最終選考に残ったと知らされ喜ぶ和央だったが、それ以来なんだか基の様子がいつもと少し違い、ふたりの間には溝が深まる一方に。
これって倦怠期?それともまったく別の試練?
基のライバル俳優・歩も加わって、事態は思わぬ展開に――…! ! ?

ストーリーテラー、村上キャンプが織り成す渾身の初Qpacollection!!

表題作スクリーン

野々宮和央,24歳,サラリーマン・基の恋人
夏目基,24歳,イケメン俳優・和央の恋人

同時収録作品スクリーン

(仮)及川歩,24歳,若手実力派俳優
(仮)野々宮和央,24歳,サラリーマン・基の恋人

同時収録作品弊社所属の及川歩について

鴨志田,32歳,歩のマネージャー
及川歩,24歳,若手実力派俳優

その他の収録作品

  • too green
  • ドラマにはでてこない(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき・イラスト

レビュー投稿数24

芸能人の日常BL

最初、カズのモトキへの愛が重いというより、ノリがウザいわねと思ってしまいましたごめんなさい。
すごく一途でモトキ思いのいい奴だった。

モトキが俳優なので、もっと芸能界っぽい感時になるのかと思いきや、さほど派手な展開はなく、いい意味で?日常の2人を描いたお話なんだなと。

モトキが大役を得るためにカズと別れを選ぶか…のくだりが盛り上がりでしたが、それも日常の延長のような描写が村上先生らしいのかなと思いました。

歩のカズへの仕打ちにドン引きしましたが、役者バカなんですね。
で、その後の行動がいい奴すぎて、逆に驚きましたw

そして、マネージャーとの恋人宣言は偽装ではなく事実だったとは。
歩が村上先生のひいきキャラだというカバー下もおもしろかったです。

0

好きな場面が多すぎる

先に「あゆむくん」を買って読み始めたところ、スピンオフだと分かったのでスピンオフ元のこちらを購入して先に読みました。

最初は芸能人とサラリーマンの恋愛ものだと思ってたんですが、2人の出会いやどういう風に今の関係になったのがが後に描かれているパターンでした。
その過程がいいんですよねー。

なんだかカズのモトキへの愛がめっちゃ重いように感じられますが、実は先に好きになったのはモトキで自分の役者としての成功よりカズがいればいいって思ってるほどにカズを愛してるところが良かったです。

主に子供時代から学生時代のエピソードが好き。
カズに似たキャラのマグネットを大切にしてたとか、
足をくすぐられて、恋心を自覚したとか、カズに彼女が出来たとかそういう甘酸っぱい記憶が可愛くてちょっぴり切なくて良かったです。

歩と鴨志田さんの話はなんかエロかった…♡
怒った鴨志田が関西弁になるのがなんだかキました。
これはスピンオフを読むのが楽しみだ。

1

これ程面白く、気持ちが温かくなる作品が他にあるだろうか。

モトキくんのことが大好きなカズ。
帯の紹介文には「デレデレイカレ攻」と書かれていたり、作中でも「愛が重すぎる!!」と感じる部分は多々ありますが……
恋人のことをこんなにも大切に思い、愛し続けられる姿は本当に素敵だと思います。

また、モトキくんはモトキくんで、不器用ながらにカズのことを想っていて……
学生時代の葛藤や、役者としての人生と、カズの恋人としての人生の間で揺れる描写には、胸を打たれました。

続編となる『あゆむくん』と併せて読むことで、この作品の面白さをより一層実感出来ます。
2冊同時の読破をオススメ致します!!

1

いとしの君

初・村上キャンプ先生でした。
カバーの賑やかさと、カバーからすでに溢れ出ている受けへの攻めのどでかい愛に面白い予感がひしひしと伝わって来る。

俳優とサラリーマンという同棲6年目のカップル。
恋人で若手俳優の基の事が愛しくてたまらない和央と、それをハイハイといなす基。
和央の家庭内ストーカーっぷりと、少しズレたプレゼント、基の事となると下手をすれば変態とも思える愛ゆえの行動の数々…と、何やら愛嬌のあるキャラクターが愉快です。
細かなところで笑えるものの、攻め→→→→→→←←受けくらいの好きの度合いに見えてしまっていたんですよね。
なので、基のどことなく浮かない表情と、それを察した和央の心のもやもやが浮かび上がるモノローグに、同棲5年ともなるとここから倦怠期に入るのか?なんて思っていたのです。
そんな事はなかった。どちらも非常〜に!愛が強かった!
読み始めからの展開が本当に予想が出来なくて、こ、こう持って来るのか〜!と、お話作りの上手さと構成の上手さにに驚きました。
重い!なんて言いながら、基は和央の事が大好きで仕方がないんじゃないか…
学生時代の回想シーンがすごく良くて、幼馴染BLの良いところをギュギュッと詰めつつ、6歳から成長するにしたがって基の和央への気持ちが緩やかに変化していく様子の描き方が自然で見事でした。
基のこの回想を読んだ後に、現代の和央の溺愛っぷりを見るとグッと来るものがあります。

芸能界・業界もの…と、基の職業が華やかなのだけれど、どちらかと言うと長年の気心知れた付き合いの幼馴染関係が「恋愛に発展するまで」と「恋人になってから」についてをクローズアップして、役者のお仕事も絡めながら丁寧に描かれたお話でした。
幼馴染同士の恋ってやっぱり素敵だな。
描き下ろしの基視点がえらい可愛かった。

同時収録の歩くんのお話も魅力的。
本編では当て馬…ではなく、2人をアシストしたようだった歩くん。
役者としてのプロ意識が高くて、掴みどころがなくて、少し危ういところもありそうな小悪魔な彼と、そんな歩くんに翻弄されながら執着している様子のマネージャー・鴨志田さんの恋の行方も気になります。
歩くんがメインのスピンオフも読んでみたいと思います。

ところで、映画チケットの半券で「モトキ」を作るのには笑ってしまった。和央は天才なのか?
私も今度やってみようと思う。

2

重いくらいの愛が嬉しいの

最後の短編大事です。

はぁ良かった~。
最初のうちはつれない基(受け)に愛情が冷めちゃったの?とドキドキしてました。
溺愛かず(攻め)に冷たくて重いとか言っちゃって。

でもでも実はかずのことが本当に大切で。

基がずっと出たかった監督の映画の主役をかけてもし受かったらかずと別れなさいと言われ悩んでいた基。事情を知ったかずは身を引くと言うのですが…。

ライバルの歩がいい人で良かったです。そこまで基の演技を評価して尊敬してるんですね。
同性恋人がスッパ抜かれたときに合わせ技で世間の評価を変えてくれました。

そして話は子供から高校時代に遡り。
幼なじみから恋人へ。かずに似たマグネットを大事にしてる基。かずに初彼女ができ初体験を報告され泣く基。切なかったです。

やがて二人は晴れて恋人になって。
そして故郷を逃げ出し冒頭へ繋がるんですね。

最後の短編は基視点で。いかにかずを好きか、かずが懐が広いか、そんなかずにメロメロかを描かれています。ここ読んで良かった!

家庭内ストーカーかず。面白いですね。一緒に住んでるのに追って追って追いまくって。
基のデレも貴重でした。

歩とマネージャーの話も良かったです。歩の気持ちは実際どうなんだろうとちょっと心配でした。
冷めていて、ゴリ押し俳優と卑下して変わり役をやりたがって。でもいいやつです!

1

ちょいちょい笑える

これは素晴らしい溺愛攻めですね!

溺愛リーマン×ツンデレ俳優

はい、最&高!

15歳の頃から付き合いだし、駆け落ち同然で上京したカズと基。
同棲して6年になるが、いまだカズの基ラブは止めらない止まらない!

ずっとこんなに愛されたら幸せでしょうね。
基は恥ずかしがり屋なのでなかなか言葉にできないし、すぐ「重い!」って言ってしまうけれど、本当はカズにされて嬉しくないことなんてないのでしょうね。
こんなに揺るがない2人も珍しく、2人が仲良くすればするほど萌えました。

基の俳優仲間・歩も妖艶で、マネージャーの鴨志田との今後は大いに気になるところです。

1

受けのことを何でも分かってくれている攻め

 受けの基が俳優なんですが、芸能界ならではのキラキラ感などはそこまで強くなく、あくまで幼馴染から恋人に発展し長年付き合ってきた2人の日常に寄り添った作品でした。何より、攻めのカズが基を溺愛していて、リビングでも盛大に基への愛を叫びながら自慰しちゃうくらい好意がダダ漏れなところが、本当に素敵でした。もちろん彼の元々の性格もあるだろうけど、甘え下手な基が「仕方ないなぁ」と乗ってこれるように、カズがあえてそういうワンコになってあげている、という関係性がたまらなかったです。

 基が俳優として成功を掴むにあたって、2人の関係性にどんな影響があり、2人がどう壁を乗り越えていくのかという前半のストーリーも読み応えがありましたが、親友から恋人に変わっていく2人の学生時代のストーリーもとても良かったです。ちょっとしたくすぐり合いで相手にドキドキしてしまったことも、お互いちゃんと相手に気持ちを伝えようとしていたことも、探り探りで辿り着いた初エッチも、ザ・青春という感じですごく可愛かった。この回想を読んで、2人に対する安心感がより一層増しました。仕事面でもお互いがいることで成長しながら、この2人はいつまでも倦怠期なんかとは無縁の恋人でいられるんじゃないかなぁと思います。

1

読んで損なし!むしろ読むべし!

読み返すたびに、何度も何度も胸が熱くなる作品。
表紙はコミカルな感じだし、正直絵柄は萌えや色気に溢れてるとは言えない…
でもそれで回れ右してしまうのは、本っっ当〜!にもったいないと思います。
読後に改めて見たとき、この表紙がいかに愛に溢れたものなのかを知ることになるでしょう。

攻めで会社員のカズと、受けでイケメン俳優のモトキは幼馴染で恋人同士。
1話目では、変わらずモトキにラブラブなカズと、なんとなく冷めたようなモトキの様子が描かれています。
二人の温度差を感じ切なくなったり葛藤したりするカズの姿に、一緒に胸が苦しくなる…
ところが2話目で予想以上に強い2人の絆を感じ、3話目からの幼少時の回想では、モトキの長く深いカズへの想いを知ることになるのです。

幼馴染への長い片思い。
どうしても立ちはだかるのが、相手に初めての彼女が出来る瞬間が訪れて、それを目の当たりにしてしまうこと。
ずっと一緒に過ごしてきてわかり合えている自分ではなく、ぽっと出の中身もあまり知らない子が恋人になる。
"女の子" というだけで。

大好きな人への失恋を親友として笑顔で祝福し、影で1人泣く姿は、幼馴染もので一番辛いシーンだなぁ。
だからこそ、それが後に成就すると本当に幸せにな気持ちになる。

本当に深い絆で結ばれた2人です。
倦怠期とか、マンネリとか、そんなありきたりな次元で2人の関係は語れない。

自分のことは二の次に、本当に相手の成功や幸せを願って生きることって難しい。
それが出来てしまう2人の愛の深さに、泣かされました。
何度も何度もお互いに恋をする。そんな感動に出会えたことに感謝。

1話目の切ないオ◯ニーシーンが、後日幸せ♡に回収出来たのは本当に良かった!ありがとうございます!

2

胸いっぱいに(/ _ ; )x5回!

今迄村上キャンプ先生の作品には3つ""神"'"をつけさせてもらってましたが、本作も"'"神"'"とさせて頂きたい\(^o^)/

もうね、1話の途中から泣きっぱなしでした。

泣いてない所は、50枚、ペンダント、半券、ウ◯ー、モトキナイトだけかな。

あら、こうみると多いけど、あの半目のカズの飾らないモノローグに泣けて泣けて。
「基、君はこんなに心からカズに大事にしてもらってるんだね、気付いてないかな?気づいてるよね?」
と胸いっぱいに(/ _ ; )。

そして、3話目では基のモノローグが始まるんです。
それを読んでも胸いっぱいに(/ _ ; )。

そして、そしてあとは2人の大事に大事にしてきたモノをどうするか?
という所で胸いっぱいに(/ _ ; )。

最後に大事にしたものを助けも得ながら守りきった所で胸いっぱいに(/ _ ; )。

最近流行ってるカタルシスって言葉を使いたかったんでここに書きますが、本作は本当にカタルシスをガッツリ得ちゃったわー。

***** そして大切なエロ情報 *****

ナニとお袋さんは、形は残り細線グシャグシャですので、私的には
「あら、奥さん!よく見えるわ!」という感じです。
そして、大開脚で*が書かれ、IN時はナニは上記通りで*に入っていくので、○から◎のようになり、この村上キャンプ先生の絵柄からは想像できないほど、存在感ありまくりで.す。
流行の最先端?の直腸断面図、尿道攻めな、肝心な部分を吹き出しやシルで消すはありません。

何かで見たのですが、有害図書に引っかかるのは表紙が青少年が手にとりそうな、ポップでカワイイ表紙の中身に直接表現があると引っかかりやすいと書いてありしたが、本作もカワイイ表紙だけど中身を見れば結構ガバチョなんだけどなー。
ずっとガバチョじゃなければいいとか、ガバチョの累計ページ数によるのかしら?
ナゾだわ。

しかし、私は村上キャンプ先生のエロはどの作品でも大好きなんです。

どの作品のアホの子は言うまでもないけど、キリッとしたお顔のイケメンでもやや丸みのある裸。
なんか実在しそうなボディなのでドキドキしちゃう。
そして本作は特に本当に本当に相手の事を喜ばせようとしてる所があるのもドキドキ。
なのでまたまた、こちらも胸いっぱいに(/ _ ; )。


最後のアニーのつぶやきに大爆笑ψ(`∇´)ψ
読後感最高のお得でいいお買い物が出来ました。
村上キャンプ先生!
本作も楽しませていただきました!
ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

3

でた!ロケットペンダント。

村上キャンプ さんてジワジワくる人だね。 この2人は本当に相手のことを好きすぎて、いろんな悩みが出てくるんだけど、その時も相手を離すのではなく一緒にいることを選ぶのがいい。 表紙からして、ののの方がストーカーキャラだけど、それが甘えるのが下手な基にとっていい感じ。 そしてこの2人を離すことなく、関係がバレても芸能界に残れる出来事を請け負ってくれた歩というキャラ。 嫌なキャラにもなりそうだけど、逆にめちゃくちゃ良いヤツでした。 考え方は寂しいけど凄い頑張りやさんなので、マネージャーといい感じに続いてくれたらいいな。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う