元タチ専の俺はドSな彼の専用ネコ

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作セックスドロップ 2

黒木鎮,タチ専隠れゲイの大学生
黄海知昭,タチ専オープンゲイの大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下(あとがき)

あらすじ

元タチ専だったオープンゲイの黄海知昭は、同じゼミのクローゼットゲイ・黒木鎮にひょんなことからネコとしての快楽に目覚めさせられ、セフレから恋人になった。しかし二人は、性的指向も価値観も、まるで正反対⋯⋯!!前途多難に思えたが、互いに歩み寄り二人の"まんなか"を見つけていく日々を過ごしていた。そんな中二人の前に、鎮の幼馴染みで黄海の元セフレ・コウスケが現れる。黄海と同じくオープンゲイのコウスケは、タチ→ネコに転向し更には鎮のために恋人であることを隠している黄海に対して「本当は寂しいんじゃない?」と心の奥底に眠る本音を暴こうとし―…!?

作品情報

作品名
セックスドロップ 2
著者
しっけ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784866695495
4.5

(422)

(307)

萌々

(72)

(25)

中立

(13)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
51
得点
1911
評価数
422
平均
4.5 / 5
神率
72.7%

レビュー投稿数51

鎮と黄海のラブラブが最高

セクドロ1は鎮と黄海の馴れ初めって感じで可愛かったけど、セクドロ2では2人の他ラブラブ感がたまらなくてありえないほど最高!!

0

No Title

クローゼットゲイの鎮×オープンゲイの黄海
チグハグで、いつか破綻するんじゃないかと思うような関係性からスタートした2人の恋人編です。

鎮の元セフレなんかも出てきて、危うくてヒヤヒヤしながら読みました。
黄海の器の大きさと、鎮の冷静さのおかげでこの関係が上手くいっているんだなぁと思います。
これからもこのふたりがどんな風に困難に立ち向かって解決して折り合いを付けていくのか、ずっと見ていたいと思う作品でした。

0

お互いの違いを大切に、すてき

 電子で買ったんですが、かっこいいのに柔らかできれいな絵、紙でも買いました。
 1巻はコミカルで楽しい印象でした。2巻もエロくて楽しいんですが、オープンとクローゼットという違いがあるがゆえ、二人の仲がより深まっていると思います。
 黄海は自分とは違うことを当たり前に受け入れ、鎮の気持ちを尊重して付き合っていきます。でも、それは自分の思いを押し殺すとか我慢するのではなくて、本当に鎮が好きで大切だからなんでしょう。
 そして鎮は、言葉に表さなくても、黄海を思う気持ちがあちこちに。黄海のしたいことに歩み寄ってくれるの、本当にいいなと。コウちゃんは二人の深まりに、いい仕事してくれました。
 とにかく、クールで長身の鎮もかっこよくて好きです。そしてその対比で、黄海が余計にかわいい、かわいい。ベッドで読んで、幸せな気持ちで眠りに入ってます!

2

誰がなんと言おうと鎮の黄海への愛は間違いなく本物

レビューしてなかったことに衝撃を受け大急ぎで書いてます!本当に大好きで大好きで大好きすぎる作品。

個人的にセクドロの肝は鎮の気持ち変化だと思っていて、黄海はとにかく性欲に真っ直ぐだし好きって気持ちにも真っ直ぐでわかりやすいのでとても安心感のあるキャラですが、鎮は周りにゲイであることを隠したいBLのキャラの中でもかなり徹底して隠すし、元々が言葉数も表情の変化も少ないので注意深く見ていないと黄海への愛が伝わりにくく勘違いされがちなのではないかと思っています。

それでも黄海が真っ直ぐなのも功を奏して1巻で無事両思いになった2人の2巻。鎮がどんな風に変化するのか本当に楽しみにしていましたが、ちょっともう想像以上に黄海への気持ちが重くなっていて本当に泣きそうになりました。相変わらず徹底的に隠すし、別にわかりやすいわけではないのですが、それを自分でも自覚して黄海を不安にさせないように努めることを自分の義務だとする鎮。それって別に義務じゃないし、そこを多少怠っても黄海はちゃんと鎮についてくると思うのですが、それを鎮が努力するのは鎮自身が黄海を手放したくないと思っている証拠だよなと思うともうたまらないです。それがもう表紙からもひしひしと伝わってきますよね!!

もうこの作品でしか味わえないはちゃめちゃに重い愛が本当に好きで好きで…とにかく全人類に読んでほしい作品です!

3

ネタバレを見てから読みました

クローゼットな鎮とオープンな黄海の恋人編です。

賛否両論で読むのが怖かったので、ネタバレを見てから読みました。そのおかげであっさり読めましたが、初見だったらかなり引きずったと思います。

鎮の幼馴染で元セフレのコウスケから鎮がフェラを嫌いな理由は聞きたくなかったし、コウスケが黄海にフェラをしたことには引きました。

鎮が母親が昔遊んでたホストと結婚後再会した時に出来た子供というのはショックで言葉になりません。

鎮と黄海がこれからも一緒にいるために努力をしていく尊いお話なのは分かりますし、続きが出たら読んでしまうと思いますが、気軽に萌えるとは言えないので中立評価とさせて下さい。

シーモアは白抜き修正でした。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP