獣欲に恋して

juyoku ni koishite

獣欲に恋して
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×248
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
422
評価数
105
平均
4.1 / 5
神率
34.3%
著者
くれの又秋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344838901

あらすじ

強面無口で喧嘩上等の高校生・浅野十蔵が恋をした。お相手は、同高三年生のちょっぴり天然な先輩・橘兼久。恋する十蔵は、弓道部の兼久の元に足繁く通っては、凛々しい袴姿をオカズに淡々とエロ妄想に励んでいた。そんな矢先、急に兼久に避けられるようになってーー?

あんたで毎日ヌきまくってる

表題作獣欲に恋して

浅野十蔵,強面無口で喧嘩上等の高校1年生
橘兼久,同高校の3年生,弓道部副主将

同時収録作品ひしかくし

高杉恭一,実家の酒屋手伝い,小学校からの親友
高羽峰善(ミネ),ガススタでバイト,攻に片想い

その他の収録作品

  • ちょっと後の二人(描き下ろし)
  • カバー下:漫画・あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

攻めが好きだ!

読まないまま結構経ってました^^;
二本立ての本作、どちらも男らしい攻めがとてもカッコよく、
受けはそれぞれですがどちらも純情だったと思います。

【獣欲に恋して】
先輩・兼久に一目惚れしたムッツリ十蔵。
十蔵が無口でカッコいいのに常に兼久をネタに妄想しています。
なんやかんやで両想いになるのですが、
とにかくそれぞれのキャラが対照的でかわいくて、
それだけで成り立っている作品だと思いました。

地味メンの兼久ですが、頭よりも体が先に動く……
そして、性にも身体が素直に反応するということが分かり、
そのエピソードには大変萌えました♡

寡黙な年下攻めと感じやすい年上受け……最高‼︎

【ひしかくし】
長年の両片思いを実らせるお話です。
受けの高羽の方が経験ある設定なのに、
とっても純情で恥ずかしがり屋なのが可愛すぎた!

攻めの高杉は童貞だけど余裕があって男らしかったですね^^
高羽に対して一途で、そのためずっと童貞だったということが分かり好感度アップです↑

2人とも男らしいのに可愛くてキュンキュンしました♡


サラッと読める一冊です。
2人だけの世界が繰り広げられ、
心穏やかに最後まで読むことができました!

0

ぎゅん

〖DMM電子書籍〗
修正:白抜き
カバー折り返し:なし
カバー下:なし
帯:なし
裏表紙:なし
備考:

〖紙媒体〗
未読

0

喧嘩上等の強面後輩が天然先輩に一目惚れ

十蔵は喧嘩に加勢してくれた男子高校生に一目惚れ。入学式の日、それが先輩の弓道部副部長・兼久だと知る。それからは兼久を追いかけながら、妄想の中でエロいことをしまくりでー。

喧嘩上等で強面の十蔵が頭が良くて(教科書を一度読めば理解できる)成績が良いというありがちな設定がイイ。いつも仏頂面なのに兼久の前では優しい笑顔になるのもイイ。実は兼久も最初の出逢いの喧嘩をしていた十蔵に見惚れていたというところもイイ。なんだかんだでツボだらけでした。

0

本能のままの恋

くれの先生の作品を遡り中。

「獣欲に恋して」
冒頭から兼久の行動と、かなりな強面の十蔵の顔とは
裏腹すぎる『どキュン』でつかみ持っていかれました。

本能の赴くままハードな妄想も絡めつつ兼久への思いを
募らせていく十蔵。
妄想の兼久のエロいことエロいこと。
でも決して我を忘れたりせず兼久との距離を保つ
冷静さもあって。
ただ3階からのダイブは超人すぎてびっくり。

兼久も十蔵も基本、体が先に動いちゃうタイプで
お似合いなふたりでした。

「ひしかくし」
幼なじみの長年の両片想い…
ふああ〜…切なきゅんが止まりません…!

長く伸ばした前髪が恭一への想いを隠す最後のトリデのミネ。
そのトリデをハサミでばっさり切ってミネの気持ちを
さらけ出させた恭一。
恭一…あんなに余裕のあるDTいますか…?
しかも顔面も素晴らしいので、ハードル高めな
目隠しプレイは複雑でしたが、それはそれで大変良い
エロをいただけまして満足でした♡
最後ミネの言葉で崩れた恭一の表情にさらに萌え!!
ミネもいろいろいっぱいいっぱいなのがかわいかった。

どちらの作品もそれぞれのキャラの視線が印象的で、
キスの描写もとってもえろくて良かったです♡

0

キャラがよい!

くれの又秋先生は、魅力のあるキャラを描かれる方だなー、と今作品を読んで思いました。

中編が2つ入っています。強面だがひたすらに一途でぐいぐい行く十蔵と、明るい先輩、兼久。この兼久のキャラがすごくいい。
小柄で元気いっぱいなんだが、けっしてかわいいに流れない、しっかりした男なのがよい。考えるより先に行動するというキャラがしっかりしていて、大事な場面では兼久がリードするというところが一貫している。
こんな人がいたら好きになっちゃうよな-、って納得できるキャラでした。

もう1つは、親友でそれを壊したくないためにひた隠しにしている同級生もの。これがまたキャラがよくて、純情で分かりやすいけど臆病な峰と、無口で男っぽいけど、峰のことをずっと待っていて、でも気持ちを知っていてからかっちゃう余裕がある。

他の作品も読みたいと思わせるような、味のある作品でした。

0

"好き"が爆発(*´꒳`*)

獣欲に恋して、ひしかくし、2作品が読めます(^^)大満足!!!
☆獣欲に恋して
年下攻めの高校生カプです(⊙▽⊙)無愛想な十蔵(攻)が、不器用に先輩の兼久(受)にアピールするのがたまらなく可愛い(〃ω〃)独り言(十蔵の心の声)が最高なんですよ("あんたしか眼中にねぇんだよ"とか)!!エロ妄想も炸裂してるし、真顔でそんなこと考えているのかいっ!!って突っ込みたくなります笑。コミカルだけど一途で、不器用な初恋なのに妄想がエロい!本編ではエロは主に妄想のみですが、描き下ろしはバッチリヤります笑!しかも!妄想ばかりしていた十蔵ではなく、兼久から誘います笑!これはもう、最高(〃ω〃)
☆ひしかくし
恭一(攻)への想いを隠しながら女と付き合う峰善(受)。合コンで酔いつぶれた自分に"自分ではない誰か"のつもりでキスしてきた恭一への気まずさから避けていたら、"俺が好きなら離れるな"と言われ、2人は結ばれます(^^)峰善が攻め側をやろうとしたのに、恭一を好きすぎて出来ない可愛さ笑!!目隠ししてヤるのが萌えます…峰善に目隠しさせて"視覚はおまえにくれてやる だから俺に触らせろ"この恭一のセリフ最高です(〃ω〃)!!!ぜひ読んでいただきです!!!

2

表紙から萌えが想像できなかったけど、中身は萌えがある!

二作品収録されています。
正直、絵はさほどタイプではないので、この絵を見ているだけで幸せ〜とはならず、絵でごまかされない分、ストーリーやキャラが魅力的でないとキツイのだけどどっちの作品も萌えがきっちりある!

【獣欲に恋して】
なんとかして橘を自分のものにしたいと思うんだけど、どうしたらいいのか判らない…本能(性欲)のままに従ったらダメだ…だけど、どうしたらいいかわかんねぇよ…と攻めの十蔵がぐるぐる不器用に思い悩む姿が良かった。
「レンアイなんてしたことねーからどうしたらいいか分かんねぇよ。」という呟きをうっかり母親に聞かれてしまうのだけど、その呟きに対する母親からのアドバイスを思い出して実行してみたりするんです。うっせーよ!クソババア!!とか言いそうな外見なのに素直に従ってるところが意外性があってかわいい。

一番好きなシーンは橘を追いかけて3Fから(!)飛び降りた後の告白シーン。
好きだ、の後に、犯したい、セックスしたい、毎日のようにヌきまくってる、と赤裸々すぎるぶっちゃけをした後で
「どうしたら伝わるか判らない 考えることは性欲ばっかだけど、何してでもココはずっと苦しいまま」と切ない胸のうちをさらすところが、キューンとする!

一般的に「好きです、だから犯したいです、セックスしたいです、毎日どエロい妄想しておかずにしてます」なんて告白は、どんなイケメンであっても100%アウトで玉砕確定なはずなのに、この作品の中では十蔵の野生的なキャラと相まって、その後まさかのキュンに繋がってしまうのだから、すんごいマジック~!

【ひしかくし】
小学生からの幼馴染同士、片思いのこじらせ愛。
密かに恭一に恋しているミネが見せる言動、例えば飲み物のやり取りで間接キスを意識しちゃってるところ、寝起きにキスされそうになるも相手を間違えたと言われて「つれぇ……」と密かにもがき苦しんでる様子などが、なんとも切なくて良かった。

そしてようやく実はミネの気持ちに気づいていた恭一から催促されてようやく告白できたときの「俺はこんなに愛おしいそうに笑う恭一を初めて見た。」というモノローグ。
小さいころからずっと一緒にいるのに、まだ見たことのない顔があったというところが本当にいい。

キスされた後の全身茹でタコ状態になってるミネ、キス以上を想像するだけで血が沸騰しそうになるミネ。夢が現実に…みたいなあわあわ感というのかな、その動揺っぷりがなんともかわいい。

6

獣人に恋した!

周囲から一目置かれるほどの見るからにイケメン、誰が見ても美人という絵が好きですが、この作品にはそういうキラキラオーラをまとった登場人物はいませんでした。
だけど萌える。
モノローグにぐいぐい引き込まれる。
すごくパワフルな作品でした。

【獣欲に恋して】 神
良かった!良かったです!!
最初のページで一瞬「あ、戦闘シーンが少年漫画っぽい。苦手かも」と思いましたが、5ページ目でもう釘付け。そのまま猛スピードで釘付けフィニッシュでした。
十蔵がおもしろすぎて…。あの体の完成度と喧嘩強さ、しかも勉強もできるとか神は二物も三物も与えちゃった感じです。あれで高1というギャップがいい。このギャップ設定のおかげで傍若無人な対人能力ゼロっぷりも不自然には感じませんでした。若さゆえに許される不器用さ、良いです。
ただ兼久が可愛く見えないのです。目も細いし、あっさりした顔。それだけに「凡人には理解不能な野生の十蔵センサーが可愛いと言っている」感がたっぷり味わえました。
十蔵は全体的に大型トラックが猛スピードで突進してくる感じでした。3階から飛び降りて平然としてるとかすごすぎる。若さだなあ。おとなになったら安全ベルトつけてても怖くて無理。
兼久だけに見せる笑顔も必見です。
面白かったなあ。ていうか、十蔵ってイケメンですよね?

【ひしかくし】萌
「秘し隠し」、情緒あふれる字面です。
10人並みくらいの容姿の男の子たちのふつうの恋愛。
ちょうどちるちるの2/3のニュースで井上涼さんのことを知って、同級生に恋する気持ちの現実やノンケのふるまいがどう見えるかという動画を見てきたばかりだったので、ちょっと重なりました。
ジュースの回し飲み、肩に置かれた手、何気ない距離、全部にどきどきしているのは自分だけで、それを絶対に悟られてはいけない。切ない。
でも恭一も早く言えばいいのに、と思ってしまった。ただお互いに隠してきた期間の葛藤があったんでしょうね。言えないから女の子と付き合うミネ。言わないからそれを見ているだけの恭一。
「言わせたい」という言葉が意地悪に聞こえない、むしろ納得できる作品でした。

十蔵×兼久の描き下ろしも最高でした。
兼久のマーキング、いいです。十蔵は最後までやっぱり本能の人でした。

2

思ったよりはアッサリ系な。

表題作ともう1作の2作収録。

「獣欲に恋して」
年下なのに妙に肝の座った十蔵が、何のてらいも迷いもなく同性の橘兼久に恋(?)し、ド直球でアプローチ。対する兼久の方も戸惑いは勿論あるはあるけど、ほとんど拍子抜けってくらい自然に受け入れてます。
これはこれで新感覚なのかな…?
ただ、これ高校生設定がなんだか違和感がありますね。十蔵が特に。こんな人います?大学生でもよかったかもね。

「ひしかくし」
小学生からの幼馴染・恭一に恋をしていて、それを隠しているミネ。
告白などできず女性と付き合っては別れ、を繰り返して。
そしてまた合コンに参加し、酔って恭一に介抱されてキスされて、どうにもならず恭一を避けるミネ。しかし恭一はミネの気持ちに気付いていて…
…と、BLではまあまあよくある展開ではあります。でもこの作品では受け止める恭一のクールな優しさが際立ってる。
そして「ひしかくし2」では2人はHまでいくよ!アワアワしてダメダメのミネとDTなのに余裕の恭一。ミネは意地はって攻めになろうとするけど、いざラブホで貧血を起こす始末。
情けないけど等身大の可愛さがあると思いました。
逆にこんな余裕のDTやだわ。でも恭一主導の続くHシーンはなかなか良かった!おすすめです。

「ちょっと後の二人」
十蔵x兼久のその後。
兼久は大学に受かり一人暮らしの準備中、イコールヤリ放題?十蔵の妄想がどんどん実現して、その上兼久の方も十蔵にマーキングしたり。甘々で動物的な2人です。

カバー下は、恭一xミネ。ミネのお料理スキルが上がり、恭一がミネに一緒に住もうか、と提案するお話です。

0

個人的に大好きな作品

くれの先生の個人的に超大好きな作品です。
表題作は前編と後編だけですが、それだけの為にコミックスを購入しました。
高校生同士の青春と、学生らしく若いなぁ…と思う描写が沢山あります。
攻めの十蔵くんは、喧嘩ばかりしている不良の男の子。一方の受の兼久くんは弓道一筋の硬派で真面目な男の子です。
十蔵くんは十代の男の子らしく、大好きになってしまった兼久くんに対して色々と際どい妄想をしてしまいます。
兼久くんが明るくて爽やかなので、十蔵くんの少し無口で怖い雰囲気が緩和されて読みやすい作品になっている気がします。
本当はもっと読みたかったなぁと思う作品ですが、前編後編だけでもよく纏まっているので、くれの先生作品が気になっている方は是非一読して下さい。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ