俺が怪我しても、ちゃちゃっと治せるすげー医者になってくれよ!

ミスター・フィクション

Mr.fiction

ミスター・フィクション
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神57
  • 萌×253
  • 萌37
  • 中立9
  • しゅみじゃない16

--

レビュー数
23
得点
617
評価数
172
平均
3.7 / 5
神率
33.1%
著者
碧本さり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801957824

あらすじ

サッカー選手である親友・梶との約束を守り整形外科医になった雨宮。
けれど久々に会った梶は、怪我の影響で選手生命が終わってしまう虚無感に苛まれていた。
二人で飲んだ帰り道、梶は階段から落ちて高校卒業後の記憶を失ってしまう。
ずっと梶に想いを寄せていた雨宮は、この状態を利用して「俺の恋人はお前だ」と嘘をついてしまい――!?

片想いを拗らせた不器用なドクター×崖っぷちサッカー選手の嘘から始まる、恋。

表題作ミスター・フィクション

雨宮晢,整形外科医,高校の同級生
梶幸彦,サッカー選手,逆行性健忘症,高校の同級生

同時収録作品ミスター・フィクション

佐伯 圭吾,32歳,心療内科医,雨宮の元彼
雨宮 哲,整形外科医,医大同期

その他の収録作品

  • between whiles(描き下ろし)
  • カバー下:表紙カバーの雨宮and梶 アフター・おまけ漫画「連載中の思い出と言えば…」

レビュー投稿数23

スピンオフの続巻が出るから購入したけど

「ダブル・スタンダード」の続巻を予約したので、こちらも購入して読みました。
まだ「ダブル・スタンダード」の方は未読なので、佐伯の印象は最悪です。

碧本さり先生の「不実とエディプス」は趣味じゃなかったんですが、こちらの作品はとても良かったです。

不器用な大人たちの恋愛にとても萌えました。
ほんのちょっとだけ雨宮に勇気があったなら遠回りしなかったのにとか、でも遠回りしたからこそ今の二人に落ち着けたんだとか色々と妄想してしまいました。

エロも多くて雨宮の梶に対する執着とか、梶と佐伯の雨宮を巡る火花の散らしあいとか面白くて、スピンオフ元の作品を読むつもりだけだったのに夢中になっていました。

4年前の作品なのでちょっと線の荒さは感じますが、梶の表情とかハッとする場面も沢山ありました。

これから「ダブル・スタンダード」を読むので、佐伯の印象がどう変わるか楽しみです。

1

嘘から出たまこと

エッチ多めでストーリー性もある、バランス型の作品です。

高校生から梶(元サッカープロ選手)の事が好きな雨宮(医師)。梶が事故で記憶喪失になったきっかけで、雨宮は梶と自分は恋人同士だったと嘘をつき…というストーリー。
この嘘で結果的にはハッピーエンドになる訳ですが、なかなか思い切った事をします。梶も梶でかなり思い切った嘘をつくし。雨宮にしても佐伯(雨宮の元カレ 精神科医)にしても、医者とは思えぬ倫理観の無い行動をするので、そこは正直受け入れ難かったのですが、展開が多くて早いので飽きずに楽しめました。
佐伯×雨宮シーンもあるからエッチの量がさらに多く見えるんだな。メインCP攻めの受けシーンが無理な方は読めない作品です。

あとがきに梶のプロ現役時代や、雨宮と佐伯の研修生時代のエピソードが温めてある記載があって、その辺読みたいな〜と思いました。上下巻でそんな話も挟んでたらもっと厚みのあるストーリーになったかも?
佐伯のスピンオフがありますけどね!

※電子限定おまけ漫画 エッチ4頁

1

どっちもズルイ

受けが記憶喪失になったのを利用し、自分が恋人だと嘘をついた攻め。
戸惑いながらも一生懸命受け入れようとする受け。
しかし、どちらも秘密をかかえていて、、、。
みたいな流れですが、エロいです。
ありがとうございます。エロいです。

攻めのメガネの方は、作中受けになる場面があるので苦手な方はご注意あれ!
私はそういうの凄く熱くなりました。
滾りました。

ストーリー性もあってエロいのが読みたい
エロいけどストーリー性も欲しい
って方は読んでみてもいいかと

2

エロエロな作品

面白かったです
働く大人の男なんですが、なんかちょっと雰囲気が独特でとにかくエロイ

よくわからないまま、ズルズル身体重ねてて、攻めもよくわからないまま受けになってて、いろいろ気になるというか、ひっかかっちゃうところはそれなりにある作品だったので、ちょっとなぁ‥という感じも否めないのですが

それでも、ストーリーやキャラクターは魅力的で面白く読めました

個人的には、受けに感情移入しにくかったかな
だからといって、攻めを不憫に思うこともないし、そういう意味で不思議な作品でした

2

すいません…

ごめんなさい。
攻めが一時的に受けになるのがどうしても受け入れませんでした。

3

みんな雨宮のせい!

みんな雨宮のせい!

記憶喪失になった片思いの梶に自分の恋人だと嘘をついて連れ帰る雨宮。
高校からの片思い、長いです。こんなチャンスはもうない、なりふり構ってられないって。
早々に体も求めて。

雨宮の元カレ心療内科医の佐伯が雨宮の嘘を見抜き脅して体の関係を迫ります。梶が寂しく部屋で待ってるのに、止めてあげて!とハラハラしました。
なぜ元カレに診療を受けさせるのか!そしてなぜ脅しをすんなり受け入れるのか!

とうとう梶に雨宮と佐伯のしてることがバレて。

梶は実は記憶喪失じゃなくて、自分の境遇やらが嫌で記憶喪失の振りをしてたんですね。そして雨宮との恋人の関係も心地よくて。
そもそも梶が結婚する話をした時に連れ去って欲しかったけどその時は二人は交わらず。

でもこうやって紆余曲折を経て梶も雨宮も本当の恋人になれ、雨宮のサポートで梶も新しい目標を見つけられて、膝の治療も順調で本当に良かったです。

二人で暮らす部屋と誕生日プレゼントのお揃いの腕時計。これからずっと同じ時を過ごすのですね。

佐伯の心療内科医としての態度や、雨宮を脅して体の関係を強要したおとがめがないのが気になります。

しかし梶はすっかり開発されましたね!みんな雨宮のせい!

2

Personal Opinions

*This is a little spoiler and my personal opinions (they're negative opinions toward this mag, so please don't read if you don't feel comfortable). I won't accept any insults.

Hello, I'm American. I guess not everyone can read Japanese so I'll write this in English. I don't mean anything bad, but I want to remind everybody one small thing before they decide to by this book, ask yourself: "Will you accept cheating? Do you think everything is forgivable?" The main plot of this story is about the seme cheats on his uke (multiple times) with another man. After the uke catching the seme is sitting on another man's bed, the seme askes for forgiveness, and the seme seems to be very regret his mistakes. And the uke forgives him in the end.

IN MY OPINION, if the seme knows how much he has hurt his lover, then why does he cheat on his lover since the beginning? That sucks. The most frustrating thing in here is that the seme always says sweet words in front of the uke, while he gets f*cked in the ass my another man.
I guess different person will have different perspective about "LOVE," but I THINK for someone like the seme in this story, he will cause the same mistake over and over again. I know sexual desires don't decide the emotions of someone, but the seme uses comfort words in front the uke, then moan under another man's hands, doesn't that mean his love is nothing compare to his lust?

Aomoto Sari sensei is a great person, her mangas are always good. However, this is the first time I feel regret after buying her book. If I read the reviews carefully, I wouldn't buy this book, sorry for being harsh. I will always support sensei with all my might, but I apologize, not this time, not this story.

Maybe you and other people think it's a fantastic story, but sorry... not me... Remember that this is a little spoiler and my PERSONAL opinions, so no war. I won't accept any insults or bad words from you.

3

重ねた嘘が繋ぐ愛

うわっ、マジか!!最初から!?嘘!?
そう思ったら、読み返さずにはいられなくなりました。
タイトルの意味を理解した時にはすっかりハマっていました(^^)面白い作品ですねー!こじれた両片思いは、嘘だらけの中に埋もれていた唯一の真実の愛だったんだなって思いました。

高校からの友人 医師の雨宮(攻)とプロサッカー選手 梶(受)。2人で飲んだ帰りに梶は頭をケガして"高校卒業以降の記憶を思い出せない"記憶喪失になります。片思いの気持ちが疼いた雨宮の嘘で、恋人となる2人でしたが、"心因性"の可能性がある梶は雨宮の元彼で心療内科医 佐伯の診療を受けるうちに、どんどん雨宮への執着や依存が強くなっていきます。そんな中佐伯[攻]と雨宮[受]の事後に遭遇してしまう梶からまさかの真実…全部覚えてるっ!全部 嘘っ!! 驚きの展開でハマる私、すでにこの時点で内容めっちゃ面白いなぁって思ってましたが、この後色々真実が分かっていくとさらに面白くなります!
何が嘘で、なぜ嘘をついたのか、なぜ嘘を見破れなかったのか、何が本当なのか…ぶつかり合う3人の心と体がその真実を導き、私の中では腑に落ちて終わってくれました!そこが大満足(^^)こじれた両片思い大好きなので、記憶喪失が嘘だって分かる前より、分かってからの方が好みかな♫最終的には雨宮と梶は両思いを自覚しあって幸せになります(^^)

電子版で購入したので、おもちゃで楽しむHな2人を堪能させていただきました!!すごくイイ(〃ω〃)2人で気持ちよくなるのイイ(〃ω〃)

若干イラッとした佐伯については笑、なんとスピンオフで新たな物語が今後コミックスとして発売されるようなので、それを楽しみにしてます♫まぁ悪いのは流されやすい雨宮かなーとは思いますが笑。このお話って、誰か1人が悪いんじゃないんですよね!誰のことも責めたくなるし、みんな悪い!辛かったとは言え記憶喪失と嘘をついた梶の行動で暴走する雨宮、恋人と嘘をついた雨宮の発言で色々苦しんだ梶、優柔不断な雨宮と嘘つき梶によって当て馬と化した佐伯…うわっ、1番可哀想なのは佐伯笑!?こんな妄想の連鎖はやっていて楽しいです(^^)

健気な梶が可愛くて、友人選手のヤマ(山本)が出てきて梶とベタベタするのを嫉妬深くみる雨宮に対し、もっとベタベタしてやれヤマ!って思っちゃいました笑!ヤマのキラキラした笑顔が可愛い(^^)そんなに出てきませんが、お気に入りかも♫雨宮にヤキモチを妬かせたくなるほどに、梶の健気受けを気に入ってしまった私(^^)

引き止めてほしかった結婚、自信がなくて繋ぎとめられなかった手、チャンスとばかりについた嘘…過去も今も、相手を思うが故の嘘は切なく、自分の身勝手さからついた嘘に自身は苦しめられているように見えました。でも相手が気がつかなければ、知らなければ、嘘であっても嘘にはならない…偽りの事実であってもそれは"優しい嘘"なのかなって私は思うので、仮に本当に梶が記憶喪失のままなら、雨宮とは結果的には幸せになってるかもとか考えちゃいました。突き通せない嘘は、嘘をついた方もつかれた方も残酷ですけどね。
嘘つきは良くない、でもそう言いつつも、生きていく上で真実しか言わない人はいないと思います。嘘や偽りは誰にでもあります。ただ、その嘘が、相手や自分に、その後どう降りかかるかを少し考えてみると、また違った答えや考えが生まれるのかもなって思いました。
(いつもながら色々深読みや考えすぎる私…でも、だから面白いんです漫画って(^^))

フィクションの中で見つかるノンフィクション、ぜひ読んでいただきたいです♫

1

執着愛だけど可愛い。

(彼の憔悴…、ケダモノ…)の評価の高さに欲望を駆り立てられこちらの新刊発売の際、5冊一気に揃えたのです。
で、(ケダモノ…彼の…)と読んだのですが、甘々というのに惹かれたのですが、思ってたより…だったせいか…なぜかこの本ごと、本棚の片隅に積み上げてしまったらしく…なんと1年近くも…!最近慌てて読んだ次第です!

感想は、すぐに読んどけば良かったわ…(泣)
甘々というのであれば…この作品こそ甘々です。
碧本先生の絵はすごく上手いんですが、少しクセがありますよね。
暗く重めな印象で歪んだ恋愛のイメージが強く大人向けかなっと思います。

皆様のレビューにもありますが、ホントに読む側でかなり捉え方が変わる作品かと思います。
雨宮さんの行動は理解しがたいとこがありますが、梶くんとの関係を守りたかっただけだろうし、梶くんと両想いと分からなかったうちは佐伯さんとも気持ちと体である程度割り切っていたという感じ。
佐伯さんも、非道な当て馬かと思いきや二人の気持ちにほだされて応援する側に回るいい人ですし。
嘘がテーマだけど、お互いが好きなゆえについたもの…結局のところ悪い人はいません。

私的には、只々雨宮さんと梶くんはめちゃめちゃ両想いのラブラブCPです。
梶くんが雨宮さんに執着しているところもひたすら可愛いだけです。
一間、闇の深そうなんですが、とってもハッピーエンドな二人に最終的にほっこりいたします。
深読みすると色々なものが見えてきて、印象が変わる面白い作品だと思いました。

少々な事は許せる経験豊富な大人の方におすすめ。^m^

1

凝ったストーリー展開はよかったです

 ストーリーは凝ったものだったと思います。ドラマにでも出来そうな話だなあと思いながら拝読していました。
 ただ、この作家様をお好きな方には大変申し上げにくいのですが、表情などの描き方で感情までを理解するのが少々難しかったです。絵柄そのものは好みのタッチなのですが・・・。
 「初めに感情ありき」からスタートしているお話なので、どうして互いに恋心を抱いていたのか、どうしてその恋心を捨てずにいたのか・・・等々が不明確なままストーリーが展開していくので、攻め受けのどちらにも共感の気持ちを持つことが出来ませんでした。
 ただ当て馬の医師が悪い人だったり好い人だったりと、キャラがいまひとつ定まってない印象を受けました。ライバルポジでもあり、意地悪キャラでもあり、ひっかきまわす役回りだと思うんですが、この人ひとりにいろいろ押し付け過ぎたような気がします。
 最終的には紆余曲折ありながらもハッピーエンドを迎えますし、読後感は悪くありませんでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う