小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!

hitorija dekinaimon

小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
くもはばき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
暁あまま 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

大家族に囲まれて育った大和は、進学で始めた一人暮らしのさびしさに耐えかねて、ルームシェアの相手を探すことに。大学のSNSで見つけた同居人候補・押尾しぐれとカフェテリアで会うことになった大和だったが、しぐれは物腰も柔らかく都会的で、笑えるくらいのイケメンだった。同居人なんてよりどりみどりだろうと思っていると、料理が趣味で手料理を披露できるような相手を探していたという。さらには、「僕、ゲイなんだけど大丈夫?」という衝撃の告白が。でも、大和みたいなタイプは好みじゃないから安心して? とも言われてしまい!?

超さびしがりやなバンビ系男子と料理好き尽くし系イケメンのルームシェアからはじまる恋!

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!(1) 41ページ
小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!(2) 34ページ
小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!(3) 45ページ
小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!(4) 31ページ

表題作小説花丸 ひとりじゃできないもんっ!

押尾しぐれ,料理が趣味の大学2年生
佐藤大和,大家族出身の大学2年生

レビュー投稿数1

気づきませんでした

2016年の小説花丸掲載とのことですので『明日はきみと笑うシャラララ』と『ガンダーラにはまだ遠く』の間に書かれた作品なのですね。電子配信されていることに最近気づきました。

失礼ながら「ばきさん、若い!」と思ってしまいまして。
そう思わせられたのは、口調の所為でしょうかね?
お話は大和のモノローグで進んで行きますし、大和としぐれ、あと2人の友人である萃の3人がポンポンと良くしゃべる。これがねー、若さを感じるのですわ。

お話は出版社あらすじの通りに始まります。
間に入るエピソードは『しぐれの萃への片思い』『大和の家の事情』『ゲイであるしぐれが教員を目指こと』の3つでしょうか。
生きていけないほどではないけれど、心の底に寂しさを抱えた2人がルームシェアをして、一緒にご飯を食べ、掃除をし、日常的な会話を重ねていく中でどんどん近しくなっていく、いつの間にか互いのことをよく知っていく感じが良いんですよ、このお話。
当然の如く、私も「2人とも良い奴!」ってことを知ります。
なので「恋におちて順当であろう」と思う訳です、すんなりと。
こういう風に相手を徐々に知っていく描写は、ばきさんのお手の物だと思いました。

若干残念だったのは、主要な登場人物3人の口調が似通り過ぎていて、会話が続くと一体誰が喋っているのか混乱する所があったこと。
ただこれ、間違いじゃないんだよなぁ……仲の良い男子って口調が似てるんで。でも、読みづらさを感じちゃいました。

Loveに関して言えば『フェミニンな方が攻め』なんですね。
わたくし、これが好きなんですよ。フェミニン攻めと元気っ子受け。

ただ、濡れ場よりは日常的な部分(それも本人たちはいちゃいちゃしている訳ではないと思っている様な日常)が萌えました。
いやー、ルームシェアって良いわ、素材として。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う