指先からコイゴコロ

yubisaki kara koigokoro

指先からコイゴコロ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
86
評価数
23
平均
3.8 / 5
神率
21.7%
著者
藤山丸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
EYE'S COMICS BLink
発売日
ISBN
9784834262896

あらすじ

アンタ男が好きなんだ?
有能だがコミュニケーション能力皆無の八重樫と、人望厚く面倒見のいい課長・名護。ふたりは仕事に対する方針の違いから、ことあるごとに衝突していた。そのことで上司から注意を受けた八重樫は、同僚の植田に「コミュニケーション能力を養うべきだ」と勝手に出会い系サイトへ登録されてしまう。そこで出会ったハナという女性に惹かれ始めるが、ハナに宛てたはずのメールがなぜか名護の携帯に届き…!?じりじり・すれ違いメールラブ。


表題作指先からコイゴコロ

八重樫尭 A社の有能・コミュ障の社員
名護堅碁 B社の現場で働く課長 38歳

その他の収録作品

  • 年下彼氏の悩み(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

レビュー投稿数3

メールの言葉から始まったロマンチックな恋♡♡♡

この2人のCP設定は兎虎にそっくりだったので知ってからすぐに買いました♪♪
最初は2人に接点はなかったものの、「ハナさん」の助言や苦情処理の失敗対処をきっかけに八重樫自身の心と名護との関係は変わっていく様がよかったなぁと思いました。
しかも、名護の過去の自分みたいな人間=八重樫っていう設定自体が、タイバニライジングにも出てきているのでいいなぁと思いました。
私自身もコミュニケーション障害が酷い精神系障がい者だったため、この作品には感情移入が入りやすい・懐かしいな・私も将来こうなるのかなと思う場面が多々ありました。
個人的に物語性が非常に良かったと思いました。

そして、2人のすれ違いが終わり、恋人同士になって初めての♡♡♡時の名護さん、どれも可愛かった♡♡♡ですが、「変態」って真っ赤になるところはもうたまりませんでした♡♡♡♡♡♡
描き下ろしも名護さんの♡♡時の顔と♡♡♡後に目が少し開いた顔、もうメロメロになりました♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

ストーリー性がある方が大好きという方にオススメです。ぜひ買ってみてください!!

4

おじさん受けやっぱり楽しい!!!

合理的主義者で他人につっかかりまくりの八重樫と
面倒見が良さげな顎鬚おじさんの名護、
冒頭からケンカ腰で心が躍りましたww
だってこんな二人が恋に落ちてしまうんですよ!?
どんな魔法!?ってわくわくするじゃないですか!!

お互いだとわからずメル友(死語なんだろうか…)で
しかも名護は性別を偽らざる理由があって、という
わかりやすい設定ではあるんですが(すみません)
とても展開が楽しいのです!!

仕事がデキるからと言って小生意気な八重樫に
共同開発事業の相手先のおっさんとしか認識されていなかった名護が
偉ぶることもなくそっと諭してやるところとか
ミスを共に対処してくれたりとか男らしいー!!!
そういう面に次第に態度を軟化していく八重樫も可愛いです。
気持ちをぶつけてくるところも、
以前とは違い名護に心を開いてる感満載でこちらまで嬉しくなる!

そんな男らしい名護が、抱かれちゃうんですよ……。
戸惑いつつ、八重樫を受け入れてくれるんですよ…。
ノンケ同士だけどそこまでの流れも自然でした。

1冊まるっとで、じっくり二人の恋の始まりを楽しませていただきましたが、
ナイスアシストの八重樫の同僚・植田がめちゃくちゃいいヤツ!!
難儀な八重樫になんだかんだと世話を焼いて、
相談相手になってくれたりしています。
良き理解者だし、きっと植田はこれからも惚気られたり
痴話げんかに巻き込まれたりするんだろうなww

イチャついた二人ももっともっと読ませていただきたいです!!

4

かわいいおっさん受け

仕事はできるけどコミュ能力が低くて周りにつっかかってばかりの八重樫と、面倒見が良くて周りからの信頼も厚い課長・名護。

仕事のやり方の違いから何かと衝突ばかりの二人。ある日、同僚からコミュニケーション能力を養えと勝手に出会い系サイトに登録されてしまう。
最初は気乗りしなかっただけど、年上のハナさんという女性とのやり取りが楽しみになって人柄に惹かれていくけど、その正体は…?というもの。

まぁご想像通り名護がハナさんなんだけど、相手が八重樫と知ってバレないかドキドキしたり、「ありがとうは人間関係のコツ」というハナさんの文面と同じことを名護が言ってしまうので、まさか知り合いですか?!と問い詰められた名護は苦肉の策として知り合いの女性を身代わりにして会ってもらうんだけど、やたらハナさんがハナさんが…と嬉しそうに喋る八重樫を見て、本当はその文面考えたの自分なんだけどなぁ…と複雑な気分になったり。

15年間も出会い系サイトだと知らないで(友達募集サイトだと思ってたらしい)登録してたというのがちょい無理があると思うけど、長年メル友探しやメル友とのやり取りがやめられなかった受け。男だと有料だから女でいいやと適当に登録した結果、ネカマ状態になっちゃってるから深いお付き合いは望めないのだけどそれでもやめられない、誰かとやり取りがしていたかった受けの孤独みたいなものを感じることができて良かったな。

正直、攻めの魅力はあまりわからなかったのだけど髭面のおっさん受けが途中から可愛らしくなっていって、カバー下なんてゲイカプの痴話喧嘩の様子やら二人の密着度の高さが、同僚くんからの視点で語られてて面白かった。本編は正直あまり萌えないんだけど(ごめんなさい)描き下ろしとカバー下がすっごく良かった。
かわいいおっさん受けが好きな方にはたまらない作品かと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う