青春花心中(2)

seishun hana shinjuu

青春花心中

青春花心中(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×213
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
190
評価数
43
平均
4.5 / 5
神率
62.8%
著者
河井英槻 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
青春花心中
発売日
ISBN
9784403665653

あらすじ

唯一心を許していた先輩の山崎に襲われ孤独を深める竹中。
学生時代から続くすれ違いを乗り越え、二人が結ばれる日は来るのか?
ついに完結!!

表題作青春花心中(2)

山崎,高校の先輩/整備士
竹中力,高校生/契約解除されたサッカー選手

その他の収録作品

  • 番外編① 吉村兄弟(描き下ろし)
  • 番外編② 帰り道(描き下ろし)

レビュー投稿数10

青春と花と心中と、青春が辿る路

切ないけれどハッピーエンド大好物な方にお勧めです。

1~2巻を読んでの感想です。

初登場時の山崎先輩(攻)は非イケメンのモブ顔モブキャラな言動ですが、2話以降じょじょにいかつめのイケメンに変身していきます笑
初登場は印象に残りやすいので、しばらく山崎先輩に違和感を感じていましたが、やはりお話を楽しむことが最優先と頭を切り替えて世界観にどっぷり浸かりました
未読の方はイケメン山崎を目に焼き付けてから一巻を読むことをおすすめします笑

とにかく竹中(受)の境遇も可哀想なのですが、報われない想いをひたすら抱えている山崎に感情移入してしまいました。
東京に行く電車の中で山崎のことを思い返すこともなく、幸せになりに行こうと希望に胸を躍らせる竹中に、ちょっとくらい山崎のことも思い出してあげて!と思わずにはいられませんでした。そして竹中を乗せた電車を追いかける山崎との対比が泣けます…!

東京での再会後、学生の時そうだったように竹中の逃げ場になることで再び竹中を手元に置くわけですが
もうね、切ない、そんな風にしてしか竹中の側に居ることができない山崎が切ない
竹中には他に好きな人がいると分かっていて、なんなら自分は嫌われているとすら思っていて、優しくすることも思いを伝えることもできず
友人だったあの頃に戻れるわけでもなく愛情と憎しみがまぜこぜで、それでも側に居ようとする山崎に泣ける
もうね多少(?)の非常識な行動も許せてしまうってもんですよ!
まぁ、ただ、そんな逃げ場になれる山崎先輩は孤独だった竹中にとって自覚はなかったとしてもやっぱりずっと特別だったのだと思います

そして、いかつい見た目で粗野なのに俺の青春なんて青い言葉を使う山崎!
でも、そうでした。竹中の心の機微に敏感で、恋に一途という一面があるんだもんね山崎!
がんばれ山崎!
とひたすら山崎を応援していました笑

そして2人の共通の知人である鹿島の存在も大きかったですね
時に竹中の心を和ませ、明るい道を照らし、山崎の本心を唯一汲み取っていた人物
鹿島が山崎に「無駄にされるおまえの人生がかわいそう」と言うシーンがあるのですが、その言葉に少しだけ救われた気分になりましたよ…!
第三者視点でそんなことを言われたら更にせつなくはあるのですが、それでも理解してくれる人がいるという事実が重要なのですよ!
切なさを効果的に演出してくれています!

そして告白シーンと告白に繋げるやりとりもお上手なのですよ!
最後の最後で愛憎入り混じっていた山崎先輩もついに竹中の幸せを願って追いかけるのを止めようとするんですが突き放した言い方が、切ない…!
「俺らの間に何があったっていうんや」に泣けた…。10年くらいの付き合いがあって、体の関係もあったというのにですよ…!
それでもひたすら言葉にせず想い続けてきた山崎。ある意味事実だけれど事実だからこそ余計に悲しい言葉…!言われた方も悲しいけれど言う方はもっと悲しいよ!
でもそれだけじゃないでしょう…!と心の中で言い返さずにはいられません!

とまあ紆余曲折をへて上手くいくわけですが(長い、長かったよ…!)、上手くいってからの受けがね
山崎も少し困惑している様に見えるくらい可愛いことになっています
しかし山崎ならどんな竹中でも受け止めてくれそうなところが、またイイんです!

人間万事塞翁が馬とはいいますが、
山崎の青い春も、竹中の青い春も報われた良いラストでした!、

8

まさに青春。最高の結末でした。

1・2巻一気に読みました。
最初と比べて山崎先輩かわりすぎ男前になりすぎ!!でも六年も連載していたのなら多少は・・・ね?
何はともあれ、二巻通して読んで初めてのレビューを書きなぐってしまうほどに素敵な作品でした。

同級生からの扱いや叶わない初恋や性癖を感づかれた親相手に擦り切れるような中学時代。
ただ逃げ場にしていた山崎先輩という存在は一巻の冒頭シーンからは想像もつかない。
一度体の関係をもってしまって泥沼化してしまった先輩との関係。
そこから恋愛甘々な空気に流れ込むでもなく、ただ泥沼の底のほうでたゆたう高校生活。

そこに新たに吹き込んだ鹿島ちゃんという存在。
そして山崎と竹中に突然の別れ。山崎の必死に追いかけるシーンがすごく胸に刺さりました。
鹿島ちゃんがとてもいい子で、彼がいなければ幸せな二人も見ることができなかった。

やっと好きって言えた時の山崎先輩の姿が胸を締め付けました。
高校時代に竹中の乗った電車を追いかけた先輩の姿を思い出して涙腺が緩みます。
想いが通じ合ったあとのベッドシーンがまたえろい。
初めて本気で感じまくっている竹中が可愛い!

至極のお話でした・・・!!!!

6

終わりがものすごく好き。

いやー 本当に最後の最後の最後でぐわーっと感動します。

二巻も辛くて重苦しい過去の話が続きます。
ひた隠しにしていたのにゲイである事がバレて友達を失った学生時代、初恋相手であった友人の裏切り、唯一いい友達になれるかもと思っていた山崎先輩にも裏切られ、母親にはゲイバレした挙句に隣の県の精神病院へ連れていかれ…。
そんな「腐ったドブ川のような世界」を捨てて、スカウトされた東京のチームへ。

山崎先輩もなぁ。10年かけた執着愛なのに不器用すぎるでしょう…。不器用すぎるから10年かかっちゃったとも言えますが。

「最初だけでも。好きな人に愛されてみたかった」と涙する竹中。
東京話を知らされず、電車が去った後のホームでの山崎先輩の絶叫。

竹中から「俺のこと解放してください。」と言われてそっけない返事をしちゃうし、「もう一生会わないかもしれないですね」と言われて、しょうがない…って返事しちゃった時の彼の胸中ときたらいかに…!愛ゆえに竹中を解放してやろうと、ついに思うんですけどね。

そういうのを全部全部読んできての最後の「この世で一人きりだと思ってたあの頃にも、俺はちゃんと愛されていた。」という竹中のモノローグが、ものすごーく胸に迫った。
否定し続けてきた過去を肯定出来たということが何よりの救いでした。
不器用すぎる二人の遠回りして遠回りした結果の愛。

それにしても竹中の元カレの吉村さんが本当にいい人だった。別れた後も素晴らしくいい人。あまりにもいい人過ぎて何故、吉村さんじゃダメだったんだろう…って思うくらい。だから彼が言う「僕と付き合っていたことを忘れないで」ってシーンは泣ける。
竹中が吉村さんとの付き合いを「際限なく甘えた 自分のこの図々しさにいつか愛想をつかされるんじゃないかと いつも少し怖かった」と振り返っていたけどそこかなと。
吉村さんは竹中のことを「びっくりするほど甘え下手」と評していて、選手生命に関わる怪我をして不安と怒りで当たり散らしたいのに自分がいると我慢しちゃう、でもやっぱり爆発してその度落ち込んで…と振り返っていました。
それに対して、竹中は先輩に対して遠慮がないし、先輩も遠慮がない。
だからこそ、チームから解雇されて落ちこんだ時に先輩についていったのかなと思う。自暴自棄になっていたとしても弱っている自分を唯一見せられる相手という事で。
トライアウト後のオファー待ちの際に「俺はうまいけど見る目がないやつがいるんですよ!」みたいな事を言う竹中に向かって「どんだけ目が節穴でも全盛期の中田落とすやつはおらんやろ?」みたいな事を言えちゃう先輩の勝ちかなと。
先輩、良かったね。

初読み時は萌萌だったけど、読めば読むほど細部が色々把握できて神に。(初読みで色々把握出来ればいいんですけどね…)
ヒリヒリした痛みに付随する独特の甘美さが好きです。

ちなみに河井さんのブログを見たら連載開始前は、竹中のダメンズ恋愛遍歴と人生って感じのテーマで、誰ともくっつけるつもりはなかったらしい…。トライアウトが始まる所で吉村さんが迎えにきてたり、山崎や鹿島も横にいてみんな一緒で割と幸せだなって感じで終わりにする予定だったそうです。でもBLだとそれじゃダメだな…となったみたい。うん、それだと誰も納得しなかったと思うので、くっついてくれて良かったです。

5

不器用なんです・・っ

大作でした〜〜〜っっっ
本当に面白かった!!なんか久々にしっかりした内容の大作を読んだ気がします。

山崎の初登場時、竹中に絡むろくでもねえ先輩かと思ってたのに、学生時代の粗野で淡々とした雰囲気が本当に良かった!
男は背中で語るを地でいく彼に惚れましたねっ

学生時代、不良だと恐れられていた山崎の態度は、竹中に対する時だけは違った。
人から見れば特別扱いだったそれも、竹中には全く気づけない。
もし、気づいていたとしても、恋に傷つき、学校や親からゲイである事を責められ、自暴自棄になっていた彼がそれ以上深く考える事はしなかった。
山崎の部屋は、息の詰まる生活から逃れられる数少ない避難場所。
竹中は山崎と寄り添う事で自分という存在の許しを得ていた。

この話の萌える点は、大嫌いから大好きに変えるという所なんです・・!
上辺だけの軽いノリのツンデレの話じゃありません。
長い時間を掛けて、恨み、傷つき、離れて、恨んで、それでも結局、戻ってしまう。
この時間経過と共に描かれる彼らの心情がとても丁寧で、やるせなくて心に沁みます。
ページが進む毎に、学生時代の話から現在へと戻る瞬間を読めて本当に嬉しかった。
絵だけではなくて、目の前の現実を見据えた文章にも惹かれました。

もともと不器用で無骨な男が好きですが、この山崎、すごく真っ直ぐで無様でカッコ良かったv
読後の爽快感の良さに思わずレビューしてしまいました。
これはオススメです!

4

切な苦しくて最高

すごくよかった。河井先生神すぎと思った感動した。
プロサッカー選手の竹中は膝の怪我が原因でチームを解雇される。そんな竹中の前に現れたのは地元の先輩の山崎。初めての男で先輩でも好きでも何でもない人。
竹中の思いは出てった地元の記憶へと繋がる。
竹中の初恋から、前彼そして山崎先輩への複雑な思いがちょっとづつ破かれていくように分かっていくのが良かった。
河井先生イタイ表現がが容赦ないんだけど、最初の山崎先輩の嫌われっぷりがほんとひどいw
山崎先輩は竹中につきまとってて、嫌われてもしょうがないんだけど、君も先輩に相当ひどい事をしてるよ。
けっこうお世話になったのに、捨てるみたいに何も言わずに東京に出て行くとか。

竹中の初恋の古村の性格の残酷さとか、親とか竹中が地元を出る事になる過程が胸を突かれるくらい苦しい。
高校時代の山崎先輩とのやりとりがこの頃もう好きだったのかな、とか甘えるの苦手な竹中が甘えてたんだなと。
最終的にはハッピーエンドですが、それまでの過程が苦しいくらい切ない。竹中をずっと好きな山崎先輩の気持ちにやられます。
お互いの恋をこじらせそれが終わるまで青春は終わらない。最後はハッピーエンドですよ!


そして、最初モブ顔の先輩が5話くらいでいきなりイケメンに変わるという…絵柄どころの話じゃないよね?と突っ込んだけど、それを無視してもストーリーがよかった。でも最初は先輩モブと設定してたんじゃ…と邪推。

二人以外の人もちゃんと人物ができててよかった!鹿島先輩はサッカー部の先輩で竹中と山崎を見守るような役なんだけど、本当にいい人。この人がいないとよくある2人完結のBLになってたかも。脇がしっかりしてこそ話に厚みでますよね。

4

長い長い回り道の先には

1巻、2巻続けて読みました。とても良かったです、本当によかった。
山崎先輩、不器用すぎるが故に竹中に素直に好きとも言えず態度で示すこともできず、、、、それでもずっと大人になっても陰ながら見守ってきた、もう、健気すぎます。
東京に行く竹中を追いかけ、今まで無骨で感情を表に出さなかった山崎先輩のここからの思いの丈をぶつけていく終盤までの話の流れはもう涙なしでは読めませんでした。
閉塞した田舎と自分の存在を否定され続けてきた竹中の暗黒の中高時代、捨ててしまいたい過去でも山崎先輩に愛されていたと気づけて本当によかった。

0

大好きな作品が遂に完結…!

1巻発売から約6年。
完結編となる2巻が遂に発売されました!

前巻の続き、中学高校時代の回想編から。
信頼していた山崎先輩に襲われかけ、その後母親から同性愛者であることを理由に病院に連れて行かれ…と辛い出来事が続き自暴自棄になった竹中。 
山崎を誘い、以後ズルズル身体だけの関係を続けることになってしまいます。

竹中に想いを寄せるも、自分が竹中の眼中にないことを知っている山崎。
ぶっきらぼうな性格とタイミングの悪さ故に想いを伝えられず、暴力的な形でしか竹中と繋がれない姿が切ないです。
竹中は竹中で、閉塞的な田舎町や無理解な母親との暮らしに鬱屈した想いを抱えており、山崎の気持ちを考える余裕などなし。
お互い突き放し合う一方で、相手に突き放されたら傷つくという不器用すぎる二人のすれ違いっぷりに胸が痛くなる展開です。

二人の関係は、竹中がサッカーのスカウトを受け、山崎に黙って上京したことで終了。
その後整備士として上京する山崎ですが、再会した竹中に怯えられたことで激昂。
竹中の恋人・吉村を殴り、その後も未練がましく竹中のマンション前に待ち伏せ…と、何とも救いようのない姿が描かれます。

そして、戦力外通知を受けた竹中が山崎のアパートに転がり込み、鹿島からトライアウトの話を聞き…
と、ここから1巻現在編の続きが描かれます。

山崎に「ずっと好きだった」と告白され、ようやく彼の気持ちに気づいた竹中。
そこからの急速なデレ→初両想いHでの恥じらい様が破壊力大です。
急に態度が変わり過ぎな気もしますが、何だかんだ竹中が辛いときずっと側にいてくれたのは山崎先輩で、自分に執着してくれる相手・自分が弱みをさらけ出せる相手として、昔から竹中の中で山崎先輩の存在は大きかったんだろうなと思います。
(それに気づいていて、フラレて潔く身を引く吉村さんはちょっと出来すぎな気がしますが)

描き下ろしの遠恋展開は少し寂しいですが、離れていても縁を切らさず末長く付き合っていく感じがとてもこの二人らしいなと思いました。

高校時代のバイクの約束も果たされ、爽やかなラストに感慨深い気持ちに。
青春時代の片想いと心中しそうな勢いで竹中に執着していた山崎も、
苦い記憶しかない青春時代を葬り去ろうとしていた竹中も、
ようやく自身を青春の昇華させることが出来たんだなと満ち足りた気持ちで本を閉じることが出来ました。

完結まで長かったですが、追いかけてきて良かったと思える作品でした。
ピュアで繊細で尖った独特の世界観を描かれる河井さん、今後の新作も大変楽しみです(もちろん『王子と乞食』の続きも!)。

8

10年経って咲いた花……待ちにまった完結編です。

センシティブでノスタルジックな甘さと痛み、
そういう世界を描かせたらピカイチだと思っている河井先生。
大好きなのだが、遅筆なのが読者泣かせ……
この作品も、長いことまった後、ようやくの完結編です。

かなり厚みのある1冊は、読み応えがあり
時間がかかった為、絵の変化があるにはあるのだが、世界感は変わらず、
心臓が痛いような甘い痛みを味わいながら、最後は心満ちて本を閉じた。


物語は過去編から始まる。
冬になると雪に覆われる地方の町で生きる10代の、やるせない閉塞感。
許されない片思い、家族からも理解されないどうしようもない孤独を
やはりはぐれモノの山崎先輩とだけ、不器用に分かち合う竹中。

傷つけ合う形でしか互いに関われない、未熟な二人が
十年の時を経て、ようやく向かい合って幸せになる話……
なのだが、細部の描き方が光る。

サッカーをしている時だけが幸せな竹中が、
高2の冬スカウトの目に止まり東京に旅立つ。
彼にとっては幸せへの切符だが、それを見送るシーンが胸に迫る。

その後は東京編。
一巻の冒頭につながり、片思いの相手に似た恋人も得ることができ
Jリーガーとしても活躍して幸せだった竹中が、怪我によって戦力外となり
再び孤独と無力の底に落とされた時に、彼が身を寄せたのは山崎のもと……

それでも素直になれない二人が、ようやく思いを交わした後の
竹中の可愛さと言ったら、河井さんの赤面する絵にこちらも赤面する。

青春花心中、
青春のピュアで不器用で自分も傷つくことしかできない思いを
どうしようもできなくて、それと心中するしかなかった二人が、
10年経って生きてその花を咲かせることができるようになった……
そんな物語。

大輪の華やかな花ではないかもしれないけれど、
自分の根っこから咲いた優しい花を抱いて、幸せになって下さい。


※彼らの故郷は、福井県。
 旅立ちのシーンは、北陸本線の鯖江駅が舞台と思われます。

8

儘ならない恋の結末

山崎先輩のビフォーアフターが、やや気にはなりましたがとても面白ったです。

同性が好きな為周りに心無い仕打ちをされたり、想い人には絶対に振り向いてもらえないどころか、寧ろ自分を貶める様なことをされる竹中の青春時代は、見ていて本当に辛かったです。でも、それ以上に山崎先輩の口にできない想いが、痛い…というか、ヒリヒリとしみてきますね。
吉村は古村と違って、ちゃんと竹中を愛してくれていたし、竹中も吉村に恋していた気持ちは嘘ではなかったんだろうけど、それでもやはり山崎の元に戻ってくれて良かったなぁ、と思いました。
見た目だけなら、絶対吉村の方が好みだろうにそれでも山崎を選んだ竹中の決意に胸を打たれました。
山崎の方も、竹中みたいな男と遠距離で付き合ってたら不安にもなるでしょうが、最後は必ず山崎の元に戻って来ると思うので末長く甘やかしてやってほしいものです。

2

鹿島ちゃんと吉村もいい人過ぎるから幸せにしたい

 300ページ近い長編で、丸々表題作となっていました。楽で心地良かった関係が拗れてしまい、爛れた性生活を送るようになった山崎と竹中。お互い言葉の足りない、不器用同士の不純交遊。それを一番傍で見ていた鹿島はもどかしくて仕方なかったでしょうね。臆病さもあっただろうし、この頃は自分の相手に対する気持ちも100%理解はできていなかったんじゃないかな。最も近くにいたからこそ、本当に大事にすべき相手だと気付けなかったような、そんな印象でした。

 古村との関係こそ苦さを残して終わってしまいましたが、上京してからの竹中は人に恵まれましたね。良き理解者として鹿島も傍にいてくれたし、新たに恋人になった吉村は本当に心穏やかな優しい人で、別れた後も竹中を恨んだりせず、心配したり応援したりしてくれる出来た男性。2人がいなかったらこの結末に辿り着くまでもっと時間がかかったかもしれないし、拗れたままだったかもしれない。でも、幸運にもそんな2人に見守られながら、ようやく山崎と竹中はお互いに本音を晒け出すことができます。

 初めて会った時から一目惚れしていたという山崎と、古村に未練を感じながらも、心の奥底ではきっと徐々に山崎に好意が傾いていたであろう竹中。あれだけ爛れた関係だったのに、山崎がちゃんと自分を好きなんだと知った途端、赤面することが増えた竹中がすごく可愛かったです。苦い初恋の思い出すら、山崎からの愛で書き換えられたんじゃないかな。山崎とつるみ始めた頃、実家の2階の窓から自分を見下ろしていた山崎が既に自分を好いていたんだと思い返して、気持ちが満たされる竹中に、本当に幸せになってくれて良かったなぁと心から思いました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う