その男、有能でプライドが高くどこか危うくて美しい…

ヴェリタス

veritas

ヴェリタス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×26
  • 萌21
  • 中立4
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
10
得点
186
評価数
56
平均
3.5 / 5
神率
33.9%
著者
真行寺ツミコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクションDX
発売日
価格
ISBN
9784801956209

あらすじ

某国の対外国特殊諜報機関に所属するシャノン・ベルツは容姿、頭脳、技能、どれをとってもトップクラスのエージェント。
そんな彼がある任務のために潜入することになったのは、世界のVIPを会員に持つ巨大な秘密結社───〝ヴェリタス〟
とある古城で開かれるという人間をペットに見立てた〝擬似ペットショー〟に〝ペット〟として潜り込んだシャノンは、検査と称してカラダを探られ、奥まで弄られて───…!?

表題作ヴェリタス

存在せず
シャノン・ベルツ 某国の対外国特殊諜報機関の工作員

同時収録作品heven

ベイビー・シュバルツ 受け攻めなし
シャノン・ベルツ 受け攻めなし

その他の収録作品

  • sacramento
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

ファンタジーのような作品

独特の世界観に引き込まれました。

ヴェリタスとは秘密結社なのですが、人間をペットとして売買したり品評会に出したりしているクソ組織です。
その組織に諜報部員のシャノンがペットとして潜入捜査するのですが、出てくるヴェリタス会員のゲスさったらありませんでした。

現実かと思ったら夢?だったり、過去だったり…ほとんどファンタジーです。
そして、B Lではないと思います。

ラストは死を装って護衛のベイビーと行方をくらますのですが、ベイビーに対しては人間愛的なものを感じました。
頭脳明晰・容姿端麗の付け入る隙がなさそうなシャノンですが、意外と情に脆く優しい人のような気がします。

ちょっと一冊では伝わりきれないほどの世界観ですので、いつかシャノンとベイビーたちのその後を読んでみたいです。
そして、2人のラブにも期待したいな…

0

この蠱惑的な世界にもっとどっぷりと浸かり込みたい…

わわ、これは超好みな世界観!
そして修正の薄さにビックリ!!!耽美な画面を邪魔しない黒棒線がありがたいです。(※Rentaです)

金持ちの享楽主義者達が集っている秘密結社「ヴェリタス」。
そこに任務で潜入することになった特殊諜報員の〔シャノン〕を主人公に描かれる、ダークで蠱惑的な世界観のお話です。
作者の中で“攻め”に位置付けられているキャラは一応いるものの、そのキャラとどうこうなるストーリーではないのでBLには少々分類し難い内容かも。
ガッツリBL誌の麗人よりも、2000年代のエロティクスエフあたりに載ってた方が読者受け良かっただろうなと思いながら読みました。
ちなみにヴェリタスの意味は「真理」。
作中に「The Ones Who Walk Away from Omelas」という本が登場するのですが、この実在する本のあらすじをさらうと、本作のラストについてはちょっとだけ答えが出るような気がしますね。
何も感じないか、黙って去るかのどちらでもなく、「潰す」と答えたシャノン。
その後、彼がどういう道を選んだのかはカバー下でさらっと知ることができ、まぁ一番妥当な道かなという未来です。
で、その未来のお話にあたるのが、本作よりも何年も昔にGUSHpecheで描かれた「GOOD NIGHT BABIES」という短編(単行本未収録)のようなのですが、掲載誌が古過ぎて電子化されてなかったー↓↓残念。
あと、もう少しスピリチュアルなことに詳しければ、シャノンが医者から渡された「お守り」(鈴)の役割や、「真理」に辿り着く前に鳴る鈴の音の意味合いなんかも汲み取れそうなんですが、んーちょっと分かんないな。

・・・とまぁ小難しい話はさておき。

本作の楽しみどころとしては、美形諜報員のシャノンが元より“そういうこと”をされる前提で秘密結社に潜り込み、心の中で悪態をつきながらもモブの変態オヤジどもにいいようにされまくるところですね!!
エロエロにされながらも決して快楽堕ちはしない、だけど金持ちのペットを演じているので痴態は惜しげもなく見せるシャノンの姿は、私のおかしくねじれまくった性癖を大いに滾らせてくれます♡
ペドフィリアに取り入るために「見た目は大人、頭脳は子供」の逆コナンキャラで潜入する3話目以降が、たいへんドエロくて良かったです。
修正ありがとう!!いくら任務だからって、いくら任務だからって・・・尿道とお尻そんなグリグリされちゃっていいのーー?!って心の中で大騒ぎしながら読みました。
惜しむらくは、シャノンの身体がやや丸すぎる点だなー…。熟女体型で肉感的なのはエロいっちゃあエロいけど、もうちょっと脂肪少なめ筋肉多めがよかった><
なお、モブの顔(目)は描かれません。モブはモブです。

色々と謎を残したまま終わりますが、こういう曖昧模糊なお話は寧ろ好きな類いなのであれこれ想像を膨らませつつ、取り急ぎ「GOOD NIGHT BABIES」を探してみようかな。
評価の「神」は好み過ぎるノワールな世界観に捧げます。

新刊(車輪の下)もバッチリ好きなやつっぽいので買わねば♪

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○、電子限定特典(2p)付き

1

強気な諜報機関の工作員

表紙・試し読みを踏まえて好きな雰囲気だったため購入しましたが、私には少し難しかったです。

他の方が書かれているように、潜入先のヴェリタスのドクターに関してが難しかった。特にfile.2は結局タイムループ(?)してたってことなのか、、?300年姿の変わらないあの医者は人智を超えたなにかなのか、、?
私の読解力ではわからなかったです。

前半の無理やり系はよかったのですが、file.3以降の幼児プレイ(と言っていいのか)に抵抗がありました。
小児性愛者のターゲットに近づくために「知的な障碍」をもつ者として潜入し、そのため絡みの最中には自分の指をしゃぶったり、飼い主を「パパ」呼びしたり、、
ここは好き嫌いが別れてしまうところではないかと思います。

また、電子書籍の試し読みの範囲から想定される以上に肉厚な絵柄ですので、細マッチョな絵柄がお好きな方にはあまりおすすめしません。

2

雰囲気だけ

表紙が気に入ったので、このマンガ家さんのコミックスを初めて購入
雑誌に載っていたら読む程度で、うまいとは思うけど、そんなに好みではない作風
これも、おもしろそうな雰囲気や設定のわりに、ちょっとわけがわからない説明不足が多い印象
連続ドラマの途中をいくつか見逃してしまったような?
もう少し、ちゃんと説明してくれてもいいような、エロさえあればいいのかな、という展開
でも、そのエロが好みではなかったので・・・・・
後半になるにつれて、どんどん意味不明に
カバーを外したところに、裏話やキャラ紹介がありましたが、で? という首を傾げるかんじで、ざんねんでした
雰囲気だけ、イメージだけ、まんがだったけど、おもしろそうにみえるぐらいにはうまいマンガ家さんでした
設定が好みだったら、また手に取ってしまうかも
そして、またがっかりしそうですが・・・・・

2

美貌のエージェント

VIPが集まる秘密結社・ヴェリタスでは、美しい人間をペットとして飼育・売買している。
ヴェリタスに紛れ込んだ金持ちボンボンの救出や、ウラン密輸調査のため、美貌のエージェント・シャノンはペットとしてヴェリタスに潜入し…

ヴェリタスも胸くそ悪い秘密結社ですが、行き場のない子供を暗殺者として育てあげる組織も登場し…
最終的にシャノンは、護衛だった暗殺者・ベイビーと一緒に、死を装って姿をくらましますが、あとがきによると犯罪組織を立ち上げてるそうです。

表紙が美しくて、中の絵もミステリアスな展開がピッタリな絵で、絵も設定もすごく好みなんですけど…
最初からシャノンを優遇してたヴェリタスのドクターは300年も生きてるのをほのめかしつつ謎なままで終り、シャノンの過去(義父を殺した?)もハッキリせず、読後感がとっても消化不良。

シャノンは、ベイビーを救うことでエージェントになるしかなかった過去の自分を救っているだけで、ボーイズのラブはないです。
なくても魅力的なんですが、たぶん作者さんの中にある物語の世界観からほんの一部を抜き出しているので、これ一冊だけだと評価が難しく、もう少し謎解きや主人公の生い立ちや未来を読んでみたいです。

2

クールビューティ受け

海外が舞台の、潜入工作を主とする諜報機関に属する主人公のお仕事ものです。

頭脳明晰、容姿端麗、戦闘能力にも長けた受けが人身売買組織に潜入し、活躍する姿がかっこいいし、手に汗にぎる感じで、エンターテインメントな楽しみがありました。
1話目はおバカなターゲットを組織から回収する話で、ターゲットに対する優しさもなく非情に任務を遂行していたので冷たいキャラかと思っていましたが、2話目以降では結構お人好しな面が出てきました。それはそれでいいと思う反面、冷酷無比を貫いてほしかったというちょっと残念な気もありました。

こちらの情報ページで攻めが「存在せず」になっているように、攻めらしい攻めが出てきません。BL 要素としては任務で身体を使っていたり、モブ輪姦されてたり、裏の顔があるらしい犯罪組織の医者に指突っ込まれたりはしています。
医者か、のちにベイビーと名のついた、人身売買組織に属する暗殺者42番くんが攻めなのかな。同人シリーズの一部を切り取った作品らしく、キャラや設定がいまいちわからないので、そういう点はとっつきが悪いです。

同人誌のシリーズや、電子書籍連載の一部を切り取っただけの作品には、今後単行本展開される予定がないもの以外はいつも中立以下の評価を付けているのですが、作品の雰囲気やキャラクターが良かったし、カバー下でキャラ設定がある程度補完されていたので萌をつけました。

6

美しいけれど哀しい主人公

設定だけでもそそられるー!と不純な動機で手に取りました。
絵柄が綺麗でその分切なさやミステリアスさが際立っていました。
主人公が美しくて、もっと自分の体を大切にしてー!と思うのに、体を張ってるのも全て幼少期からの育てられ方のせいだと思うと哀しいです。。
どこでお相手が出てくるのかドキドキワクワクしていましたが、明確なお相手はおらず?、珍しいパターンでした。
最初は東洋のお医者さんかと思ったのですが、こちらは最後までミステリアスな存在でした。
表紙の下を読んで、あーそういう設定だったのねと納得。
エロいですが、相思相愛のような愛のあるシーンはあまりありません。
もうちょっと胸キュンが欲しかったですが、図らずしも色々考えされられました。

2

ちょっと期待しすぎたのかな・・・

諜報機関のエージェント・シャノンが、秘密結社”ヴェリタス”主催の、人間をペットとして売買する催しにペットとして潜入します。
そこでシャノンは任務の都合上ペットとして身体を弄ばれる、というお話です。

設定に惹かれ、インタビューも読んだ上で購入したのですが・・・う~ん。ちょっと期待し過ぎたみたいです。
エロさは満足です!期待通り、シャノンはとてもエロかったです!!
一読した時点では、エロかったな・・・としか思えないほどにエロでした。
任務が意外と簡単に片付くのは構いません。それはいいんです。
ただ・・・何というか、あちらこちらに掘り下げたら面白くなりそうなシャノンの葛藤とか、過去とかが置き去りにされているというか。
完結されず、答えが示されず、読み手の想像力で補完する必要がありそうな部分がちらほらあるというか。
読後ちょっと消化不良な感じがしてしまいました。
42番(後のベイビー)にシャノンが救われるところは、シャノンの心情をもっと描いて欲しかったです。2話だけでは物足りなかったです。
連載の都合とか、ページの都合とか、あったんだろうな、と思ってしまいました。
カバー下に、この後のシャノンたちの話が存在すると書いてあり、どうやらこの作品はそちらの過去編だったようです。
そういうのを知ってしまうと、シャノンたちの現在も読みたくなるのに、単行本未収録だそうです。気になります。
エロを目的に読む分には、とても満足出来る作品だと思います。

4

耽美でダークさ全開です

耽美でダークな雰囲気が全面に出てます。

主人公のシャノンですが、トップクラスの諜報工作員です。「擬似ペットごっこ」と称して人間をペットに見立てて、もてあそんでいる秘密結社にペットとして潜入するんですね。当然ペットなのでエロエロな調教をされちゃうわけですが。

ここに謎のドクターが絡んでくるのですが、敵なのか味方なのかよく分からない感じです。下手をすると、人間ですらないかも。一つ言えるのは、このドクターがシャノンに何故か執着していて、いつもシャノンの前に現れるんですね。しかし、この執着も恋愛の上でのそれではなく、シャノンという生き物に対しての興味からくる執着という感じです。

秘密結社に諜報工作員、擬似ペットショーとダークな雰囲気満載で、物語としてはとても面白いです。
とても面白いのですが、BLとしての萌要素がすごく少ないです。なんといっても攻めが存在しないのです。
BLのラブの方が無い!!

絡みはすごく多いですが、すべてモブ姦です。ペット設定で潜入してるので、ご主人様はもちろん、他のペットのご主人様とも絡みますし、召使いにまでやられちゃいます。この時の描写はかなりエロエロで、調教プレイが満載です。こうして書いてると痛々しい感じですが、本人が任務としっかり割り切ってかなり強気なので、それ程痛々しさは感じません。

救いになるのが42番の存在で、彼は殺人兵器として育てられ、大人ですが7才程度の知能しかありません。しかし、その純粋さでシャノンを救ってるのですね。名前も無いので「ベイビー」(坊や)とシャノンは呼ぶのですが、ベイビー、ベイビーと呼びかけ世話をやいているシャノンは何だか幸せそうです。

話としてはすごく面白く評価に迷いますが、萌え要素が少ないので『萌』にしました。
ラブが無いとダメな方にはお薦め出来ませんが、耽美でダークな雰囲気を楽しみたい方は、ぜひどうぞ!

2

実は耽美なシャノン

file.1から7までと巻末にショートが二編収録の、一冊全て「ヴェリタス」、読み応えがありました。
ちるちるインタビューを見て、これは好みド直球な設定だと興奮ぎみで買ってまいりました☆
本作の主人公はシャノン・ベルツ、某国の有能で美貌のスパイです(たまらないですね〜)。
インタビュー記事にありますように、シャノンが秘密結社ヴェリタスに潜入するのが第一話です。
潜入しておバカなボンボンを救出(というか、連れ戻す)が任務なのですが、ここは想像したよりアッサリ終わりました。エロも思ったよりは少なく、「検査」で黒髪のイケメンドクターがお尻に指を挿入するくらいでした。
あ、これがメインではなく序章なのかという感じはしましたが、私は一話めのラストにはシャノンが好きになってました。
それでfile2は虚構と現実が交錯する少し、不思議な内容です。シャノンの下につくスパイ候補生ベルガ、彼は結局どうなったのか分かりませんが、この雰囲気は好きです。
3話からは再びヴェリタスに潜入、しかも中身が子供を装うシャノン。エロ度アップ!
以下、7話までシャノンの子供時代も断片的に出てきたり、ラストに重要になる42番が登場したりします。
思ったより耽美なストーリーで、そこがいいと私は思いました。ただ、張られた伏線が未回収なところも幾つかあるような感じはありますかね。 ドクターが分かるような分からないような謎の存在で終わったり、ヴェリタスも結局そのままなので。もう少しスッキリしてもよかったかな。
それでも、シャノンの魅力で美味しく読めた一冊です、何度か読み返したいと思います。
(追記) この作品には明確な攻めがいません。一応、ドクター・・・にはなるのでしょうか。
「42番」とは違う感じがしますし、そういう意味ではbl的要素は薄いです。
あと、もう一つ萌えポイントといえるのはシャノンの包帯姿かもしれません。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ