初恋インストール

hatsukoi install

初恋インストール
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
44
評価数
13
平均
3.5 / 5
神率
15.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778122379

あらすじ

融通が利かず取引先と揉めて仕事を失ったシナリオライター・英二に大手ゲーム会社から依頼がくる。しかし内容は専門外の乙女ゲームのシナリオ執筆。童貞で恋愛経験ナシな英二に対し"ヒロインを経験したら?"と、王子様系ディレクターの寿里、ワンコ系同僚の巽が口説いてくる。だが、敏腕だけど傲慢不遜なプロデューサーの十貴田は"お前には魅力がない"と口説いてくれない。だけど、英二の愚直さを理解してくれる一面もあり――。

表題作初恋インストール

十貴田政宗、プロデューサー兼任のエニジニア28
鳥々英二、オタク気質のシナリオライター24

評価・レビューする

レビュー投稿数4

仕事って苦しいけれど、楽しいですよね

電子書籍で読了。挿絵、あとがきあり。

千地さんは好きな作家さんです。
『不機嫌なシンデレラ』の1作前の作品で、こちらも仕事を媒介にしたお話。『お仕事BL』というのとはちょっと違って、どちらかと言えば『師弟もの』という雰囲気かと思います。出来る人に憧れる気持ちや、その人に自分の考えが認められる嬉しさというものを書いている様な気がするのです。
えっと……その部分は面白かったんです。

ファンタジー小説を3作ほど出版したのですが鳴かず飛ばずの鳥々英二はフリーでゲームのシナリオライターをしていますが、シナリオの『ダメ出し』に反抗し仕事を失ってしまいます。背に腹は替えられず、同じ業界でプランナーとして成功している兄の会社からの出向という形で、ファンタジーRPGの製作に関わることとなります。ところが、出向先の会社で求めていたのは英二ではなく兄。そればかりではなく、作るゲームも乙女ゲームに変更となってしまいます。心の機微を描くことが苦手で、恋も満足にしたことがない英二に、出向先の同僚達は自分たちを攻略キャラと見立ててヒロインの気持ちをなぞってみたら?と、英二を口説いてくるのですが……

お話の冒頭の英二は完全な甘ちゃんです。
こだわりが強くて、直しを嫌がる。納得出来ないから思う様に書けない。言われた通りに直すのも嫌。同じ業界で成功している兄、滉一の『弟』という名前で仕事を取るのもプライドが許さない。
でも、本当はそういう態度では仕事を貰えないと言うことも解っているんです。
だから苦しい。
いやー、何十年か前の自分を見ている様で、私はこの主人公、嫌いになれませんでした。
こんな英二くんが、自分の気に沿わない仕事をして行くうちに、どんどん成長していくお話としては楽しめたんです。

LOVE方面がちょっと「?」だったんですよ。
シナリオを書くために疑似恋愛をしよう、というのは、実際にやるかどうかは別にして、ないわけではないアイディアだと思います。
でも、疑似恋愛と本当の恋愛の間には、大きな差異があると思うんです。
そこを「エイッ」とばかりに超えるのは、結構な力業がいるんじゃないかと思うのですね。
そこがね、一体どこのシーンなのか解らなかったんです。
なので、濡れ場を読みながら「なんでこんなことになったんだっけ?」と思っている私がいました。

紆余曲折を経ながら仕事を完成させるチームのお話としては萌え。
恋物語としては「うーん、どうかなぁ」という印象が残ったお話でした。

1

面白さの質がBLと違う感

ファンタジー系のシナリオライターである受けと、受けが出向で仕事をすることになったゲーム制作チームのプロデューサー攻めのお話です。
ファンタジー畑の作家なのに、なぜか乙女ゲームのシナリオをやれと言われ、抵抗むなしくチームの一員に…という流れ。


ともかく受けが甘ちゃんで、イライラしました。俺はファンタジーが書きたいんだ、それが評価されないのは読み手が悪いんだ、好き勝手に書かせてくれず、素晴らしい俺の作品にダメ出しする出版社の担当も悪い、…とまあ万事がこの調子。受けの兄が大物で、その兄にも気を遣ってもらって新しい仕事がもらえても、余計なことすんなみたいに逆らう。嫌々仕事をすることになったらなったで「兄と比べられてオマケ扱い」なことにプライドを傷つけられる。仕事がなくて実家に出戻って衣食住の世話をしてもらってるくせに父親が小言を言うことに怒ってる。あーなんかこういう人いるよね…。リアル感はすごくありました、好きにはなれないけど。

攻めも割と大人げない、人の言うことに耳を貸さないタイプでしたが、受けに比べたらマトモな大人。ファンタジーゲームを作るはずが、会社の事情で乙女ゲームを作ることになり、イライラしているところに箸にも棒にも引っかからない口だけ達者な受けがノコノコやってきて大変な人です。
攻めは「面白くても売れなきゃ仕方がない」「売れるゲームを作る」と言うのですが、それには攻めのトラウマが関係しています。でもトラウマ関係なく真っ当なセリフだと思うのに、それに受けが噛みつく。上司の真っ当な命令にいちいち噛みつくな、とこっちはイライラ。なのにそのエピソードで恋愛が進展。えーー…。

キャラ萌えはカケラもないけれど、話は面白かったです。ゲーム制作のドキュメンタリーコメディみたいな感じで、受けがウザいことを言うのも面白い。
ただし萌えを除けば。これBLじゃなかった方が面白かったんじゃ、と個人的には思ってしまいます。
あと、「慣れない乙女ゲームのシナリオを書くために、チームの男性みんなで受けを口説く」という設定があまり理解できませんでした。思わせぶりに受けを口説く脇キャラが本当に受けを好きなのか、というミスリードを引っ張って、結局あっさり攻めとくっついて終わり。脇キャラに口説かれていちいちドキドキしてる受けに「相手が誰でもときめくの?」という印象を持ってしまいました。

0

後半の攻のデートシーンが萌える!!

おもしろかったです。
受の英二は趣味の延長のような仕事をしている所為で色々上手くいかない甘ちゃん。
でも、攻の十貴田や周りの魅力あるメンバーにしごかれて成長していくのが良かった。初めは生意気なやつだなっと思って読んでたけどすごく可愛く見えてくる。
特に攻がデートしてからの英二の恋に振り回される感じが、初恋すぎてきゅんとしました。デートシーンは攻がとにかくかっこよくて、萌えました。
十貴田は完璧そうに見えて、全然そうでもなく、 英二がいないと立ち直れない過去があって、英二がいないと彼も成長できなかったと思います。
喧嘩しながら毎日いちゃつきそうな気持ちの良いCPでした。

3

どうしようかと思いました(´д`|||)

びっくりするくらい萌えなくて。
主人公の成長ものなのですが、最初は本当にどうしようもない奴なのです。夢を追っているというと聞こえはいいですが、鳴かず飛ばずで親の脛を齧り、変なプライドばかりは高い。そして言ってる事が甘ったれてる(-_-#)
ここまで共感出来ない受けってそうそういないよな、と読みながらイラついて仕方ない・・・。

そして、受けに共感出来ないせいか、ストーリーもちっとも心に入ってこない。なんだか読んでいても上滑りしている感覚なのです。上手い事表現出来ないのですが。こう、色々展開が飛びすぎに感じるのです。いきなり同僚と仲良くなってる!て感じで。あと受けの性格が、人見知りなのか弱気なのか負けん気が強いのか・・・。イマイチキャラがぶれているように感じます。

と、色々書きましたが、中盤以降ちゃんと萌えました!受けがちゃんと成長しだしたので!!

ダメダメなシナリオライターが全然経験の無い乙女ゲーのシナリオを書く為に、実際に自分が主人公になったつもりで、同僚のイケメン達に協力してもらい口説いてもらうという内容なので、3人のタイプの違うイケメン達からのアプローチなんかを楽しめます。
そして実際に、トキメキだったり嫉妬だったり切なさだったりを経験する事で、シナリオライターとして成長していく受けの姿は読んでいて心に響きます。
ここに上手い事、現実での恋愛もリンクしてと言った感じでしょうか。

あとエロの時の、初々しいのに積極的で素直な反応の受けにも萌えました。攻めの口説き文句に、すっとぼけたセリフを返すとこなんかが(//∇//)

後半面白かったのですが、細かいツッコミどころなんかは多く感じました。評価が難しいのですが、ちゃんと萌えたので「萌」にしときます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ