好き嫌いは言わないよ

suki kirai wa ieanaiyo

好き嫌いは言わないよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神51
  • 萌×227
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
22
得点
402
評価数
94
平均
4.3 / 5
神率
54.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799730287

あらすじ

俺は、いま食同好会の柴崎先輩にエロい意味で狙われている。
「すぐ殴る」「ワガママ」「自分勝手」
――そして「誰とでも寝るビッチ」な先輩は体育会系育ちの俺が1番苦手なタイプ。
全力で拒否!!したいのに、いつのまにか先輩と一緒にいるのが当たり前に。
だけど、ある日先輩が知らない男とHしているのを見てしまい……!?
ふたりのその後を描いたエロスな描き下ろし、たっぷり30ページ収録♡

表題作好き嫌いは言わないよ

西山陽向 元サッカー少年の大学生
柴崎直 同大学の2年

同時収録作品好き嫌いは言わないよ

ショウ/竜(2人とも柴崎直の幼馴染)
柴崎直/竜

同時収録作品小っちゃくたって一人前

朝陽(あさひ) 
藤村大虎(たいが) 16才

その他の収録作品

  • 好き嫌いは言わないよ-大好物いただきます編-(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画「Let's try!!作ってみようち❤こ弁当(ゲス弁)」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数22

ハイパークソビッチのかわいさ。

ロボ耳太郎くんの「すごい勢いで性癖に刺さるBLをオススメしていくスレッド」でオススメされた作品です。
私の依頼内容は「感情が細やか&丁寧に描いていて、どこか切なくキュンとする作品。(エロはなくてもいい)」
好きな作家さんは、宮本佳野さん、三田織さん、雁須磨子さん、紺野けい子さん、麻生ミツ晃さんを挙げました。

その結果この作品をお勧めされたのですが、正直、えっ?これ??と思いました。
確かにこの作品自体は結構好きだし、楽しく読めた記憶もあるけど、真っ先に思い浮かぶのは、頭もお尻もゆるゆるのどーーーーしょもないクソビッチな先輩(受け)のゲスっぷり(ゲス弁含む)。
特にクソビッチ先輩が幼馴染たちに薬盛られてキメセク3Pしてるところをノンケ後輩が目撃しちゃってというシーンは、うっわーキッツイなぁという記憶が残ってる。
そして途中からクソビッチな先輩が可愛いなと思った記憶があるんだけど、なんでだったっけ??という肝心なところを忘れちゃってる状態です。

そんな状態で久しぶりに再読してみました。

小中高とサッカーに明け暮れ燃え尽きた攻めは、大学デビューしてリア充目指してたのに、その良い身体に目をつけたゲスいビッチ先輩にロックオンされちゃいます。
攻めの戸惑いや拒絶なんてまったくお構いなくぐいぐい迫って、隙あらばチンコ舐めさせてだの言ってる貞操観念も頭もお尻もゆるっゆるなしょーもない男。

だけど、途中から受けがかわいく見えてきちゃう。

クソビッチと乙女という普通であれば相容れない要素がこの受けの中では仲良く共存してて、ビッチのくせに乙女がちらちら見え隠れするところがかわいいんです。
「共同作業」という言葉に一人反応して赤くなって黙りこくっちゃうとか、かわいい。

ビッチが提案する「こころの恋人」
なんじゃそりゃなんだけど、大真面目にこんなこと言っちゃう厄介さ、そしてチューしないと泣くと脅かす厄介さもかわいい。
家に忍び込むもつまみ出されて「あ〜ん剛力」と喜んでる姿もかわいい。
「ホンマモンの愛」とやらをドヤ顔全開で、ゲイバー常連達に語っちゃう姿も何だか憎めない。

攻めは押しに弱いのかと思いきや意外に手強くて、「一ヶ月誰ともやらなければ付き合う」と条件を出して受けを躾けようとするところもいい。
それを渋々だけど一生懸命守ろうとしちゃうんです。
夢にまで見た攻めの裸体を前にしても「約束守らな……」と耐えるとこなんて、もう健気でかわいい。

好きな人のために必死に変わろうとするのって、やっぱりかわいいなぁって思うんですよね。

そうして心と体は別モノで、嫌われたくないから攻めとのエッチは我慢する、エッチは適当に別の奴ですますというトンチキ思考だった受けが、心も体もお前のもん♡と心体一体化に到達しちゃうんです。

私の考える「切なくてキュンとする話」とはやっぱり違うけど、「クソビッチが恋をして変わっていくお話を読みたい(阿部さんらしいパンチの効いたゲスエピソード付き)」というときにオススメです。

【小っちゃくたって一人前】
エロほん-なましぼりというどストレートすぎるタイトルのアンソロに載っていたわりには、エロ炸裂はしておらずかわいいお話で好き。
両片思いで踏みとどまっている二人の愛のキューピッド役(?)となる攻めのお兄ちゃんがかなりの濃ゆいキャラで、脇役にしておくには惜しい人材。

攻めがフェラを中断し、「続き…やりたいなら自分で入れてみな できるだろ?」というシーンがエロいよー。

受けはかわいいし、攻めはかっこいいのだけど、私は最後の最後が一番好き。
攻めの背中の上に何と受けがちょこんと胡座かいてゲームをしようとしてるんです。
重くないのかなぁ?
で、そんな背中にいる受けを見つめる顔がポーズのせいでブサイクになっちゃってるところがこれまた何かいい。
エロくてかっこいい攻めの気取らないブサイク顔って貴重。

3

流され攻め?

同時収録は短編なので、ほぼ一冊まるまる同じお話となっています。
なので読み応えあり。
そして、阿部さんお馴染みの大阪弁です。

受けの直は大学の先輩で一見(?)ビッチ系。
反対に攻めの西山は、子供の頃からスポーツに汗を流してきた好青年です。
直のビッチな場面を偶然目撃してしまった西山は距離を取りたくてたまらないのに、なぜか周囲と直本人によって距離は狭まらず、結局流されていっちゃうんですよね(苦笑
こうして書くと西山は弱腰なのか?と思われるかもしれませんが、自分をしっかり持った男らしい一面もあるカッコいい攻めですよ。
個人的には直の周囲の友達が好きですね。
男女ともに。
脇キャラも濃いのが、阿部さんの作品の面白いところだと思います。

0

下衆ビッチのくせに〜!直が可愛くって悔しい!!

好き嫌いは分かれるかもな〜と思いつつ、個人的にはこのおバカ下品さが愛おしくってたまりません。
レーベル色の違いが出るのか、リブレの阿部あかね作品はディアプラに比べてストッパーが吹っ飛んでる感じのものが多い気がするんですけど、本作はそんな中でも盛大にタガが外れてる感じがしますね。
あ、表紙買いは少々キケンかもしれません。

大学のサークルの後輩×先輩。(舞台になっている大学は「花にくちづけ」と同じらしい)
ヘタレ犬だと思っていたらガッツリ鍛えられた警察犬だった後輩(攻)と、ケツもアタマもハンパなくゆるい先輩(受)のお話。
阿部あかねさん=ヤリチンキャラのイメージは強いものの、クソビッチキャラというのはこの作品からかも。
攻めの〔陽向(ヒナ)〕はすっとぼけた顔してるくせに服の下にいい筋肉隠し持ってます。

ビッチな〔直〕が“根は乙女”、なところにまんまとやられます。
男心突かれる感じ? 男がなんだかんだでビッチ好きなのちょっと理解できたかも笑
ヒナが直のそのギャップにするっと落ちてくのも、まぁなんか分からんでもない気がしてすんなり読めてしまいます。
ケツゆるゆるのクソビッチのくせにずるいわー。こんなキャラ卑怯やわー。
途中からもうめっちゃ可愛いもん。
ビッチ受け萌えってこれかー!って思いました。
ビッチのくせに純愛とか〜〜〜
ずる過ぎるから…!(悔しい!)

直の幼馴染み(竜&ショウ)がこれまた貞操観念のゆるい奴らで。
3人でサイテーな3Pとかやってたりするんですけど、直が一抜けしたからこれからはこの2人だけでちゃんとまともな恋人セックスしてくれるだろうって思っておきますw
あ、あとヒナの学部の仲間にもゆるいのがいて、こっちはおっぱい(♀)なんで嫌な方は要注意です。

後半に読み切りが1本。
初出は18禁アンソロの『エロほん-なましぼり-』。
・・・にしてはエロ度は程々のエロですが、同級生同士なのに攻めはおっさんだわ受けはショタくさいわ、攻めの兄貴が貞操観念ゆるいわで、サクッと楽しく読むのにはいいエロ短編です。

電子版はさらに巻末に『JUNK!BOY 2016年ふゆやすみ号』に掲載された、表題作カプの4pマンガ「おいしい日曜日」が収録されています。
お天気の良い昼下がりの公園で直にチキンを口移しで食べさせてもらってるわんこヒナ。
むしろこっちの方がエロかった♡

全体的にエロ度高めの1冊です。
ゲス弁は想像よりゲス過ぎて笑った。修正が入りかける弁当って前代未聞w

【電子】シーモア版:修正白抜き、カバー下○、裏表紙なし、電子限定収録ショート(4p)あり

2

下衆先輩いいです!

同じ大学のサークル下衆ビッチ先輩と体育会系後輩のお話。

さすが阿部あかねさん、みごとな下衆ビッチ先輩です。でもそうなる理由もあって(幼なじみ談)直がヒナへある意味一途で、ヒナも振り回されっぱなしです。
ヒナは負けず嫌いで体育会系で直を突き放せません。
直は直球ストレートに感情をぶつけますし、本能のまま心と体は別という考え方。
でもヒナとは心の恋人になりたいと特別な存在に。
ヒナは形勢逆転して直をしつけます。
直がいいつけ守って一人でヒナの部屋で楽しんでる のが面白かったです。

ヒナの方が一月もたずとうとう初夜を迎えます。
もう直の情緒のなさ、可愛さがたまりません。
おめでとう!

ヒナが直の手に落ちたようで実はきちんと直と恋に落ちたのかな。
大学二年生であの乱行、マンガの世界とはいえすごいですね。

小っちゃくたって一人前
大虎が可愛らしい!朝陽の策に簡単に乗っちゃって、結果一年間の片思いにピリオド。幸せな結果に。朝陽がさすがあの兄の弟です。
大虎が想像できないことをされちゃうのでしょうか。

2

表紙の食べ物につられて手に取ろうとした方!!

あなたはビッチ耐性ありますか!?

「どんな食べ物が出てくるかな〜」と読み始めて数ページ。
何か嫌な予感がして、こちらのページに飛んできました。
やはりわたしの大地雷「苦いのテーマ」の作者さんでしたか。
あの作品を読んだあとトラウマ級に引きずって、今もまだふとした瞬間のフラッシュバックに苦しんでいるというのに、やってしまいました。
表紙に食べ物が描いてあるだけで買ってしまうので、今後は十分に気をつけようと思います。

表題作は太陽系ビッチ撲滅委員会委員長にはパンチが強すぎました。
猿並みの本能のビッチは理解できず。
そんな相手に絆される意味もわからず。
なにもかもわからない。
4話目でビッチ更生風な流れになっていますが、あれだけのことをされて見せられて、急にあそこまで好きになれるものでしょうか。
普通の神経のひとなら、あんなところを見たらトラウマでEDになりそうだけど…。
5話でも幼馴染が「ちょっといい話・ビッチの初恋編」にしようとしてるけど、薬漬け3Pする人間…。ここで思考停止しました。
ビッチは恋を知って更生されたようですが、ノンケの絆されくんの気持ちが全く分かりませんでした…。

さんざん言いましたが、最近読んでとっても気に入った「花といっくん」も同じ作者さんなんですよね。これもさっき気付きました。
もうひとつの【小っちゃくたって一人前】は一途なおばかちゃんが花に似た感じでかわいかったです。こちらは良かったので「中立」に留めました。
単にこの作者さんのビッチ系作品とわたしの相性が悪いだけなんですよね。

何の予備知識もなく表紙のイメージで手に取ったビッチ耐性ゼロの同志が、読む前にこのレビューを見てくださることを願ってます。

0

えっちだけど笑っちゃう

阿部あかね先生初読みです。

どこかでカチッとハマるときが来ると思って読み進めていたのですが、なんとなく私は最後までハマれませんでした。
受けの先輩はビッチとしておいても、ノンケ攻めのヒナくんがだんだんとムカつく先輩(男)に自然に絆されていくのに感情移入がしにくいというか…

作家さんや登場人物に寄り添いながら読みたいタイプの読者さんは少し物足りなく感じるかもしれません。

でも、先輩のヒナくんへのちょっかいのかけ方がとても可愛いです。笑
えっちだけど、ちゃんと笑える要素も入っているところに魅力を感じました!

1

先生が最高です

喜欢阿部老师!太棒了!
首先吸引我的就是老师的画风,完全就是我的菜,看完后故事也是好可爱呀,忍不住希望老师再开连载!
小直前辈虽然淫乱,纯情的一面让人欲罢不能!
阳向君温柔可靠,两个人虽然总吵架,最后也不忘照顾前辈。可靠的男人。
还有那个杰宝便当每次看每次都笑到喷饭哈哈哈!老师真是太有才了!
老师加油!会一直为你加油的!

1

ビッチが恋をする時は。

大学デビューしてリア充をやりたい、と思っていたノンケ陽向がいきなり同好会の先輩直から迫られて…
はじめは嫌悪感半端なかったのに気付けば毎日つるむようになって、そんな時忘れ物の財布を届けに行って、変なクスリを盛られてぶっ飛んで3Pしている直を見てしまう。
意識して、意識して、ビッチと乙女が共存してる直に傾いていく。
好きだからヒナとはHしない、ヒナはこころの恋人。そんな事を言う直。
ビッチだったのにヒナとの約束を守って、他の人とはヤらなくなった直。
あ〜冒頭のケンカ腰からここまで甘々になる?これを愛の奇跡っていうんだろうか。
初めてのエロは全裸で抱き合ってるだけで二人ともイっちゃうし。初めての最後までHはジェル無しでキッツキツで。なぜなら『処女気分味わってた』って…ビッチも処女になれるんだなあと感心した。

「小っちゃくたって一人前」
はじめこの二人が「好き嫌いは〜」の直の3P幼馴染かと思っちゃってて、なんか変だな〜と思ってた。ちゃんと読めばわかるんだけど、ちょっと紛らわしかった?
朝陽がカッコいい!

「カバー下」
秘密のトラウマ級弁当の作り方!腐女子諸君、作るなよ!

4

愛から始まる恋みたいに、


あかねさん…!大好きです…。 割と始めの方の台詞、「俺はこの体無駄遣いしたくねえの 大事にしてるから一応」で 何故か笑って、フィイ〜〜⤴︎あかねさ〜〜ん⤴︎⤴︎と。 なりました…。で、受けの返し、「次会うたら髪の毛毟ったるからな」でハマった気がします。
何それ、何さらっと可愛いこといってるの。
次会ったとき本当に毟られていた攻めにまた一笑い。 凄いです。どんどん落ちていくハマっていく、このふたりとこの物語に……

1皿目、で、もうとっくに大好きでした。

3皿目で泣き。

1回目はふつうに先輩(受け)のしおらしさに当てられてしまったのですが、2回目は1コマの表情を見て、この人の"今まで"を思ったら辛くて愛おしくて…
と思っていたのに。突然の爆笑はやって来ます。こちらの感情は待ってくれません。
「こころの恋人はな チューまではOKってルールあんねんで」
「知らねえよ聞いた事ねえわんなマイルール!」

wwwwww
笑いました。
笑うしかない。
「どうやら明け方までパンツと戯れていたらしい」ではついに自分で いや貴方の彼女?彼氏?オカシイから と冷静に突っ込んでいました。慣れって怖い。
兎角阿部あかね先生のダメ男は健在で、それでもやっぱり心底、こういう形っていいなぁ…って幸せを感じちゃうような、そんな一冊になっているのでした。。

有り難うございます&ごちそうさまです…!

何度も味わおうと思います。

4

ぶっ飛んだキャラ

くだらなくて面白くて笑わせてもらいました。
公共の場で読むのは危険です。

今回は特に受けのキャラがぶっ飛んでました。
ただのH好きのレベルを超越した下品なビッチ、でも憎めない!
あのお弁当を考えた発想力に脱帽です。
作り方書いてあったけど、結構手が込んでます(笑)

ビッチだけど陽向のことを本気で好きになちゃって、禁欲生活に励む直が健気でした。
陽向の洗濯まえのパンツをはむはむしながら一人Hする直がエロ可愛かったです。

面白くて好きだったけど、内容があまりなかったので萌評価にしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ