追って追って、恋をして

otte ottte koi wo shite

追って追って、恋をして
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
95
評価数
26
平均
3.8 / 5
神率
38.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784832290082

あらすじ

倉庫スタッフの根暗めがね石田 真は一途なストーカー❤
社内の天然リーマン吉本 新のマンション階下に住み
可愛いかわいい盗撮写真を愛でることがイき甲斐なのだ。
ところが、ひょんなことから「新❤コレクション」が本人に
バレてしまった!!!
真の妄想ではいつも超~エッチな展開に持ち込めるけど
現実の新を前に大ピンチ!!!確率ゼロに近いこの恋はどうなるの!?


「躾け方=にじゅうまる」スピンオフ
徹底マーキング願望❤ラブコメ描き下ろし入り

表題作追って追って、恋をして

石田真,受と同会社の倉庫スタッフ,根暗なストーカー
吉本新,攻と同会社の事務のリーマン

その他の収録作品

  • コンタクト・イン(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

ストーカーほいほいの新くんが、無防備受け過ぎる‼︎

「躾け方=にじゅうまる」のスピンオフですが、このスピンオフ三部作の中では、一番なんだかなぁ〜って感じの作品です。ちょっと毛色が違うというか。ゾッとするとこもあるし。
何より、他の方もおっしゃってますが、メガネを取ったら…、そこはマンガなのだから‼︎ イケメンであって欲しい‼︎ コレ絶対‼︎ そこが残念でなりません。メガネ(しかもダサい。)を取ったら、目つき悪い、って、どういうことなの⁈っていう。
ストーカーをしている真の行動は、やっぱり気持ち悪いですが、妄想が炸裂していて実際は固まってて動いてはいない、とか、笑えるとこもあって。ちょっとホッとします。
大輔くんが真に、「好きな人には笑ってるのと、悲しんでるの、どっちが好き?」と聞くシーンがありますが、この時、大輔くんは確認していたんだと思います。真が大丈夫かどうか。
「そりゃ…、笑ってる方が好きですよ。」という真の返事を聞いて、安心したんじゃないかな。
大輔くんは、犬だけに(⁈)新を脅かす別のストーカーの存在に気付きます。ちょっと、遅かったけど‼︎ でもまぁ、新がそこまで傷付けられることが無くて良かったです。
それより、新‼︎ 諸々無防備過ぎ。天然も過ぎると、よもや誘い受けですね。襲ってください、と言わんばかり。真とは、めでたくバカップルになりそうですが、真は心配でたまらなくなって、結果、ストーカーし続けることでしょう。

0

受け取り方で 関係は変化する

"躾け方=にじゅうまる"のスピンオフ作品だそうですが、すみませんそちら未読ですm(_ _)m

ストーカー被害に悩む新(受)は、会社もマンションも一緒で自分に良くしてくれる真(攻)と仲良くしようと思いますが、真が自分のストーカーだったと判明!しかし知りながらも親しくしていくうちに真が気になる存在に。そんな時ホンモノのヤバイストーカー登場!身を呈して新を守る真ですが、自分以外にストーカーがいたことに気がつかなかった事にショックを受けます。自分も同じストーカー…罪の意識から距離を置こうとしますが、新からの思わぬ告白もあり2人はめでたく結ばれます(^^)

ストーカーは怖い…いや、怖いけど、ストーカーだって分かっていて親しくしようとする新の身の程知らずっぷりがむしろ怖い笑!!確かに真は"話しかけても避けないでほしい"みたいに言いますけど、でもねぇ。自分に被害はないけど、警戒心弱過ぎ!!

どちらかと言うと真に感情移入する私のお気に入りシーンは、2話で真が告白のごとく新に想いを伝えるシーンがあるのですが、その際新に"ストーカーナメないでください"って慌てながら真が発言するんです!ストーカーに自信や誇りを持っているように思えて、真を応援したくなりました(^^)

真が新を襲う時の理性のぶっ飛びようもなかなか良かったですー!ゾクってきて、執着心強めの変態笑!!
逆に新は、とにかくHのときエロい(⊙▽⊙)素晴らしい!!

いくら限度や節度の問題などがあるとは言え、ストーカーはストーカー。新のヤバイストーカーの"俺は犯罪者 お前はヒーローってか"という言葉は、なかなか考えさせられるものでした。人を好きになる気持ちは素敵な事ですが、相手への伝え方や執着心が行き過ぎると相手を傷つけるし、恐怖心が植え付けられたり、時には犯罪へと発展してしまいます。逆に、相手を不快にせず、執着心はやや行き過ぎながらも、相手から好意的に見られていたら、それはもはやストーカーとは思われないかも?つまり、自身がどう考えるかだけでなく、相手がどう感じるかにもよるのかなと思いました。"ストーカーの恋愛が成就するのは 1%ほどの奇跡"…そう締めくくられていますが、奇跡だったのは"ストーカーの恋愛"ではなく、"新が歩み寄ってくれたこと"なのかなと感じました。

2

眼鏡を取ったらイケメンならぬ目が点

眼鏡を取ったらイケメン、前髪切ったらイケメンというのは使い古されてしまって、最近では眼鏡を取ってもふつう、前髪切ってもきもいというのが定番化してますね。
イケメン好き、逆転勝利好きには寂しい風潮です。

表紙ではかなりイケメンを予感させてたんですけどね。
ほむらさんの描くイケメン大好きだし、ホストっぽい髪型、つなぎみたいのを着こなしている姿も、制服好きには「キタコレ!」と期待感煽られっぱなしだったのですが…。
うむ。皆までは言いますまい。

ストーリーはコミュ障根暗男子が同じ会社で違う部署のコミュ力高い系男子にふつうに接してもらったことがきっかけでストーカーになるというもの。
みんなが遠巻きにする中、ふつうに接してくれるだけで特別になるのは分かるので、この執着心はすんなり理解できるし、標的にされる方もいろいろな出来事を通して信頼関係が強まるのは理解しました。

でもなー。
受けの行動や態度が全く共感持てないんです。
虎穴に入らずんば虎子を得ずじゃないけど、どんどん虎穴に入っていって、そりゃあ自穴に入られても…、すみません、下品なことを言いました。
ああいうのを小悪魔って言うんでしょうね。
さんざんコナかけておいて「○○くんに告られちゃったー。全然そんなつもりなかったのにぃ」みたいな感じ。

こちらのベースになる「躾け方=にじゅうまる」は未読ですが、問題なく読めました。
ただ読んでおくと攻め受けそれぞれの上司の登場ににやにやできるのかなあというくらいです。

最後にもう一度。
眼鏡を取ったらイケメン。これ大事。

2

受けがストーカーウェルカムすぎる…。

筋金入りのガチのストーカーで、初っ端いきなりガチのストーカーぶりを見せつけられてちょっと怖かった。

ストーキングされてる受けは部屋中に貼られた&散らばる自分の写真でいっぱいのストーカーの部屋を冒頭で目撃してストーキングされていた事を知っているし、その後ベッドで襲われそうになってゾーッとしたはずなのに、後日自ら酒を買ってストーカーの家を訪問したり…(!)と警戒心が薄いというか人が良すぎるというか良く言えば天然、悪く言えば理解不能なキャラ。
自分が異常だと認識しているストーカーに受け自らぐいぐい接近するという展開でして、お酒飲んでテロンとストーカーにしなだれかかってストーカーに頂かれちゃうという…。
エロはエロいので、ストーリーとかあまり追求せずさらっと読むならいいかもしれない。ただしストーカーがメガネ外したらイケメンという訳でもなく、素顔もちょいキモいのがかなりの難点…。

そして更にガチでやばいストーカーが登場し…というストーカー祭りの一冊でした。
中立なのは、ストーカーはキモいのが当然なのでキモくて全然いいんだけど、受けがあまりにも危機感がなくてストーカーウェルカム状態なのがついていけなかったので…。これがもしラブコメだったらこの受けのノリでも全然大丈夫だったんだけど、ギャグノリでもないので戸惑ってしまいました。

0

小悪魔天然はたちが悪い

ちょっと初っぱなから気持ち悪かったです。攻めの真がストーカー気質で、それをいきなり見たもんだからかなり第一印象が悪かったです。

このお話はネタバレと宣言しつつも、ネタバレしちゃうと面白くないと思うので詳しくは書けませんが、この最初は気持ち悪かった攻めの真がストーカーとして分をわきまえているところ、新のためなら勇気が出るところなどがわかり、少しずつ成長していく真を見ているうちにそれほど気持ち悪くないかも…と思った次の瞬間に笑顔が不気味だったりして、単純には理解しにくいのが魅力です。(ヤンデレと言うほどは悪いやつでもない。)

また、受けの新がかなりの小悪魔天然キャラと言うか、無防備過ぎて「そりゃあんたも悪いわ!」と突っ込みたくなります。

スピンオフ作品との事で、私はこちらしか読んでませんが楽しめました。

1

癒されました〜

わたしは、「躾け方=にじゅうまる」を読んでいて、スピンオフということで購入しました。
天然なサラリーマンの新と新のストーカーである真の話です。新、本人に自分の気持ちを伝えられないから、真はストーカーや盗撮をしています。部屋の壁には、新の写真が貼られていたりします。また、新に自分がかけているメガネを踏まれた時も、新が踏んでくれたメガネだからコレクションにしようとしたり、スペアのメガネが無いことにして、お風呂に一緒に入ってもらう妄想をしたりするくらい重症です。そんな真ですが、新がピンチのときには、命懸けの行動を起こすことが出来る男前だったりもします。
真の一途な気持ちと新の可愛さがツボだったので、この評価にしました。個人的にお気に入りのコマは宅飲みをしていたときに、新が真を見つめるシーンがたまらなく可愛くて好きです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ