からっぽになった俺を満たしてくれるお前…。

こいにもならない。

koinimo naranai

こいにもならない。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×210
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
159
評価数
41
平均
4 / 5
神率
39%
著者
hagi 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041051009

あらすじ

あんな綺麗な泣き顔…初めて見た。

思わず見惚れてしまった古賀の姿に動揺する田島だったが、
その涙の理由が、自分の飼い猫(ブー太)が古賀が大事に育てていた「金魚」を殺してしまったからだと知る。
なんとか謝ろうと古賀と仲良くする田島だったが、ある秘密を知ってしまい…。

表題作こいにもならない。

田島颯太,お人好しの高校生  ?
古賀優弥,違うクラスの同級生  ?

その他の収録作品

  • おまけまんが(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき・キャラ説明

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

瑞々しい初恋

表紙の美しさに惹かれて購入。
本編の作画もとてもいい雰囲気でした。
冒頭部分の古賀くんのビジュアルがちょっとハヤカワノジコさんの「えんどうくん」を彷彿とさせます。

「金魚が死んだ。特別だったんだよ、好きな人からもらったから」
学校で泣いている古賀を見つけたことで衝撃を受けて、バケツの水をかけてしまった田島。
金魚殺しの犯人探しに協力してほしいと言われて…。

犯人、田島の家の猫なのですが、ここからの田島の良心の呵責と葛藤、言わなきゃいけないのにタイミングがつかめずどんどん言いにくくなる感じ、知りたくなかったことを知ってしまった気まずさや知ってしまったからこそ気になる感じが瑞々しく描かれています。
古賀の少し特殊な環境に対して、田島はごくごくふつうの男子高校生なのです。気の強いお姉ちゃんに頭が上がらず、ぶた猫を可愛がり、嘘をついたり言い訳するのが下手で不器用な正直者。
どこにでもいる男の子で、たぶんどこにでもいる男の子なりに優しい。先回りして何かが出来るほど人生経験があるわけでもないから不器用な優しさなのですが、上辺だけではない、相手を想った優しさがある子です。

一方の古賀はもともと表情筋が硬くて無表情。母親の再婚で血の繋がらない兄ができて…、とあまり書きすぎると完全ネタバレになってしまう。
表情に出ない感情を周囲に言葉で伝えようとはしないタイプの子なのです。
無表情で語られるモノローグはすごく感情豊か。

古賀の笑顔が見たい一心の田島と、からっぽになった金魚鉢を捨てられない古賀。
ふたりの気持ちの動きが詳細に描かれていて、夏祭りの日の出来事では田島の男前さに感動せずにはいられません。
言葉ではうまく説明できないのがもどかしいのですが、一言で言えば「優しさが溢れた瑞々しい恋の話」です。
ぜひ読んでいただいて、この清々しい気持ちを味わってほしいです。

描き下ろしは古賀がちょっと大胆に。かわいいです。ぶた猫もナイスタイミング。

作者さん、これが初コミックだとは。
心理描写のクオリティの高さと作画の完成度に、今後も楽しみで仕方ありません。

4

描写がすごく綺麗

泣いている古賀を見て、動揺した田島が、

古賀にバケツの水をかけてしまう。

クラスが違ってあまり話したことなかった二人だけど

そのことをきっかけに二人は仲良くなっていく。

架け橋は、田島の家の豚猫ブー太。

そして、こいにもならない。

恋にもならない。鯉にもならない。


何とも言えず、ピュアな二人が可愛すぎるんですな。

特に田島くんの人の好さが滲み出てる感じが、たまらなく愛らしい。

姉に足蹴りにされてるとことか

ぽけーっと生きてきた幼少のころとか

愛らしい!そして、この子は絶対かっこいい男に成長するよ!

なので、その後が見たい見たいです。


そして、二人の距離感もすごい好きです。

友達の延長って感じ。

だからかな、少し幼い感じします。


この作家さんは水を描くのがうまいなぁ

枠割?っていうんですかね?描写がすごい綺麗で

猫と水と金魚と鯉が描かれるタイミングがいいんです。

絵がめっちゃ好みっていうのもあるかもですが。

2

無愛想が笑顔を見せたら、圧勝!

お人好しの田島が、校舎の窓から見たのは、違うクラスの古賀の泣き顔。それに目を奪われていたら、手に持っていたバケツを落としてしまい、古賀を水浸しにしてしまった。
そして、涙の訳は飼っていた金魚が、猫に襲われ死んだこと。
その猫は、田島が飼う猫だった。。。

古賀の目つきの悪さと愛想のなさが、残念でしかたがなかったのですが、だからこそ奇跡的に見せた笑顔が可愛くて、田島じゃなくても、心鷲掴みにされます。
多分先に好きになったのは、田島。田島のお人好しさや優しさに、古賀は救われたのですね。
よくある話って言ったら、その通りなのですが、繊細なタッチで描かれる人物や金魚鉢が、凄く爽やかで、兄への気持ちを吹っ切った古賀は、後半生き生きした目になります。
その変化が私は好きで、わかりきった内容でも、ドキドキしました。
田島は、水をかけてしまったことや、自分の猫の悪行に、ずっとすまなさを感じていますが、古賀の兄に向けての気持ちを知っている田島だからこその優しさなんだなぁと思いました。

最後、古賀がだいぶストレートに田島に迫っているのに。。。「わりと頑張ったんだけどなぁ」の、心の声が可愛かったぁ。
頑張れ!!田島!!
エッチまではないのですが、無くても何か良かったです。見たいっちゃー見たいけど(笑)

0

さらさらと流れる水のよう

 受けの古賀のビジュアルがとっても可愛くて素敵でした。雰囲気は柔らかく淡々としている中に、時々萌えが挟まれるという感じ。古賀が血縁関係のない兄に片想いしているので、その報われぬ気持ちを気の毒には感じますが、そこまで切なさが強調されているわけでもなく、とても爽やかな清涼飲料水のようなイメージを抱きました。特に大きな波乱が起きることもなく、メイン2人の関係に集中して読めるところがいいですね。テンポも速過ぎず遅過ぎずちょうど良くて、初心者の方にもオススメしやすい作品かなと思います。最後に古賀の攻めバージョンと受けバージョンも見れて、彼が攻めなのも意外と悪くないかもと想像が膨らみました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ