クラスの平凡男子がかわいくてかわいくて…たまらない。

制服脱ぎたい

seihuku nugitai

制服脱ぎたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
82
評価数
18
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
端丘 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
Tulle Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784861239557

あらすじ

クラスの上位グループに所属する八戸。
友人たちとの会話に違和感を覚えながらも、人に合わせて無難に過ごしていた。
そんな日々に疲れ、文化祭をサボって映画を観に行くと、同じクラスの日陰者・由井と遭遇。
その事をキッカケに急激に二人は仲良くなるが、由井の普段見せない表情や言動が可愛く見えてしょうがなくなりーー?
カースト最上位のイケメン八方美人×最下位の陰キャメガネ男子のアオハル・ラブ♡

表題作制服脱ぎたい

八戸 高校生
由井 高校生

その他の収録作品

  • 制服脱ぎたい act.3.5(描き下ろし)
  • 制服捨てたい? 前編・後編
  • 15分後の話(描き下ろし)

レビュー投稿数3

かわいいふたり

クラスカーストの異なるふたりがくっつくお話。

じわじわじわじわお互いの存在が大きくなって、溢れ出しちゃうのかわいい〜〜〜!
関係が育まれるほどに、ふたりとも肩の力が抜けて自然体になっていく様子がとても愛おしかったです。個人的には特に由井が素直になるシーンが胸ギュンで、心の中で拍手してました。

素朴な絵柄も相まって、ほんわかこころ温まる素敵な読後でした。
幸せのお裾分けを貰いたい時になんども読み返すと思います。

0

変態っぽさのある溺愛攻めが堪らない!

読んだ後、レビュー書かなきゃ‼︎と謎の使命感に駆られました。本当にめちゃくちゃ良かったです。
学生ならではな苦味と青臭さが溢れていて、甘酸っぱくて必死な二人にジレジレ悶えました…!

【学内ヒエラルキー上位の陽キャ×捻くれ者陰キャ】の焦ったい青春BLです。
「学校」と言う、限られた空間での二人のヒエラルキーの違いに胸がチクチク痛みますが、そんな狭い世界の中で一生懸命に恋愛している彼等の姿が尊くて、愛しくて、もう堪りません……!

学内ヒエラルキー上位の陽キャ・八戸。
他人に合わせて無難に生きる世渡り上手な彼ですが、価値観の違う友人に合わせて無理に笑ったり、他人の目を気にして生きる事にお疲れ気味の今時な若者です。

一方、八戸とは正反対に自分を貫く一匹狼な由井。
ロボット好きの由井は他人から揶揄われても、好きなものは好きだし、他人の目なんて気にしない。けれど、クラスで騒ぐ陽キャ達を見下している、少しだけ捻くれ者。
そんな由井の他者に媚びない姿に憧れる八戸ですが、いつしか、憧れから由井の飄々とした雰囲気に惹かれていき…

もう、恋心に気づいた八戸の溺愛っぷりが最高です!
表情や仕草から由井への「大好き♡」が溢れていて、必死な様子が堪りません!
由井と二人でいる時は常に汗を滲ませた赤ら顔で少し変態っぽく、今にも襲い掛かりそうな切羽詰まった雰囲気にめちゃくちゃドキドキしました…!

由井を好きになった事で、自分に正直に生きようと変わる八戸。「由井以外にどう思われたって、もうどうでも良い」と言ってしまう様子に、執着攻めの片鱗が見えて思わずニンマリ。
以降、本当に人目を気にせず好き♡好き♡アピールしまくる八戸とは反対に、人気者の八戸と地味な自分では釣り合わない…と他人を気にしだす由井。
思春期ならではな苦味に、胸がチクッと痛みます…

「恋なんて自分に自惚れた奴がするもの」そう言ってバカにしていたのに、早く大人になりたくて制服を脱ぎたいと思っていたのに。八戸ともっと一緒に居たい、今の時間を大切にしたい…と自身の本音を認めるシーンに八戸を大切に想う気持ちが溢れていて、思わず目頭が熱くなりました

やっと、カップルとなった二人の甘酸っぱいやり取りに凄く癒されます!捻くれ者だった由井の、素直に八戸に甘える姿が可愛すぎて萌え転がりました…♡
高校生時代だけでなく、それこそ制服を脱いで大人になった二人をもっと見たい…もっともっと、続きが読みたくなる作品でした。

★先生のpixivに番外編が掲載されているので、興味のある方は是非!甘々な八戸由井を堪能できますよ♡

▶︎シーモア/白抜き

0

超溺愛攻めが完成!

お久しぶりの端丘さんのBL!
一般を描かれるようになって、もうBLは描かれないのかしら……と思ってたのでとても嬉しいです。

カースト最上位のイケメン八方美人×最下位の陰キャメガネ男子ものです。
でも攻めの八戸は俺はカースト上部だぜ!ってな男子ではなく、そこに居心地の悪さを感じてるんですね。
周囲の空気を読みまくって浮かないようにしてる自分に自己嫌悪を感じてる。

一方の由井は、クラスでは「最下位の陰キャ」と位置付けられているし、「部員一人のロボット部」と揶揄されようが、どこか飄々としてて好きなもんは好きだからと笑って言える子。
周囲の顔色を伺いまくりの八戸は、そんな由井ととあるきっかけで仲良くなって、しかも由井の可愛さに気づいてドギマギしまくり。

八戸は、由井を前にすると、ほっぺが真っ赤になって目が潤むんですね。
もうこれは発情してますよね??ってなお顔……。
(照れて赤面してるシーンもあるけど)

端丘さんってこんなにほっぺ真っ赤顔多用する人だったっけ?と過去作の「いろのあじ」を見返したんだけど、この表現はスイッチ入ったりエッチしてる時の顔だったわ……
だから、二人で一緒に靴を買いに行って履かせるシーンなんて妙にエロティックで、もうこのまま二人ここでおっぱじめちゃうんじゃないか??とついハラハラしちゃいました。

まぁ「制服脱ぎたい」だもんね。
制服脱いでナニするかってったら決まってるわけで、八戸のタガの外れっぷりといったら!!
あんなに周囲を気にしていた八戸なのに、休み時間のトイレで、保健室でと必死!
(バレたらどーするんだろってハラハラさせられた)
もうめちゃくちゃ由井に溺れまくりの八戸。
しまいには、ホームで絶叫しちゃうなりふり構わなさ。あの八戸が!!
恋で人は変わる!!というお手本のような変身ぶり、好き。
超溺愛男が堂々完成いたしました!パチパチ。

由井は最初、飄々としていたように見えてたけど、途中から陰キャならではの拗らせみたいなのが見え隠れするようになって、あれあれ??ってな感じ。
恋に落ちた八戸が、人目を気にせず愛情ダダ漏れさせまくる一方で、由井は周囲の目が気になったり、自分なんて……と思ってしまったり……。
でも、あの八戸があんな必死こいてる姿みたら、そりゃあね!ってな感じで、臆病からの脱却するところも良かったです。

由井のおばーちゃんの話も、じんわりきちゃったな。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う