悪党に似合いの男

akutou ni niai no otoko

悪党に似合いの男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
36
評価数
12
平均
3.2 / 5
神率
8.3%
著者
火崎勇 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
草間さかえ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199008351

あらすじ

医師免許のない私が、ヤクザに目をつけられるなんて最悪だ――。医療の知識も腕も抜群
だけれど、ワケアリで闇医者として田舎町にやって来た市井。そんな彼の診療所を頻繁に
訪れ口説いてくるのは、地元ヤクザの鬼塚だ。「お前は何かを憎むみたいに治療する」と、
飄々とした顔で、核心をつく鋭さを見せてくる。油断ならない男に惚れられ辟易していたある
日、鬼塚に殺人事件の容疑がかかり…!?

表題作悪党に似合いの男

鬼塚正巳,街を支える任侠ヤクザ水上組の組員
市井正宗,寂れた街の診療所で闇医者をする男

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数2

悪党はだれ?

火崎勇先生の作品なら大ハズレはなかろう…となんとなく選んだ本作。
え!すっごい面白いじゃん‼︎

…という感じで。
いやいや、ほんとに面白かった!
医師法に抵触し医者になれず、だが貧しいひとを救いたい。そんな気持ちで医師免許を持たないまま闇医者として働く市井。
そんな市井を本気かどうか惚れた、と口説いてくるヤクザの鬼塚。
この2人の物語なんだけど、途中から思いがけない展開へ変化するのです。
ネタバレなしで読んでほしいので詳しく書けない〜。けど私はびっくりした。
え?なに?そうなるの?そうだったの?
…って感じ。
という設定上のトリックというか設定の転換の面白さと同時に、市井の心境の描写が興味深かった。
市井は別にゲイでもなんでもないのです。
だけど、鬼塚が本気で市井にぶつかってきた時、市井も本気で鬼塚に向き合い、自分のために全てを捨てられるなら、全てを忘れられるなら、私がどんな人間でもいいなら、それなら応える、と。
鬼塚いわく、女王様だな。
そして鬼塚を手に入れた、あれが私の男だ、と笑う市井の姿。
そう、市井には別の面があります。
一度は手に入れた鬼塚だけど、自分の真実を知ったら離れていくかも、もう愛してくれないかも、と不安になる市井の恐れ。
この市井という男の存在感がとにかくすごく印象的な作品。
読み終わってこのタイトルのイミシン。そこもいい。

2

文体に問題あり

現代で闇医者が出てくる本とはどんな話なのか、あまり予想が出来ないまま読み始まる。読んでみると闇医者になった理由もリアリティがあって納得できた。話はどんでん返しがあって読み応えがあり良かった。タイトルがそのどんでん返しに関わっていて上手い。
ただ文体が「。」の度に改行されるのはいただけない。そこまで改行する必要はないと思う。正直ページ稼ぎをしたいのかと疑いたくなってしまう。そこが違っていたらもう少し話が進められて満足感がもっとあったと思うだけに残念。
イラストは話にとても合っていてそれに助けられている部分もあり。さすが草間先生。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う