青年ドリーミー

seinen dreamy

青年ドリーミー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×216
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
150
評価数
40
平均
3.8 / 5
神率
27.5%
著者
もふもふ枝子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
発売日
価格
¥628(税抜)  
ISBN
9784799736562

あらすじ

推しのアイドルを学祭に呼ぶため、実行委員になった一成。
そこには一成がドルオタになるきっかけになった初恋の女子の弟・航がいた。
元いじめられっこのくせにリア充でモテ男になっていた航と、初対面は最悪の敵認定。
だけどなぜか懐かれて、航はどんどん一成のテリトリーに入り込んでくる。

野望も叶わず、苦手なチャラいリア充集団の中で
一成は委員会をサボりがちになるが、航の意外な一生懸命さを知って!?
その後の二人のラブラブ描き下ろし★

表題作青年ドリーミー

古屋 航(19),ワンコなリア充,大学生
湊 一成(20),無気力ドルオタ,大学生

その他の収録作品

  • 航くん見守り隊 改め
  • Another Dreamer

レビュー投稿数7

尊重・尊敬から生まれる「好き」の気持ち

もふもふ枝子先生の他の作品を読んでとても好みだったので、本作も購入。
やっぱり絵がとてもかわいらしい…

一成はアイドルオタクで好きなアイドルにしか基本テンションが上がりません。そして彼がアイドルオタクになるきっかけになった昔好きだった女の子の弟、航に学祭の役員として再会します。
はじめは、姉のことが思い出されることもあり、ファッションショー部員というキラキラした印象から航を苦手に思っていた一成ですが、航のファッションにかける熱量を知り、彼を応援したい、と思うようになります。
一方、航は、実は昔一成に助けられたことがあり、ずっと好きだった人でした。アイドルオタクという昔の印象からの激変にショックを受けつつ、一成がアイドルを全力で応援する姿を理解し、尊重してやはり一成が好きな航。

はじめは航の一方通行の恋心でしたが、二人の掛け合いには段々と互いへの理解や好きなものへの熱量の尊重が生まれ、一成も相手を愛おしく思う気持ちが芽生えてきます。
互いの好きなものをみとめつつ、"オタク"や"キラキラしてる"と言ったある種のステータスのようなものを取っ払って相手の本質を見て、互いに好き合う二人。
腐女子にこそ、刺さるものがある作品だと思います。


本編後のアフターストーリーの二人のかわいさも凄まじいです。一成の方が好きすぎて、余裕がない航も、恋愛経験の少なさから航の気持ちが理解しきれないけどそれでも航以外考えられない一成。
二人のイチャイチャシーンはかわいい…と言葉を失い、顔が綻びました。

0

恋になってゆく過程がとっても素敵

主人公の一成はドルオタでアイドルのこと以外では淡白で無気力な性格。
この子、とても「受け」とは思えないドライっぷりなのです。

大丈夫かな?全く恋の予感がしないのですけれど。
一成よ、きちんとBをLできるのか?
そんな死んだ魚みたいな目で私を萌えさせられるのか?
と不安になりながら、無事読了。

心配ご無用でした。
野暮な心配をして申し訳ありませんでした(土下座)

「攻め」の航はかつての一成の初恋の女の子の「弟」です。
久々の再会ではドルオタに変わり果てた一成に対してキモい発言を
するなど、登場当初はなんだかいけ好かないイケメン君でした。

しかも、バカにするくせにやたらと一成に絡んできて、
なにしたいん、コイツ?とモヤ~っとしていたのですが、
読み進めていくと彼の真意が次第に明らかになってゆき、
その一つ一つの言動が航のピュアさの裏返しとわかり、
読み終えたときには180度見る目が変わっておりました。

酔ったふりをしてキス未遂、チケットの抽選のお手伝いに
つけこんで連絡先ゲット、とわかりにくく、回りくどく、
少しずつ溝を埋めていくその姿勢はなんとも健気!
読めば読むほどにかわゆく、いい男です、航くん。

一方、一成もそんな航に引きずり込まれ、
少しずつBL世界の住人になってゆくのです。

航からの少々強引なアプローチを断りきることもできず、
なんだかんだで彼と一緒に過ごすうちに色彩のない一成の世界も
少しずつ色づいてゆくようでした。

あんなに萌え要素薄いなぁ…と思っていたのに、
無表情だった一成の笑顔や頬が赤く染まった瞬間を目にすると、
どこにその可愛さ隠してたんだよ!と悶えてしまっていました。

恋をすることでどんどん変わってゆく二人が、恋になってゆく過程が、
眩しくて、可愛らしくて、胸がキュンっと締め付けられてしまいました。
私も今日から二人を見守り隊です!

0

表紙からして可愛いい!!

最高でした!!
一冊丸々表題作なので、話の進み方もゆっくりでしっかり描かれており、何より人物の表情の豊かさ!
あらすじは上記をご覧ください。
推しのアイドルが生きる糧のようになっている一成にとって、リア充な航が関わってくるのは不本意。
そんな航と徐々に、一緒にいるのが当たり前みたいになっていたり、航の学祭への頑張りを応援するようになる一成が可愛らしく感じます。
見た目どこにでもいそうな大学生だし、ドルオタだしそれ以外は無気力な一成と航が、ホントにBLになるのか不安になるくらい途中まで何もありません。でも大丈夫!!
ちゃんと描かれています!!
その過程がキュンキュンします!!!

後半で抱き合う場面や玄関でのキス。一つひとつが愛おしくなります。
エロさは少なめですが、十分満足です。

1

大学祭の準備ってキラキラして眩し…

大人社会に出る前の大学生のお話。

ドルオタの一成と年下の航。一成の初恋相手の女の子の弟が航。

初めは、イラッとする事を言ったり、態度を見せたり。航がいやな感じ。
ただ、大学祭の実行委員会の活動を通して仲良くなります。

航が実は、前々から一成を好きなんですよ。一成は、ドルオタで恋とは無縁に生きています。大好きなアイドルを大学祭に呼ぶのが最大の目的です。
航は、航で自分がデザインしてコーディネートしたファッションショーに向けて、一生懸命。
航の姿を見て、アイドルだけ興味があった一成が少しだけ変わります。

とにかく、大学祭の準備を通して2人が青春していまして。読んでいると、キラキラ眩しさを感じる事が出来ましたね~

2人はちゃんと、付き合うんです。ちゃんとえっちもしちゃいますよ!航の健気なワンコ攻めを見届けてくださいね!

キラキラした楽しい話で満足しました。

2

ドルオタ大学生の成長

表紙の色合いで損してる気がする作品。服飾好き大学生(古屋)とドルオタ(一成)のCPなので、もう少し可愛い色の方が方向性わかりやすかった気がする。
絵柄はとっても好きです!

途中で古屋が「夢中になれるものがある気持ちをバカになんてしない」って言うシーンがあるのですが、いや早々に「アイドルオタクってやつですか きもっ」って言ったじゃん…と。古屋の言い訳が後で入りますが、盛り上がりどころで盛り上がりきれず残念。その後の古屋は一成にベタ惚れなのを隠さなくなって、夢の話とかして、めちゃくちゃ可愛くなっていくだけに勿体ない!!

一成が変化していく様はかなりしっかり描かれていて、一貫性があります。

やたら風俗に誘ってくる友達が好きでした笑

1

ピュアなのになんだか捻くれてます

大学生同士の青春模様が良いと言えば良いのですが、どうにもキャラクターの性格が好きになれませんでした。。
まず年下の攻めが元々受けに憧れていて大好きだったと言いながら、再会して、受けに対していきなりのキモオタ発言はないと思います。
あとちょこちょこ失礼な発言で受けを傷付けて、無自覚なのは分かりますが鼻についてしまいました。
何かに夢中な人をバカになんかしない!と力説しておきながら、自分最初めっちゃバカにしてたじゃん。。と説得力を感じられず。
一方の受けの捻くれ具合も凄い。
攻めのことを好きになって人が変わったように乙女になった様子は可愛かったです。
絵柄は綺麗で、細かいことを気にしなければ、楽しめると思います。

3

ドルオタ設定が活きてる!

「青春」と「夢」のキラキラが詰まったお話です。

【初恋を忘れられない夢追い大学生×現実に夢見るあまりアイドルに走るピュアっ子による甘酸っぱい中学生のような恋愛】と作者さんのあとがきで表現されてたのがシックリきました。

……そう。中学生みたいな恋、です( ̄v ̄;)

舞台となる学祭絡みの云々やドルオタ活動の比率が大きくて…っ(涙)
恋愛展開が焦れったい!(涙)

楽しく読んだのですが、無気力ドルオタだった受けが周囲の人々や攻めの熱量に感化され成長を見せるのに焦点が当たっているようで、個人的には終盤まで萌えウェーブが来なかったです。

でも1冊通してじっくり描かれているので
攻めの片思いの理由や、ノンケ受けが攻めにほだされていった裏付けなど、
説得力があってじわじわ進む関係は良かったと思います。

恋愛が始まってからはすっっごく萌えました!!(∩´///`∩)
終盤までガツンと萌えが来なかった反動も相まってキュンキュン止まらん。
攻めも受けもキラキラしてて可愛さが溢れてます///
若いっていいなぁ…。

(ちなみに本編はキスのみ・エロは極薄)


さて、詳しい内容についてですが。

受けは無気力ドルオタ大学生。
初恋相手(清楚系)が高校中退デキ婚したショック癒してくれたアイドルに心身を捧げてます。
学祭の実行委員をやるキャラではないですが、友達に唆され、推しを学祭に呼ぶためだけに加入。
オタクといっても根暗でオドオドするタイプでなく、言いたいことはサバサバ話すし、周囲からバカにされてもオタを隠さずにいる現代っ子さを感じました。

攻めはワンコなリア充大学生。
受けの初恋相手の弟。小学校時代はいじめられっ子で受けに助けてもらったことがあります。
女の子ぞろぞろ引き連れ歩きチャラいと思いきや、実は夢があり、ひたむきで真っ直ぐ。
ずっと受けに片思いしていて、大学で再会できたことをキッカケに距離を縮めます。

舞台は学祭実行委員の始まり〜学祭当日〜その後まで。
受け→ステージ企画部・攻め→ファッションショー部
と、学祭絡みでお話は進んでいきます。

キャラ設定と関係性が上手く出来てるなと思いました。

・受けはアイドルを応援するのが生きがい
=夢を追う子が好きでそのために出来ることは何でもしてあげたいタイプ。
・攻めは叶えたい夢を持っていて、顔は初恋相手の弟でそっくり。

私の文章力の無さで簡素な説明をすると軽い感じになってしまいましたが、
この部分で恋愛をジワジワ引き出す描かれ方が良かったです(^^)

頑張る攻めを応援して、自分も出来る限り頑張る!
なんて青春なんだ〜ヾ(*´∀`*)ノ

そして応援してもらって喜ぶ攻めが可愛い。
恋心が抑えられなくて告白しちゃうのがね!
年下ワンコが顔を真っ赤にしてるのとかキュンキュンする////
はぁー萌える。
年下ワンコの可愛さだけで萌え禿げる。

思いが通じあった後は、
年下ワンコ攻めが「先輩すきすきすきー♡」ってくっついてくるのを
後輩より体格の小さい先輩受けがヨシヨシしてあげてるのとか最高です╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

このカップリングは個人的に付き合ってからの方が萌えの宝庫でもっと見たい…。
あと面倒見の良い長男体質なお友達がツボでした。保護者萌え…(^//^)
評価は萌え×2寄りです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う