愛情・愛欲あふれる猫耳シリーズ3編が豪華キャストでCD化

好物はいちばんさいごに腹のなか

koubutsu wa ichiban saigo ni hara no naka

喜欢的东西要留到最后才吃

好物はいちばんさいごに腹のなか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

22

レビュー数
2
得点
49
評価数
11
平均
4.5 / 5
神率
63.6%
著者
媒体
CD
原画・イラスト
蔓沢つた子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4560317789358

あらすじ

オスもメスも区別なく子供を産むことができる、猫を先祖に進化を遂げたと言われているこの世界。
施設育ちの過去から家族に対する憧れが強いカズイ(雑種)は、「父親はいなくていい、ただ自分と血の繋がった家族がほしい」
と手当たり次第に子種漁りをする日々。
ある日、バイト先の店長の紹介で売れっ子モデル・ノア(純血)の専属マネージャーになることに。
いつも何かと自分のことを気にかけてくれるノアとの時間に居心地の良さを感じ始め、子供さえいればいいと思っていたはずなのに幸せな家庭を想像してしまい――。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ほどよいボリュームとテンポのよさが◎

原作未読。
キャストの豪華さに惹かれました。
シリーズ作品以外の三宅さん出演作はお久しぶりなのでつい…!

○好物はいちばんさいごに腹のなか
ノア(興津さん)×カズイ(小林さん)
育った環境の反動から家庭がほしいと願うも、父親は求めず子供だけでもと子種漁りをしていたカズイ。
ひょんなことから売れっ子モデル・ノアのマネージャーとして働きはじめます。

小林裕介さんのBL出演作をはじめて聴きましたが、ほどよいかわいさだけでなくカズイの気丈な部分も出ていてとてもよかったです。
ちょっとした会話のニュアンスも細かく表現されていて、カズイの魅力が出ていました。
興津さんはノアの持つ不思議さ加減が絶妙でした。
ラブシーンは思っていたよりもガップリでした。
子種を残す種付け感あります。
不思議ちゃんなノアがここは独擅場です。さすが大型の純血種…!

○好物を育ててみたら腹のなか
蓮太郎(古川さん)×ヨネゾー(田丸さん)
学生モデルの蓮太郎とマネージャーのヨネゾーさんのお話。
実直な蓮太郎は古川さんの声と合っていました。
やさしいけど超敏腕マネージャーのヨネゾー続きも田丸さんにピッタリ。
表題作に比べ、ラブシーンは少し控えめでした。
おまけの話はとってもかわいらしかったです。

○好物はきづいた時には腹のなか
夜須田(三宅さん)×直親(白井さん)
メンクイな直親と、直親の会社の上司にあたる夜須田のお話。
三宅さんのやさぐれシブい声が最高でした…。
白井さんの甘い声もかわいい!猫なで声でへべれけな様子は必聴です。

設定が特殊ですが、原作未読でも問題なく聴けました。
2枚組で3組のカップルの話が入っていますが、どの話もちょうどいい長さでテンポもいいです。
BGMやSEは確かに少ないですが、登場人物の会話が引き立っているので気になりませんでした。
おまけのショートストーリーも挟みつつ楽しく聴くことができました。

各メインキャストさんの「にゃー」も聴き比べると面白いと思います。

評価は萌と萌2の中間です。

2

良くも悪くもそのまんま

とにかく声優陣が豪華でした。
興津和幸(ノア)×小林裕介(カズイ)
古川慎(滝浪蓮太郎)×田丸篤志(米蔵ユウジ)
三宅健太(夜須田)×白井悠(米蔵直親)
メインキャストでもこの豪華さ。特に三宅さんはBLCDへの出演自体が久しぶりとのことで(アニメイト特典のキャストCDより)、どっしりとした渋いお声が素敵でした。

内容については、まったくそのままという感じでした。書き下ろしの脚本も一本、二本あったかな?
ただ、ドラマCDという面においては、そのまま過ぎて…という苦い場面も。SEは僅か、BGMはほとんどなく、下手をすると朗読劇を聞いているようでした。
コミックを先に読んでいる方ならいざ知らず、CDから入ると情景や心情がわかりづらいかなと思います。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ