かわいいお風呂屋さん

kawaii ofuroyasan

かわいいお風呂屋さん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立8
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
12
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778121617

あらすじ

祖父が倒れ、銭湯を一人で切盛りする倉知勇輝。ある夜少し番台を離れた隙に、なぜか金髪碧眼の超美形外国人がそこに座っていた。片言の日本語でフレッドと名乗ったその外国人は、以来頻繁に訪れるように。優しく紳士的なフレッドに勇輝は好感を持つが、一方であまり踏み込んではいけない何かも感じていた。そんな中、就業後フレッドの背中を流すことになった勇輝は、お礼にと反対に体を洗われるうち下半身が兆してしまい…。

表題作かわいいお風呂屋さん

フレッド・カーライル、銭湯にやってきた外人客29
倉知勇輝、70年の歴史をもつ銭湯倉の湯の従業員23

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

甘ちゃんな受けと小者な攻め

下町の商店街とか、家業が立ちゆかず奮闘する受け系のお話が個人的にそう好きではないのですが、作者さんの前作の『びんぼう草の君』がなかなか良かったのと、イラストが可愛らしかったので手に取った本です。

受けは祖父の営む銭湯を手伝っている青年。大学を出て銭湯でバイトしていて、いずれは跡を継ぎたいと思っているのだけど、当の祖父からは「自分の代で銭湯は閉める、お前に跡は継がせない」と言われています。
そんなある日、祖父が入院。入院中は休業するという祖父を押し切って1人で銭湯を営業していたところ、キラキラ王子様のようなイケメンの金髪外国人攻めが来店、そのまま常連客になって…という展開。

…なのですが、うーん…この手の話が苦手な理由そのままの展開に加え、受けがあまり好みのタイプではなく、攻めもしょうもない嘘をつくキャラで、どちらも好きになれませんでした。
受けの祖父が「お前には跡を継がせない」と言っているのになぜ銭湯を手伝わせているのか、もう大前提のそこからして疑問でした。跡を継がせたくない理由があるのなら、大学を卒業した受けを働かせるべきではないと思うし、自分の入院中に受けが1人で銭続き湯を開ける、というのを断固阻止するべきだと思う。
受けの性格も、頑張り屋のいい子的な設定の割にキーキーした印象でした。あと都合の悪いことは後回し後回しにするタイプのキャラで、そこもイマイチ受け付けなかった。
攻めはといえば、初対面から「ワータシニホンゴワカリマセン」みたいな日本語話せない外人さんで、その口調で延々受けとやり取りしている描写が続くことにイライラさせられました。にもかかわらず、実は日本語ペラペラでした、日本語できないって嘘ついてました、と。なんだそりゃ!
かなりイラっとしました。その日本語分からないフリをしていた理由も訳わからなかった。

そして話は、銭湯がある商店街の立ち退き問題に。うん、きっとそう来ると思ってました。そして立ち退かせる側に攻めがいるんでしょ、分かります。
なんと言うか、これと思ったところをまったく越えてこないお話でした。最後の大団円にも突っ込みたくて仕方ない。今まで集客ダメだった商店街が小綺麗にリニューアルしたからって客が増えるわけないよ…。

良かった点はイラスト。すごく可愛いし華のあるイラストでとても眼福でした。知らない絵師さんだなぁ、と思って検索してみたら1冊だけ既読本があり、そういえば内容はイマイチだったけど(失礼)イラストは可愛かったなーと思い出しました。

2

前半だけなら萌2、後半は趣味じゃない

文字通り、タイトルと表紙がかわいいので手に取りました
初めて読む作家さんだと思ったら、新人さんでした
新人さんといっても、文章は読みやすいし、特に問題はなかったです
でも期待しすぎました

主人公の受けは生まれ育った実家の銭湯を継ぎたいと思っていて、それを反対する祖父が入院中、ひとりできりもりしていると外国人の攻めがあらわれて、さらに銭湯のあるさびれた商店街の再開発話には、もちろん攻めがかかわっていて・・・・・・というわかりやすい展開でも、BLらしいし、楽しく読み進めていたんですが、中盤以降、首を傾げる展開に・・・・・・主人公の受けと祖父がぶつかって、そこに攻めが手を貸して最終的に銭湯を継ぐ、みたいな展開を想像していたので、攻めが勘当されたとか、唐突に出てきた攻めの両親に受けが直談判するという流れに???
BLを読み過ぎているせいか、勝手に先読みしすぎました

前半を楽しく読んでいただけに中盤からの流れに戸惑ってしまい、最後に二人がくっついて、あれこれ丸くおさまっても・・・・・・・うーん
前半だけなら萌2、後半は趣味じゃないという感想なので、いちおう中立にしました
続きでも、BLをあんまり読んでいない人だったらたのしく読めるのかも

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ