モーションエモーション

motion emotion

モーションエモーション
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×224
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
276
評価数
68
平均
4.1 / 5
神率
42.6%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
onBLUE comics
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784396784034

あらすじ

じわじわ追い詰めワンコ×鈍感ウッカリ先輩

「まさか逃げませんよね?こんなにしておいて」

お調子者の鈴木は、
バイト先の温厚なイケメン後輩・本多が好きな子のことで不安がっていると知り、
「お前ならどんな奴でも100パー股開くっしょ!!と言い放ってしまう。
のちのち、その言葉が自分の身に降りかかるとも知らずに――。

ほか、[seachange][murderousyouth]など、海外を舞台にした初期短編&続編も収録!

表題作モーションエモーション

本多猛 学生アルバイト
鈴木歩 フリーター

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

ハイスペック攻めに!

モーションエモーション

バイトの先輩後輩ものですね。
後輩がハイスペックでフリーターの先輩に従順なようでグイグイきます。あれよあれよという間になぜだかお付き合いしてエッチして後輩は大手企業に就職し着実に大人の階段を上ってる。先輩はなんだか子供で後輩にとってはかっこよくて可愛くて魅力的らしいのですが、どこがそんなに?と思ってしまいます。

こんな優良物件に尽くされてでも先輩は女の子扱いみたいで恥ずかしくてたまらないようで。
離しませんからって、なかなかの執着具合です。そして流される先輩。もう逃げられないかも。羨ましい。

他の2つのお話は二つ目の幼なじみが成長して再会したらってありがちなお話でした。

1

穏やかな顔しつつめっちゃ執着してて追い込んでいくワンコ

これ面白かったから早く読めば良かったな。
ワンコ攻めなので気になって本棚に入ったんだけど、どうもたなとさんはスキーニーレッドのボコり愛のイメージがあってクセが強そうなのと、絵柄が若干苦手なのでずっと横目で見送ってたんです。
で、何の話だったかも忘れかけていたとき「お前ならどんな奴でも100パー股開くっしょ!!」の文字が。あぁ、あれかぁと思い出して読んでみました。

ワンコ物語でして登場するキャラがとても生き生きとしててテンポも良く面白かった。
バイトの後輩・本多(攻め)がイケメンで女の子から人気なのに、好きな人から好かれてみたいもんすよね…と弱音を吐いたのを聞いて「(お前なら)どんな奴でも100パー股開くっしょ!!」と励ました鈴木(受け)。
その後も女の子に見向きもしない本多に対して、「モテる男は余裕だな、お前なんてどーせ誰とでもうまくいくんだから、とっとと好きな子とやらに告白して付き合いやいーじゃん!!」とやっかみ半分で言ったところ、告白されてしまったうえに「絶対100%股開くんすよね?」と本多から迫られることになって…。

本多は高スペック爽やかイケメン、かつ温厚で育ちの良さそうな男なのに鈴木の事になると少し目の色が変わって、じわじわと何だかかんだと有無を言わせず追い詰めるところが好きです。
穏やかな顔しつつめっちゃ執着してて追い込んでいく系のワンコでして「わがまま言うようですけど、もすこし俺に慣れてください」「俺のせいですよね だから…もっときちんと責任取らせてくださいよ。」ってな感じでなので、あぁこりゃ受けも逃げられないわぁって感じでした。
鈴木はお調子者で流されやすくて絆されやすい。すぐに本多に言質を取られてしまうし、ぎゃいぎゃい逃げても本多に逃げ道を封じられて最終的にはこいつからもう逃げられる気がしね〜!と本多の居心地のいいマンションでだらーんと猫のようにくつろいでいる姿がおかしい。

甘々なのにそこはかとなーーーーーく狂気が潜んでるというか、攻めが爽やかイケメンだから面白おかしく読めるけど、これ不気味な面の攻めだったらかなり恐ろしさを感じるよなぁ。。。


残り二つの短編はどちらも外国が舞台でどちらにも褐色の子が登場します。
【murderousyouth】は19と22歳の組み合わせなんだけど22歳の方が、19歳の若さに戸惑いを感じて…って話。10代20代前半の3歳差って結構大きいかもしれないけど、30すぎれば3歳差なんて全然大したことないよ…とおばちゃんは思うのでした。
【seachange】幼馴染再会もの。ちっちゃくて女のこみたいに可愛かったあいつが見上げるように大きくなっていて…。小さい頃と成長後の攻め受けイメージが逆転するパターン。

一冊読み終わったら、ちょっと苦手だった絵も気にならなくなっていました。そのうち「しるされしアイ」も読んでみようかな。

3

萌え萌えシチュだらけでメリーゴーランドです(私が)

毎回ハマってしまう作者の新刊。
コミックスを待っていた表題作にいまだ熱中しています!

100ページほどの表題作+見逃せない描き下ろしが8頁。それ以外に、2014年から『号外onBLUE』にも掲載された初期作品など2つが収録されています。そちらはいずれも海外が舞台、登場人物も異国の名前です。たなと作品の特徴の一つだと勝手に思っているのですが、「甘いの」と「どこかちょっぴりコワイの」が見事に融合している一冊だと感じます(お話は別に怖くないですよ)。

カバーはここ最近で一番お気に入り。ピンクの部分は実際にはネオンカラーが使われています。きき紙は単色でネオンピンク。カバー下は艶のある白地にピンクの小ハートが並んでいて、どこまでも作品のイメージにぴったりな作りだと思いました。さりげなく凝った装丁が本当に可愛い!ステキです。各話の扉絵にも注目してしまいます。これはセンスというのか浮かんだものの表現力なのか、いいなぁ大好きだなぁ。

表紙、裏表紙と眺めて、そして扉絵を見たくなって、結局また本編を読んでしまうというのを繰り返している気が…。発売されてからもう何十回も読んでいるのですが、全コマ細部まで飽きません。評価は萌2としましたが、×10ぐらいの気持ちです。年下ワンコ・本多の敬語もいいし、普段は面倒見のよい鈴木が、ある線を越えれば甘えるのも上手っていうあたりも好き。モーションをかわせないのも、ちょっぴりかわいそうだけどかわいくて…。Hシーンでもなんだかんだずっと話していましたね、このふたり。たぶん、これからも会話いっぱいの相性ぴったりカップルでいてくれると思います♡ぜひ、またどこかで登場してください。大事にしたい一冊です。


メモ「装丁:名和田耕平デザイン事務所」
衣装、隅々まで凝ってます、もちろん本編も。

4

いつものたなとさん。でも好みが分かれる⁈

表題作のモーションエモーションは、攻めの本多が受けの鈴木を愛しすぎてちょっと怖いくらいです。
鈴木に高級車のひとつでも買ってくれそうです。
ものすごく王道の話ですが、いつもリアルな話を描いていた方なので このお話だけはファンタジー色が強いと思いました。

Murderous youthは絵がとてもかわいい。
最近のたなとさんの絵と比べて、人物が幼く見えます。
お互いを好きになりすぎて苦しむところが愛しいです。

Seachangeの2人は、少しモーションエモーションの関係性と似ています。
でもこちらはあまり怖くないです。


わたしはたなとさんの大ファンですが、この単行本のことで友達と語ったら、意見が対立しました(笑)
友達は、本多かっこいい!本多かっこいい!の一点張りで
わたしは本多が怖い、鈴木の話聞いてあげなよ…と思いました。
さらに友達は、前作のスニーキーレッドはちょっと暴力描写は怖いけどいい話だよね。(本当はモーションエモーションの方が好き)なのに対し
わたしは
スニーキーレッド幸せ…泣ける…かわいい…
と感じます。

何をリアルと感じ、何を怖いと感じて何に萌えるか、その感覚の違いによって漫画の印象が違うんでしょうね。

ここまで違うカップルの、違うテイストの話が描けるたなとさんはすごいと思います。
次はどんな漫画を描いてくださるのか楽しみです。

7

RIKU

本多が怖い人であるというのはそうだなと思いますが、これがファンタジー色が強いかというところで私も意見が分かれそうです。
何故なら本多の片思いは作中よりももっと前からで、本巻開始当初は就活前の二回生の終わりころ(服装的に冬から晩冬かな?)だからです。脈が全くない相手に片思いしててその時期まできたら焦るよ~と思うし、この作品結構時間飛んで最終的には身なりから就職して1年近く経過したのが窺える。つまり、付き合うまでにしても付き合ってからにしてもページ数のわりにかなり長期の時間経過が多くてしかも鈴木視点だから本多の成長と愛の深まりがとても見えにくいからだと思います。時間経過を意識したらまた少し感想が違ってくるかも?

執着ワンコ攻め×鈍感うっかり受け

「スニーキーレッド」のスピンオフです。私自身はそちらは未読です。気になりつつも、なんか痛そう…と手を出しかねてました。あと、絵が個人的に好みじゃない…。
しかし、こちらは内容がどストライクという事で購入。すごく面白かった!! そして、読み始めたら好みじゃなかった絵が、急に好きになってきたのです! 絵の印象って、やっぱり感情に左右されるものなのでしょうか…。先入観は、やっぱ良くないなぁ…と改めて思いました。

内容としては、お調子者で鈍感な鈴木(受け)が、温厚なイケメン後輩・本多(攻め)と恋バナで盛り上がり、「お前ならどんな奴でも100パー股開くっしょ!!」と言っちゃった事から、その言葉がのちのち自分の首を絞める事になり…というものです。

受けはごくごく普通のフリーター。明るく面倒見のいい性格ですが、お調子者で危機管理が弱い…。
攻めは温厚なイケメン。仕事も真面目で、先輩に対しては控え目という非の打ち所が無い好青年。しかし、かなりの執着系です。執着系のジワジワ追い詰めワンコですね。一度ロックオンされたらもうどうやったって逃亡不可な感じでしょうか。こんないい男が、ごくごく普通の受けに何故そこまで執着するんだろう…と疑問でしたが、エッチの最中に懇切丁寧に好きな所は言ってくれました。

見所としては、受けがジワジワと追い詰められる過程です。攻めは自分の存在を意識させる為に、不自然にならない程度に接触を続けるのです。タイムカードを押す時は受けの背中から覆い被さり、人混みでは「見つかって良かった!」と肩を抱き寄せる。駄目押しにさわやかな笑顔! かなりの策士かと思いきや、本人は意識してもらうために必死と健気なんです。

そんな訳で、単純な受けはまんまと意識しはじめる。更に鈍感な為、攻めの気持ちには全然気付かないまま「さっさと好きな子に告白しろよ」と煽っちゃうのですね。ここで辛抱のきかなくなった攻めに「好きです」と告白され、更に言質をとられ「100%股開くんですよね」とやられちゃう。この時の攻めが、笑顔なんだけど、とても怖い。引き攣った顔の受けと対照的です。追い詰められた受けは泣きながら好きだと認めるはめになるのですね。

その後はまだまだ逃げ腰の受けと、じわじわ囲い込む攻めの攻防戦でしょうか。かわいそうだけど、もう諦めてー!!とニマニマしちゃいました。

エッチはかなり濃厚です。最中でも憎まれ口をたたく受けですが、その表情はエロい!! そしてお願い口調なのにグイグイと強引な攻め。必死に掻き口説くワンコっぷりがかわいらしくてキュンキュン来ました。

他、初期の短編と続き物が2作です。初期の短編は執着ワンコ攻め。表題作と似た感じのジワジワ追い詰め系です。こちらの方が、より怖い。続き物は、正直流れがよく分からなかったです。

ジワジワ追い詰める攻めとロックオンされた受け、という設定自体に非常に萌えましたが、キャラクター達もとても魅力的。すごく面白い作品です!

8

隙だらけの受け

たなとさんと言えば「ヤンキー」、「暴力」などが有名で、やや人を選ぶ作家さんだと思われがちですが、今作はひたすら王道でイチャイチャしていました。特に受けがかわいい!
ノンケのはずの受けが流され過ぎな感が否めないので、珍しく心理描写の繊細さが弱い印象は感じますが、攻めの執着、強引さが妙な説得力を醸し出しています。「股ひらくんすよね」は名言ですね。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ