こじらせプレイボーイと天然記念物級ピュア青年のリバラブ、爆誕!

愛し

kanashi

愛し
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神61
  • 萌×261
  • 萌49
  • 中立15
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
30
得点
711
評価数
198
平均
3.7 / 5
神率
30.8%
著者
くれの又秋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784396784508

あらすじ

大学生の翔真がある晩に介抱したのは、
中学の同級生・芦田だった。
彼が男もいけることは知っていたが、
警戒心なく一晩泊まらせた翔真は、
真夜中に芦田が自分のモノをしゃぶる感覚で
目を覚ましてパニック状態!
しかも、彼氏にフラれて住むところがないという
芦田に押し切られ、そのまま同居生活がスタート...。
最初の夜以降も、からかうように距離を詰めてくる芦田に、
経験値ほぼゼロの翔真は振り回されるばかりで...!?
描き下ろし16ページ収録!!

表題作愛し

(※リバ)芦田翔,ダイニングバー店員
(※リバ)辻翔真,大学生

その他の収録作品

  • それから

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数30

"BL史上最高のリバ"とは?

どエロいリバやエロ行為をご希望でしたら、物足りなさを感じるかもしれません。私自身リバの作品はあまり読んだことがないので知識不足ですが、連載を読んでいなかったので、帯を見たとき、マジか!と思い、すごく興味深く、しかも大好きな先生の作品だったので、楽しみにしていました(^^)読み終えた今、"BL史上最高のリバ"の意味を、その"行為"ではなく、"気持ち"だと私は理解し、すごく素敵で大好きな作品となりました!!
ちなみに、最初のHは攻め様が翔真、2度目のリバで攻め様が芦田となります。描き下ろしのHは攻め様が芦田です。

バイの芦田(攻、受)の考え方が、こじれているようで、実は不器用なだけの純愛!!気持ちなしのカラダだけは虚しいとか、別れたらドライだから"こんな良い奴(翔真)を傷つけたくない"ので付き合えないとか、これ芦田から愛されてる人にとっては嬉しくなっちゃう内容だと思いませんか!?自分と付き合った時の、その相手の気持ちを勝手に考えちゃってるんですよね。だから翔真(受、攻)が好きなのに認めようとしないのかなって思いました。好きだから踏み出せない、踏み込めない。初めて2人がHした後、同情心や後ろめたさを翔真が感じている事を察する芦田の寂しそうな表情に胸が痛みました。翔真は芦田が"後悔してる"なんて思っていたようですが、いや、寂しかったんですよ、きっと。リバを提案したのは、快楽だけじゃなくて、翔真を試しているように感じました。翔真の気持ちを知りたかったのかな。

翔真くんは、確かにいわゆる"誰からも悪く言われなさそう"な良い奴だと思います。でも逆に言うと、当たり障りない良い人とも取れます。お人好し。嫌われたくないからではなく、本当に良い人。だから酔って倒れていた芦田を助け、家にあげ、しゃぶられて笑、雰囲気に当てられて?キスしちゃった。てもキスしたのは雰囲気に当てられてではなく、寂しそうだった芦田を助けたかったから…良い人だからキスしちゃったのかなと。
そんな良い人の本気の恋の始まりが"リバ"だと感じました。芦田を抱いた時、彼が好きだったけど、わずかな後ろめたさがあったと思います。でも、それから自分の気持ちと向き合い、彼との関係を"後悔していない"と自信を持てたから、リバを提案されて応えたのかなと。本気だと分かって欲しかったんだと感じました。翔真を試した芦田と、芦田に本気を示したかった翔真。真剣な思いを伝える手段であり、自身の思いの強さを知るキッカケにもなった行為、相手と向き合う方法…真っ直ぐに向けられた芦田への想いが詰まった"リバ"は、確かに最高で素敵でした(^^)真剣だからこそ、片思いのままでは付き合いたくないと思う翔真、私は大好きです(^^)

翔真を試した結果、真っ直ぐに思いを向けられた芦田は、逃げようとします。今の現状から、そして自身の気持ちから。翔真がダメな理由を自問自答する芦田のシーン、葛藤する芦田にグッときました。分かっているはずなのに、その気持ちを認めてしまうことを怖がっているように感じました。"男も女も同じなら 芦田を望んでもいいじゃん"そんなふうに言ってくれたら、芦田も嬉しくないわけない!!"自分がどうしたいか分からない"そう話す芦田に翔真は"一緒に考えたい"と伝えてくれます。芦田が自分にだけ特別な感情を持ってくれることを喜ぶ翔真…そりゃ芦田赤面しながら翔真を抱き寄せたくなりますね(〃ω〃)本編で"好き"と伝えたのは翔真だけでしたが、十分すぎるくらい芦田の気持ちも伝わるお話でした!

描き下ろしもすっごくよかったですー!!最終話の続きなので、気持ちが高まった芦田と翔真の熱いエッチも拝めます(^^)言葉で伝えるのが苦手で不器用な芦田の、精一杯の想いが伝わってきて、"芦田頑張れ"って応援しちゃいました(^^)

書店さんごとの特典たくさんですー!!描き下ろしのもの集めちゃいました♫
アニメイトさん…愛しそうに翔真に頬にキスする芦田にキュンなイラスト
とらのあなさん…受けがラクだったはずなのに、色っぽい翔真を前にしてタチとしての目線になる芦田の話
コミコミさん…寝てる翔真の雄尻にムラムラする芦田目線の話
応援書店さん…芦田のうなじにムラァっとする翔真目線の話
(ホーリンブックスさんは表紙のブロマイドのようです)

8

愛って難しいですね

今作の受けがまたなんとも漢気のあるタイプで
更に面倒見がよくて非常に好感度高かったです!!
中学時代の同級生・芦田との再会後、
当時とは雰囲気も人当たりも違う芦田に戸惑いながら
バイだからと言って偏見の目で見ない懐のデカさ…。
真正面から向き合ってくれる翔真に
今まで感じなかった類の感情を持ってしまうのは
ごく自然の事だと思いました。
自らカラダを重ねておいて「好きにならないでね」なんて
本当に勝手な芦田ですが
それまでの恋で、相手を好きだと思ってたはずなのに
冷めていく自分の気持ちなんて
おそらく理屈なんて無いんだと思います。
そうはなりたくない、でも翔真をいとしいと感じる矛盾、
でも結局怖がってるだけで
芦田も幸せになりたいんですね。
どんと構えてくれている翔真の男らしさ!!
自分のことより芦田の気持ちを考えてくれるなんて
めちゃくちゃいいヤツ…!!
機微に聡く、突き放そうとする芦田に真っ向勝負を挑む姿、
ほんっとにどストライクです!!!

くれのさんの作品はとても好きですが
“BL史上最高のリバ”という帯はさすがに煽り過ぎのような気が…。
ただ、やっぱりリバって個人的には愛がより深い気がするんです。
自分が気持ちいいことをされて、してあげたいとか
相手がしたい事が自分にとっても気持ちいいとか。
快感だけじゃなく、心も全部共有できるような感じ。
「どうせ無理でしょ?」という前提の芦田に抱かれることで、
少しでも引き留められるならというある意味捨て身の覚悟が潔い!
担当さんのおっしゃるとおり、翔真はケツで芦田を抱いていましたしww

3冊目でも改めて思ったのは、
くれのさんのお描きになる間(ま)の取り方や表情、アングルが
物凄く好みです!!!!!

7

リバ関係ある?

非常に面白かったです。
帯のBL史上最高のリバはまたちょっと違うかなと思いました。私個人的には、リバだっていうところには、あまりお話には関係がないかなという感じでした。しかし、全体的に面白い作品でした。

ゴミ捨て場に倒れていた芦田を家に泊めた辻。
起きたら、しゃぶられていた。そこから、少しずつ芦田のことが気になり始めた、辻。

同性愛とか、そういうものについて考えさせられるお話しでした。
私は、攻めの芦田の翔真思いなところがすきでした。本当は手放したくないけど、翔真のことを考えて、突き放そうとしたり、そんなところが好きでした。自分たちの関係に疑問を抱いたり、色々もやもやしたり、そんな翔真も好きでした。切なく、胸が締め付けられるようなお話でした。

2

リバ苦手な人にも読んでもらいたい

帯にあるBL史上最高のリバっていう煽り文句がちょっと違うようにも思うのですが、そもそもリバが地雷の方は読まないと思うので、それはちょっと勿体ないような気がします。
デカデカとリバってあると拒否反応示してしまいそうですが、リバとか関係なしにストーリーが好きでした。

大学生の翔真は家の近くで倒れてた人を介抱して連れて帰ってみたら、実は高校の同級生で、バイだと噂になってた芦田でした。男の恋人と別れ話になって同棲していた家を追い出されたということで、一晩泊めてあげます。朝起きるとお礼にとフェラしてる芦田が。翔真は今まで彼女できたことない童貞で何故だか芦田にキスしてしまって、自分でも何故だかわからないけど自然な流れだったから既にちょっと気になってたのかなと思います。

一晩で出て行った芦田だけど、大学行こうと家を出たら行くとこないからもうちょっと一緒に住ませてとお願いされて同居していくうちに翔真の方が芦田のこと気になってきて、男と女の違い探してみる?と芦田に乗っかられちゃいます。
翔真は泣いている芦田を慰めてあげたかったのもあって抵抗せず、自分だけが知る芦田のこと気になりつつ好きになっていて、芦田が突き放す為に今度は翔真を抱くといってもすべて受け入れてあげちゃいます。多分童貞処女だったのに。

翔真が芦田に好きって言うけど、芦田は拗らせ男子なので曖昧な態度で翔真に最初に手をだしたことを後悔してたりして。このままじゃ翔真にとって良くないと思って離れようとするけど、翔真に心配だからちゃんと住むとこ決まってから出て行ってといわれ結局そのまま同居継続。
翔真は芦田がちょっと出かけてなかなか帰ってこないと探しに行っちゃうし大分過保護気味だけど、それだけ芦田のこと好きなんですよね。

芦田は意外とヘタレで最初に自分から手を出したのに、翔真に好意を向けられて戸惑って逃げようとしたりするけど、翔真はまっすぐでそんな芦田のダメなとこも全部含めて受け入れてくれるいい奴で。全部かっこいい。

個人的にリバは好きな方なので抵抗はなくて、好きな相手になら挿れられてもかまわないっていうのが萌えます。なかなか素直になれなかった芦田が最後はちゃんと翔真に好きっていいそうなところで終わってしまったけど、きっとちゃんと言葉にして言ったはず。

芦田は割とモテるのか、飽きたら自分から別れてしまう自分の性格がよくわかってて、翔真とそうなってしまうのが嫌なのもあってなかなか前に進めなかったけど、一緒に考えていこうっていう翔真がかっこ良くてきっと二人は大丈夫なんじゃないかなと思えました。
本当に翔真が性格男前でかっこいいです。

2

お互いのいろんな想いにジーンとします

ゴミ置場で寝ていた酔っ払い男を拾った翔真だが、それは中学の同級生でバイと噂されていた芦田だった。同棲相手(男)から追い出されていくところがない芦田を翔真は家に迎え入れ同居生活が始まる。芦田に冗談のようにエッチなことをされた翔真だが、芦田の匂いに欲情したりとだんだん意識するようになりそれに気づく芦田。人を好きになるが妙に冷めてしまう自分に、純粋で優しい翔真を関わらせるのはダメだと芦田は距離を置くが、翔真は諦めきれず芦田を想い続ける。翔真への想いを吐露する芦田に自分のためにそこまで考えてくれて嬉しいと答える翔真。「俺、君を嫌いになれる人がいれば見てみたい」とノックアウトの芦田。

天然人たらしで純朴な翔真が芦田に振り回されながらもどんどん惹かれていき、逆に芦田はそんな翔真に好感を持ちながらも妙に冷めた自分に関わらせることで結局傷つけるのではと距離を置くところがジーンときました。翔真を抱きしめながら「俺、君を嫌いになれる人がいれば見てみたい」と赤面で言う最後のシーンが萌えました。その後のエッチシーンももっと萌えました。

1

リバ、リバ?

ずっと気になっていて、ようやく読めました。皆様のレビューの通り、帯に書かれている文言から推察されるようなリバリバは…してないです…ね。
最初に翔くんが入れられる側になったのって、翔真くんが男を知らないからですよね。イメージするところのリバ、とは違うかな、と。個人的にリバ表現は好きというか、その作品数が少ないせいか気になって読んでしまうのですが、こちらは、作品としてはとても面白かったです。同級生だった二人の過去、心情も丁寧に描かれていて、さすが人気のある作家さんだな、思いました。
リバについていえば、もっと二人の関係が続いて、どっちも有り、な所がもっと描かれる、とか…だったら少し帯に近づくかな、などと考えてみました。
帯はともかく良作品だと思います。

3

寝てる時のつまみ食い(つままれ喰い)

の反応って、たぶんこんな感じですよねっ!
めっちゃそうだよね!そうだよね!と同意してました。
そして、漫画の帯の「BL史上最高のリバ、誕生」とありますが、読後の感想としては、

確かにリバだったが、《BL史上最高の》でもないし、攻めはもうほぼ固定されてるので、あまりリバの印象は薄い

って感じでしたね…リバダイスキーなもので、どうしても納得がいきませんでしたw

だからと言って面白くないか?と言われたら、普通に面白かったです!と言えます。
好きな作家さんの贔屓目もあるでしょうが帯等に惑わされなかったら、面白く読めると思います!


2

【気持ち】の面でリバ?

帯裏の煽りが気になり購入
確かにほかの方も書かれているように、帯にデカデカと【BL史上最高のリバ】の謳い文句とは少し雰囲気が異なる気がしますが、リバ描写を含んでいるのは事実です。但し、くっついた後は左右固定になりそうな雰囲気はあるかな?

ただ、先の方のレビューにもあるように気持ち的な面ではお互い受けになったり攻めになったりぐるぐるしてるので、それを表現したかったのかも?

内容としては、翔真くんが純粋で健気で可愛い!
彼女いない歴=年齢の件では、「いや、俺の出会いはこれからだから!まだ焦る歳でもないから…!」と言いつつ「あ、これ姉ちゃん(独身)と同じこと言ってる…」と自分でツッコミをいれるところとかがツボです(笑)
個人的には芦田の過去だったりをもう少し深く知りたかった気がしました。

2

ストーリー重視のお話です。

翔真くんが本当に良い人です。お人よしですが、拾ってきた以上最後まで面倒を見る、懐の広い人です。
2人が中学生の時、芦田くんが同じクラスの子の机にキスしているところを見てしまい、翔真くんが入っていたグループの子達から嫌がらせを受けていた時、芦田くんに話しかけます。
その時の話し方が、ちょっと気まずそうではあるものの偏見がない話し方でした。
普通に同級生と話している。
自分たちとは違うと感じると、攻撃的になると思うのですが、そういう感じはしませんでした。
純粋なのかな。ぴったり当てはまる言葉がすぐには思い浮かばないです。
自分で本人に聞いて確かめる事が出来る人、という感じです。

一回読むだけでは、芦田くんの心情を理解するのが難しかったです。
彼はバイで、性別関係なく人間だから好きになる。でも好きなはずなのに距離が近づくと離れたくなって結局別れてしまいます。
翔真くんの事は、惹かれているけど俺なんかが手を出しちゃいけないくらい良い奴と思っています。
でもつい弱さを見せて甘えてしまう。もし付き合っても別れたらどうしようって怖くて離れようとします。
題名の意味はこれなのかなと思いました。
愛しい、どうしようもなく惹かれる。でも別れるかもしれないと考えると哀しい、という事なのでしょうか。

今まで付き合ってきた人たちにはこの怖さを感じなかったのだとしたら、もう翔真くんを手放さず傍に居れば良いと思いました。

2

体だけのリバじゃなく、心の動きを表現するためのエッセンス的リバ

帯の煽りで大いに問題となったこの作品。遅ればせながら手にとってみました。

物語自体は定番中の定番。
面倒見が良くお人好しの主人公・翔真は、バイト帰りにゴミ捨て場でつぶれているお兄さんを仕方なく家に連れ帰ると、なんとその酔っ払いは中学時代の同級生芦田でした。当時ある事がきっかけでゲイ(性格にはバイなんですが)だと周りにバレ、いじめられていた芦田。

つきあっていた恋人に振られ家から追い出された芦田を泊めてやることにした翔真。寝ている間違和感を覚え目を覚ますと「人恋しいんだ…」と言いながら翔真のモノをフェラする芦田の姿が…。それから結局芦田に頼みこまれ、暫く家に置いてあげることに。

ここから2人は距離を縮めハピエン…敵な予想をした私が馬鹿でした。物語は思いもよらぬ展開へ。

一週間もしないうちに芦田はマミちゃんという恋人を作り、すっかり失恋の傷は癒えた模様。昔は無口で大人しかったのに、今ではでっかい犬と子供を混ぜた感じで、スキンシップも多ければ、懐こくてコミュ力も高い。
そのスキンシップにあてられ、芦田の匂いをオカズにしてイッてしまう翔真。それどころかもはや芦田の匂いに無条件に反射してしまうように…。

そんなある夜「マミちゃんと別れた」と、布団にもぐり込んできた芦田。
『なんでいつもこうなんだろう。最初はうまくいってんのに。好きだから一緒にいたいって思うのに、距離が近付くほど離れたくなってくる…。自分でも酷く矛盾してるって思うよ』そう言って泣く芦田の涙を止めたくて、遂に芦田と体の関係を持ってしまう翔真(翔真は一応攻めですが、芦田に乗っかられているだけなので、むしろ受けっぽく見えます)。

芦田が自分と寝た理由についてぐるぐる悩む翔真。勘のいい芦田は翔真が自分を好きになっている事に気づき、今度は自分が攻めになる、と、翔真を突き放そうとします。
自分がしたことを後悔していない翔真は芦田に抱かれることを決意。
抱かれた後、「好きだよ 芦田」と告白しますが、芦田が自分を好きじゃないことをよく理解している翔真は、「付き合う?」と問いかける芦田に対し「意味がないから付き合わない」と。

後半は今まで何を考えてるのかさっぱりわからなかった芦田視点を交えてお話が進みます。
芦田としては、うっかり翔真に手を出したものの、まさか「好き」と言われるとは思っておらず、学生時代のまま素直で真面目で優しい、変わらない翔真につい手を出したくなってしまった。調子に乗った自分は翔真に甘え続け、逃げ場にし、自分のために都合良く利用した。なのに翔真は拒まずに受け入れてくれる…。けれどこの前寝て以来、「今の芦田とはしたくない」とキスすら拒まれてしまう芦田。
『相性は悪くないと思う。…じゃあ何で俺、翔真くんはダメなんだろう』
『いい子だから?ノンケだから?同級生だから?罪悪感?…不安だから?』とぐるぐる自問自答する芦田(いや、読んでるこっちが君の気持ちを聞きたいわ!!はっきりしろ~とイライラしたのはきっと私だけではないハズ…)。
芦田は多分、ノンケで真っ直ぐ生きている翔真をゲイにさせたくなくて、今までの相手のように軽々しく付き合うことが出来なかった。またすぐ飽きて翔真を泣かせるのが恐かったのでしょう。
心がどこか欠落している、こじらせ男子の芦田に対し「そのことを一緒に考えていくっていうのはダメか?」と提案する翔真。
どこまでもお人好しで器の大きい翔真となら今までとは違う未来が作れるかもしれないという希望を残しつつ物語は終わります。

つまり、この作品におけるリバとは、抱かれる側に自分から合意させる(ゲイになっても構わない)ことによって翔真の覚悟を確認する手段であり、体を抱いているのは芦田だけれど、それを受け止め心を抱いてあげているのは翔真なんだよという意味を込めてのリバなのかなと思いました。

それにしても体の関係も持ちながらいつまでもハッキリ答を出せない芦田には正直イライラさせられたし、本編でも描き下ろしでも結局ヘタレて「好き」の一言すら言えない芦田に対しかなりモヤモヤ感が残り、なんだかスッキリしない作品になってしまったのが非常に残念。
ただ、作品自体は上手く作られていたし、本編ラストと描き下ろしラストの芦田の真っ赤になった表情がとてもかわいかったので、萌×2評価とさせて頂きます。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ