いろのあじ

iro no aji

いろのあじ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

282

レビュー数
2
得点
89
評価数
23
平均
4 / 5
神率
43.5%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403665851

あらすじ

母子家庭の長男のハジは、家計のために売り専ボーイとなる。
慣れない自分の面倒を見てくれた先輩のヤヨイをいつしか慕うようになるが……!?


表題作いろのあじ

ヤヨイ・売り専ボーイ
井之頭ハジメ=ハジ・18・お金のために売り専を始める

同時収録作品なれのはて

遠藤学・お坊ちゃん
キヨハル=シンジ・売り専

その他の収録作品

  • いろのみつ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

カップリングネタバレあります

母子家庭&弟4人と暮らすハジメは、家賃と弟の修学旅行費用を稼ぐために売り専バーでバイトをすることになる。金のために他の男と寝なくてはいけない状況なのに、貧乏さを見かねて世話を焼いてくれる先輩ヤヨイをいつしか好きになるが…。


売り専バーでバイトを始めた主人公と、そこで働いていた先輩ボーイという組み合わせです。カップリングは先輩ボーイ×貧乏バイト。
貧乏受けはまだ18歳ですが、母が単身赴任のため1人で弟4人の世話をしています。ガテン系でバイトをしていたところ足を怪我し、のっぴきならない状態で売り専バーに。
攻めは元々そこで働いていた売り専ボーイ。店に来た受けが貧乏なのを知り、自分の境遇と重ねて、いろいろ気に掛けてくれるようになります。

そんなアングラな世界で出会った2人なのに、どちらも根っこが汚れていない可愛らしいキャラでした。攻めは口は悪いけれど、「いいお兄ちゃん」な受けをとても大事にしています。受けもそんな攻めに懐き、ニコニコくっついています。
受けが貧乏なのでいつもメザシおにぎりを食べていたり、そのメザシおにぎりを攻めにも贈ったり、攻めもありがたくそれをもらってあげたり、そういうやり取りが微笑ましくて和まされました。バーのお客に米をねだって買ってもらったエピソードに笑いました。受けの弟くんたちもとても良い子たちで、兄弟愛にもモエモエ。

いざエッチ、というまではどちらが受けか攻めかまったくわからないカプでした。リバはなし。受けが他のお客にヤられそうな展開もありましたが、気の毒な展開になることはなかったです。


その、受けをヤッちゃいそうになったお客と、売り専バーのマネジャーが次の話の主役でした。
前作では可愛らしい受け攻めの邪魔をする2人だったので、好意どころかウザいキャラ達だったのに、いざ読んでみたらこれがまた前作に負けず劣らず萌えるお話でした。

学生時代にテニスの大会でしのぎを削っていたライバル同士の2人。でも片や金持ちの息子の攻め、片や貧乏で、とてもテニスなど続けられなかった受け。
攻めは受けを忘れられず、卒業後数年してから興信所に依頼し、見つけた時には受けは男娼になっていました。

男娼になった受けに執着し、それからずっと追いかけることになる攻め。どうせ歳をとったら捨てられるんだから、と攻めを受け入れない受け。
攻めが粘り勝つシーンにはグッと来ました。そしてこちらを読んだ後に前作をもう一度読むと、悪役だった2人の印象がまるで違うのが面白かった。

3

男らしいのに受けに甘える攻めが可愛くて堪らん

ほとんど事前情報なしに読んだのですが、めちゃめちゃ萌えました!!
最初攻め受けがどっちなのかも分からずドキドキしていたのですが、先輩のボーイ攻めで理想的な展開でした。
売り専といってもドロドロじゃない純愛なので、敬遠してる方にもぜひ手に取ってほしいです!
個人的にリバが苦手だったのですが、実はリバりそうでリバらないという関係性が好きだったという新たな萌えツボを発見させられました。。
攻めは売り専ボーイなので両方できると思いますが、受けに対しては攻め!って言うのがなんだか凄く萌えるんです。。
「やらせて?お兄ちゃん」ってセリフには激震が走りました!
弟想いで優しくて真っ直ぐな受けに、精神的には甘えちゃったりキュンキュンきてるであろう攻めが可愛くて仕方ないです。
そしてもう1作のマネージャーのお話もネタバレなしで読んだ方が面白いと思うので多くは語りませんが、すっごく良かった!!
メインカップルに感情移入するタイプなので、サブカップルにはあまり感情移入しない私が思わずジーンと来ました!!!
あらすじをあんまり読んでなかったので伏線に気づきませんでした(笑)
久しぶりに出会えた萌え作品です!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ