チ○コもないくせにセックスできるわけないでしょう!

色悪幽霊、○○がありません!

iroaku yurei ○○ ga rimasen

色悪幽霊、○○がありません!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

121

レビュー数
3
得点
52
評価数
14
平均
3.8 / 5
神率
21.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
Splush文庫(スプラッシュ文庫・イースト・プレス)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784781686103

あらすじ

先祖代々の屋敷を相続したら、
性欲漲る昭和の不良オヤジの幽霊に取り憑かれてしまった――!

そんな荒唐無稽な災難に見舞われた
売れない小説家の安田。

きっかけは祖母の家にいた土方という幽霊に、
なくしたモノを探して欲しいと頼まれたことだった。

だが、日に日にパワーを増し、
実体化さえするようになった土方が安田にお願いしたコトは! ?

世話の焼ける幽霊に翻弄される
安田の受難の日々が始まった。

表題作色悪幽霊、○○がありません!

土方雄之助、一生の祖母の家に住み着いている幽霊
安田一生、売れない小説家、27

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

小道具のキセルにやられた

電子書籍で読了。挿絵有り。

昭和初期の色悪なオヤジに着流しはまあ定石として、キセルですよ、キセル!
渋い。
お話は皆さんが書いているように『アホエロトンチキ』なのですが、攻めの土方は普段のC調(死語?)ぶりに反して頼りがいがある『中原さんのオヤジ』で惚れ惚れするほど格好いいし、受けの安田くんは『いい人過ぎるうっかり君』という、これまた中原さんの定番の組み合わせ。
初めてのお店に入るほどの元気がない時に、馴染みの所でいつものお気に入りを注文して「あー、幸せ」という感じの一冊でした。
中原さんファンは外しちゃいけない本なんじゃないかしら。

1

食べ物は大切に

カバーの、これぞ「色悪」っていう小山田先生のイラストにほれぼれしちゃうこの作品。
タイトルと作者名でも十分察せられるとおりの、安定のアホエロトンチキ話でした。
安田が相続した古い屋敷には、気風のいい色男の幽霊の土方が成仏できずに地縛霊としてさまよっていた。土方が成仏できずにいる未練とは?

土方の繰り出す、時代がかった下ネタの数々!
安田も、土方に無理矢理に憑りつかれちゃうんじゃなくて、自分から幽霊に力を貸そうとしちゃうお人よしぶり。
安田の友人尾形も、なんだかんだ言って結局悪人にはなり切れず、
いやな人間は登場しない、あっけらかんとした幽霊話。
サクッとエロ楽しくて、明るいエロおやじ攻め好きさんにはいいんじゃないかな。

2

アホエロ全開☆

こういうふざけた話を書く事にかけては、右に出る者がいないんじゃないでしょうか・・・?
作者さんお得意の、笑えるアホエロでありながらしっかりストーリー性もあるという作品でした。下ネタだったり下品な部分なんかもあるので苦手な方はご注意を!!


内容ですが、売れない小説家・安田が先祖代々の屋敷の管理に訪れると、そこには「無くしたモノを探して欲しい」という幽霊・土方が。
彼を成仏させる為に協力する事になりますが、何故か土方がどんどん実体化してきてー。
と言うものです。


あらすじ等で一応ぼかしてはありますが、ほぼほぼネタバレしてると思うので書きます。
その無くした大事なモノとは「チ○コ」です。亡くなった時に、付き合っていた女に切り取られてどこかに隠されてしまったとの事。
男の大事なモノを取り戻さない事には成仏出来ないとゴネる土方。
同情した安田が、真面目にチ○コを捜索する手伝いの過程で愛が芽生えるといった所です。ここだけで相当アホっぽいと言う事がお分かり頂けると思いますが、ここから更にアホな設定でとばしてます。

そもそも、攻めにチ○コが無くてBLが成り立つのか?て話ですが、離れ業を見せてくれるのです!
もともと安田には特殊な能力(霊に力を与えるみたいな)があり、そのおかげで土方が実体化してきてー・・みたいな設定なのですが、その能力を持ってして、なんと身近で形状なんかが似てるモノをチ○コにする事が出来るのです!エッチの最中だけ!!これがまぁ、ニンジンだったり松茸だったりと、次から次へとチ○コに代わるモノが出て来ます。中には「それはちょっとビッグ過ぎなんじゃ・・・」てモノまで。土方に言わせると「オレのはこれくらい立派」らしいですが。
なんかこうして書くと、限りなくアホですね・・・。

そんなワケで、エロエロなのに笑える絡みシーンがたくさんあり、かなり萌えさせてくれます。
また、エロだけじゃなく、キャラクターも魅力的なのです。色悪といった感じの土方。下ネタ全開のオヤジですが、懐の深さを感じさせてくれるいい男なんですね。そして、困っている人を見捨てられない性分の安田。二人の同居生活がほのぼのさせてくれると共に、一緒にお買い物してご飯を食べてとナチュラルにイチャついていて、萌えさせてくれます。

あと、当て馬の尾形が、これ以上無いほど見事な当て馬っぷりでした。

結局、山林で土方が実体化する理由が、かなり力技で片付けられているのがアレですが。

ラストですが、土方が無くしたモノを取り戻すシーンには、大変笑わせてもらいました。本来なら感動するシーンのはずですが(笑)
笑ってほのぼのして、ちょっぴり切なくてと、とても面白く読めました。

それにしても、土方の股間を見た安田の「息子さん・・・ご不在ですね」のセリフには笑いました。



11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ