どうしようもない

doushiyoumonai

どうしようもない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神66
  • 萌×258
  • 萌32
  • 中立12
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
24
得点
670
評価数
176
平均
3.9 / 5
神率
37.5%
著者
松田うさち子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801956124

あらすじ

兄・タカヒロの匂いがないと眠れない、弟・コウキ。コウキの就職を機に、二人は別々に暮らし始めるけれど、不眠症のコウキは兄のいる部屋へと戻ってきてしまう。タカヒロもまた、弟なしでは生きられない、ある理由に気づいてしまい…!? 共依存な兄弟が織り成す美しく狂った完璧な世界。

表題作どうしようもない

コウキ 弟
タカヒロ 兄

同時収録作品アダム浪漫譚

アダム 先生 金髪碧眼
大和 生徒

同時収録作品おにいさんと呼びなさい

猛 自殺志願の学生
鈴鹿 ビルの所有者

同時収録作品ハッピードリームマン

ユメ
ヒメ(姫川)

その他の収録作品

  • どうしたらいい
  • どうにかなる
  • どうしようもない日
  • あとがき
  • ぼくの恋人を紹介します~おにいさんよ呼びなさい(カバー下)
  • ボクの恋人を紹介します~アダム浪漫譚(カバー下)
  • オレの恋人を紹介します~ハッピードリームマン(カバー下)

レビュー投稿数24

兄弟と言えば共依存

弟×兄。一見、兄の方が弟の面倒を見てやらないと、としっかりしているように見えるのだが、「自分がいないとダメな弟」に依存しているのは実は兄の方…という展開はとてもおいしかった。

が、執着が強調して描かれているわりには、ちぐはぐに思えるところもあり。性的な関係になったきっかけが唐突で、この程度のことでなるなら、あんないつもベッタリしてたのだから、もっと早くにそうなっていたのでは?という違和感を抱いてしまう。
兄が友達と一緒にいただけで激昂してレイプまがいのことをしちゃうくらい好きなのなら、弟は最初に兄が一人でしてた時にその場で即、押し倒すくらいはしてもおかしくなかった気がするし。彼女がいて、彼女と普通にエッチもできるというような描写はいらなかったんじゃ、とも思う。
もしかして、兄を抱くようになってから、徐々に弟がおかしくなっていった、というような流れだったのかもしれないけど、そのへんがイマイチよくわからなかった。
作者さんの「兄弟のこういうシチュを描きたい!」というような熱は強く伝わってくる作品。

同時収録作「アダム浪漫譚」「おにいさんと呼びなさい」はわりとハッピーなエロを楽しめるんだけど、ラストの「ハッピードリームマン」が全然ハッピーじゃない。なんとなくこの本の読後がどんよりした印象になるのは、このお話のせいな気がするのだが……掲載順を変えた方がよかったのでは?

電子版ですがカバー下もしっかり収録されてて、そこは嬉しかったです。

1

ビターでドロドロ。いずれ溶け合ってしまう、ふたり。

ガチ兄弟。ガチなんですね‼︎ という、ドロドロした病み具合と、それでもふたりだけの世界でさえすれば、それは幸せ。と言える、なかなかのビターさ。悩み、もがきながらも、手を伸ばさずにいられない。堕ちて行くことに罪悪感さえ滲まない様な。いや、少しだけ、ほんの少しだけ兄 タカヒロは迷う素ぶりもあるものの。どうしようもなく、溶け合ってしまう。
身体を重ねて 時間の経過も解らないほどに、文字通り溶け合ってしまう事と。
もう 兄無しでは、弟無しでは、生きて行く事すらままならないほどに。
互いを欲しているさま。焦燥感がこちら側まで伝わってくるようで、読んでいるだけで疲れます。
弟のコウキは 明確に兄の「匂い」にだけ依存しているようにも見えるけれど、それはただ 鼻が敏感なだけで、その実、彼が欲しているものも兄自身なのだと思う。
これまた兄が 黒髪の美形さん。絵の美しさと相まって、何やら耽美的な要素も垣間見れて。
その要素は、コスプレ好きの先生と元生徒の「アダム浪漫譚」にも引き継がれます。

夢か現か。幻か。「ハッピードリームマン」の背筋を凍らせる怖さも、そんな感じ。
ユメは果たして夢なのか。現実に現れた幻影なのか。それとも。姫川が作り出したものなのか。
シュールレアリズムみたいな、そこに無いものを視るような。不思議な物語。

そんな中では一番「おにいさんと呼びなさい」が、現実的にも思えて来ます。
んなわけ無いんだけど。ゲイばれした事でイジメられ、自殺しようとした猛の前に現れたのは40歳のおじさん。自殺を止められた縁で、今度はそのおじさんと関係を持つ様になってしまう。
気持ちいい事は生きること。そして図らずも、性欲は二人の人間を救うのだ。という様なお話。

美しい絵と、耽美的な世界観と。
次はこの世界観を丸々っと一冊で読んでみたいです。

1

意外にも癒されてしまった…


普段から禁忌モノとか、執着モノとかを好んで読んでいるせいか
この本の読後はニヤニヤしていました。

特にカバー裏がすごく萌えました
そのカバー裏を含めて読み直すと、ほんわかさえしてしまいそうな…(笑)

内容が思っていたよりライトというか、表紙の背景がピンクじゃないですか、赤紫とか暗い色じゃないんですよね、ポップなドロドロ、みたいな、中身をうまく表現できていると感じました。

私が特に好きだったのは、おにいさんと呼びなさい、です。
最初は傷心で縮こまってしまっていた高校生くんが、大人のお兄さんに介抱され、終いにはふーふーして雄をむき出しにする所が可愛らしくって…!
お名前が、猛(たける)くん、だそうで、ナイスネーミング賞ですね(笑)

歪んではいますが、どのカップルもお互いが幸せになれていたので私は非常にうれしいです!
ちょっとドロ…くらいなら読んでもいいという方にはいけるとおもいますよ。

1

病んでますね

どうしようもない
最初は弟だけが兄がいないと眠れないだけだとおもってたら、兄も弟がいないとダメだった。
弟は就職が決まったらあっさり引っ越したし彼女もできて体の関係も持てたのに、やっぱり眠れなくて兄の元に戻ってきます。
兄が弟に溺れていくのが病んでいて、そんな兄を弟が受け止めて体の関係を持ちます。
どんどんお互いにはまっていく様子や兄が弟のいない間に残り物を顔に擦り付けたりどうしちゃったの?弟がいないと眠れなくなったり、執着が性的な方へ行くのが不思議でした。
どうかしてると兄のモノローグにありますが弟を引き込んで葛藤してます。
兄が弟の留守に客を入れたら弟が激昂。弟も兄に執着してたんですね。眠れたのに。
兄弟なのに…から兄弟だから…と考えられるように。
お互いがお互いをダメにしていくように見えてお互いが納得して幸せになれたのでこれでいいのでしょうか。

兄の臭いのついたシーツとかじゃダメだったの?という疑問は愚問ですね。

もうひとつ印象に残ったのはハッピードリームマンでした。
ヒメは現実と夢の区別がついてないのかな?でも鍵やカーテン開けて財布や通帳を置きっぱなしにしてるのはわかってるから?
ユメが来るのを抱かれるのを待ってるヒメ。こちらも本当に病んでます。でもユメがヒメの救いなら。ユメは最後泣いていたの?

読後感がなんともいえない本でした。

1

ダークでエロエロ。表情がGood!

広告から気になって購入した作品。
作者買いしてしまう方なので初めての作者さんに地雷だったらどうしよう…と不安を募らせていたのですが…。
とにかくエロい!なんとも言えない恍惚とした表情や濡れ感がとても良い!!

表題作である「どうしようもない」シリーズは共依存と近親相姦、病みというような色が強く出ていました。
兄の歪みっぷり、弟の受けのような可愛さとエッチの時のドS感のギャップが堪らなかったです。

他短編の「アダム浪漫譚」は正直本物の大正浪漫系を期待していたので少し残念。
そのような期待なく読めばバカワイイほんわかするお話です^^

「おにいさんと呼びなさい」
長髪受けが苦手な私でもかなりキュンキュンする内容でした!
オヤジズムというには若いようですが(笑)年上のよがる姿は必見ですね。

「ハッピードリームマン」
かなりダークな雰囲気のある話でしたが、表題作と似たような病みを攻受共に抱えているからこその濃密な行為シーンがより深く見えるのかなぁと思いました。個人的には薬(錠剤)が出てくる病弱系受けが大好きですのでアタリでした!

皆様の感想からはあまりお見かけしないですが、表情等がとても美しい分、身体の描き方に少々違和感を感じました。特にお尻のバランスが悪いように感じます。
それさえなければ神レベルの作品と思いますので、ぜひこれからは作者買いさせていただきたいと思います!

2

思ってたのとちょっと違った。

弟のコウキ(攻め)は兄のタカヒロ(受け)の匂いがないと寝られません。いつも一緒に寝ているのですが、弟が就職して家から出ることになり・・・
初めは弟が病んでるのかと思ったのですが、結果的にはどちらかというと兄の方が病んでしまっていました。

近親ものも病んでる話も好きで絵も良かったのですが、何故かどうも入り込めなかったです。
一番嫌だったのは、弟の方は眠れないからお泊りしないだけで、女性と付き合ってたってこと。もう一つは、弟のせいで兄が弟がいないと生きていけなくなったことで責任を取るみたいな形になったのも嫌だった。絆される形のも嫌いじゃないはずなんだけど。受けより攻めが病んでいる話が好きなのかもしれません。

表題作以外に短編が3編。
「アダム浪漫譚」 コスプレ大好きな外国人の恋人との話。
「おにいさんと呼びなさい」学校でゲイバレして自殺しようとした高校生が飛び降りようとしたビルのオーナーに声をかけられる話。
「ハッピードリームマン」不眠症で薬を常用しているリーマンと強盗殺人犯の夢か現かわからない話

短編もエロエロですが、内容としては「おにいさんと呼びなさい」が一番普通でした。それ以外は倒錯的というのか現実との境がわからない感じでした。夢と現が混ざっている話も好きですが、読み取るのが難しいので短編では楽しめなかったように感じました。

表紙が好みだったのですが、中の絵は表紙とはちょっと違ったように感じました。表紙と同じ絵柄だったらもっと良かったな。

1

作品としてはあり

一癖も二癖もありそうな4組のカプのお話。
表題作は兄の匂いがないと眠れない弟×弟をネタに自慰する兄のヤンデレ対決です(笑)。
その他は、和装コスプレを好む金髪碧眼×元生徒の日本人、ゲイバレして飛び降り自殺しようとした高校生×それを止めた40代オッサンゲイ、強盗殺人犯×不眠症のリーマン、というラインナップでした。
絵はどれも綺麗で見やすく、エチシーンも十分エロかったです。ヤンデレに萌える属性ではないのでどのカプも萌えは少なかったのですが、作品としてはこういうのもありだと思いました。

1

手堅く病んでる

「お耽美BL」を今風のアレンジで蘇らせました、みたいな1冊かもしれません。
イマドキのヤンデレ感とBL黎明期のお耽美感が一緒に味わえるような1冊。
まだ読みたいのに!というところで次々と幕を下されていく終わり方がなんとも美しい。

表題作がページの半分、残りに短編が3本収録されています。
トーンは色々ですが、どの作品も読み終わったあと一寸遅れて余韻がじわりと生まれる感じがまさに耽美な作品集です。
リブレのアンソロにたまに載る「ファッションエス」シリーズでがっつり心掴まれての読者ですが、あちらがポップに病んでる感じなら、こちらはじっとりと病んでる感じでしょうかね。
ある種この手のジャンルの様式美が手堅く詰まっていて、初読はさらりとしていても読み返すほど湿ってくるのが良い。
好きだなーこういうの!
「アダム浪漫譚」なんかが特に巧い。
切ない時代物に見せかけて、コミカルなコスプレBL(和装ふんどしです!)だったw・・・と思ったところで、新たな仄暗さをさらりとぶっ込んで、The End.
好きだなーこういうの!

分かりやすい終わり方が好きな方には消化不良を起こすラストの連続だと思いますので、あまりオススメはしません。

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○、レンタ限定特典(4p)付き

3

ふんどし〜。゚(゚´ω`゚)゚。

ネットサーフィン中にチラチラと目に入るバナーの煽りに惹かれ購入しました。
バナーの絵柄がとても好みで、またスパイシーな表紙にもグッとくるものがありました。

いざ本を開いてみても絵は一貫して美しく、本当に幸せでした、ありがたい(^人^)
なんというか、小説の挿絵が動いてるような、1枚1枚が貴重なものなんです。

短編4本で、どれもしっとりとした仄暗さが漂っています。(耽美な絵柄も手伝って)
ストーリーは1度読んだだけでは、理解しきれない部分もあり、何度かページを行ったり来たりしましたが、それを上回る画力。というか絵柄の魅力が大きいです。
今後に大いに期待を込め、評価は神にさせて頂きます。

私個人的には、表題作よりも『アダム浪漫譚』がツボにハマりました。
注目すべきはコスチューム・プレイ…!!
の、袴の内に秘められたふんどしです!!!
着物の内側にシャツを着ているところもポイントが高い…

ふんどし良かったぁ〜。こんなに美と色気を兼ね備えたふんどしプレイが見れるなんて、すぐさまコスプレ好きの友人にオススメしました。

松田うさち子先生、お名前を覚えましたよ!笑

次回作も楽しみにしています♡

2

いろんな意味でどろどろ。

初コミックとは思えない完成度でした。絵もストーリーもしっかりしていて、読みやすかったです。

表題作はガチ兄弟で少し病んでいて、どろどろ風味?あとがきでご本人が書かれている通り、兄の変質者攻め(配置は受)とも言えますね(笑)
自分の匂いがないと眠れない弟のために転職までする溺愛ぶり。ずっと、弟のために、と思って一緒に暮らしてきたけれど、いざ弟が離れると自分の方が耐えられなかった。それを思い知った兄が久々に弟と会って、寝ている弟の前で自慰をしてしまう場面は引き込まれました。いや、それ、絶対バレてるでしょ!という誤魔化し方もツッコミを入れる気にはなれず。それまでの兄のボロボロになった駄目な姿を見ているので。
兄がいろいろ悩んで離れようともしますが、弟が突っ切ってくれます。兄が弟の自分で自慰をしていても、「(兄の)おかずが何だろうが、俺(弟)だろうがどうでもいい」、兄が隠れるように自慰をしているのに気付いて「こっちですればいいのに」と、いい笑顔で(胸中で)言い放ってくれる弟でした。なかなかにいい病みっぷり。薄ら寒い潔さが何故だかいっそ清々しい(笑)

『アダム浪漫潭』は恋人同士のコスプレイメクラプレイ。文句を言いつつもラブラブな二人で、幸せで良かったなコノヤロウ!です(笑)

『おにいさんと呼びなさい』は自分がゲイであることに悩む&失恋した高校生が自殺しようとしたところ、居合わせたおにいさんに救われるというお話。重い話かと思いきや、おにいさんの俗物さがいい意味で軽くしてくれます。

『ハッピードリームマン』は……ホラー?サスペンス?なかなか刺激的なお話でした。途中までは「いやいや、そうは言っても明るく締め括られる可能性も」と思っていましたが、終わり方がね、また……。その後がどうなったのか、はっきり知りたいような知りたくないような複雑な気持ちです。

ご本人もあとがきで書かれていますが、コミック全体を通して涙や鼻水やいろんな汁でどろどろでウェットでべしょべしょです。そこがいい!『アダム~』以外はお話もなかなかにどろどろしています。けれど、どの作品も登場人物が幸せを感じているので、手放しで喜べるハッピーエンドではないお話もこれはこれで良いんじゃないかな、と思います。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う