どうしたら、好きなことを諦められるんだろう?

嘘吐き達に愛の手を

usotsukitachi ni ai no te wo

嘘吐き達に愛の手を
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
22
評価数
11
平均
2.6 / 5
神率
9.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥647(税抜)  ¥699(税込)
ISBN
9784866690216

あらすじ

――年下強引ワンコ×無気力リーマン、嘘と本音が交差するヒーリング・ラブ。

「ずっと嫌いでいてくれたら、そしたら俺、ずっと優一くんの中にいられる…」

大学時代、バレー部でセッターだった中優一は、後輩でアタッカーの清水了とは息の合ったコンビだった。
けれど、故障のせいで選手生命を絶たれたのをきっかけに、何も告げず了の前を去ってしまう。
「悔しい」という本音を隠し、挫折を引きずったまま社会人になった優一の前に突然現れた了。
あの頃と変わらず人懐こくて強引な了が眩しい優一だが、了は何かを隠しているようで…?
お前がいるから、挫折の中から光を目指すことが出来た。

表題作嘘吐き達に愛の手を

清水 了(バレー実業団選手・大学バレー部の後輩)
中 優一(リーマン・大学バレー部の先輩)

その他の収録作品

  • その後(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ワンコを名乗ってほしくない…。

ちるちるのあらすじ以上でもなく、以下でもなく、本当にこのままのストーリーです。
大学時代のバレー部の先輩後輩関係で、了に黙って退部した、話したくても連絡取れなかった、と言ってるけど同じ大学だったら構内で一度くらい会えないものですかね?

別に了は優一のことを大学時代からずっと好きだった訳ではなく、了が優一に会いたくなったのは、「自分がバレーでスランプに陥ったから」という個人的事情。
スランプに陥り監督から休めだの言われて、そんな時にかつてコンビを組んでいたけど選手生命を絶たれて自分の前から姿を消した優一のことを思い出した→大学の先輩のツテを辿って優一を探した→会って話すうちに好きになった。→勢いに任せてキス→レイプ。

なんだそりゃ、って感じです。申し訳ないけど。
レイプ展開でも別に嫌悪感を抱かずに萌えるストーリーもありますが、この作品のレイプ展開には嫌悪感を抱きました。昔、大学でコンビを組んでいたときからずうううっっと好きだったという何年も思い余った末ならまだ判るのですが、そうではなく最近「思い出した」程度の相手に対して、結構な短期間でそこまで思い詰めてしまってレイプするなんて恐怖すら感じる。
そして「年下強引ワンコ」とありますけど、ワンコ好きの私から見ると全くワンコには見えません。ワンコを名乗ってほしくない。

了が独りよがりプレイをずっとしていて、優一がそれに巻き込まれていつのまにか両思いという感じでした。
エロを無理に入れず純情ピュア路線で行ってくれたほうが「ヒーリング・ラブ」とやらにはあってたと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ