小説花丸 黒鴉の村

syousetuhanamaru kurokarasu no mura

小説花丸 黒鴉の村
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
白泉社
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

赤ん坊の頃に両親を亡くした梓。育ての親はいるが、彼らは梓を家族の中にはいれてはくれず、いつも厄介ものだった。そんな梓が、世間体を守るため養父母につれられて帰省した先に、「朧村」はあった。梓は吸い寄せられるようにその廃村へと向かい、美しくも浮世離れした三人の男達に出会う。まるで自分の来訪を待ち望んでいたかのような彼らに、優しく求められ、愛され、あらゆる快楽を教え込まれた梓。それ以来、帰省のたびに彼らとの享楽に耽るようになり……。耽溺の伝奇エロス!

小説花丸 黒鴉の村 前編 31ページ
小説花丸 黒鴉の村 後編 30ページ

表題作小説花丸 黒鴉の村

朧村の屋敷に住む謎の男たち(伊織、安芸路、衛青)
梓、養父母に疎まれている居場所のない少年

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ