僕と、メル友と、素敵すぎる彼

boku to mailtomo to suteksugiru kare

僕と、メル友と、素敵すぎる彼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
4
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸ノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

内気な大学生の尚也は、高校時代に先輩に告白し手ひどく振られたことが原因で恋愛に臆病になっている。リアルでの人付き合いが苦手で、「サヤカ」という女の子としてネット上での交流を楽しんでいた。そこで知り合い、秘かに恋心を抱いていたメル友の「マサオ」から会いたいと言われ、妹の舞を身代わりに立て会いにいくが──!?

表題作僕と、メル友と、素敵すぎる彼

篠原尚也

評価・レビューする

レビュー投稿数2

手軽にキュンキュン

先の方のレビューを読み、寝る前の読書として読みましたが、とっても良かったです!
お話としては王道で、先の展開が読めちゃうんですが、個人的に全く問題なし。
安心して読めます。
短いながらもラストにはちゃんとエッチもあるし、2人の誤解が解けた後に、再度、初めて会ったレストランでの食事シーンを読み返すとまた楽しい♡
(攻め様はこんなこと思ってたのか〜!と)

寝る前に手軽にドキドキキュンキュンできるから、もう一本読みたいな。

1

寝る前の読書に最適

人付き合いに臆病な主人公が、勇気を出してSNSで知り合った人に会いに行く。だけど初めて対面したその人は、なんか印象が違って……というお話。
心温まる、優しいお話が好きな人向け。

主人公は素直な物の捉え方をするため、他人とズレてしまうタイプ。(「ダチョウの大群みたい」「たくさんの子うさぎが全身にピタッとくっついているような」などの捉え方をする)
天然キャラって無自覚ビッチであることも多いものですが、この主人公はズレているのを自覚していて、周りに合わせよう、人に誠実であろうと必死なので、とても好感が持てました。

人物像と、各人の心の揺れが丁寧に描かれているので、安心して読めます。
夜、優しさに包まれてほっこりしてから寝たい時にいいな、というお話です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ