好物はこっそりかくして腹のなか

koubutsu wa kossori kakushite hara no naka

好物はこっそりかくして腹のなか
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×219
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

102

レビュー数
8
得点
204
評価数
48
平均
4.3 / 5
神率
45.8%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801961098

あらすじ

小さい頃から懐いてくれるかわいいノリス。長年餌付けし続け結婚の約束までした最愛の男が知らない男に優しく微笑みかけているのを見て、嫉妬のあまりフェロモンが駄々漏れに!?

表題作好物はこっそりかくして腹のなか

ノリス,ノアとカズイの息子(三男)
メロ,カフェバー勤務,夜須田と直親の長男

同時収録作品好物はあまくとかして腹のなか

カズヤ,モデル,ノアとカズイの息子(次男)
ルーク,ノアと同じ事務所のモデル,分離不安症

同時収録作品好物はゆっくりじっくり腹のなか

本郷コテツ,ノアと同じモデル事務所所属
ノエル,ノアとカズイの息子(長男)

その他の収録作品

  • 好物はあいして育てて腹のなか

評価・レビューする

レビュー投稿数8

前作を覚えていた方が楽しめます

可愛くて大満足でした!
猫好きの私には、前より猫度(?)高めで、ちらほら入れられてる猫特有の描写がたまらなかったです。

今作は前作の主人公たちの子どもたちのお話ですが、前作のキャラがしっかり印象に残ってて覚えていたので、それほど混乱せず読めました。
前作でカズイの子猫たちが走り回ってるのを見た時から可愛さに心惹かれガン見してたくらいなので、可愛く美しく成長した姿を見るのは楽しかったです。
しっかり両親の特徴を受け継いでるのが見られて、思わずにやり。すでに世界観に慣れているのもあって話の展開に意外性はないけど、前作のモチーフを見つける楽しみがあって関係性萌え、オタク気質な私にはとても楽しめました。

にゃんこだけに、ライフサイクルが速いし、老化があまり顔に出ないのかな。可愛い年の差カップルでした。

お気に入りは、長男のノエルくん。
顔はカズイそっくりの敬語キャラなのに、毛並みはノアさん似でとっても可愛かったです。控えめなのに意外と押しが強くて、しっかり両親の特徴が見られますw いちばんカズイ似なので、ノアさんが溺愛するのも分かる(*´艸`*)
次男カズヤくんと三男ノリスくんは文句なしの美形に育ったけど、2人とも病み気味なカップリングw センシティブなパートナーなので、あまりいじめず大事にしてあげて欲しいです^^;

可愛い話だけど、かなりエロが多いので、その点は注意ですね。

1

お腹いっぱいです

前作を読んでいないとわかりづらいかもしれない今作。
ノアとカズイの子供達のお話ですがとにかくてんこ盛りです。
相関図必須です。

蔓沢先生の作品ではコンプレックスを抱えているキャラが多く、そこがとっても好きなので・・
今回もそれぞれのCPでいじいじ、もじもじしているダウナーキャラ達が幸せになっていく様を見てニヤニヤしていました。
ラブラブなネコちゃん達を読んでほっこりしたい方にはぜひお薦めします。エロは多めです。

0

前作同様ほのぼの読めます

前作のカップルから生まれた子供たちがそれぞれ、ノアさんのモデル事務所つながりの相手とくっつく話です。カバー裏(電子版だと一番最後)に一覧があるので、それを見てから読んだ方が良いと思います。

一覧には載っていませんがノアとカズイの間には、前作に出てきた3人の下に三つ子がうまれたようです。はじめに約束した通り子だくさんになっているようで微笑ましい。
はじめにうまれた双子が本作でノアと同じ事務所の純血モデルさん達とくっつくのですが、彼らモデル仲間の中でノアが一番年下というセリフがありびっくりしました。いくら見た目は変わらなくても、父親より年上の人とくっつくってスゴイ。

3組の中では表紙のカップルが一番好きです。他は体型や髪型のせいか、ちょっと男女っぽく見えたのが残念。ヤンデレちゃんは正直面倒くさいかな。

何でもない会話のシーンでも長いふさふさの尻尾が表情豊かに動いていて癒されます。蔓沢先生は本当にネコがお好きなんだろうな〜。⬅︎先生のお名前、蔓(つる)が読めなくて変換できず今調べました。勉強になりますね。
エッチなシーンは前作以上にきちんとあります。

全体的に前作以上かと言うとちょっと怪しいですが、前作が好きだったら是非。子煩悩パパになったノアさんも見られますよ。

2

むーん

「好物はこっそりかくして腹のなか」からのその後の
スピンオフですね!!
待ってました!とばかりに早速買いに走りました。
子供たち世代のにぎやかな1冊☆

あんなに苦労して小作りしていたころからは信じられないくらい
子だくさんになった前作の受カプ含め
子供世代がラブラブイチャイチャな展開なのです。
なのですが、
なのですが・・・・正直キャラも増えすぎて
兄弟だの友達だのなんだの。
わちゃわちゃしすぎて誰がどのポジションに
いる子なのかがわかりにくい。
カバー下の相関図見てから読む方がわかりやすいかな。

もちろんこっちもかわいかったのですが
正直前作のほうが好きでした。
相関図確認してもっかい読む。

2

テンションが高すぎてついていけず。。

前作が大好きだったので期待大だったのですが、全体的にテンション高めでついていけませんでした。。
このワチャワチャ感が先生の魅力の1つだとよく分かっているのですが、個人的に今回はハマらず。。
キャラがどんどん出てくるのでなかなか感情移入がしづらかったのと、予定調和なところが多くて、あまりキュンキュンできませんでした。
短編ではなくもう少しじっくりした作品が好みです。
スピンオフとか関係性を楽しむのが好きな方にはオススメです。

1

息子くん達が今度は主役!甘さもエロも大増量〜♡

これはこれは♪
すぐにでも孫編が読めそうな勢いの甘っぷり&エロっぷり!
蔓沢さんのキャラと言えば…という感じの難儀な子達揃いで濃ゆ〜くって、とっても蔓沢作品でした。
子供達ひとりひとりが両親のDNAをいろんな形で引き継いでるのが読んでて楽しい!
カップリングがバラエティに富んでいるのも◎

「好物はいちばんさいごに腹のなか」からのシリーズ2作品目ですが、カバー下に相関図が収録されていますので、前作未読でも関係性はざっくり掴めるかと思います。

↓カップリングはこんな感じ。

「好物はゆっくりじっくり腹のなか」
コテツ(ノアの同僚/前作にちらっと出てます)×ノエル(ノアとカズイの長男)
年の差カプで年上攻め。
ノエルは双子ちゃんの白い髪のほう。
コテツは前作でカズイが初めて事務所に行った時にノアと一緒にお出迎えしていた4人の中の黒髪の短髪くんです。

「好物はあまくとかして腹のなか」「好物はあいして育てて腹のなか」
カズヤ(ノアとカズイの次男)×ルーク(ノアの同僚/前作にちらっと出てます)
年の差カプで年下攻め。
カズヤは双子ちゃんの黒い髪のほう。
ルークは前作の同上のコマでコテツの右隣でアイス舐めてる美人ちゃんです。

「好物はこっそりかくして腹のなか」
ノリス(ノアとカズイの三男)×メロ(夜須田と直親の息子)
幼馴染みカプで年下攻め。
表紙の2人。左がメロ、右がノリスです。
このカプは攻め受けが予想と逆で嬉しい誤算でした!

前置きだけで長くなっちゃったので、一番ツボだった長男カプ・コテツ×ノエルについてちょろっと。
このカップルはちょっぴり切なめストーリー。
ノエルは小さい時からコテツが好きだったんだけど、フェロモンがコテツには効かなくて・・・というお話。
ですます口調のノエルがとってもかわいいです( ´∀`)
フェロモンの効かないコテツを一生懸命誘惑しようとしてるのもかわいくってきゅんきゅん。
ノエルのかわいい襲い受けキャラがとにかくめちゃツボでした!
髪が長いから女の子みたいに見えちゃうシーンもあるんだけど、蔓沢さんのキャラは不思議と私あんまり気にならなくて、ただただ可愛かったです♪
ノエルのことばっかり書いてしまいましたが、コテツはコテツでイイ男前キャラですよ♡

電子特典の描き下ろしは三男カプ・ノリス×メロのエロショートでした。
メロくんの大サービスショット!騎乗位でM字開脚ですよ…!////
これ電子限定でいいのかしら?!
煽るのもすっかり上手くなって…!
ノリスも赤面してたけど私も赤面しました(//∇//)

それにしても蔓沢作品はエロが激しい。これまでに増してエロエロじゃないかなこれ。
中でも描き下ろしの次男カプは仰け反るレベルのドエロさでしたね////(好きです♡)

あ、ノアとカズイにはさらに3つ子ちゃんが生まれていましたよ!
この子たちのお話も読めるのかな?
期待してます!

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○、電子限定特典(4p)付き
(前作「好物はいちばんさいごに腹のなか」は、件の条例で指定されてしまった影響でレンタやKindleでの配信がありません。他のストアでなら買えますよ)

8

続編は子供世代♪

「好物はいちばんさいごに腹のなか」続編
前作CPの子供世代、ノア×カズイの3人の息子を中心としたオムニバスです。

前作がめっちゃ好きだったので楽しみにしてました!
が、低評価になってしまった理由は先入観とのズレ(´•̥ ω •̥` )

以前作者さんのツイッターで子供ちゃん達が登場してて、
色々とCPや攻め受けを妄想してたのですが見事に撃沈orz

特に打撃食らったのは、
夜須田さんの息子が夜須田さんそっくりで受け。゚(゚´Д`゚)゚。
子供時代のイラスト見て、絶対攻めだと思ってた…。
加えて、子供の時から餌付けしてる萌えシチュは『攻め』で見たかった…。

ノアとカズイの息子のお相手も思ってたのと違ってて結構な打撃orz
私の先入観が悪いだけなんですけど嗜好から外れてしまいました(T ^ T)

前作に引き続き、尻尾の動きは可愛いし、発情設定萌えるし、猫ちゃんの世界は可愛いし、
子供世代を読めたのは嬉しかったです(﹡´◡`﹡ )
赤ちゃんの時のエピソードとかめっちゃ可愛い!
回想も盛り込んでるのでケモミミチミっ子も楽しめました♪


◆好物はゆっくりじっくり腹のなか(前後篇)

攻め:ノアと同じ事務所所属のモデル・コテツ(ボンベイ純血)
受け:ノア×カズイの長男 ・ノエル

子供の頃からずっとコテツが好きだったノエル。
初めてフェロモンを出した時にコテツには通じないと知り失恋。
その後、別の恋をするもトラウマが出来てしまい、ネトゲ廃人・引きこもりへ…。
心配したコテツが一緒に暮らそうと申し出てくれたのをキッカケに立ち直ります。
仲良く同居生活を送るけれど、コテツのことを諦めきれないノエルは、マタタビ酒で誘いーー。

コテツは成人猫鍛えたモデル、
ノエルは成人より1歩手前の在宅ワークゲーマー、
明らかな体格差は萌えた(∩´///`∩)
子供なりに一生懸命誘う姿可愛かったです♪

◆好物はあまくとかして腹のなか(単話+描き下ろし)

攻め:ノア×カズイの次男・カズヤ
受け:ノアと同じ事務所所属のモデル・ルーク

カズヤがまだ赤ん坊の頃からすごく可愛がってたルーク。
カズヤもルークにとても懐いています。
月日が経ち、ルークは分離不安症で依存しやすい性格を自覚し、セックス依存の気もあって、理解ある相手の元を転々。本当はカズヤが好きだけど、カズヤに依存するのは怖くて避けています。
しかしカズヤの方から執着してきてーー。

ちょっぴりヤンデレさもあるような一途な年下攻め!
「(ルークに)依存してもらえるようがんばる」とニッコリ笑顔だけど、
カズヤの方がルークに依存してる気がしないでもない。
24時間ベッタリしたいのはカズヤの方…だよね?
甘々ベタベタな共依存でした(^^)

◆好物はこっそりかくして腹のなか(前後篇)

攻め:ノア×カズイの三男・ノリス
受け:夜須田×直親の長男・メロ

親の繋がりで小さい頃から遊ぶ機会が多かった子供たち。
メロはノリスを一番に可愛がり、将来はノリスと結婚する!と決め、
小さなノリスにコツコツと言い聞かせ、せっせと餌付けし、成長とともにセックス指南してます。
しかし、メロは些細なストレスですぐに血尿になるメンタルが敏感な人。
ノリスが他の男と一緒にいるのを見ただけでイライラし、不安を募らせ情緒不安定に。
無自覚にフェロモンのコントロールがきかなくなってーーー。

上にも書いたけど、夜須田さん息子は絶対攻めだと思ってた…(・ω・`)
子供時代のエピソードはめっちゃ萌えたし、ロックオンの仕方が父親そっくりでワクワク。
だがしかし!ナゼに受け!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

ノリスも攻めっぽかったから良いんだけど。
年下攻め可愛かったし、萌えもあるから良いんだけど。
でもメロは攻めで見たかった…。

完全に嗜好の違いですね、すみません。
ノリスの年下攻めはキュンキュンしました。
泣いちゃう年下が可愛いくて、とてもエロかったです。

2

エロいし、甘い。

作家買いです。蔓沢さんの新刊は『好物はいちばんさいごに腹のなか』のスピンオフ。前作が未読でも理解できると思いますが、ちょっと特殊な設定なので読んでいた方が理解は深まると思います。

全部で3つのCPのお話が収録されていますが、いずれも、『好物はいちばんさいごに腹のなか』のノア×カズイの息子たちのお話。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。






『好物はゆっくりじっくり腹の中』
ノア×カズイの長男・ノエルのお話。
ノエルはゲームが好きすぎて廃人になりかけた過去を持つ。そんな彼の現在の仕事は、趣味を生かしたオンラインゲーム専用のマシンを作って販売すること。

なぜノエルが廃人になりかけたのか、という所を軸にストーリーは展開していきます。

ノエルの父・ノアと同じ事務所に所属する人気モデルのコテツのことが子どもの頃から好きで、でもフェロモンがきかず告白する前から失恋してしまったノエル。その後違う人に恋するも…。

過去の恋から、自分に自信を無くしてしまったノエル。そんなノエルが、めっちゃ健気で可愛いです。でもノエルは受け身なだけではない。コテツに振り向いてほしくて頑張るというガッツも持っている。

そして一方のコテツも。
いい意味で、大人で、そして紳士で。めっちゃカッコよかった…。
ノエルを大切にしたいという気持ちに満ち溢れている攻めさんで、とってもツボな攻めさんでした。

『好物はあまくとかして腹の中』
ノア×カズイの次男・カズヤのお話。
『好物はゆっくりじっくり腹の中』はノエル視点ですが、『~あまくとかして~』はカズヤのお相手のルーク視点のお話。
ルークもノアと同じくモデル。子だくさんなノア×カズイ夫婦のために子どもだったカズヤを預かることが多く、カズヤに懐かれ、そしてルークもカズヤを可愛がってきた関係。

ところがルークはある病を抱えていて、そのため恋人を作ることをあきらめている。
日に日に自分好みのイケメンに育っていくカズヤに、秘めた恋をしているけれど…。

カズヤの、ルークに対する執着心がヤバいです。
一見、ルークの方がヤバそうに見えるけれど、カズヤも相当ヤバいです。
完全にバカップルです。

王道ともいえる片両想いの彼らですが、すれ違いを経て恋人同士になる彼らに激萌えしました。

表題作『好物はこっそりかくして腹の中』

『好物はいちばんさいごに腹のなか』に収録されていた『好物はきづいた時には腹の中』の夜須田×直親の長男・メロと、ノア×カズイの三男・ノリスのお話。

親同士のつながりでノエル・カズヤ・ノリスの三兄弟と子どもの頃から付き合いがあったメロ。
その中で、少しずつ育んでいったノリスへの恋心。

パパ(夜須田さん)似の強引さでもって、ノリスと恋人になったけれど。

コテツ×ノエル、そしてカズヤ×ルーク、のCPとは異なり、この二人は序盤から恋人同士という関係。
なのだけれど、様々な試練が彼らを襲い…。

どのCPのお話も、めっちゃ、エロいです…!
蔓沢さん、絵柄が綺麗になりましたねえ。それもあって、濡れ場が超エロい。
フェロモン。
耳。
そしてしっぽ。
猫を祖先とした「猫人」という設定がフルに生かされ、そういった身体のパーツで発情している様がこれでもか!と描かれています。

そして、基本的に、どの恋人たちも、お互いを欲している様がきちんと読み取れるので、エロいだけではなくって、読んでいて優しい気持ちになれる。

登場人物が多いので読んでて人間関係が分からなくなる時があるのですが、カバー下に「好物シリーズ 相関図」が描かれています。これを見るとサクッと理解できるようになりますので、一度目を通されるとより深く作品に没頭できるんじゃないかな、と思います。


「猫人」という、ちょっと特殊な設定なので、もしかしたら好みが分かれる作品かもしれませんが、個人的にはとってもツボな作品でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ