ロマンチックが見つからない

romantic ga mitsukaranai

ロマンチックが見つからない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
7
平均
4.3 / 5
神率
57.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758077903

あらすじ

サラリーマンの上野は帰宅途中、同期の吉村が
男同士でキスをしているところを目撃する。
上野は興味本位で吉村に近づくも彼氏に暴力を
振るわれているという吉村から
だんだんと目が離せなくなってしまった。
人の恋愛に口を出し、つきまとってくる上野に、
「お前に俺は抱けないだろ」と突き放す吉村だが、
ムキになった上野は抱けると言いだし――。

表題作ロマンチックが見つからない

上野彰貴、サラリーマンで吉村の同期、28
吉村、ゲイのサラリーマン、28

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

サラリーマンって、むしろ、この位の容姿がいいよね

ノンケの男が、ある日偶然、同僚がゲイだったことを知り、、、。
ノンケだった上野は、同僚の吉村がゲイであったことより、彼がDVされている事の方を心配していて、吉村と恋人の関係に口を出します、それが売り言葉に買い言葉となって一気にホテルでセックスをしてしまいます。

この展開のお話って、王道と言うか、リーマン物とかではありがちなお話ですが、展開に過不足なくとてもよくまとまっていて読みやすかった。
絵も、取り立てて派手だったり超絶エロかったりしませんが、表情に時々ハッとするような可愛さがあったりして、そこが逆にお話に合っていて好ましかったです。

1

「恋」って、実はすごくシンプルなのです。

ノンケとゲイの恋愛をしっとりと描く、素敵なお話でした。
リーマンで同期の二人の日常と言う事で、派手さは無いのです。
が、心に沁みる系のお話と申しましょうか。
特にラストがですね、すっごく余韻が残る素敵なものなのです。
こうゆうラストにめちゃくちゃ弱い・・・(*´ー`*)


内容です。
同期である吉村が、男同士でキスしている所を偶然目撃してしまったサラリーマンの上野。
吉村が彼氏に暴力を振るわれている事を知り、何故か放っておけない上野は、迷惑がられてもしつこく吉村に構いー・・・というものです。

ちょっぴり展開が唐突に感じる所もございますが、基本的にはノンケとゲイの恋愛をとても丁寧に追った作品になります。
あまりにしつこく構ってくる上野に対して、「(ノンケである)お前に俺は抱けないだろ」と突き放す吉村。しかし、何故か「抱ける」と言い出した上野と一晩過ごす事になり・・・という流れです。
この吉村と寝てしまった事で、自分の気持ちをしっかり見つめるようになる上野。自分の気持ちが「恋」なのでは無いかとうっすら気付き始めるも、吉村からは強く拒否され-。

て、トコなのですが、まぁノンケとゲイの恋愛の難しさと言うのは使い古された感はありますよね。
あるのですが、やっぱり萌える。使い古された感があるだけに、作者さんの力量がダイレクトに感じられると申しましょうか・・・。

彼氏に暴力を振るわれながらも、マイノリティの孤独を知っているだけに、別れる事が出来ない吉村。
ちょっとした悪意の無い(ついでにデリカシーも無い)会話で、吉村から強く閉め出され、ノンケである自分とゲイの吉村の壁を感じる上野。
セクシャリティの壁と言うものが丁寧に、かつしっとりと描かれ、何ともジレジレさせられるんですね。
また、二人の間に事務として新しく配属された「可愛い女子」が現れる事で、二人の気持ちに変化が訪れます。このへんが、めちゃくちゃ上手い!! ホント、この女子が普通にいそうないい子なのです。

あと、山場であるタクシーでのシーンがこれまた胸アツでした。
上野のセリフがですね~、もうキュンキュンさせてくれる!
そう恋って、上野の言うとおり、実にシンプルなものなのです。
難しく考え過ぎる吉村には、これくらい単純な上野がお似合いですよ!!
(居合わせる事になった)タクシーの運転手さんが若干気になりますが、彼はきっとプロに徹してくれたものだと思っております。

ラストがですね、先に書いたとおり、すごく余韻が残る素敵なものです。ちょっとしんみりも来るんですが、吉村の静かなモノローグが、とても心に響く。
すごく素敵な作品でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ