新妻くんと新夫くん

niidumakun to araokun

新妻くんと新夫くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神106
  • 萌×262
  • 萌18
  • 中立5
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
25
得点
837
評価数
199
平均
4.3 / 5
神率
53.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801955561

あらすじ

職業ホスト・俺様な新夫 翔とそれに執着するいかれた売れっ子作家・新妻さとし。 コンビニでバイト中だった新妻を、泥酔していた新夫が壁ドンで(誤って)口説いてしまい、 あまりのかっこよさに一目惚れされてしまって以来のストーカーラブ! なにかと口うるさく寄ってくる新妻を毎度毎度、足腰たたなくなるまでぶち犯す (体で黙らす) 新夫だったが、 自殺癖があったり自分に無頓着な新妻を放っておけず、なんだかんだで絆されつつも 負け(陥落)を認めようとしない新夫と新妻の恋の行方はいかに…! ? ホスト×ヤンデレ執着くんのデンジャラスラブ★

表題作新妻くんと新夫くん

新夫 翔 / ホスト
新妻 さとし / 小説家・アパート経営

同時収録作品この趣味だけは受け入れて貰える気がしない

城島 司 / サラリーマン
斎賀綾人 / 25歳 プログラマー兼イラストレータ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数25

受けも攻めもかわいい

イラストか本当に魅力的
受けの新妻はもちろん攻めの翔くんもとてもかわいい

ひとつ難をいうなら「新妻くん」シリーズ、1冊にまとまっていないこと。

2

甘々だよー!

くさかんむりに化けるとかいての後半に収録されたお話の続編ですね。

下の名前呼びだし新妻くんは新夫くんに相変わらずメロメロで料理の腕も行き付けのお店より新夫くんの好みに作れるようになって。

キスも普通にしてるし、新妻くんがプラトニックな恋人関係を求めていて応えようとするも新夫くんが我慢できなかったり。
新妻くんが執筆にダウンした時は甲斐甲斐しく世話するし。その時の記憶が新妻くんには無いのですが。もう新妻くんが可愛くて愛しいって認めなよ!

新夫くんが元同僚に嫌がらせを受けた時の新妻くんは頼もしかったですね。イケメンにも目もくれず。

もー甘々でイチャイチャで体込みの恋人同士でしょう!ご馳走です。

この趣味だけは受け入れて貰える気がしない。
まさかの両思い、しかも絶対知られてはいけない、でも止められない性癖を可愛い可愛いって超受け入れて貰えて。良かったですね!二人とも変態さんでした。でも愛と理解があふれる変態さんですね。
こちらも甘々でした。

0

いつの間にやら新妻くんがかわいくて仕方なくなってくる作品

前作に引き続き、新妻くん、基本はヤンデレ、通常運転です。
でも翔の好みの味を覚えて料理したり、なんなんでしょう、このカワイイ生き物。
翔も前作ではことあるごとに鬼畜プレイ。かなり新妻くんを邪険に扱っていた気がするのですが、今回はなんだか優しくて、確実にほだされていってるように見えました(笑)
締切前に壊れてしまった新妻くんをひたすらお世話し、お風呂にまで入れてでろでろに甘やかす姿を見てると、自分ではなかなか認めないけど、本当は新妻くんが好きで好きで仕方ないんでしょう?とつっこまずにはいられない!!
自分の事をいくら悪く言われても平気だけど、相手の事をけなされると許せず、
相手をぶちのめす新妻くんは権力、財力、人脈を併せ持つ、スーパーヤンデレな所もまた魅力です。
また続編が出でないかな~と、密かに心待ちにしている作品です。

同時収録の「この趣味だけは~」は、私も女性下着つけてる受だけは無理な気がする…と恐る恐る読んだのですが、明るくてぐいぐい押してくる後輩くんがすごくいいキャラで、受への愛が溢れまくっており、きゅんきゅんしながら読めました。
こちらのほうがいちゃいちゃ度は高かった気がします。

いろんな萌えが詰まってる美味しい1冊でした。
ハマるとどっぷりハマれるオススメの作品だと思います。

0

ああ!新妻くん補給あーざっす!

「くさかんむりにばけると書いて」内の同名作品名の続編です。
やっぱり順番どおりに読むのがオススメです。
新妻くんと新夫くんが一冊のコミックスになってると知った時は震えました。新妻くんの他にないヤンデレを欲してたので。
理由は色々あるけれど、本作もやっぱり新妻くんのカワイさと経済力の強さは健在。
不謹慎ですが、本作では柿の木に紐かけてなきですよね?前作ではストーリー的にあれがヤンデレの極みで面白かったんですがねー。
まだまだ続編をお願いしたい。
例えばお互いに当て馬で新妻くんには担当編集者、新夫くんには同期ホストとか。
また2人の噛み合わなさがスパークしそう!

あと本作がお気に召したらぜひエンゾウ先生の「ドラッグレス・セックス」内の「好きにしたいよ」がノリが似てるのでオススメです。こちらのウケの執着ヤンデレへの超クール攻の的確なツッコミが笑えます。

0

まずは前作から!絆され賑やかハッピーBL

前作「くさかんむりに化けると書いて」で、すっかり新夫新妻カップルに心を奪われてしまったためもちろん購入。
情報を仕入れておらず、書店で見かけたときには思わず叫びそうでした!続編、ありがとうございます!

たいへん失礼ながら出オチ感のあるカップル…と思っていましたが、全然そんな事はありませんでした。
前作では語られなかったふたりの性格や背景の掘り下げ、何よりふたりの心の距離が縮んでいく様子がたっぷり楽しめる充実感、文句なしです。
知れば知るほど愛着のわく二人の魅力的なキャラクターを凝縮した、まごうことなき「ファン感謝本」でした!
前作が気に入った方は、絶対に買って損はないと思います。

3

相変らず可愛いなぁ。

大好きな2人。 まさかこの続きが読めるとは思ってもみなかったです! 翔くんにメロメロの新妻くんは相変わらずですね。 彼のことになると本当に強い。 はたから見れば根暗でオタクな作家なのに。 だけど今回、翔が困ったときに見せた行動は凄いよね! いろんな繫がりがあるんだろうけど、ここぞというとき男前。 逆に新妻くんがスランプでグダグダになった時の面倒見のいい翔くんもいい。 なんだかんだでいいカップルだわ。 もう恋人だって認めちゃいなよ翔くん!

1

愛すべき変態

「くさかんむりに化けると書いて」に収録されているお話に出てくる主人公の二人にまた会えるとは!と思って手に取った作品でした。
とにかく受けの新妻くんがきも可愛い!笑い方も考え方もちょっと不気味なんですが、すっごく可愛くてとても好きなキャラクターです。
攻めの翔くんがだんだん絆されていくのもわかります。
なんやかんやでちゃんと新妻くんが翔くんから愛されていることがわかるので、ほっこりしながら読みました。
ちょっといき過ぎな新妻くんの愛と、そんな彼に愛され、愛していく翔くんを応援したくなる一冊です。

2

でろっでろ

新妻くんと新夫くんの甘々編 が文句なしの「神」

筆が進まなくて無意識・精神崩壊ぎみの新妻くんをひたすら甘やかすというお話なんだけど、こういう少し病んでる系の息苦しいほどにべーったりと依存しているのが好きなので、もうもうたまらないです。
体のすみずみ、爪の先まで甘さが沁み渡るわー。この甘さでしばらく私も生きていけそうです。蔓沢つた子先生、ありがとうございます。

新夫の「さーとし」っていう呼びかけがほんと好き。

同時収録作の「この趣味だけは受け入れて貰える気がしない」
ランジェリー男子、どうかなぁ・・・と心配したのですが、攻めが私の好きなワンコ系なので楽しく読めました。お二人趣味があって幸せそうで何より。良かったね。


pixivにてドラマCD『新妻くんと新夫くん』初回限定盤特典収録シナリオ漫画 「ご試着はいかがですか?」が見れますよ!

3

ちょいと病んだデロ甘っぷりが前作以上にパワーアップ↑↑

蔓沢作品ほんと最高です!

前作「くさかんむりに化けると書いて」では併録作だった「新妻くんと新夫くん」がめでたく表題作になって、後半には新たな濃ゆいカップル(ランジェリー男子)がお目見え。
ページ割合は、描き下ろし分表題作の方が多いかな?くらいで大体半々です。

「新妻くんと新夫くん」
この独特の甘いヤンデレ感、読み返すほどにクセになります。
私の中ではこの作品とビリー・バリバリーさんの「朝とミーチャ」が同じ分類にいまして、メンヘラ的な病み感をポジティブに残してる感じが良くって読んでて癒されます。
(いま並べて思ったけど、この2作品タイトルの付け方も似てるね〜)
今回は3話とも攻めの翔視点になっているので、攻め視点で受けを愛でながら読みたい自分には同調しやすくって萌えも倍増でした!
顔面偏差値底辺の新妻をうっかり可愛いと思っちゃう自分を認めたくない翔の足掻きが笑えます。
本人的には新妻を掌の上で転がしてるつもりのようですが、完全に転がされてるよね。つかもう完全に新妻沼にハマってるよね!

「この趣味だけは受け入れて貰える気がしない」
女性下着を着けて同性に嬲られたい願望のあるリーマンと後輩ワンコのお話。
見られたらおしまいだって気持ちと見て欲しいって気持ちで葛藤しながらも大胆に変態な先輩、なんてえろい子…!(鼻血)
サービスアングル盛りだくさんで、非常にイイすけべでした♡

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙×、電子限定特典(4p)付き

2

尽くす受けと愛す攻め


(感情のままレビュー)

大ッ……好きなふたり。シリーズ。
作者さんが3年前と仰るなら3年前からずっとすきです。(告白) 今回も単独単行本化すると知って、思わず待ってた‼︎やっとか‼︎と当然のように…(ありがとうございます) それくらい、立つふたりだった。
読んでみて、もう何もいうことはありません。叩いてもお礼と欲(もっと続きを…)しか出てきません。

この甘さが最高なんです。ヤンデレ加減も最高。翔くんの甘やかし上手…というか先生の攻めはみな甘やかし上手です。イェーイ

あと体格差。体格差…が更に開いているような気がして、それも嬉しいことでした。

他収録されていた女性下着趣味の受けちゃんの方のお話も、よいよいカップルでございました誠にご馳走さまでした……!
十二分に糖分補給できる御本たち。これからも増えに増えていくことを心待ちにしております。ありがとうございます。ありがとうございます。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ