魔女の血族 オリジナルウィッチ

majo no ketsuzoku orginal witch

魔女の血族 オリジナルウィッチ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×216
  • 萌11
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

215

レビュー数
13
得点
194
評価数
55
平均
3.7 / 5
神率
32.7%
著者
西野花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイSLASHノベルズ
発売日
価格
¥870(税抜)  
ISBN
9784799729519

あらすじ

「僕の魔女―うんと苛めて可愛がって快薬の罰を与えよう」大学生の司は目覚めると知らない部屋で、恋心を抱く浅葱に全裸に剥かれ愛撫されていた。浅葱は西洋史の准教授で魔女研究の第一人者、そして司は魔女の血を引く者。三角木馬で張り型を咥えさせられ、乳首を摘ままれ、絶え間なく与えられる快楽。高まりすぎた愉悦に、司は浅葱の手に堕ちてしまう。浅葱の甘い罰に抗いたいのに抗えない…、自分の濡れた吐息と被虐に悦ぶ身体に、司は翻弄されて―!?

表題作魔女の血族 オリジナルウィッチ

浅葱祥平、大学准教授、30代半ば
宇一司、大学生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

エロいけど、それだけじゃない

西野さんに笠井さんということで、エロエロなんだろうなあとは予想していましたが予想を遥かに超えるエロさでした。半分以上は服着てないと思います☆
笠井さんが表紙を描かれていると絵師さん買いしてしまうほど好きなのですが、今回の表紙はエロすぎてリアル書店では買えませんでした…(爆)。表紙を捲ってすぐのカラーの扉絵もしっかり合体してます。本屋さんでカバーをかけてもらう派の腐姐さま方、ご注意あれ、です。

さてさて内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。



クロアチア人の祖母を持つ大学生の司(受け)は、祖母と同じ蒼い瞳がコンプレックス。そんな彼が大学生になり、具合が悪く蹲っていたところを助けてくれたのが西洋学(特に『魔女』について造詣が深い)を教える准教授の浅葱。
優しく介抱してくれ、またコンプレックスだった瞳を褒められたことで彼に惹かれ、その後も彼の人柄を知るにつれ徐々に恋慕の情を募らせていく司なのですが、その想いはひた隠しにしています。
そんなある日、浅葱に誘われて食事に行くのですが、酔って眠ってしまった司が目を覚ますと全裸にされていて。
そこで司は自分の家系が古代から続く魔女の家系であること、祖母は中でも高名な魔女であったことを知らされます。そして、その血を引く司に、「自分だけの魔女になってほしい」と『魔女の力を解放させる』という名目で快楽を与え始めるのですが…。

というお話でした。

西野さんらしくエロは満載。初っ端からかなり激しいセックスシーンが満載です。エロは好物ではありますが、それだけだとちょっと面白くない。
けれどこのお話はいろいろな伏線が複雑に絡み、どうなるのか気になってページを捲る手が止められませんでした。

司の瞳の色の秘密。
消された祖母の記憶と疎遠になってしまった母との確執。
浅葱の手によって徐々に解放されていく、魔女としての素質。
そして、浅葱は悪魔なのか否なのか。

等々、すごく読みごたえがありました。

『魔女狩り』で使われた道具なんかも少し出てきますが、それで痛いことをされたりすることもなく、なのでその分、もしかしたらその道に造詣の深い方だと物足りないのかもしれませんが、個人的には程よく楽しめました。

エロの方もさすが。
ブジーとか三角木馬といった道具攻めもあり、とにかく快楽だけを与え続ける浅葱と、まっさらさんだった司が浅葱の手によって徐々に体を開発されていく様は圧巻でした。

表紙の司のおしりに描かれた★のマーク。あれはいったい何なのかなと思ってましたが、あの★が持つ意味合いもとても良かった。

笠井さんの描かれた挿絵は今回も神でした。美しすぎる…。
終盤、司がモブたちに襲われるシーンがあるのですが(挿入まではありませんが苦手な方はご注意を)、そのモブたちですら男前で困りました☆

エロもいいけど、それだけじゃ物足りないな、という方に是非読んでいただきたい萌え作品でした。

15

いつもの西野先生

エロエロで最高でした。やっぱエロ読むぜ!というときは西野先生ですね。
ノーマークだったのですが、書店でお尻にきっすしているカバー絵を見て思わず凝視。
こいつはすげえ表紙だぜ、と思ったら中身も裏切らない。

魔女がうんぬん色々ありますが、ハードそうに見えて案外ハードでないところは西野先生ならではというか、安心して読めます。
いろんなプレイが読みたい人にオススメ。

3

三角木馬の描写が印象的です

西野花先生のいつものすっごくエロい描写と、笠井あゆみ先生の肌色の多い美しい挿絵に、エロがお腹いっぱい的なお話しでした!

お話しは、色の変わる藍色の不思議な瞳をもつ大学生の受けが、オカルトマニアで変人だが優れた容姿をもつ大学教授の攻めに絡め取られて、性的な快楽によって眠っていた魔女の力を引き出される内容です。

受けの司は攻めの浅葱に元々性的な意味で憧れているので、浅葱に薬で眠らされて全裸に剥かれ愛撫されても始めから本当には嫌がってません。

しかも、司は淫蕩な魔女の血筋によって始めてした性的な行為なのに、淫乱な性質で気持ちよくなってしまうので、すごくエロいです。

三角木馬の描写や挿絵が印象的です。ひとつ言うなら、メリーゴーランドの木馬のように馬の頭があると良かったなと思いました。
それだと魔女のオカルトっぽい感じにならないのかな?

浅葱教授は悪魔かと思ったら実は高位の司祭で、司の魔女の力を引き出してコントロール出来るように導いてくれたのでした。

性的快楽で陥落させるやり方も、好きな人にされれば嬉しくて、嫌なモブなされれば気持ち悪い行為です。

司の気持ちは初めから浅葱教授に憧れがあったので、ハッピーエンドですね。

あと表紙が恥美で美しく感嘆のため息がでてしまいました。

2

表紙がまぁアレだからw

思ったよりさらっと読了。
輪姦か!(≧◇≦)うほっ!っと思ったのもつかの間
結局は寸前のところで助けれちゃったのが残念。
ともあれ、好意を寄せていた相手とそっこー両想いなあげく
即物的に合体→気持ちい→合体のスパイラル。
全体的にはラブラブあまあまと言っても過言ではない仕上がり。
内容はあってないようなものなのでエロエロ重視で読むには
良い作品かとおもいます。

個人的にはもっとハードな感じでいくとおもっていただけに
ちょっと肩透かしな感じもしてしまったのですが。。。

4

行為を愉しむ

出会いは「リブレプレミアム2014」の番外編ショートなのですが、なかなか面白かったのでこの本の発売をとても楽しみにしていました。
こちらは「エロとじ❤︎淫」掲載分に書き下ろしを加えたものだそうです。

一回あたりの行為描写が丁寧に書かれているので、かなりの読み応えです。
それが頻繁に出てくるので、さすがに飽きて眠くなりました。
いつもなら流し読みをしてしまうのですが、今回は飽きてきたら本を閉じる…を繰り返して読み終えました。
結果、とても良かったです。
せっかく丁寧に書かれているのに流し読みなんて、今まで勿体無かったです。
この読み方が自分には合っているということがよくわかったので、これから西野先生の本はこの読み方でいこうと思います。
行為のシーンは木馬責めと尿道責めが良かったです(笑)
笠井先生の挿絵も良かったのですが、リブレじゃなかったらもっとガッツリ描けただろうな…と思うとちょっと残念でした。

肝心のストーリーですが、「魔女の予言、未来を見通す力」については最後まで触れられていなかったような気がするのですが…
とりあえず、司は一生涯浅葱に守ってもらえそうなので、もしも異端審問会が攻めてきても大丈夫そうですね。

3

快楽の罰

変わり者の大学准教授の浅葱とその大学生の司のお話です。

始めて読む作者さんです。

話が始まってすぐ濃いエロがありその後もエロが続きどうやって一冊話が続くんだ?と引っ張られました。
いやあエロかった。半分くらいはエロだったのでは?

私も後半までは司と同じでなぜここまで支配されて快楽の罰だと責め苦を受けなければいけないのかと思ってました。司は嫌ではなく気持ち良かったですけどね。やっぱり浅葱は悪魔で魔女にとって特別な存在だったんですね。

司がしばらく避けて単独で行動し、窮地に陥りもはやこれまでかという所で助けに来てくれます。
司祭でもあったんですね❗
魔女を目覚めさせる技術を手にいれる為に組織に一時入っていたのか。
ただエロいだけの魔女を信じてる先生ではなかったんですね。

いつもエッチは死にそうな激しさですが、最後のエッチは愛情が溢れていて良かったです。司はきちんと好かれていたんですね。

先生は司の祖母から司の存在を聞いてからずっと自分の魔女を待っていたとのことですが、ふたりが出会うのは運命だったのでしょうか?

どんなに過酷な快楽の罰を受け支配されても初対面の時の優しい先生への好意が忘れられなかった司が健気で。

魔女の力もこれから新たに発現したりコントロールできるようになっていくのでしょうか?

いやあエロばかりでどうなるかと思いましたがストーリーもしっかりして一気に読めました。

2

エロエロでご馳走様でした。

ストーリーとしては
平穏な生活を送れるよう幼少の頃に魔女の力を封じ込められた司(受)が
自身の通う大学の准教授・浅葱(攻)と交わることで魔女の力を解放され
怪しげな組織に”魔女狩り”されそうになるけど浅葱に助けられて
セーフ(実際いろいろアウト)…めでたし めでたし。という感じ。
上記の内容だけではこの本の厚さにはならないと思うんですが
なぜこの厚みかというと、そりゃあエロです。エロの厚みです。

始まって25ページ目あたりで早々に司くん素っ裸にひん剥かれてます。
夢のシーンも含めるとエッチシーンが5回。
異端審問回のシーンも含めると6回。
木馬や尿道攻め、よくわからん3人組からの淫具攻め etc
それぞれがかなりのページ数あるので、ストーリーが進んでなくても
気付いたらページ数は進んでた…って感じでした。
表紙も口絵も挿絵もほとんど司は裸です。司、風邪ひかないでね。

ところどころ、ご都合主義的な部分はあるのですが
エロがあれば気にしない!って人であれば問題ないと思います。

3

あいかわらず素敵なイラスト

エロい!もうこの一言に限ります。西野先生×笠井先生の作品は毎回エロくて素敵で、大好きです。
表紙からお色気たっぷりの笠井先生のイラストで、これは期待大だな!笑と読み始め、結果やっぱり終始エチばかりでご馳走様でした。
ストーリー的には正直あまり内容が無いような気もしがすが、エロが読めれば良かったので、満足です!あと、笠井先生の美麗イラストではモブもイケメンでした。特に受けを舐めてる?モブが最初脇を舐めてるのかと思いビックリしました笑

1

アブノーマルプレイの目白押し

魔女研究をする美形で魅力的な大学教授の浅葱×いにしえの魔女の血族で神秘的な青い瞳をもつ大学生の司、という先生×生徒もののカップリング。

玩具責め、木馬責め、拘束、媚薬、乳首責め、尿道プレイなど…司は魔女の血を目覚めさせるという名目で、あらゆるマニアックプレイで調教されます。
また挿絵も美麗でエロチックかつ分量も的確で、ここは絵で見たいと思わせる箇所にきっちりと入っています。
従順で快楽に弱い受けが激しいマニアックプレイで乱れ狂う話がとにかく読みたい、と願う方にはいい作品と言えます。

しかし他の方もレビューで書いておられますが、ストーリー的には結論もちゃんとしていないし満足できるものではないです。
まず最初から受けの司が攻めの浅葱に憧れているという設定で、すぐに警戒心もなく攻めの家に行って抱かれてしまう。
さらに中盤では浅葱によって魔女として能力を開花させられた司が悩むシーンも出てきますが、その悩みが最後まで解決されることはありません。
それどころか悩んだ挙句、現代に置いてはあり得ない魔女狩りをするモブの手に司は堕ちて集団でエッチなことをされるというストーリーの破綻ぶりには失笑しました。
また後半のエッチシーンは設定が膨らみきったストーリーをなんとか終わらせる為に、前半ほどの濃厚さやマニアックさはありません。

1

悪魔に呑まれる

いや~、表紙の過激さといい、おとなしい大学生の身体を強引に開いて快楽の沼に突き落としたりと、冒頭から攻めていってますね。
魔女と認めなければ快楽責め、認めても快楽責め…って、どっちに転んでも魔女オタク・浅葱(攻め)のやりたい放題なんですけれど…
こんな強引な手段も、主人公・司(受け)の母方の祖母がクロアチアで由緒ある魔女の血筋で、当人が秘めている能力を開放する為らしい。

西野さんの小説というと毎回エロ度数が高いのは周知の事だが、話ごとにそうなる所以なるものがきちんと設定されている。
今回は魔女の眼を持つ司の祖母の予言とか、悪魔が魅力を振り撒いて対象人物に近付いていく様子とか、オカルト色を感じ取れる。
浅葱が魔女に傾倒していったきっかけにも触れているが、司の血筋に関しての彼の並々ならぬ関心ぶり自体フツーじゃない。
何だか悪魔と魔女、どちらが善でどちらが悪なのか真面目に考えるのが無意味になってくる。

個人的には中身エロエロでも淡々と読めた一冊だが、今回はどうも二人が相思相愛になって良かったねってスッキリ感はないなぁ。
最後まで、浅葱には”いい人”だと簡単に信じてはいけない何かを隠し持っていそうな雰囲気が拭えなかった。
怪しいと決めつけるのは良くないのかも知れないのだが、そもそも悪魔とは、どう言い繕っても本質が変わることがないもののはず。
今後もこの二人は快楽に浸り続けていくんだろうなって想像が付く中で、お祖母さんが司に遺していった予言は的を得ていたんだというインパクトが一番強く残った。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ