ドSヤンキーとドM平凡のボコり愛ラブ!

スニーキーレッド

sneaky red

スニーキーレッド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神270
  • 萌×267
  • 萌47
  • 中立29
  • しゅみじゃない58

--

レビュー数
57
得点
1788
評価数
471
平均
4 / 5
神率
57.3%
著者
たなと 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
スニーキーレッド
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784396783372

あらすじ

「とんだ変態野郎じゃん」

平凡なフリーター・三崎は
タチの悪いヤンキー・釧路に執拗に狙われる日々を送っていた。
会えば顔が腫れるまで殴られ、ウンザリするばかり。

しかしその一方で、三崎の体は
釧路からの暴力で興奮に震えるようなっていく……。
そんな三崎の変化に気づいた釧路は、ある日彼を暴力的に犯して――?

表題作スニーキーレッド

釧路春政 タチの悪いヤンキー大学生
三崎隼斗 フリーター

その他の収録作品

  • bonus track(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数57

今まで読んだことのないBL

絵柄や内容は好みの分かれるものですが、私はドハマりしました。
一巻まるまる表題作で読み応えがあります。当て馬の登場はなく、あくまでも2人によって2人の関係性が変わっていく過程が見られ、大変満足しました。何度も読み返しています。

最初は因縁をつけて殴られて、という出会いは最悪なものです。ですが、受けがドMであることを自覚し、それに気付いた攻めによって体の関係が始まります。
殺伐とした雰囲気なのですが、徐々に気持ちの変化がうまれ、最終的にどうしてこうなった?と思いました。最高です。

攻めのハルがとにかく可愛いです。普段は受けばかり可愛いなと思うのですが、ハルはとても可愛いと感じました。だんだんと三崎さんに惹かれ、優しくしたいという気持ちが生まれてしまい悩む姿に微笑みます。でも、ぶきっちょでそんなことは言えず、また、三崎さんは三崎さんでドMだから優しくされない方が燃えるというこの…。年上の三崎さんに翻弄されつつ、彼なりに模索しているところが本当に可愛いです。名前を呼ばれて悪態をつくところにもかなりキュンとしました。
実は頭が良くてお坊ちゃんで、というところが流行りのスパダリかなと思います。暴力的で性格に難がありますが…。

受けの三崎さんも可愛いです!長男坊だから、とお兄ちゃん面するところや、なんか抜けていて少し天然なところにキュンとします。見た目は平凡なのですが、暴力を振るってくる相手にズケっと言ったり、世話を焼いたり、肝っ玉が据わっていると言うかなんというか…。
そして三崎さんは、なんといっても目の表情が半端でないです。目は口ほどに物を言うと言いますが、表紙からも分かる通り、目から気持ちが伝わってきます。期待の眼差しには、ハルでなくとも拳を握り締めるしかないと思います。期待に応えてあげたいという気持ちが湧きます。

この2人はお互いに問題を抱えていて、心の拠り所がない2人だと思います。そしてどちらも難があります。そんな2人にお互いを支い合える人ができたということは喜ばしいことこの上ありません。こんなにフィットする人はどちらも他にいない、唯一無二なのではないかと思います。
この比翼の連理を感じさせる睦み合いがたまらなく好きです。

長々と書きましたが、個人的にとにかく本当に最高で大好きな作品です。これからも2人で幸せに暮らしてほしい、この一言に尽きます。

16

私の感想-ネタバレなし-

この本が出てからもう一年以上たつのですね…
私はこの一年で何回もこの本を読み返し、思ったのは
この本は賛否両論あり、やはり好みは大きいでしょうが理解力やらがある方はわりと高評価なのかな、と。
私は理解力が乏しいので、読んだ本で ん? と思ったら評価を付けず2、3回は読むようにしています。
この本もそうでした。レーベルと帯と印象的な表紙で買ったのですが当時読んだ時、うーん…と思いました。絵は個性的で、個性的な絵が好きな私にとってはヒットだったのですが話がいまいち理解出来ず…笑
しばらくして、また読もうと思いました。
二回目に読んだとき、そりゃもうゾクッとしました…!!愛のない暴力?経験がたりない?なんてバカなことを思っていた私を殴りたいくらいでした。
何て素晴らしいんだろう。端々に垣間見える心理描写と葛藤…ドキドキして!!!
それからちょっとたってまた読みました。また萌えました。何度でも読みたいです。これを世間で言うスルメ本ってやつなのか、と。

ここでいっていいのかわからないのでふせますがとあるランキングにランクインしたり、最近ではボコりBL?などはやってきてる気がしてますます注目されることもあるでしょう。
買おうかな…と悩んでる方は絵さえ平気ならぜひ購入をオススメします。読んでわからなくてもたくさんのBLを読んでからこの作品を読むとまた違うのかもしれません。
そしてこの作品を読んで好みじゃないと思った方はもう一度読んで見てはいかがでしょうか…(好みはあるのでそんな大きいことは言えませんが!!!)
作品内容に一切触れないただの感想ですいません、レビュー失礼しました。

9

気持ちの行先矛先

ボコり~とか、SだMだなんて聞いてたので
どんなもんだと読み始めたこの作品。
んむ。たしかに受の方はとんだドMだと思わなくもない部分あはるんですが
それ以上に~な思いがツンツンくる作品でした。
なんだかな~うん。最後思わずホッコリしてしまったのは私だけだろうか。

出会いは偶然。
たまたまストレス発散に、思い通りに殴る相手を見つけた攻
ただだまって殴られることを受け入れた受。
それがいつしか性的な暴力に変わり、そしていつしか・・という展開。
暴力から始まった関係というのがメインには見えるのだけれど
攻の暴力的衝動は、あまりに幼く、子供がダダをこねているようにも見えた。
だから、「俺だけにしろよ」のあとの、暴力的な体の結合。
攻の名前をひたすら呼び続ける受に投げかけた「うるせえよ」の一言が

「「 うれしい 」」

に思わず私には聞こえた。
思わずキュンとした。
行き場を失っていた気持ちが、ここにいてもいいと受け入れられて
自分の名前を読んでくれる存在。
それが愛おしいに変わるのもよくわかる。
暴力的にされることで喜ぶから、自分は優しくしたいのにな攻も
存外可愛かった。
反抗期と、それを抜けての~なニュアンスも感じるお話でした。
ある意味、暴力を振るわないという鬼畜で逆に甘やかしまくるというのも
ありじゃないかなとか、ひとりかってににやけてしまった。
終わりよければすべてよしw

8

2013年衝撃の作品

とにかく読んでほしいです。
私のつたない文章では伝えきれませんが、良いです!とても!

”ドSヤンキーとドM平凡のボコり愛ラブ!”
ってな煽り分がありますが、流れとしてはそんな感じ。
年下ヤンキー×年上平凡黒髪。
なんですけど、平凡が全然平凡じゃなーい!
2人ともいい感じに変態です。笑
弱い者いじめみたいな暴力じゃないんです。
まさしく”プレイ”です。

2人の見つめあう瞳がたまんないです!たなと先生ありがとう!!!
ミサキさん(受)がドMすぎてもう逆にS?
すごい包容力です。この辺が年上っぽい出てて好き。
釧路もSだけど年下の可愛らしさがたま~に見えて可愛い。たまにね。

とにかくボコり中・最中のミサキさんの目がたまらないです。
そりゃ殴りたくもなります。笑
SMなんだけど上下関係とか、無理やりっぽさがなくてグッド。
わかりやすいBLっぽさはないので苦手な人は苦手かな。
えっちもしてるけど喘いでて可愛い受けを楽しむって作品ではないので注意。

8

何度も読み返す

絵柄も扱ってるジャンルも特殊なので読みやすくはないです。
言葉尻が途切れたり、かなり前に書かれていることを指したり、相手の感情を憶測して進むところもあるので、気づくと「お、なんだどした?」的な展開になっていたり。
でもほんっっっっとうに面白い…!
読み返すほど良いです。
三崎くんとハルの相手への思いが変化していくタイミングとか暴力の必要性の変化なんかがそれぞれ実に絶妙なんです。
読むたび三崎くんとハルの関係性が変わっていきました。
1巻はまだ2人の関係がようやくまとま…った?ぐらいまでなので読み込むと2巻をがっつり楽しめると思います。

7

かなり微妙なバランス

度肝を抜く作品だと認識はしているのですが、
正直まだ語るべき言葉に迷っています。

この物語の骨格で受けか攻めどちらかの性格が
単純だったら評する言葉を探し易かったのかも
知れません。
でも、残念ながら双方とも妙に自分自身から
目を背けるのが上手な性格なので傍観者は
肩透かしを喰らい続けて仕方ない。
最終的には曲がりなりにも両想い発覚と言う
感じになるのでしょうが…大団円ではないですね、
少なくとも。
肉体を主に駆使していますが、禅問答の様な
駆け引きと言えば多分一番近いのかも知れません。
表紙の涙をどう解釈するかで読後感は変わって
来るでしょうね。

6

ここ数年で一番読み返しているBL。

SMにはあまり食指が動かないので迷っていたのですが、帯につられて購入(新宿ラッキーホールが大好きです。)
画力が高いだけに本当に痛そうで一話は割と顔を歪めながら読みました。けどその後がもう本当によかった。買ってよかった。帯描いてくださった先生方本当にありがとうございます。
BLの良さのひとつに疲れた時に頭使わず軽く読めるってのがあると思うんですが、これは落ち着いた時にゆっくり読んで欲しい。読めば読むほど味が出るスルメ系だと思います。酒のツマミに大人の方にぜひおすすめ

6

ちょーーーよいよ

絵は特徴があり独特ですが、それがよいです
崩れが殆ど無くとても安定感があります。
表情の魅せ方が豊富で画力の高さを感じさせます
頬の赤み一つ描くにも丁寧です

ちょっと懐かしい感じの画風とは反対に服装などはイマドキな感じでオシャレです。

だんだん甘々になっていくSなハル君に終始ドキドキでした

ほんまオススメです

6

語り合いたい

「大学に退学の制度があることを知らなかったぞ」という言葉から大学の文化を知ってそうな感じを受けましたが、ミサキくんは大学生を卒業してフリーターなのかな。大学行かないでフリーターなのかな。で、バイト先はホームセンターか。
ハルはいいとこの坊ちゃんなんだろな。兄貴がダメなら弟が必死で勉強して、家の面子?を立てなきゃならないくらい。
番外編でのミサキくんのTシャツがイルカだったりタコだったり…海の生き物シリーズでした。妹と顔がそっくりです。

安定感がある作品。設定もきちんとしてるんだろうな。何回も読み返してるうちに、細かい設定を読みたくなる、推測して誰かと話したくなる。第3話の「あるかないかが重要なんであって」ってどういうこと?とか誰かと語り合いたい!
誰に話せばいいかわからないのでここに書きました。

あと、活字じゃない、手書きの文字の部分がキレイじゃなくて萌えています。

評価の部分何回やっても1になるけど星5個です。

6

たなとさんに惚れるきっかけになった作品

私はこの作品に出会うまでSMモノやレイプものは苦手でした。暴力を愛で片付けてしまう攻めが好きじゃないというのが大きな理由です。
この作品は愛と暴力のバランスが絶妙。いや、バランスではなくコンビネーションの方が適切でしょうか。しかも、ページが進むにつれ二人の愛が深まっていくのが伝わってきます。
関係性の進展としては早いのですが、それに違和感を感じさせないのがたなとさんの力量だと思います。読者をのめり込ませる登場人物たちの感情の表現が素晴らしいです。しかも、それをモノローグとして語るのではなく、一つひとつの言動から感じさせるのがいい。
続編も満足度が高い作品になっているので、ぜひ読んでみてください。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う