マウントポジション!

mount position

マウントポジション!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×231
  • 萌16
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
301
評価数
76
平均
4 / 5
神率
32.9%
著者
高城リョウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199607424

あらすじ

高校教師の一虎は、恋人と熱愛同棲中――のはずが、浮気現場に遭遇!!すると突然、その場に居た謎の男が大激怒。実はその男は、浮気相手の恋人でスゴ腕外科医の龍ヶ崎だった。呆然とする一虎は、「責任を取れ」と押し倒され、まさかの処女喪失!!次は俺が、お前のすべてを奪う!!――龍ヶ崎を抱いてやると誓う一虎だけど、挑むたびマウントをとられて!?

表題作マウントポジション!

龍ヶ崎 蒼志(外科医)
白木 一虎(高校教師・音楽担当)

その他の収録作品

  • 龍ヶ崎 vs 歩武
  • 龍ヶ崎 vs 一虎
  • カバー下 あとがき&歩武 vs 翔

レビュー投稿数12

脇キャラがつらい

メイン2人は良いのに脇が…という作品がたまにありますが、わたしにとってこちらがまさにそれ。
脇の人間が嫌いすぎてつらい。

高校の音楽教師・一虎には同棲中の可愛い恋人がいる。
修学旅行の引率に出かける前夜、浮気症の歩武が気掛かりすぎて求められるままに無理をして風邪を引いた一虎が、駅からトンボ帰りで帰宅すると…。

恋人が浮気の真っ最中。
しかもエレベーターで一緒になった態度に悪い男の恋人と…、という始まり。

メインはタチ vs タチの攻防。
上から目線で飄々として常に余裕の龍ヶ崎と、自分の策に自分でハマる常時テンパリ系の一虎では、読者の目には最初から「勝負あったな…」という感じですが、それでも果敢に龍ヶ崎の尻を狙いに行く一虎が不憫で笑えてきます。
龍ヶ崎の方も、細っこい元恋人を気遣ってするえろすよりも、体の大きい一虎のことは思うように抱けてぐっすり熟睡できたことから、「あれ?」「おや?」って思い始めるのがいい。
イケメン外科医にやられた結果、惚れちゃいました!っていう一虎サイドだけの心理描写だと「ぐぬぬ…」ってなるところが、しっかり龍ヶ崎の方の変化も見せてくれるのでギリギリせずに読めます。
無表情で分かりにくい龍ヶ崎が、何だかんだと一虎との生活を楽しんでいるのも伝わってくるし、独占欲まで見せてくれるので、この2人に関しては満足!

問題は脇ですよ…。歩武と朔。
そもそもが一虎と幼馴染で、一虎が家族にゲイバレして悩んでたときも家に住ませてくれた良いやつなんです。シモが関係しなければ。
一虎と付き合うようになってからも浮気三昧。実際出て来たのは女性相手のシーンだけでしたが、一虎が許すからつけ上がって、反省しないタイプ。
この子がバイト先で知り合った朔の相談に乗っているうちに…というアレなのですが、浮気現場(本人たちからしたら本気)を龍ヶ崎と一虎に目撃されたときも、自分を庇う一虎(風邪でフラフラ)が龍ヶ崎に連れて行かれるってなっても見てるだけ。
まあ、ここで「責任はオレが!」ってなったら、別の話になっちゃうので仕方ないけど、まあ、嫌な子ですよ。
マンションももともと歩武の親戚関係から借りてたものだけど、家賃折半してたのに、相談なしに朔を住ませるからって…。せめてちゃんと謝ってよ…と。追い出すにしても引っ越し費用はお前が用意しろよ、と。
しかもちゃんと話もしないで、自分の女(男だけど)に「また家族に戻りたい」って伝言させる辺りも頭が沸いてて無理でした。
朔は相談女です。
こういう「自分、弱いので…」って顔をしてる人間ほど強か。
でも龍ヶ崎と暮らしてた最上階から、3階にランクダウンで溜飲が下がりました。
性格悪いなあ、わたし。

脇が嫌い。
でも脇がいないと、あの2人が出会えない。
このジレンマがつらい。

0

良い男同士のCP最高でした

攻めだった一虎が龍ヶ崎に抱かれて色っぽくなって行くのが眼福でした。

傲慢俺様に見えた龍ヶ崎が本当は不器用なだけで、優しいし独占欲が強いのも読んでて萌えました。

絵が綺麗なので所々のギャグっぽい絵が効いていて、高城先生の良さが出ている作品だと思いました。

一虎と龍ヶ崎の恋人同士が浮気をした事がきっかけで始まった身体からの関係でしたが、良い男同士のカップルは素敵ですね。

2人でいると逆ナン女子が現れて、それを振り切る様子も読んでて楽しかったです。

龍ヶ崎は元彼よりも一虎がお似合いだと思いました。

0

攻め×攻めによる茶番劇

シーモアの元攻め特集でセールになってるので、買ったけど思ってたよりも「元攻め」感がなかった……

攻め×攻めのバリタチ同士の攻防なんだけど
攻めのほうが高身長・高収入とハイスペックで圧倒的な攻め力の持ち主で、所詮自称バリタチのネコちゃんが、ライオン相手に無謀にも挑んでいなされてる程度のマウントポジションの奪い合いって感じでした。

そういう茶番劇を楽しむ作品なんですね、きっと。
私はどっちも一歩も引かないような攻め×攻めを期待してたので、そこがちょっと期待外れでした。

そして男として優れてるほうが(高身長&高収入)攻めみたいな定義が、ちょっと……と思ってしまいました。

攻めが受けを抱くきっかけも強引というか正直意味不明だし、浮気した元恋人同士もなんだかな……って感じで微妙だけど、圧倒的に勝ち目がない勝負に何度も挑む受けが愛すべきおバカさんって感じで微笑ましく思えたので、中立寄りの萌で。

0

バリタチの覇権争い❤️

バリタチ同士の体から始まるお話。

初読みの作家さんでしたが、画も話も魅力的です!
タチの一虎が、長く付き合って同棲までしていた歩武にまさかの間男!
しかも、体調悪くてふらふらになって帰ってきた自宅のベッドで、セックスの真っ最中❗おまけに、一緒に居合わせた男の恋人が間男なんですよね~

居合わせた男、龍ヶ崎の怒りの盾になった一虎。そこから、お米様抱っこで連れさらわれます!

じつは同じマンションの高層階にいた、龍ヶ崎。バリタチなのに、龍ヶ崎に強引に抱かれてしまいます~

同棲までした恋人のところに戻れなくなった一虎。龍ヶ崎の部屋に押し掛けて。
バリタチの名に懸けて抱こうとするけど、敢えなく返り討ち❤️
ここまでの展開が、テンポ良く進んで面白い。

最初が恋人を同時に失い、体からいきなり始まった一虎と龍ヶ崎。

龍ヶ崎の攻め力が、最高❗形成外科医で仕事に真摯、高身長、顔良しで、もちろん高収入とハイスペック❤️

何よりバリタチの一虎を組伏せ、挙げ句気持ち良くしてしまう。
最悪な出会いからスタートした二人は同居することになるんですけど。

最悪からだと知らない良さを知るたびに、なんというか加点が増幅しちゃって。より相手が好きになるんです。

なかなか素直になれない一虎。
面白かったのは、タチを争ってセックスしなかった場面。
遠慮なくぶつかり合うことは、相手の懐に入らなきゃ出来ないこと。
龍ヶ崎も、遠慮なく抱き合えて抱き心地の良い一虎を離せなくなっていて。
どんどん変化していく二人の気持ちが、ほんとに良いんです❤️

なんだかんだ、バリタチにしがみつく言動が有りますが、一虎はもうタチには戻れませんね~❗
龍と虎。龍虎図なんて有りますけど、二人は同じ場に立ってこそかっこいい。
できれば、一虎は時々タチ願望を出しつつ龍ヶ崎に可愛がられるっていうプレイを続けて頂きたいなぁ~

描き下ろしは、かなりベタぼれ、独占欲丸出しの龍ヶ崎が楽しめます❤️



0

男 × 男

いやー、男と男のぶつかり合い(物理的)いいですね!アツイです!!

なよなよした受けも好きですが、強気な受けも大好き!
タチなのに組み敷かれる一虎、ただ、組み敷かれてトロトロの受けに転身みたいな流れでは無く、タチはタチなんです!みたいな確固たる意志を持ちながら男らしく争うもやっぱり組み敷かれて、、
っていう流れがもう私にとってはニヤニヤもんでした><

そして攻めの方の龍ヶ崎は、感情表現が下手で男らしい!攻め様って感じがたまりません!!性欲処理と腹いせで抱いてたつもりが、どんどんハマっていき完璧男は料理なんか作ってあげたりするんですね〜♡

マウントの取り合いでも、お互いの好きを実感していく過程がちゃんとしてて面白かったです!
私のツボで何回も読み返してます♡

1

【イイ男同士のマウント対決】←大・大・大好物でっす!!!!!

『chara collection extra 2018』の番外編でガン惚れ、本を置いたその手で速攻ポチりました。

表紙の美しい男達を見てください!
一人は彫刻のようなパーフェクト美を誇る俺様♥
もう一人は男気がある優しいイイ男♥
この美しい男達がマウントの取り合いをしちゃうなんて…

大・大・大好物でっす!!!!!!


高校教師の一虎は、体調不良で修学旅行に行かずに帰宅。
エレベーターに乗り合わせた龍ヶ崎に支えてもらって部屋に入ると、浮気性な恋人が男を連れ込んでいて…

なぜか龍ヶ崎のほうが激昂。浮気相手は龍ヶ崎の恋人だった…
(タチ二人はイイ男なのに、ネコちゃんに浮気され、NTR現場を一緒に目撃しちゃったわけですw)

とーぜんド修羅場。
一虎が身体を張って浮気恋人を庇うと、龍ヶ崎は一虎を拉致して、NTRの仕返し&仕事(外科医)の憂さ晴らしで、一虎のことを荒々しく抱きます!!!

体調悪い一虎に自分で慣らさせて強引に突っこむのは医者としてどうよ?と思うけど、ここで優しくするのは龍ヶ崎のキャラじゃないし、恋に落ちちゃった俺様野郎の変貌ぶりを際立たせるフラグになってるんですよねぇ。

というか、一虎がめげずに龍ヶ崎に戦いを挑んでくるから悲壮感はありません。


二人のはじまりに愛なんてカケラもない。
龍ヶ崎にとって、ガタイが良い一虎は乱暴に抱いても壊れないし、その後よく眠れるから便利。
一虎は浮気恋人の部屋を出てしまったから、寝泊まりさせてくれる龍ヶ崎は都合がいい。
その後も打算的に関係は続いていく。


でも、こんなはじまりだから遠慮する必要はなくて、「次は俺が抱くぞ!」「やれるもんならやってみろ」って、素をさらけ出してマウント取り合いをしているから、相互理解が早いんですよ。


龍ヶ崎の元恋人ちゃんは、合鍵もらうのに一年以上かかって、龍ヶ崎からキスを求められることもなくて、自分ばっかりが好きなのに疲れて浮気をした。
でも、一虎は龍ヶ崎が元恋人ちゃんを大事に想っていたことも、龍ヶ崎が気持ちを伝えるのが下手だってことにも気付いてる。

そして龍ヶ崎は俺様だけど、一虎には合鍵をすぐにあげてるし、キスも龍ヶ崎から求めてくるし、一虎にハマりつつあるのがくすぐったい♪
気持ちが動いていた一虎も龍ヶ崎の変化を感じとる…

マウント取り合いしていた二人が恋に落ちちゃうのに激萌えです!!!!!


一虎が着替えを取りに元恋人の部屋に行こうとすると、龍ヶ崎が腕をつかんで「行くな」って引き止めるのが、どこのスパダリ様だよって感じでめちゃくちゃかっこいい!これは惚れる!
一虎だってイイ男なのに、龍ヶ崎と並ぶとレディみたいで、パーフェクトな美男美女(男)の恋愛映画を見てるような、憧れ的トキメキを感じます♪


高城リョウ先生のスッとした絵柄のイイ男は、表紙の通り、本当に美しくて、絵だけでもウットリしちゃいます。
マウント取り合いはケンカップルみたいな勢いがあっておもしろいし、対決していた二人だからこそ、恋愛テイストが漏れてるエピソードにはキュゥゥゥーーンとさせられるんですよー。

もーう、この作品、絵も、キャラも、展開もぜんぶひっくるめて「好き」としか表現できません!

この作品に出会わせてくれた『chara collection extra 2018』に感謝です♪
クッソ面倒な全サに応募しといて本当に良かった~。
表紙の絵が好みだったら、トキメキ満載で悶えること間違いなしです^^

2

バリタチ受け、サイコーかよっ!! 美し過ぎる二人よ♡♡

もうっ本当にサイッコー!!!
何回も読み返しちゃってます♡٩(๑>ω<๑)۶♡

受け『一虎』ーバリタチで高校の音楽講師で高身長のイケメン
攻め『蒼志』ー受け以上の高身長でやっぱめちゃクールなイケメン外科医

なんかもうこれだけでこの先の展開を期待しちゃって萌えちゃうぅ~~~(☆ω☆*)
そう、萌えて良いのよ‼‼ 誰の期待も裏切らないからっ。
間違いない感動の名作っスよっっっ!

ストーリーのヒネりがコレまた利いてるのよ‼‼
だって主役の二人がどちらも『攻』な訳でしょ。

事件が起こるのは、二人の相手の『受け』同士がエッチ(浮気?!本気!)をしちゃう訳。
特に『一虎(受け)』の相手はめっちゃ浮気性で、しょっちゅうやってるの。
女の子ともしてて「やりたかったんだもん、テヘ」みたいなね。(攻めの一虎に会う迄ノンケだった)

丁度『一虎(受け)』が修学旅行の引率で出掛けた隙を付き、部屋に『蒼志(攻め)』の受けを部屋に連れ込み、やっちゃってた訳よねー。
そこに『一虎』が風邪引きで引率キャンセルして帰って来ちゃう。
そのエレベーターの中で『一虎』と『蒼志』は出逢うのね!。
『蒼志』も夜勤にオペに酷い激務明けでの帰宅。

『蒼志』は14F(高級階)で、『一虎』は3F。
もち『一虎』は風邪でヘロヘロ。
『蒼志』は舌打ち嫌々ながらも倒れそうになってる『一虎』を、3Fで降りて部屋まで連れてってやる。と、ナント‼ドアを開けたら、中からエロい声が響き渡ってるぅぅwww・・・。
とまぁこの辺りはあらすじに有るわよね。

ぐふふ、こっからよぉーーーっ
自分の受けを抱いてる『一虎』の受けを殴ろうとするんだけど、ヘロヘロヘロになってる『一虎』が「殴るなら俺を殴れ」って。
なんて男らしいんだ。
それを聞いた『蒼志』は『一虎』を軽く背負って自分の部屋へ連れ帰り、「疲れ勃ち」「俺のはデカいぞ!」と無理やり抱いちゃう、それからぁぁぁぁぁぁ・・・。

常に冷静で感情が表に出ない『蒼志』なんだけど、自分が本当に必要なのは誰なのか・・・。
あぁもぉ何回読んでもえぇわ+.(≧∀≦)゚+.゚
美しい男同士、それもどちらもバリタチを自認してる二人、もうめちゃカッコえぇーーー
"♡"♡(*///ᴗ///*)♡"♡"

蒼志の元の受けに「蒼志さんは自分から(エッチ)して来ないから」と言われた一虎の「どこの蒼志さん???」のセリフは受けたぁ。
ぐふふふ、そーよね、一虎だからよね、とめっちゃ満足しちゃった!

もちこの先のちょっと切ない箇所もお約束♡♡

本当にこのストーリー展開には惹き込まれちゃう。
「例えBLでも、作り話でも、納得出来ない内容や展開はダメ!」な方にももうバッチリ。
しかも絵が綺麗。どっちもカッコ良すぎて目も心も保養されちゃう。
どんな事があっても『読むべし!』
120%満足度うけあい(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑ッスよ

出来れば蒼志にあまっ甘でとろっとろにされてる一虎を見せて欲しいんですぅ。
先生っ編集者さん、是非ともよろしくお願いしますっ。

3

いい攻め×攻め

攻め×攻め
その後受けとなる主人公が身長高すぎて攻めはどんだけ身長高いんだよ!!となりましたがめっちゃいいカプでした。

「お前は愛されるからだの方が向いているんだよ」というセリフには思わずわ〜っとなりましたw
受けちゃん同士のカプも可愛くて…こうなるのが本当は正しかったのではないかと思います!

以前、駅で聞こえた会話に「BLは受けが女の子っぽくなるから嫌だ」というものがあったのですが、このマンガはいい意味で受けが受けっぽくないので男前受けが好きな人にもオススメです

1

浮気発覚のタイミングの良さったら

恋人に浮気された者同士のお話ですが、いや無いだろwという始まり方でした(^^;;
どちらも被害者なのに犯されちゃって、受け(本来はバリタチ)が不憫というか。
でも素質あったからなのか、攻めっぽくないからか、悲壮感は無く可愛らしかったです。

最初は反発していた二人がお互いの魅力に気付き好きになって…という展開はあるあるで。
とはいえ些細な事で無自覚に嫉妬する姿にキュンときました(〃ω〃)

全体的にアッサリとしてるので、モヤモヤ等無く読めます。
綺麗な絵でライトなBLを読みたい方には良いかもと思いました(´∀`*)

1

圧倒的に攻めの力勝ち

攻め×攻めのバリタチ同士の攻防とありましたが、受けがめちゃ受けっぽくて、あまりバリタチとは思えませんでした。
性格も発言も子どもっぽいので、男らしいとは思えず、どちらかと言うと女々しいような。。
攻めは後半不器用さや優しさも垣間見えて、だいぶ株を持ち直しましたが、前半は結構な傲慢男ですね。
絵柄はとても綺麗なのでそれだけでも楽しめますが、圧倒的に攻めが攻めなので、想像していたようなマウントポジションの奪い合い感はありませんでした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う