月を目指す、星になる 上

tsuki wo mezasu hoshi ni naru

月を目指す、星になる 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×215
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
102
評価数
29
平均
3.7 / 5
神率
17.2%
著者
中陸なか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
ISBN
9784834264098

あらすじ

高校生の響は、音楽室で偶然出会った同級生の湊辺に「ピアノを教えてくれませんか」と懇願され、何故か教えてあげることに。
二人は次第に距離を縮め、響は湊辺に心の内を見せていく。
自身の悩みを打ち明けた響に、湊辺は優しく励ましの言葉をかける一方で、時折、どこかもの寂しい表情を見せ……。

表題作月を目指す、星になる 上

その他の収録作品

  • 番外編

レビュー投稿数3

甘酸っぱい!

素朴な絵柄と独特な雰囲気で、とても良かったです。
学生時代の甘酸っぱい恋心と、将来への不安定な気持ちが上手く描かれていて、青春だな~としみじみしました。

湊辺と響がいちゃいちゃしてるシーンがかわいくてかわいくて!
特に湊辺の告白シーンは萌えました。
思わず溢れちゃった感と、100%いけると思ってたのにそうでもなさそうで焦る様がかわいい。
自然体な二人に久々にキュンキュンさせられました。

それだけじゃなく、響のピアノに対するトラウマを乗り越え前に進んでいく場面や、従姉妹のエピソードなど(これはもう少し少な目でも良かったですが)、恋愛以外も多く描かれているので2巻というボリュームで満足感ありました。
作者さんの他作品も読んでみたいです。

1

やっぱ、初々しいの好きだなぁ

なんだかとても可愛くて、男子高校生の初々しいやり取りや反応がいちいち新鮮でした。終始ニヤニヤしっぱなし。
私が好きなシーンはまずは、湊辺くんの告白シーン。家に行きたいと言った響がそのあと耳を真っ赤にしていたから、自分のことを好きなんだと勘違いして、文化祭でみんなと喋る響を取られたくないと焦って告白してしまったのが高校生らしくて好きですね。勢いと言うか、若さってことなのかな。
そして、告白されて戸惑いつつも、一旦別れてから引き返して来年の約束をする響。「俺も焦っちゃった!」の台詞と照れた顔にやられます。

従姉妹のかのちゃんとのエピソード、私は幼少期の話は大好きなのでありでした。いろんな人との関わりからその主役のキャラの性格が垣間見れて一層好きになります。

0

BL世界の学校では

ふとしたきっかけで知り合った同じ学校に通う高校生が、いつの間にか恋に落ちるお話。
上巻だけの段階だと、BL世界の学校では、男の子同士が、ついつい、ぽとっと恋に落ちちゃうよねっていう、普通にかわいいお話です。

主人公の三澄響は、子供のころからピアノコンクールで賞を取ったりしてピアニストを目指していたが、中学時代のトラウマから大勢の人の前でピアノが弾けなくなってしまい、、、。
作品タイトルからも察せられるように、才能を持つ者の、持てる者ゆえの悩みと、持たない者の思いのすれ違いがストーリーの軸の一つとなっていて、上巻では三澄と湊辺の関係以外に、三澄の従妹とのエピソードにかなりページが割かれていますが、ここをどう感じるかで評価が違ってくるのかな。
私としては、描きたい事はわかる気がするけど、…って感じで、かなり萌2よりだけど、やっぱり萌ひとつで。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う