メガネの変態がいつでもお側にいます。

背後にメガネ

haigo ni megane

背後にメガネ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
79
評価数
22
平均
3.7 / 5
神率
40.9%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784829685877

あらすじ

突然に現れ、当たり前のように端月に尽くしてくる美苑。
当然、学校にもクラスメイトとして一緒に通う。成人してるのに。
端月に名前を呼ばれるだけで「おっと失敬…つい射精してしまいました」なのに、彼はEDらしい。
端月にだけは漲り迸る「これは愛!」という、通報案件な美苑はいつでも側にいて……。

表題作背後にメガネ

臼井美苑
深山端月・高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ギャグからのあまあま

雪路凹子 さんなので美麗イラストギャグだよな、と思って手に取りました。
背後にっていうよりド正面なのでは?と思うくらい、端月に執着している美苑がヘンタイでした。美苑は成人しているにも関わらず、端月と同じ高校に通います(可能なのか?)
そして、端月に名前を呼ばれただけで激しくおもらしをしてしまうほどのヘンタイ。

前半はこんな感じのギャグ漫画なのですが、後半はだいぶBLっぽくなります。端月でしか興奮しない美苑、実はED。療養のためにと端月のお世話が雁になったいきさつが。
一方、愛する祖母を亡くして寂しかった端月のそばにいようとする美苑の優しさを受け入れる端月。

最後はハッピーエンドですが、名前呼ばれただけで行っちゃう美苑ですから、いざっていうといちいち気絶して使い物にならない美苑っていうギャグで締めくくられるのでした。

0

エロエロに疲れた時にでも。

ンフ…フヒヒ…フフォ
って感じで読めるシュールなギャグ?漫画かな。
ノリ的には30年選手の腐女子が好みそうな印象だけど、お耽美な絵柄でも古くさくないからスッキリ楽しめました。

1

マツゲが好き

凄く好き。
この超絶に細密で耽美な絵と、お下劣にナンセンスな設定と、王道な切ないロマンス、さらに極め付きリアルなかわいい小動物たちと股間に咲き誇る花。
絵だけ見てれば、どんな耽美な世界が繰り広げられているのかと思わせるのに、同じ耽美な筆致のままに描かれる違和感のある小道具、違和感のあるポーズ、
そして、言葉としてはシリアスなようでいて、キャラクターの外見にを裏切る会話。
ごく普通の感性を持つ瑞月の生活に、美園が持ち込んだ物はいったいなんだったのか。
最終的には、凄くロマンティックなBLです。


3

笑えるBL

結構笑えて好きでした。シュールな感じの笑いをとってくる・・・w
たぶんこれはBLというよりもギャグとして成立してる気がします。みんなキャラ濃すぎます。
まず美苑さんが。射精するたびにどうやって花出してるの?謎です。最後まで謎。

次に志村くんがキャラ濃かったかな?おまえはなんて美人な変態野郎なんだ!とツッコミたくなります。
でもおもしろかったです。最高に笑いました。

最終的にこれは結局どっちが攻めでどっちが受けなんだろう・・・?
誘い受け、ってことでオッケーなんでしょうか。

2

通報案件

亡き祖母の想い出の詰まった屋敷を継いだ受けと、そこに突如現れたEDのメガネ、というお話です。
EDのメガネ、と言われても訳わからないと思いますが、実際に読んでも訳わからないので大丈夫です。(笑)

とにかくシュールなギャグ、冴え渡るボケとツッコミ、攻めの変態さと股間を彩る花々…どれを取っても笑える作品でした。「おっと失敬…つい射精してしまいました」「僕は今さゆりと冬美の指の間を舐める妄想で人生が手一杯だよ」などの迷言には絶句。てか攻めはEDなのに、受けが名前を呼んでくれたり受けが下ネタ言ったりするたびガンガン射精してるけど、これはふにゃふにゃ状態で発射なの? それとも受けの前でだけはビンビンなのかな?

受けも変な人ですが、攻めの突出っぷりのためすごくまともな人に見えます。その攻めと並ぶ変態のクラスメート志村くんが、個人的にとてもお気に入りでした。童貞で女好きの美少年なのですが、世の中の全ての女性と関係を持ちたいと思っている残念なキャラ。(前述のさゆりと冬美発言の主です) ぜひとも彼のスピンオフを読みたいところです。

ギャグマンガとしては神評価ですが、BLマンガとして考えて一段階下げ。

2

雪路ワールド全開、読めばわかる

よかった!!

雪路先生
前作に続き
ギャグ、下ネタ盛りだくさんで何とも言えない気持ちに、、、。
美形が繰り広げるボケとツッコミの世界 笑笑
でもちゃんとblだったし、動物も植物も描写がきれいで、変なキャラも愛されてるしなんでもありな世界だし、最高でした‼
メガネがどんどんまとも?っぽくなってくのもよかった
主人公に良識あるパターンでした、今回は。
ふざけてるだけでなくて恋愛してるな、愛情あるな感がいいところ!

カワウソ最高じゃん!
健気だし、主人公思いだし、気が利くし

周りもキャラがたってて良き✨

萌えないけど神ではある
雪路先生以外には作り出せない物語だと思います。
雪路先生が好きな人はハマるし
ハピエン好きな人は安心して読めるし
ギャグ好きな人は笑えるし
美形好きな人は眼の保養になると、、!

ぜひ前作とあわせて
楽しんでほしい

3

腹筋崩壊しました☆

雪路さんは小説の挿絵では時々お見掛けしていましたが、コミックは初読み。ですが、ちるちるさんで掲載された作家インタビューを拝見して思わず購入しました。

えっと、雪路さんの作風なんですかね、このギャグ色は。これは公共の場で読んではいけません。ブッフォと噴き出して、周囲の人から白い目で見られること必至です。

内容は、というと。すみません、ネタバレしてます。





主人公は高校生の端月。
事情があって高校をずっと休学していた彼ですが、1学年遅れで高校に復学するところから始まります。復学したその日に、同じクラスに転入してきた美苑ですが、この美苑という男は端月に心酔していて名前を呼ばれただけで射精してしまうほどの「ザ・変態」くんです。

美苑の数々の変態行動や端月への心酔ぶりはかなりのもので、ゆえにそのことに目が行きがちですが、成人しているのに高校へと編入してきた理由や編入ができた理由、端月が休学していた理由や二人の接点、そして何より美苑が端月に惚れている理由など、謎も多くありストーリー自体面白かった。

美苑の変態ぶりも相当なものですが、彼らの同級生の志村くんもかなりの変態。1冊の中に変態が二人いるのでかなり暑苦しいのですが、二人の変態度のタイプがまったく異なるのでキャラが被ることなく面白い。

端月のおばあちゃんへの深い愛情。
そして美苑が端月にそそぐ愛情。
ギャグ要素だけではなくて、そういった深い愛情もきちんとあるので笑いだけではなくって萌えもちゃんと存在していました。

美苑は端月のことを心の底から愛してはいますが、無理やり襲ったりすることはないですし、むしろ崇拝しすぎていて端月を抱こうとするとキャパオーバーしちゃうので最後までセックスシーンはなし。

雪路さんの、お耽美な絵柄でがっつりエロシーンを描いてほしかったなという感想ももちろんあるのですが、むしろ、これだけ愛していてもセックスがなくてもOKな美苑がとっても男前に見えました☆
つか、端月には滾り過ぎるほど滾るのにイ〇ポって…!そういうのってイ〇ポって言わなくない?とか爆笑しながら読みました。

美苑が射精するシーンとか、意味なく(って言っちゃダメかな)様々な動物が出てくるシーンとか、絵的にも爆笑ですが、言葉のチョイスも面白かった。

雪路さんの耽美な絵柄とか、BLでのギャグ色とか、もしかしたら人を選ぶ作品かなと思いますが、個人的にはすんごい面白かった。雪路さんのほかの作品も読んでみたいと思います。

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ