酒は愚を釣る色を釣る

sake wa gu wo tsuru iro wo tsuru

酒は愚を釣る色を釣る
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
34
評価数
10
平均
3.5 / 5
神率
10%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784778123796

あらすじ

元カレを思い出させる後輩の尚吾に懐かれ困っていたある夜、千秋は彼にゲイだとバレてしまう。忌避されることを望んだ千秋の誘いに、意外にも尚吾は乗った。後悔に陥る翌日、千秋は突然営業部に配属され尚吾と同じチームになってしまう。縁を切った実家とも仕事上で繋がりができて憂鬱な中、尚吾は以前にもまして声をかけてくる。なかば強引に飲みに付き合わされつつも、一緒にいるのが不思議と心地よくて…。

表題作酒は愚を釣る色を釣る

吉川尚吾、千秋に懐いている後輩
篠田千秋、融通のきかないサラリーマン

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

掘り出し物でした

本屋さんでふと手に取って何となく買ったのですが、面白かった!
掘り出し物でした〜!

過去の恋がトラウマになってしまって、前に踏み出せない受け様の心情が切なくて、胸がぎゅーっとなりました。
融通がきかなくて、会社では周りから疎まれちゃうようなカタブツの受け様が、酔うと可愛くなっちゃうのがたまらなかったです。
それも、ぶりぶりな可愛さじゃなくて、弱さや傷ついてることが垣間見えちゃう可愛さなのが、もう本当に。
ノンケだった攻め様も好きになっちゃうよな…って思いました。

2

酒は辛口、恋は甘口?

大好きだった恋人との別れを経て
今はもう一夜限りの関係のみを楽しむ篠田は
総務で融通の利かない頭の固い男として認識されていました。
営業の吉川尚吾という後輩は
そんな篠田をいつも気にかけ
嫌がる篠田に構わずお昼を誘ったり飲みに誘ったり。
ある夜、ゲイバーで誘われ断った男が路上で絡んで来て
その場に偶然居合わせ助けてくれた尚吾にゲイバレしてしまい
酒の勢いとヤケが入り混じり抱かれてしまいますが…。

過去のツラい経験から、もう恋も愛も無いとビッチ化してしまった受けを
優しく包んでくれる元ノンケ年下敬語攻めって素敵ですよね。
篠田は、実は真面目だからこそ引きずっていたのかと思ったら
なんと元カレ・亮が自分の妹とデキ婚してしまっただなんてあんまりです!!
他人の女性ならよくあるかもしれませんが酷過ぎませんか…??
勿論妹は自分の兄と亮の関係は知らなかったわけですけど
亮はどういう神経で家族になるんだ…と若干引いてしまいました。
終盤、仕事で大変な状況になった篠田の力になれたとしても
それだけじゃ償いきれないのでは??
亮なりに、ある約束は守ってくれましたが…。
恋人だった時の優しさはなんだったんだろうと
どうにもそれが引っかかって
尚吾はめちゃくちゃ良い年下攻めなのに
私は心から楽しむ事が出来ませんでした。

ツレなくされてもめげず、
おざなりの行為を求められても丁寧な愛撫で大事そうに抱き、
言葉責めもして快感と愛情を篠田に注ぎ込む尚吾が健気で
亮に自分が似ていると知って嫉妬を纏わせながら半ば強引に抱いても
嫌な気持ちにならなかったのは
私にとっては始終尚吾が好ましかったからかなぁ。
一生懸命だし可愛くてかっこよかったです。
あとね、Hの時はちょっとだけ意地悪なところもあってそこもナイス!!
こんな素晴らしい青年に愛されたら
篠田が身も心も溶かされて当然ですね。

篠田の実家が酒蔵だし、仕事でも日本酒の事がちょこちょこ出て来ます。
日本酒好きの方々はこういうところも楽しめるかも。
(残念ながら私は日本酒ダメなので……;;)

まりぱかさんのイラストも素敵でした♪

1

クズな元彼や会社の人間にもやもや



総務課の篠田千秋(受け)は酔った勢いで、元恋人によく似た営業の後輩・吉川尚吾(攻め)と寝てしまいます。
酔いが醒め後悔する千秋ですが、追い打ちをかけるように営業に異動になり,尚吾の所属するチームに入れられ、教育係として行動を共にすることになるのです。

千秋は酒蔵の跡取り息子として育ち、杜氏の父を持つ恋人の亮と二人で新しい酒を造り実家を盛り立てようと思っていました。が、亮は千秋の妹とデキ婚してしまいます。
傷心の千秋は実家を出て、人間関係を築くことをやめ、好みのタイプなら誰とでも寝るようになってしまいます。
尚吾は亮に顔やしぐさ・身体つきとすべてが似ているのでなるべく関わり合いにならないようにしていたのに、懐かれてしまい、恋愛相談などされるようになります。
そんなある日、男ともめているところを助けられ、そのまま勢いで寝てしまいます。後悔しなかったことにする千秋ですが、部署異動になり尚吾について仕事を覚えなければならなくなり、担当が料理に合う日本酒を探すという千秋の得意分野だったこともあり、不本意ながら二人で仕事に励むことになります。が、再び酒に酔って相手が尚吾だと認識しないまま寝てしまいます。
それ以来、尚吾は千秋を好きだと言い、アプローチしてくるよういなるのです。
はじめは冷たくあしらうのですが、諦めない尚吾に少しずつほだされてきます。
尚吾のことが好きだと自覚しても、もともとノンケの尚吾が自分を捨てる未来を想像して、受け入れることができません。

尚吾は千秋の2年後輩で千秋に新人研修を担当してもらってからは、千秋に懐き部署が違うのにも関わらず絡みにいくようになります。
イケメンで仕事ができて先輩にも後輩にも慕われており、千秋から見ると陽の当たる場所を歩く男という印象です。
千秋と2度寝てからは千秋が好きだと告白し、千秋が元恋人のことで苦しんでいることを知りながらも、アプローチを続けます。
ただ、物語のはじめに彼女に振られた話をしており、それからあまり日が経ってないのに告白するのはちょっと軽く感じました。

恋人に裏切られた傷が癒えないまま7年の時を過ごし、尚吾に告白されても受け入れられず苦しむ千秋が切ないです。
また裏切られるだろうと悟りきった千秋が気の毒で。
やっと過去を受け入れることができてよかったです。そして、元恋人に謝罪されても受け入れはするけどまだ許すことはできないとちゃんと言えたのはよかったと思います。

裏切られ激しく傷ついた受けが再び立ち直る話でよかったと思います。
ただ、設定・話の骨格が以前読んだことのある話にとても似ていました。
攻めが元カレか新しい男かの違いですごく既視感を感じました。

王道の話を読んでいるのと同じと思えばそうなのですが、ちょっと似すぎで最後のほうまでよめてしまったのがちょっと残念でした。

そして、千秋の会社の仕事のしにくそうなところがとても気になりました。
営業は会社の花形かもしれないけど、営業社員の態度は酷いです。
自分の領収書にものいいがついたからといって、最低3歳は年上の先輩に対して
「たかが総務のくせに」と言い切り、一切敬語も使わず暴言を吐き書類を投げつけるという態度、そしてそれを周りも当然のように見ている(尚吾を除いて)のです。
調子よくいっているときはちやほやして、トラブったら陰口をたたいたり、
プロジェクトの危機を酒蔵の息子というコネもあって回避できたというのに、会社としてプロジェクトが成功したことを喜ぶではなく、「コネがあるやつはいい」と陰口をたたいたり、読んでいてむかむかしました。
せめて最後は千秋に対する風当たりが弱くなっていたら良かったのに。最後まで働きたくない会社のままでした。こんなぎすぎすした会社が成長できるのか心配
です。

そして、千秋の元恋人の亮。
何故妹を選んだかという理由は理解できます。田舎なんだし、結婚というプレッ
シャーだってすごいものになってくるでしょう。
でも、話し合うことはできたと思う。千秋も言っていましたが、裏切ってデキ婚
し、同居しようとする神経が全く理解できない。裏切られた千秋がどれだけ傷つくか考えられないような男だったと思うと、千秋は振られてよかっ
たと思うくらいです。そして、今でも後悔することがあるという言葉
には千秋にも千秋の妹に対しても失礼すぎる。
妹夫婦が破局すればよいとは思いませんが、この元恋人の後悔が彼の人生を苦しめればいいと思いました。

主役二人はいいのですが、どうも周りにもやもやさせられ続けたので萌えられませんでした。

1

元彼は誰よりも不幸になれと願う

初読み作家さん。
お酒にまつわる話という事で、期待半分で購入。
期待以上の面白さに思わず読み入り、気付けば一気に読み終わってました。

受けさんの千秋は初めの印象は男同志の恋愛を諦めたビッチ。
嫌いなタイプの受けだなー…と思っていたのですが、
読み込んでいくと不思議と好きになるというか、応援したくなるというか。
頑張って立ち直ってほしい!次こそは幸せなってほしい!
と思える、本当は純粋一途なツンツンツンデレ。
そんな千秋に見事落とされるノンケだった後輩の尚吾。
一見、カッコいいんです。
でも実は相手に釣り合おうと背伸びしたワンコ攻め。それも千秋限定の。
早くに落とされそこからは好き好き攻撃(口撃)が止まらない
こちらも一途な攻めさん。
そんな2人がセフレから始まり、すれ違いを経て、最後やっと結ばれた時は
私自身が嬉しいほどでした笑。

ただ!
今思い出してもムカつく千秋のトラウマの元凶となった元彼。
田舎でゲイだとバレるのを恐れるプレッシャーから千秋の妹を妊娠させた?
しかも、千秋の家に婿養子で来ると。
ひとつ屋根の下にも関わらず住むと。
はあ?
と、つい自分の性格の悪さが露呈してしまう程に腹立ちました。
千秋は何も悪くない。
このクソ元彼が本当に自己中だったんです。
話し合うことも出来ただろうに、いきなり家族全員の前での報告で知った
千秋の気持ちがいたたまれません…。
そりゃあ、千秋も簡単に許せませんよね、
いや、むしろ、許す必要はこれからもないんじゃないかな?
ずっーとずっーと罪悪感に苛まれてばいい、と思うくらい本当に嫌いな奴でした笑。

お酒好きの方にも、純連を好む方にも。甘々を求める方にも
随所随所で萌えポイントがあるかと思うので、オススメです★

3

(このふてぶてしいのが)グズグズになるんです‼

初読み作家さんですが、帯につられて購入です。
ちなみに帯の煽り文句ですが、「・・・俺にグズグズにされて泣いてる篠田さん、可愛い」。(ふてぶてしい表情の)表紙からは想像つきづらいと思いますが、これが本当にグズグズにされてはしゃくりあげてる可愛い受けでした。


内容です。
過去の手痛い恋愛から本気の恋はせず、一夜限りの関係ばかり持っていたサラリーマン・千秋。元カレによく似ている後輩・尚吾に懐かれ困っています。そんなある日、たまたま男と揉めている時に尚吾とかち合い、ゲイだとバレてしまいます。いっその事、嫌われようと尚吾をベッドに誘いますが、その日から何故か尚吾は更に距離を詰めて来てー・・・。

地雷要素が結構ある作品だとは思うのです。攻めの尚吾は女性と別れたばかりで千秋に愚痴ったりしてますし、千秋はビッチで過去の恋愛に囚われている。苦手な方は避けた方がいいとは思うのですが、二人の心情がしっかり書き込まれているため、気持ちの移り変わりとかに、軽い印象は受けなかったです。逆に、二人が惹かれ合っていくのがとても自然に感じられると申しましょうか・・・。

あと、お仕事BLでもあり、その描写も面白いです。酒に酔っては一夜限りの関係を繰り返す千秋ではありますが、その真面目で融通のきかない仕事ぶりには好印象を持ちます。
更に、大きなプロジェクトで日本酒を扱う事になるのですが、そこの部分も読み応えがあります。千秋の実家の家業も関係してきて複雑ではあるのですが、そうでなくとも単純にお酒の描写が美味しそう。私は全くの下戸でして、お酒は一滴も飲めません。特に困る事も無いのですが、こちらの作品を読んでると、人生をちょっぴり損してる気がしてきます・・・。

そして個人的に一番萌えた部分。二人のキャラクターに関係性です。
昔っから、年下ワンコ攻め×意地っぱりなクール受けというのが好きで仕方なかったりするのです。
また、この意地っぱり受けですが、かなり拗らせ系でもあります。でも可愛い。真面目でいかにも堅物なサラリーマンだったりするのに、酔うとめちゃくちゃ色っぽいんですね~。もう、尚吾をエッチに誘うときが色っぽすぎる・・・。その上、すぐグズグズにされちゃってはしゃくりあげてたり泣いてたりするのがホント可愛いすぎる。ギャップ萌えてヤツでしょうか。
また、尚吾のワンコぶりも大変よろしい。
朝になり、正気になった千秋に塩対応されてるのが不憫でね・・・(/_;)

プロジェクトに問題が起こり、その結末にはちょっと都合が良い気がします。あと、千秋と元カレの和解には若干違和感を覚えます。と言うより、もっと元カレには痛い目にあって欲しい。

と、ひっかかる部分もありますが、個人的にはキャラクターといい、ストーリーといい、かなり好みで萌えました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ