「友達」通り越して俺のもんにしたくなった

不屈のゾノ

fukutsu no zono

不屈のゾノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神121
  • 萌×271
  • 萌23
  • 中立10
  • しゅみじゃない6

130

レビュー数
32
得点
968
評価数
231
平均
4.3 / 5
神率
52.4%
著者
しっけ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784047364196

あらすじ

出戸は単なる喧嘩相手だったヤンキー・ゾノの弱点を知る。
首を触られるのに弱く、エロい声を出すのだ。
ゾノのエロい声を聞くと下半身が反応してしまい混乱する出戸。
そんなある日、喧嘩に強いはずのゾノが父親にボコボコにされている現場に遭遇し、慌てて助けに入る。
ゾノはなぜかファンシーでかわいらしい格好をしていて――!?

表題作不屈のゾノ

出戸晃,高校生3年生
花園真澄(ゾノ),高校3年生

その他の収録作品

  • 不撓の出戸(描き下ろし)
  • プロフィール&あとがき(カバー下)

レビュー投稿数32

ギャップと可愛さにやられました

純粋でいい子な出戸(攻) × ヤンキーなゾノ(受)

シンプルにヤンキー受けが好きになりました。
そして関西弁の破壊力、♡
ヤンキー顔で派手髪だからみんなからは近寄り難いイメージなのにデトくんお構い無しに勝負挑むところとか見た目で決めつけないあたりデトくんいい子、、
ゾノはギャップがすごい、、グビで感じちゃったり可愛いものが大好きだったり本当顔からは想像できない!!それがとってもいい好き!!照れ隠しが下手なゾノ可愛すぎた

ありのままの自分を受け入れてくれるっていうのはすごい嬉しいことだからゾノの惹かれてく理由もわかるしデトくんが一生懸命になるとこもわかる!!

ぜひ読んでもらいたいです(◜◝)

0

いい意味で表紙からの裏切りが凄い!

表紙とタイトルの治安の悪さからは想像出来ないくらい、可愛くて萌える作品でした!

純粋いい子な攻め(デト)×ヤンキー受け(ゾノ)

攻めのデトくんは純粋で少し天然?ないい子。
綺麗な心の持ち主で、ゾノの全てを自然と受け入れるのですがしっかりと“欲”を持っているところが男子高校生らしく、また男らしくて良かったです。
ゾノへの興奮スイッチが入った時のデトくんの素直で自然な男の子っぽい反応もとても可愛いです。

受けのゾノくんはひたすらズルい!
しっかりヤンキー気のある強気な感じでもあるのに、可愛いモノ好きな思考や抱かれたい思考ありのギャップの塊です!
ポっとキュンとさせてくる一言や行動をしてくるところも反則です!
デトくんと同じタイミングで私もキュンとしてました!笑
かなり物語のキーとなるキャラクターのゾノくんですが、個人的にはめちゃくちゃタイプです。
こういうタイプの受けは本当に可愛いですし、しっけ先生のエロ描写(特に受けの表情)がかなり好きなのでたまらない作品です!

しっけ先生のエロ描写は、エロく愛らしさのある線で、、表現がとてもタイプなのでゾクゾクさせられます。私は口フェチなので、今回ゾノの口元が特に好みで八重歯までしっかり描かれているのが最高でした…!!少し歯並びが悪い所も、ゾノのイメージ通りで好感でした。ゾノらしさがある描写だからこそ、生々しくエロく感じさせられるエッセンスにもなり、口フェチにとってもたまらなかったです…!!

どんな関係性であれ、本当の自分の姿を知って愛してくれる人と出会えるのは本当に尊い事ですし見ていてほっこりします。描き下ろしの、シュシュをプレゼントされるお話のゾノはどれだけ幸せだと思ったか…考えただけでキュンキュンでした!
これからも、2人がありまのままので幸せでいてほしいです♪

しっけ先生の作品これからも楽しみにしております!

0

方言ゆるふわヤンキーに萌えました..

表紙やあらすじでそんなに気になっていなかったのですが、話題になっていたので、読んでみよ〜と積んだままになっていたのですが、、、
まず、ゾノくんのギャップに激萌えしました、、いわゆる不良少年なのかと思いきや、実はとてもファンシーものが大好き。某高級部屋着ショップを想像させるお部屋や姿はとっても可愛らしいです。首が弱くてえろい声が出てしまうというのも可愛いでしかない。
とにかくギャップ萌えの人でした。お相手のデトくんもそんなゾノくんをバカにせず認めてくれるとっても良い子です。小学校くらいに家庭科で作るナップザックを高校生になっても使ってるくらいですから、、そりゃあ良い子ですよね。そして方言にも萌えました。
それと二人以外のキャラクターたちもとても良い子ばかりで好感がもてました。卒業後のデトくんは大人なイケメンになっていてかっこよかった、、、
全体的にお話もまとまっていて、おすすめです。しっけ先生の描かれる「ちまっ」としたキャラクターもあいまって、可愛さ爆発の一冊でした。

0

かわいい

こういう可愛いのが好きなのだv
ヤンキーものも数ありますが、
こういう子がツボ。

壮絶な昼のパン取り合戦から一転
喧嘩のついでに触った首筋で変な反応するもんだから
重点てきに責めたらそこは性感帯ww
知らず知らずに性感帯攻めまくる攻が可愛い1冊。

目つき悪くて、素行もよろしくない
それなのに可愛いものが好きで、自分(攻)のことが好きで
実は実はが知れてくるという
とてもかわいらしい展開なのです。
そういうのメチャンコ好きやっちゅーねん((ノェ`*)っ))タシタシ

濡れ場の描き方も好みでした。
「どっちがしたい」なんてわかってるくせに聞いちゃうのいい
個人的にはリバでも美味しくいただく自信はございますが

2

ゾノのギャップ萌え

ゾノが可愛くて仕方ない。。
しっけ先生の作品でこの作品が一番すきです。
表紙も好き。
黒髪で一見無口真面目っぽいけどギャップのある攻め
(セックスドロップもちょっと共通するところあるかも)かなり好きです。。

<以下ネタバレ>
恋人になったゾノとデトがお揃いのルームウェア着てるところとか、
ゆるふわな部屋にデトが馴染んでしまったところとか、
ゾノが好きそうなプレゼントを何でもない日にあげるところとか、
最後の方はひたすらにキュンキュンです。
表紙の眼光鋭いゾノどこ行った!?尊さしかないです。

2

カバー下キュート

ある種地味というか、こんな風に付き合う高校生がリアルに居たっていいかもなって思える作品でした。
ただ、自分の子が他所の子の親に救急で運ばれる程の怪我を負わされてあそこまでのほほんとはしてられないけどね。そういう意味で話の筋にリアリティが満載かというと別にそうでもないけど、2人のキャラクターにとってつけた感じがなく、方言も相まって会話が可愛いです。
ぶっちゃけここまで人気が出た理由は謎。

2年後の2人が特に好きでした。高校生編にページ割かずにこの2人の喧嘩したり仲良くしたりの日常がむしろ見たかった!可愛い部屋含めて。花屋のゾノやカフェのデコ見たかったな。

0

話し言葉に違和感

関西ネイティブです。
関西弁に違和感を感じ、話に入り込むことができませんでした。
関西弁の中には種類があり、方言は細分化されています。この本は一つの台詞単位でそれがぐちゃぐちゃに混ざり合っていると感じました。
母音が揃っていないことが特に気になりました。

2

ギャップがいい!

不屈のゾノもう最高です!もう何度も何度も読んでます!涙もろいデトがすごく可愛いです。

ゾノもデトも可愛かったしゾノはやっぱ男前すぎです!
そして2年後のデトがこれまたかっこよすぎです!何気に名前呼びに変わってるのが良い!
二人が一緒に住んでる部屋がすーーーごく可愛いすぎでした!
二人の成長した姿や、仲良く過ごしてる二人が見れてとても嬉しいかったです!!もう本当に最高でした。是非とも続編とかもしてほしいです。

0

きみょうで可愛い乱暴者

「セックスドロップ」の主人公もちょっと奇妙な思考癖がある面白い子だったけど、
このゾノ君もかなり奇妙。
首筋が超弱点で、豹変してしまう。
変わりっぷりが奇妙で、笑ってしまう。

面白かった。
きみょうで可愛い人を描く名人だと思う。

0

分からないぞ⁉︎ ん?

しっけさん続けて読みの三作目です。
……が、やっぱりなんかしっくりこない〜!

表紙もタイトルも良くて期待したのですが、
なんかこう開けてみたら……という感じで。

設定は面白いし、
絵も雰囲気もあって可愛いし好きなのですが、
やはり今回も
キャラクター達の感情について行けなかった……

最初のカツサンドのくだりも、
なんかしっくりこないし、
ゾノの怪我の原因もなんだかなぁな感じ。

フワモコはめっちゃ可愛かったんですけどねv

確かにゾノは可愛いですけれどね!
デトがゾノと関わっていく中で、
それは恋になるんかい?と、
非常に疑問でありました。

首筋にしろ耳元にしろ、
そういう喧嘩のやり方はないだろうと、
ちょっと冷めた目で見てしまい……

展開が強引すぎるのでしょうか?
私が心情的について行けないのは……!

ゾノもデトも
なんだかいつのまにか両思いになっている感じで、
ずるずる感が否めない。
『可哀想とは惚れたってことよ!』ということなのか⁉︎

それでも評価が「萌×1」ついてしまうのは、
やっぱり私も
『可哀想とは惚れたってことよ!』なんでしょうか⁉︎


1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う