僕のおせっかいダーリン

boku no osekkai darlin'

僕のおせっかいダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×213
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
132
評価数
36
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
ほむらじいこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
ISBN
9784832290402

あらすじ

一人息子のゲイ疑惑が気掛かりな、やもめサラリーマン・浜田信夫部長は ある夜バーで深酒していると、いい香りのする美しい若者ヒジリから 声を掛けられる。……気付いたときには自宅ベッド、しかも自分の上 でヒジリが嬌声をあげていた!□なんと彼はゲイ風俗No.1のテクニ シャンだったのだ!!! でも、奔放なようでどこか儚さと憂いを帯びたヒジリを放っておけ なくなった浜田は自宅に彼を住まわせることにして…。 リーマン×風俗くんのエロラブ❤プロフェッショナルコメディ。 「躾け方=にじゅうまる」スピンオフ!

描き下ろし「内緒のにごり湯」収録。

表題作僕のおせっかいダーリン

浜田伸夫,47歳,会社部長
後藤聖,24歳,ゲイ風俗勤務

その他の収録作品

  • 「内緒のにごり湯 」描き下ろし
  • 電子限定おまけ1ページ

レビュー投稿数5

じいこ先生史上最強の色っぽさ♡

この部長というのがまた…通勤にきっちり襟巻きをして、革手袋をはめるという。ものすごくダンディな「おじさま」あまり日本ではお見かけしません。(それがもはやファンタジー!)彼を虜にするのはパッと見女性の青年。後書きにもありますが、所謂「いい女」要素を表現してみたそうです。
息子を心配するあまり、おそらくゲイに関してあまり理解の無かったであろう「おじさま」はウッカリ女性と間違えて、ゲイ風俗の「聖くん」と致してしまう。致してしまうんですよ‼︎ヤッた、とかでは無く!致してしまう。翌朝、「勝手にキッチンを借りて、朝食を作りました。」と言う聖くんを難詰する前に「これは有難い」と言ってしまう。育ちがいいんですか⁉︎部長!激萌えです‼︎
書下ろしの「内緒のにごり湯」も致しております!
じいこ先生史上、最高に色っぽいカップルです♡多分これを超えられ無いだろうけれども、そもそもの発端、息子くんのスピンオフも楽しみです。とっても良い子なのできっと誰かを幸せにしてくれると期待してます♡

4

違う意味で胸が痛む

表紙に妖艶な女性がいますが、BLです。
どう見ても美しい女性ですが、男性です。
あとがきで大人の女性をイメージした」と書いてある通りの大人の女性ですが、(略)。

以前、ほむらさんの別の作品で「女の子にしか見えない」設定のキャラが出てきたときは、正直すごく悩んでしまいました。
見えない…。女の子にはとてもじゃないけど見えない…。
今回の作品はもはや男性として見る方が難しいくらいの女性っぷり。
作家さんの日々の作画に対する鍛錬には、目を見張るものがありますね。

父ひとり、子ひとりで12年頑張ってきた伸夫の悩みは、「息子がゲイ」ということ。
息子を見張るのに疲れて、バーで酔い潰れた伸夫が目覚めると…。

バーで出会った美人がいる、という。しかも出張料金要求されます。

お人好しでお節介焼きな伸夫は、「躾け方=にじゅうまる」で無表情な千田を採用した人です。とにかく人情に篤い。
そんな伸夫が帰るところがない聖を家に置き、絆されつつもゲイに悩み、聖の仕事や家庭の事情も我がことのように悩み…という話です。

伸夫は全身で「優しいです!」って言っているような、速攻でベストファーザー賞を授与されそうなビジュアル。でも大人の男の色気みたいなものもちょっと漂わせてます。
対する聖は母親を亡くし、義理の父からは母親の代わりをさせられ、風俗に売られ、「育てた義理を金で返せ」と言われながら育ってきた不憫な子。
そんな聖が歩くベストファーザー賞に優しくされたら、それはもう落ちないわけがなく。

聖の事情がひたすら可哀想です。
BL界ではわりと見かける設定ですが、聖の美しくも儚げなビジュアルのせいで切なさと悲しさが3割増状態なので、恋の切なさよりも「この子を救いたい!」という伸夫と同じスタンスで胸が痛んでしまう。
このビジュアルに備わった性格が「健気」ですよ…。
全力で護りたい、この健気!そう思わずにいられません。

後半、聖の健気パワーが「ストックホルム症候群?」と心配になるくらい発揮されますが、ここからが伸夫の本気の見せどころです。
一歩前に進めた聖にも感動します。

聖のビジュアルも相まって、もはやBLを読んでいる気分ではなくなりますが、清々しい読後感は得られます。
女性に見える小柄な受けは無理という方、大丈夫です。
わたしもショタっぽい女子風キャラは無理ですが、美女っぽい受けはイケると確信しました。
いかがでしょうか。

0

部長が魅力的

「躾け方=にじゅうまる」スピンオフで、同じ会社の部長が今回の主人公。
以下、ネタバレあるレビューで失礼します。

部長(伸夫)は妻に先立たれた47歳。
一人息子がゲイだと悩み、バーで一人で酒をあおっていたら美女が優しく声をかけてきた。
そのうち酔い潰れて眠ってしまい、気が付いたら自宅で美女が騎乗位でセックスしている事態に。
美女と思った人物は実はゲイ風俗で働く聖という男で、なりゆきで家に住まわせる事になり…。

うーん…全体的に無理やり感が否めなかったです。
最初にセックスした翌日、代金を要求するところに「え?押し売り風俗?」となりました(^^;;
まあ、勘違いだと知り聖は代金請求を無理強いする事は無いんですがね…。
で、住む所が無いといって伸夫宅に同居する流れも違和感があります。
聖が息子への言い訳に合わせてくれたのは分かるけど、今までどこに住んでたの?義父と一緒??
義父との関係もよく分からない。
成人した男なのに、何故そこまで義父のいいなり?
育ててくれた恩はあるだろうが、暴力で支配されてる訳ではないのに、また義父への愛情も無いのに何でや…と甚だ疑問。
それでいて、義父との決別・ゲイ風俗の卒業はもだもだした割にアッサリしてる感がありました。

と、モヤる部分は多々あったのですが、愛情に飢えていた聖が伸夫に惹かれるのも無理ないと思うほど、伸夫が格好良いんです!
見た目ダンディで包容力半端ないという。
対して聖は、美人で控えめだわ健気だわ、男らしさが殆ど無かったのが少々残念です。
美人受け好きなんですが、あまりにも女らしくてBLっぽくないというか( ̄▽ ̄;)

とはいえ、このシリーズ(躾け方=にじゅうまる・追って追って、恋をして)の中では一番好きでした。
次は伸夫息子のスピンオフとかありそう(´∀`*)

4

突っ込みどころは多いけど、優しいお節介は素敵

以前に読んだ時も思ったのですが、とても不思議な話ですよね^^;
スピンオフ作品なのですが、単独でも楽しめます。

酔い潰れた信夫を家まで送り、ついでに乗っかっちゃう男娼・聖。
ついでに、聖を家に住まわせることになってーーという展開。

結構唐突に始まる関係です。
信夫の優しいおせっかいが聖を救っていきます。
ただ、12年も亡くなった奥様を愛してきたのに、美しいからといって出会ってすぐの男にいくかな?
そして、部長だからって勝手に?聖を雇う信夫の権限強すぎじゃない?

……とまぁ、突っ込みどころは多いし、考え出したらキリがないんだけど、やっぱりじいこ先生が描くHは最高に艶っぽい♡

一緒に住む息子の光は理解があるけど、そもそも光のゲイ疑惑はどうなった……?

0

今までの作品と比べたら…


私の大好きな攻めが執着する感じではなく、受けの方がずっと攻めを好きなお話でした。
ほむらじいこ先生の作品の中では珍しい気がします。

今回登場する攻めの伸夫は「躾け方=にじゅうまる」「追って追って、恋をして」に出てくる会社の部長なので、作中に度々このキャラ達が出てきます。

奥さんを亡くした子持ち(高校生)のノンケおじさま×美人ゲイ風俗。

攻めは面倒見が良くおせっかい焼き、受けは儚げで23歳差カップルです。

受けの家庭環境が複雑で、義理の父しかいないのですがその義父が酷い…。
幼い頃に性的虐待を受け、お金のためにゲイ風俗で働かせられます。

愛を諦めている受けが、理想の父のような年上男性である攻めに出会い、酔って一夜を共にした翌日、可哀想な受けを見兼ねて住まわせてあげます。

息子がゲイという事で「自分は違う」と葛藤しますが受けの綺麗さや保護欲で段々とほだされていきます。
義父と風俗から救ってあげる攻めはやっぱり大人の男性で頼りがいがあって良かったです。

ただ、「今は好きだけれど、そのうち愛になるよ」と、最後まで受けの愛だけが大きかったのは少しモヤっとしたものが残りました。

あとがきも幸せそうなその後の二人で良かったです

一冊まるまるこのお話なのですが、何故か短編のような心象を受けました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う