キスの罪は重い

kiss no tsumi wa omoi

キスの罪は重い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
82
評価数
21
平均
4 / 5
神率
42.9%
著者
ミズノ内木 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784778122560

あらすじ

受験勉強。生徒会。アルバイト。貧乏な家庭の事情。全てを完璧にこなしたい優等生・正田のガス抜きは、階段下の秘密基地で親友の瀧野瀬と煙草を吸うことだった。ある日、瀧野瀬にタバコを止められた小田は、嫌がらせにキスをする。それが変化の第一歩。そして秘密基地が代々伝わる 「ヤリ部屋」だと知った日から、二人はセックスまがいのことをするようになる。ストレスが増えれば増えるほど、快楽にすがってしまう正田。それを受け入れる瀧野瀬。現実逃避は大成功で、正田のめんどくさい毎日は順調に回り始めるが――。

表題作キスの罪は重い

瀧野瀬叡嗣、一也の親友、18
正田一也、苦労人の優等生、18

その他の収録作品

  • キスの罪のその後
  • カバー下:高3の2月、あとがき

レビュー投稿数8

ホント眩しい

すごく良かったです。一冊通してじっくり1つのカップルを描いてるからから、読み応えもあるし共感もできます。
脇キャラが多いですが、それもいいです。
世界に2人だけしかいない、というような恋愛だけのお話ではなく、脇キャラがいて、環境あっての恋愛です。それをとても上手く描けてるから、一体なんで恋に落ちたの??みたいな不自然さもありません。

理系の進学校なんて、自分には縁がない世界ですが、というか、こんなキラキラした高校時代を送らなかったからか、こんなに惹かれてしまうのかも。
家の家計が厳しいこと、受験のこと、推薦のこと、部活のこと、生徒会のこと、バイトのこと、夏休みにスパコンの大会に出ること…
目が回るように忙しく、実際それで主人公は潰れそうになっているわけですが、とても充実してて、ほんとに眩しいです。
学校で忙しい、なんてこと、自分はなかったな…なんてしみじみ思ったり。
そしてそんな中で唯一息抜きできる場所が互いという存在です。

タイプは違うけど、何でも見せられる友達、というか。依りかかれる相手です。
ケンカもするし、弱みも見せあえる。
友達から気になる関係になっていく、早急すぎない感じもよいです。
そして登場人物たちがみんな、どこかコミカルだけど自然体で、説得力がありました。

とてもキラキラしていて、眩しい青春ものです。やっぱりまだ子供だなと思える部分も可愛いし、カップリングの萌えだけでなく、とにかく、高校生活最後の一年の雰囲気がとてもよく出ているところが感動的な作品でした。

青春学生ものが好きな方に是非オススメです。

5

アフターストーリーが読みたい作品

ストレートの男子高校生2人が受験や生活のストレス発散を目的にキスやそれ以上のことをしだす導入には少々無理を感じましたが、2人の心理描写や環境の変化が丁寧に描かれていました。
読んでいくうちに受けに対して「いいよもう無理しないで、セックスしてスッキリしておいでよ」という気持ちになります……笑
ストーリーの流れとしては王道といえば王道、木下けいこ先生や絵津鼓先生好きな方ならお好きかもしれません。
絵柄も表紙ほど地味な感じもせず、読みやすかったです。
読後、卒業後のストーリーが読んで見たくなります。

4

攻めが最後に落とす爆弾に悶死した

女の子にも人気の金髪攻め×成績優秀な黒髪受けという高校三年生同士のお話です。
この作品で一番萌えたところは、受けが嫌がらせのつもりでしたおふざけのたった一回のキスにやたら拘って、意味を求めたがる攻めの姿でした。
攻めにとってファーストキスなんかじゃない、それどころか女の子にモテる攻めなので女の子に唇を奪われちゃってるシーンもあるのに。

攻めの気持ちは結構見えにくい。なぜなら、受け視点でお話が進むからです。
受けは祖母の入院に兄弟の面倒、貧乏な家庭事情に伴う進学先やら学費の工面やら、諦めざる得なかった部活動と未だ活動を続けていられる仲間に対する嫉妬などでそりゃあ悶々としてます。
しかも受けは、まぁいっか〜!で済ませることが出来ない理系の優等生。
攻めのバイト先のオーナーが受けの姿を見て「自縄自縛です 一人SMです」と言ってるけどまさにそれ!
自分で自分を雁字搦めにしてるその受け視点で進むので、ちょっと閉塞感が強くて高校生ものらしいキラキラ感は低い。
だけど、ぐるぐると丁寧に描いているからこそ、受けが自分の気持ちに気づいていくところがとても自然で受け入れやすかったです。

毎日のように秘密の小部屋で抜き合いをした二人だけど、簡単にセックスに発展しなかったところも良かった。
だからこそ、肩を落として弱音を吐いて自己嫌悪で落ち込む受けの肩を抱き寄せた攻めから「したい」という申し出には萌えました。
それまで抜き合いで満足していた二人が一歩進むここのシーン。
「お前ももう充分おかしいよ。」という受けに対して「そうかな すこぶるまともよ俺」と答える攻めとのやり取りがいいです。
いまだに「依存」だの「現実逃避」だの思ってる受けに対して、腹をくくって自分の思いを自覚したうえで先に進む攻めって感じで好きです。

そして攻めが最後に落とす爆弾に悶死しました。
チャラそうな男が、真面目くんに「キスの責任を取れ」と迫るんですよ。
「お前はキスされる度に皆にそれ言うのか?」といなす受けに「正田(受け)がキスを特別にしたんだ」と言っちゃうー!
チャラそうな攻めが、こんな王子様からのキスで目覚めたお姫様のようなことを言っちゃうなんて……♡と。

そして描き下ろしでは、実は金持ちの息子だということが本編最後に判明した攻めが、お気楽なボンボン思考全開の甘ったれワンコっぽくなってて可愛かったです。

6

好き×好き

高校生のウィタ・セクスアリスみたい
主人公の正田くんの少し自虐的かつ内省的なモノローグがつづく
でも境遇やらのせいにしているわけでもなく、誠実なのだなあと思う

じつは互いに自分の好きと相手の好きとをずっとはかりかねているから
キスに意味なんかない、と言い聞かせてみたり

いっぽうではキスが特別なのは彼だから、と気づいたら
素直に告白したりして…… かわいいなぁ

正田くんができすぎなくらいな良いこなのに
彼にだけ愚痴めいたこと言ってるのが萌えポイントw
それを聞き流したりせずさらりと受け止めているのもいいね

表紙の絵とデザイン及び帯からイメージしていたよりずっとかわいらしいお話で、
続きを読みたくなる高校生カップルでした
※第一話の表紙絵のほうが好きだなぁ ちょっと手の位置変えてそっちをカラーで見たかった

4

もっと求めてほしい

ミズノさんのコミックスを久しぶりに拝読出来て嬉しいです!!
スッキリした絵柄とリアルな感情の作風がそのままで
しかもまるっと1冊のお話、
こじらせながらも想いが重なる過程を描いて下さっています!!

優等生の正田は、受験生にも関わらず生徒会で頼りにされ
母子家庭ゆえ経済的に裕福ではありませんが
それを感じさせないような落ち着きを纏っています。
家で一人の時間も持てず、抜くのもままならないDK事情。
そんな正田とは正反対の瀧野瀬と
誰も来ない階段下の秘密の空間で煙草を吸う事だけが
ストレス発散だったはずが…。

秘密の空間が元ヤリ部屋だったというのは
衛生的によろしくない気もしますが
(マットとかね、色々と沁みこんじゃってるんじゃないかとww)
正田にとって無理をせずにいられる場所が
瀧野瀬と快感を求め合う場所とイコールになって
誰も知らない関係が更に気持ちいいだろうな…。

部活にしても、残った部員に濁った感情をいだいたり等
当然の感情で人間くささが逆に好印象でした。
葛藤、プライド、嫉妬が入り混じり、
二人の行為を瀧野瀬のせいにしたくて
でも依存めいているのは自分という燻ぶり、
真面目であればあるほどキツそうです。
もっと自分に正直でいていいんだよ…。

瀧野瀬の人気者ぶりは誰もが羨んでしまいそうでしたが
本人にしてみれば、
頑張り過ぎている正田をどうにか助けてあげたい気持ちの空回りは
もどかしいだろうなぁと共感してしまいましたし
なんと言っても自分本位に挿入しなかったのが偉かった!!ww
そして瀧野瀬の方が好き好きオーラ全開で(両想い後)愛を感じます。
自分の非を認められる素直さも素敵!!

未来の義父(?)の井川さんが
正田は自分を雁字搦めにしていると見抜いていて
「自縄自縛です。一人SMです」
と言ったのは名言だなって思ってしまいましたwwwうまい!!
分かってくれる大人がいるというのはさぞ心強いでしょう。

正田母の言う“まっとうな人生”とは
大切な人を思いやり、食い扶持を稼ぎ、
自分らしくいることであると私は思うので
正田は考えすぎずいてくれたらいいなぁ。
充分立派だよ……。
瀧野瀬の能天気さがバランス取れてて良いじゃない!
性分なんだろうけどww

後先考えず仕掛けたキスの罪、
誰よりも“好き”が伴ってしまったからには重いですね。
でも重くないと意味がないものね。

描き下ろしで髪が少し伸びた正田、
“だいしゅきホールド”を知らないところがイイネ!
喜んだりスネたり忙しい瀧野瀬の
自然な一也呼びもニヤける!

カバー裏の、正田のツンとデレに撃沈する瀧野瀬が可愛くて
透明なビニールカバーをかけられませんww
神寄りの萌×2で!!

2

DKの可愛い恋模様

高校3年生同士、チャラめの金髪イケメン×黒髪眼鏡の優等生というカプのお話です。

家庭環境や優等生であることで鬱屈を溜め込んでいる受けは、友人(攻め)から学内の秘密部屋の鍵をもらい、喫煙でストレスを解消していた。しかしふざけて攻めとキスをしてからというもの、どちらからともなくどんどん行為はエスカレートしていき…。


受けの視点で話は進みます。
母子家庭で、弟妹がいる狭い家で性処理もままならず、兄妹の面倒を見てくれていた祖母が入院したり、引退した部活や生徒会から頼られたり、挙げ句の果てには学校の評価を上げるために推薦校を変更しろと言われて鬱屈を溜め込んでいる優等生。
そんな受けは、バイト先で知り合った、受けとはまったくタイプの違うチャラめの攻めに、煙草と学内の小部屋の存在を教えられます。

最初は、攻めとともに小部屋に入り浸り、煙草を吸うことでストレスを発散させていただけだったのですが、そのうちキスをするようになり、手で慰め合うようになって、なぜこんなことをするのか、お互いの気持ちが分からずにグルグルし始めます。
そのグルグルが受けだけでなく、視点キャラでない攻めもグルグルしているのが分かるのがよかった。読者には提示されている情報で、攻めが可愛く誤解してるのがきゅんきゅんします。チャラくて女子にモテモテの攻めの純情は大変萌えました。

受け攻めの恋愛はとても可愛らしく萌えだったのですが、他のちょっとしたエピソードで決着のつかなかったところがいくつかあって、それがやや気になりました。受けの母親の再婚話の行く末や、受けの受験する大学の問題とか。BL的に関係のないところでも、やっぱりどうなったか、さわりくらいは書いておいてほしかったです。

1

全体的に重め

受験を控えて将来のことや家族のこと色々抱えた問題に悩む高校生同士のお話でした。
受けの優等生くんの追い詰められ感がちょっと重くて、ずっと思考がグルグルしているので、読後感があまりスッキリしませんでした。
閉塞した状況を一時でも忘れたくて煙草とかに走るのも分かるのですが、そんなにスッキリしないよねーと。
全体的にトーンがずっとシリアスなので、もっと弾けちゃっても良いのになーと思ったり。
個人的に高校生物ってもう少しキラキラしていてほしいので、好みの問題だと思います。

1

日常

単純には済ませられない
思春期の葛藤がよく描かれているなと思います。
簡単なことなのにプライドを捨てきれず
素直になれないというか
難しく考えすぎるというか。
一也のぐるぐる考えてしまうところをみていると
こっちまで苦しくなっちゃいました‥

周りとの関係や
家族の問題、お金のこと‥
かなりいろいろと盛り込まれていて
読みごたえはあるのですが
脈絡なく新しいキャラやエピソードがきて
混乱してしまう部分があったので
ふたりの恋愛のお話というよりは
普通のDKの日常(BL要素あり)という
印象が大きかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う