その眼差しに、唇に、吐息に、心に、──貴方にふれたい。

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ピンクハートジャム 上

灰賀優希,大学1年生,18歳
金江凉,大学4年生で、「リョウ」という源氏名でハコヘルでバイトする青年

あらすじ

大学で重音研究部に入部した新入生の灰賀(はいが)は、そこで印象的な先輩・金江(かなえ)に出会う。

彼の圧巻のギター演奏に魅了された灰賀だったが、金江と話すチャンスをなかなか掴めないでいた。

そんなある日、重研部の飲み会に参加した灰賀は先輩の提案でゲイ向けの箱ヘルを体験することになる。

自分のセクシャリティに悩んでいた灰賀がその箱ヘルで対面したのは、憧れていたあの金江で──!?



ひたむきで心優しい朗らか男子×クールビューティーな男前先輩が、ゆっくり丁寧に時間を重ねていくハートフルラブストーリー。

作品情報

作品名
ピンクハートジャム 上
著者
しっけ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス メロキス
発売日
電子発売日
ISBN
9784834265125
4.6

(659)

(498)

萌々

(95)

(41)

中立

(17)

趣味じゃない

(8)

レビュー数
62
得点
3010
評価数
659
平均
4.6 / 5
神率
75.6%

レビュー投稿数62

ゆっくり丁寧がいい

上下巻読んでの感想です
しっけ先生の本は2作品読んだことがあったのですが、絵柄もストーリーも好きなのにどちらも展開が駆け足で物足りなさを感じていました。ですが、この作品は上下巻になっているのでそのストレスがありません。あらすじにある通りゆっくり丁寧に作られています。劇的なドラマ性はありませんが、穏やかな青春も感じられて個人的に癒し寄りの作品です(それなりにえっちですけど)

ストーリーに直接関係ないですが、灰賀(攻)が仲間に1000円返すシーンがあって「こいついい子!攻めがいい子なら信頼できる」という謎の安心感がありました。
実際本当にいい子で、ワンコ攻が得意でない私は灰賀の性格で読めた部分もあります。

受けの金江は見た目に反してけっこう乙女思考なのがかわいいです。女子部員に無意識に嫉妬してるところとか、下巻で脇役に恋愛相談しているところはキュンどころかギュンッッ!ってなります。

あざとい女の子キャラがいますので、そういうのが苦手な方は気をつけてください。
(私はそういうキャラにリアルを感じられて作品として好印象でした)

11

しっけ先生の最高傑作!

しっけ先生の作品はすべて読んでいますが、この作品は間違いなくしっけ先生の最高傑作だと思います。
キャラクターのビジュアルの美しさも各単話のカラー扉絵の美しさも素晴らしかったです。

風俗で出会って身体からはじまるふたりでしたが、金江さんのピュアさのギャップ萌えも、灰賀くんのワンコっぽい一直線な所もよかったです。純愛サイコーです。
やはり上下巻でふたりの気持ちが丁寧に描かれていて、ふたりの気持ちがどんどん溢れていくのを読むのはとてもワクワクしました。

相手が好きだとハッキリ自覚したのに振られたくなくて告白できない灰賀くんと、相手が自分を好きだとのわかるのに告白されたい金江さん。
特に金江さんの見た目も音楽も尖っていそうなのに、乙女みたいに可愛すぎます!!


傷心の亜美ちゃんをさらりとお持ち帰りする小田さん。その様子を温かく見守る名前のわからないメンバーたち。面倒見のいい林田さんにお調子者の上田部長やバンドメンバーの山内さん。
サークルのメンバーもいいキャラばかりで、ひとりひとりにちゃんと個性があるのも読みやすさのポイントだと思います。

特に林田さんはいいキャラでした!!
年末の飲み会で金江さんの話を真面目に聞いて背中を押してくれたり、灰賀くんのことを思いやってフォローしてくれたり…。きっと素敵な彼氏なんだろうなぁと彼女が羨ましです!!
もし、続編があるのならもっと活躍してほしいと思っています。

そして、箱ヘルのマキさんと橘さんのお話もスピンオフで読んでみたいと願っています!!

11

絶妙なリアリティ

繰り返し読んで楽しめる作品だと思います。

大学生、箱ヘル、音楽サークル、と描かれるシーンが多いのですが
流れに違和感を感じることなく自然と読み進められました。

キャラクターも期待以上にとても魅力的で
ちゃんと個性が立っていて芯があるし、お洒落で見ていて楽しいです。

表情が柔らかくなったり逞しくなったりする変化も美しくて
言葉の説明なく絵で伝わってくるシーンが多いので
どのコマもじっくり見てしまって読むのに時間がかかりました。

BLはファンタジーとして読んでいるので
若干の無茶な展開はいつも気にしていないのですが
この作品は気にしない以前に気になることがなかったです。

カバーのイラストのまま、中も絵がとても綺麗で
小さなコマや見せ所でないシーンでも丁寧に描かれていて
作品への愛を感じられるし
メインのキャラクターもそれ以外のキャラクターも
全て大事にされているんだなと思いました。

上巻は焦ったい展開が続きましたが
実際の恋愛ってこんな感じだよねと親心に近い感覚で見守れました。
1巻完結の展開の早いBLに慣れていたので
たまにこういうじっくりペースの作品を読むと時間の経過すら
リアルに感じられてじーんときます。

コミックスになるまでずっと楽しみにしていて
期待値が上がりすぎていたのですがそれでも楽しめました。

10

最高でしかない!

クールな金江さんが、灰賀君への気持ちを自覚した辺りから、どんどん可愛くなるのがたまらなくキュンキュンしました!灰賀君には甘え上手になった金江さんが尊いです。
そして演奏の迫力!!カッコよ過ぎました!ライヴの臨場感、音の重圧が生々しく伝わってきて、一瞬で引き込まれます。
灰賀君と金江さんも勿論素敵なのですが、サブキャラの人達も魅力的です。林田先輩、橘さん、マキさん。皆んな含めて大好きです。
My Best BL確定です!

10

神としか言いようがない

「上」に書くようにと誘導されたのでこっちに。
 ブックライブで特装版(上下+沢山のおまけ漫画)購入。

 受けのカナエがめっちゃ最高に良い。外見から性格までストライクな受け。
 攻めはちょっとナヨってて押しが弱くて、個人的にはうーん……だった。

 ちょこちょこ亜美という女にフォーカス当たるのがモヤモヤする。攻めに片思いしてる脳内お花畑の可哀想でもなんでもないただのでしゃばり当て馬。

 カナエの先輩・マキが出てきたシーンは、勝手に先走って盛り上がった。
 まさか大好物の、受けと受けで攻めの取り合いが始まる!? って思ったけどちょっと違った。

 打ち上げっぽい飲み会で、同期やらに絡まれてる攻めを見たカナエが突然、友人に恋愛相談をはじめるシーンは見どころ。
 友人が「告っちゃえば?」と助言すると、表情はスンとしてるものの顔真っ赤にして、「……されたいからしたくない」と呟くカナエが可愛すぎて、友人と同時にキュンってなる。

 電子おまけ。
 酔った攻めとのセックス後、(俺を気遣う余裕が無くなるのも本能的でいいな……)ってハマり、同棲したら休みの日は晩酌しよう、と企んでるのが可愛すぎた。

 初読み作家。
 全ての作画がクオリティ高い。(ストーリーは言わずもがな)
 顔の造形バランス、耳の位置、輪郭、肩幅、腰や臀の位置、手指、そして1番すごいのが、足の指! あんなに違和感のないリアルに近い足の指を描いてくれる作家はなかなかいない……。
 文句なしの神作家です。

7

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP