元タチ専の俺はドSな彼の専用ネコ

セックスドロップ

sex drop

セックスドロップ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神192
  • 萌×2120
  • 萌44
  • 中立12
  • しゅみじゃない7

116

レビュー数
39
得点
1584
評価数
375
平均
4.3 / 5
神率
51.2%
著者
しっけ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
ISBN
9784866692623

あらすじ

毎日違う相手とSEX!チン休なし!なヤリチンライフ♡を謳歌中の大学生の黄海は、界隈でも人気のあるオープンゲイ。
ある日、トラブルに巻き込まれたところを同じ大学のクローゼットゲイ・黒木鎮に助けられる。強引に連れ込まれた部屋(※匿われただけ)乱れる息(※走っただけ)…ヤることはひとつ!!と黒木に迫る黄海だが、気づけば首輪で繋がれち×こを突っ込まれていた!?
だけど案外お尻でのSEXはキモチよくってー…

表題作セックスドロップ

黒木鎮・タチ専隠れゲイの大学生
黄海知昭・タチ専オープンゲイの大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:キャラ紹介・あとがき

レビュー投稿数39

こういう設定めっちゃすき

遊んでる設定がすき!!!
大学生はエモエモすぎる。
攻めが攻めに落とされるのそんな好きじゃないんだけど元攻めが攻めっぽくないからなんかすっと入れた気がする。
元攻めががっちがちの攻め気質だったらもっとなんか違った感想抱いてたかも。
ああ、とにかく手が綺麗。めちゃくちゃ手が綺麗だなあって思った。
首輪・・すげえな・・って思った!!!(語彙力)
大学生!!学校生活!!ってよりは遊んでるほうメインだったから大学生はなんか肩書きだけみたいな感じ。
一瞬だったけど3Pされてる(想像)場面出てきて声を殺して叫んだありがとうございます!!!!!!!!(尊い)

0

対象的な2人の身体から始まるキュン恋物語

隠れゲイクール攻め(鎮)×オープンゲイおバカで素直な受け(黄海)

タイトル通り、セックスを通して対象的な2人が恋人になるまでの物語。

隠れゲイ×オープンゲイ
という価値観から正反対な2人。
最初は身体の相性から始まり、恋に発展していくのですがその様子がそれぞれの性格がしっかり表現されていて可愛らしく、エロ描写も変化していきこちらまでキュンキュンドキドキさせられました。
対象的な2人が交わっていく過程がとても可愛いです!
そして、読み終わった後の充実感や幸福感がバツグンです!!

隠れゲイでクールな攻め(鎮)の顔色変えずガッツリ攻める感じは、クール攻め好きの方はたまらないと思います!調教ではなく、Sで絶妙な言葉攻めもありなんともエロくドキドキしました。
それを受けにもなれそうな綺麗な顔立ちで…というのが、これまた萌えポイントです!
プレイだけでなく、恋愛に対してもクールな部分がしっかり出ています。ツンツンツンデレぐらいのバランスです。表には出さないですが、心の内は…をグッと引き出せる素直な受けとの関係が最高にキュンとしました!

オープンゲイ おバカで素直な受け(黄海)の、危なっかしいくらいのおバカさはとても可愛らしいです。オープンゲイなので、色々な感情を全てさらけ出すのは得意なのかな?と思いきや、鎮くんへの恋心に弱気な感じや尻込みしてしまう時があるのが意外で、本当の黄海くんを見れる表現だなぁと感じました。ヤリチンだったのに、鎮くんの事にだけはシュンとなってしまう所がリアルで、本当の恋に出会ったんだね!と可愛くて応援したくなりました!

内容や2人のキャラクターもなのですが、個人的にこの作品でうわあぁ!最高っ!!と1番思った部分があり…
セフレ時は服を着たままだったのに、恋人になった本編最後のセックスは全部服を脱いでするとこです!大きな事では無いかもですが、セフレ→恋人なのが妙に実感させられたというか…
鎮くんから脱げという所が、クールな振りしてめちゃくちゃ本気じゃん!とキュンキュンでした!
(黄海くんもそれに気付いていた時、大事にされてるって愛を存分に感じて欲しいですね♪)

タイトルを裏切らないしっかりとエロもあり、
そしてキュンもあり、とにかく最高にオススメな1冊です!!

1

番外編のレビュー

ちるちるにこの作品の番外編が登録されていないみたいなので、ここで感想を書こうかな、と思います。
※本編を読んだ上での感想です。ネタバレ注意!


恋人となった2人は、初デートに行くことになります。鎮の方はクローズゲイなので、黄梅はやっと一緒に外出をしてくれることに喜びながら、温泉旅行に行くことになります。

そこでまぁ〜本編に負けないくらいえちえちな行為を番外編の28ページにもかかわらず2回も!!まじえちえちでした!

しかも、しっかりストーリーもあって、続編に繋がる感じもありました。黄梅は鎮が好きで好きで、外でも構わずいちゃつきたいけど、鎮はそうじゃない。でも、鎮の方もクローズゲイなのに黄梅のことを好きだから、少しずつ譲歩していこうと努力する。2人とも恋してんなぁァ〜!!ってなりました。美味しい。

個人的には2度目のえちえちシーンの最後のページで、2人の指輪が見えるのが良かったっす。はぁぁぁ…この指輪も鎮があげたんだもんね…あ、なんか泣けてきた…続編待ってます!!(滝涙)

1

番外編について

本編は皆様がレビューしているので、
本日配信された番外編についてレビューさせて頂きます。
※電子配信されているものになります。

鎮と黄海が温泉旅行に行くお話です。
鎮がクローゼットゲイである為、温泉に行くまでにも人に見られないようにと
黄海が自然に色々と考えている姿を見てグッときました。
健気で可愛いです。
外で手を繋ぎたい黄海ですが鎮が「悪い」と断ると「だよな」と言うのですが
その時の顔が切なすぎて泣きそうになりました。
この辺だけ見ると鎮がひどい男に思えますが
部屋に入ったらすぐ手繋ぐし、なんだかんだ黄海のことを大事にしていることが伝わってほっこりします。

32Pの中に2回エッチがあり、内容もしっかりとしているので
読んでいない方には読むことをおすすめします(*´▽`*)
番外編を読めて幸せでした。

2

クールな攻めがめちゃくちゃいい

タイトルの通り、セックスをメインに展開していくお話です。タチかつヤリチンの黄海が攻めの鎮に掘られてその気持ちよさの虜になってしまいます。人間性に惹かれて好きになっていくというより体の相性からお互いに落ちていく感じが動物的でとても良かったです。
また、攻めの鎮がクールで少し乱暴な感じなのが堪らなく良いです。顔は美形でネコっぽさもあるのに、バリタチで多くを語らず行動で示していく感じがすごくカッコよかった…!受けが表情豊かなのでその対比も良かったです。全体的に正反対な二人が真逆だからこそ惹かれていく感じがしました。
もっとこの2人を見たいので続編とか出たら嬉しいです。攻めの視点も見てみたいし、付き合った後の2人も見てみたい!

1

快感に弱いアホっ子受けが可愛い

クール系攻×ヤリチン受
隠れゲイとオープンゲイの大学生カップルです。

受の黄海は元々タチ専で、毎日可愛い受を食いまくって楽しいセックスライフを送るヤリチンくん。
ただ、ある日黒木に処女を奪われた事をきっかけに、お尻の快感に目覚めます。
オモチャやオナニーで満たされようとするものの無理で、黒木を求めてしまうのがとても可愛い。
出会い系で「この書き込み黒木っぽい!」とアタリをつけて突撃するものの、全然違って慌てるアホっぷり。

そんなアホっ子で快感に弱い黄海を
クールな性格で優等生の黒木がトロットロにしていくのにキュンとします。
展開は王道ですが、可愛くHで楽しく読めるお話。

0

最高!

最初試し読みで読んで続きが気になったのと、カバーの絵が良くて、書籍を購入しました!
この先生の本は初めて購入しましたが絵もとても好みで、内容も最初首輪なんて出てきたからsm?なんて思ったけど、私好みでとても良かったです。
攻めのしずめがと受けの黄海がすれ違っても、結局はくっついて、お揃いのアクセサリーをしてて、、、、

この後の2人の他のシチュエーションでの話も読みたくなるような話でした!
続きが出たら是非読みたいです。

3

王道エロ

ひょんなことから体の関係を持ち、セフレになって、それが恋愛感情になっていくという王道ストーリーかと。
見どころは黄海が攻めだったのに、受けとして開発されるところ? 
でもま、キャラ的に見るからに受けっぽいので(そう見せかけて攻めの場合の作品もありますが)そんなに意外性はない気が。むしろ見たまま期待通り…というので良いのかもしれません。

ストーリーがいたってシンプルで、2人の感情もわかりやすく、絵がきれいだし、黄海が敏感で感じまくるエロがたっぷりなので人気があるんだなと思いました(作文)

1

しっけ先生大好き

ちょこっとアホな受けとそれを冷静に操る攻めのやり取りが心地良かったです。攻めは感情が表情に出にくいけれど情はあついなと感じました。受けとのやり取りで変に照れる描写がないのが良かったです。キャラのブレがなく読みやすかったです。

0

可愛いヤリチンくん

何ということでしょう。
まさか自分がヤリチンくんをこんなにも「可愛い」と思う日が来るなんて。

オープンゲイでタチ専の黄海(きうみ)は、連日違う相手とセックス三昧。
同じゼミの鎮(しずめ)はクローゼットゲイ。
周囲を憚ることなく大きな声で平然と話す黄海を疎ましく思っていて…。

見た目も性格も正反対の2人が、出会い系で騙されて、ゲイビ業者に追われる黄海を助けるために家に連れ帰ったのが運の尽きというか、幸運の始まりというか。

調子に乗ったヤリチンくんとか、相手酷く扱う攻めとか、結構ふだんなら苦手な要素が多いのに、案外すんなり入り込めました。
おそらく黄海の調子に乗った様子が目に余ったせいと、鎮が高身長黒髪攻めだったからでしょうか。

相手の考えなしが招いたトラブルに巻き込まれた上に、「抱いてやるよ」なんて調子に乗られたら、それはもう何をされても仕方がないわけで。
逆に抱かれてしまう展開に「いいぞ、もっとやれ」と思ってしまった次第です。

初めてのお尻の快感に目覚めたヤリチンくんが、まあ、可愛らしいんです。
連絡先を交換するほど仲良くないし、素直に「抱いて」なんて言いに行けないから、鎮が言っていた情報から当たりをつけて、お相手募集に返信しちゃうヤリチンくん。
相手が違って、また「助けて!」という展開。
気持ち良さが先に立って、後から気持ちがついてくる展開もいじらしい。
いろいろと自業自得なのに、なぜか憎めないおばかなキャラなんです。

鎮も最初は平然とオープンにしている黄海が鬱陶しかっただけのはず。
同類だから余計に気に入らないってこと、ありますよね。
そんな同族嫌悪が、どこから変わっていったのか。
それはあまりはっきりとは書かれていないんです。
だけど「他の男としてほしくない」なんて言っちゃうヤリチンくんの言葉が頭に残って、適当に遊ぶのに気が引ける程度には気になって、ヤリチンくんが他の男たちに遊ばれるとなったら駆けつけちゃうわけで。

付き合ったらやりたいことが、ことごとくオープンなヤリチンくんと鎮の会話も楽しい。
最後のコマで、鎮の首元を見た瞬間、にやついてしまいました。

可愛いです。
おばかなヤリチンくんはどうも…という方に、ぜひ試してほしい。
黄海を愛せなかったら、筋金入りの称号を得られます。
愛せたら、また新しい萌えの扉が開くかも。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う